昭和のタグまとめ

昭和」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには昭和に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「昭和」タグの記事(560)

  1. 遠い国の話? - LUZの熊野古道案内

    遠い国の話?

    世界が平和だった時代ってないのでしょうね。人類って生まれが悪いのでしょうか?われわれ「ホモサピエンス」は「ネアンデルタール人」とか、同じように見える猿人を片っ端から滅ぼしたのではないかと言われてますね。「人類」になってからもずっと喧嘩してきたのでしょう。蒙古は人数が多すぎて領土が足りなかったわけでもなさそうなのに中東まで攻めて行き、日本にも攻めてきました。アラビアあたりは私達から見たらおんな...

  2. ハザードマップと街造り - LUZの熊野古道案内

    ハザードマップと街造り

    今はどこの街でも「ハザードマップ」が作られているようです。その立地条件によっては同じ水の災害に対するマップでも、「豪雨洪水」と「津波」ではかなり違いが出るでしょう。「豪雨」からの災害だと、「川」との関連が大きく作用し、浸水する危険度は海抜だけでは決まらないところもあるでしょう。例えば私の住む木本町新出町などは海抜にすれば10m~11m程ですが、高城川、西郷川、井戸川からの溢水はここには届かな...

  3. 足立区の街散歩 421 「台東区篇」 - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    足立区の街散歩 421 「台東区篇」

    (P)こんにちはパテオナベです。2019.10.14の続き、かっぱ橋道具まつりの買い物風景です。皆、真剣に10%の値引きは当たり前の品物たち水廻りに欠かせない刃物やさん街・建物ランキング

  4. 台東区かっぱ橋道具まつり - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    台東区かっぱ橋道具まつり

    (P)こんにちはパテオナベです。連休最後の14日(火)、台東区浅草の隣町で開催されている「かっぱ橋道具まつり」小雨降る今日、買い物客で賑わいます。昔のことですがかっぱ橋道具街通りは都電が走る長閑な道でした。浅草方面の下町街・建物ランキング

  5. 【11/12、13】史上最大の歌謡パレード!第46回昭和歌謡祭鑑賞&皇室ゆかりの2大菊花壇展観賞バスツアー - 日帰りツアー・社会見学・東京観光・体験イベン

    【11/12、13】史上最大の歌謡パレード!第46回昭...

    【11/12、13】史上最大の歌謡パレード!第46回昭和歌謡祭鑑賞&皇室ゆかりの2大菊花壇展観賞バスツアー昭和の大スターを一日で存分にお楽しみいただける、史上最大の歌謡パレード。青春に思いを馳せて、豪華な大スターを間近でご覧ください!

  6. 城下町だから? - LUZの熊野古道案内

    城下町だから?

    紀伊半島には守備舞台も大勢配置されず、基地もありませんでした。しかし、新宮は焼け野原にされました。潜水艦からの艦砲射撃1回を含め、延べ15回ほどの爆撃を受けたそうです。おまけに昭和19年の東南海地震で被災する4日前から爆撃が始まったようです。新宮がターゲットになったのは軍需工場があったのではなく、紀伊山地の材木を原料としたパルプ工場・製紙工場ががあり、製材工場も熊野地・大浜にかけて建ち並んで...

  7. 令和二年西暦2020皇紀2680 - LUZの熊野古道案内

    令和二年西暦2020皇紀2680

    早いものです。来年の暦が来ました。令和二年庚子(かのえね)閏年西暦2020年皇紀2680年日本ではこんなものですが、海外では違うのもあります。私には少し似合わない「靖国歴」です。今は普通に出ている暦はどれも統一されているようです。昔は暦によって色んなものがバラバラだったそうです。世界中何処の国でもいつの時代でも暦をいじれるのは巨大な権力を握った皇帝とかだったようです。世界では「シーザー」がロ...

  8. この秋の行事 - LUZの熊野古道案内

    この秋の行事

    秋は行事が多いです。1日は木本神社珠洲上げ神事2日には「花の窟神社お綱掛け神事」がありました。12日木本神社宵宮13日木本神社例大祭19日木本地区敬老会他にもいっぱいあるはずですが、私に関係あるのだけでこれだけあります。12・13・19は例年カメラマンです。19日の敬老会はまだ招待客ではありません。長年、スナップ写真を撮って「お休み処・おかもと」に展示して、お持ち帰りいただいているので今年も...

  9. 地方の祭りと国の休日・祭日 - LUZの熊野古道案内

    地方の祭りと国の休日・祭日

    全国にある各種のお祭りは昔は「○月○日」と言う日にちで行われているのがほとんどだったと思います。戦前までは田舎では「勤め人」など少ないし、「祭りのときは仕事場も休み」が普通だったでしょう。だから、「日にち主義」で良かったはずです。戦後、田舎でも「勤め人」が増えてきて祭りを日曜や祭日に移したほうが良くなっていったようです。私が子供の頃には飛鳥町小阪の「飛鳥神社の例大祭」は12月1日でした。昔は...

  10. 芝居のセリフ - LUZの熊野古道案内

    芝居のセリフ

    ある政党のテレビ広告に…「お前も悪よのう!」と言うのがありました。あの設定は時代劇の定番、悪徳商人が役人を抱き込む場面です。「菓子折りの下に小判を忍ばせて…」それと同じことが、江戸から明治・大正・昭和で終わらず平成の世にも…日本の伝統なんですね。 我が家は「関西電力」です。「月夜ばかりじゃないぞ!」このセリフも時代劇からヤクザ映画まで使われてきたセリフですね。私もわざわざ使者を立ててこのセ...

  11. やっぱりプロもおかしいと思っているんだ - LUZの熊野古道案内

    やっぱりプロもおかしいと思っているんだ

    ここには乗せませんでしたが、27日に「気象庁はお役所」と言う記事を書きました。記事は下の通りですが…フィリピンの右まで移動した熱帯低気圧、まだ台風になりません。日本では「台風」は…熱帯の海上で発生する低気圧を「熱帯低気圧」と呼びますが、このうち北西太平洋(赤道より北で東経180度より西の領域)または南シナ海に存在し、なおかつ低気圧域内の最大風速(10分間平均)がおよそ17m/s(34ノット、...

  12. 比叡山は渡辺真知子~近江みち3~ - 四月の魚

    比叡山は渡辺真知子~近江みち3~

    京阪電車のアナウンスが、次は「あのう~」と告げる。あの「穴太」だと気づく。途端にテンションが上がる。朝5時半に起きてシャワーを浴び、6時45分からの朝食をとった。パンと珈琲の簡単なものだが、宿泊料金に含まれているとあっては逃すわけにはいかない。そして私は、ホテルではこういう簡単な朝食が好きなのである。1000円も1500円も払って、パンもご飯もあるバイキングとか、朝から要らん。トレーを持って...

  13. 【トーマス・クックの破綻】 - お散歩アルバム・・秋の徒然

    【トーマス・クックの破綻】

    トーマス・クックと聞くと、時刻表とトラベラーズチェックが思い浮かびます。なんせ昭和の旅人でしたから、初期はT/Cが必須でした。私はアメックスだったかな?トーマス・クックも作ったことがあるかもしれません。なにせ遠い思い出です。タイムテーブルの画像は、横浜の原鉄道模型博物館で写した原さんの私物ですが、オレンジ色の表紙が懐かしいです。同じようなのを持ってミドリさんとヨーロッパを廻ったのが昨日のこと...

  14. 70年代のスーパーカーブームに人気を誇ったクルマ8選! - 日本を愛する防人のつぶやき

    70年代のスーパーカーブームに人気を誇ったクルマ8選!

    70年代のスーパーカーブームに人気を誇ったクルマ8選!スーパーカー消しゴム流行ったよね ペンのカチカチするとこで飛ばしてたなw 全部懐かしい

  15. 公正取引委員会 - LUZの熊野古道案内

    公正取引委員会

    消費者保護という概念ができて作られたのが「公正取引委員会」などでしょう。今では「消費者庁」なんてのもあるし、「JARO」なんて団体もあるようですね。・大規模になると「独禁法」がお出ましになったり…テレビなど見ていると、「おかしくない?」と言うのがニュースではなく通販番組にも出てきます。「個人的な感想です」と言うテロップは少し減ったようにも思いますが、そのテロップも出ないで「効くぞ!」と言う画...

  16. 戦時徴用船こんな記録も残されています。 - LUZの熊野古道案内

    戦時徴用船こんな記録も残されています。

    ネットの検索で下のような記録を見つけました。戦時中には小さな貨物船から漁船まで接収されました。物資の輸送から沖に出て敵艦隊、敵航空機の発見に使われたようです。足の遅い木造船がほとんどですから、敵に見つかればひとたまりもなかったようです。機銃で撃たれるだけで船が割れますからね。ここ木本にも漁船や貨物船がありました。戦前には祖父が材木屋を営んでおり、製品を大阪に出荷しておりました。荷物は木本の浜...

  17. 金さん、銀さん - LUZの熊野古道案内

    金さん、銀さん

    「金は百しゃい」「銀も百しゃい」もう随分前になりますね。百歳を超す人が少なかった頃です。寿命がどんどん伸びてて、今では百歳超えが約7万人だそうです。三重県でも1027人も居ます。熊野市は県下で12番目に多く22人も居ます。人口が17000人ですから770人に一人が百歳を超えているんです。熊野市の最高齢の方は明治43年、108歳だそうです。とてもじゃないが私はそんなに生きられません。だって、ま...

  18. 遺骨収集引き上げ援護 - LUZの熊野古道案内

    遺骨収集引き上げ援護

    私が子供の頃には海外からの引揚者がまだ続いていました。舞鶴港に引揚船が入っていた時代です。「帰り船」「岸壁の母」などという寂しい歌も流行りました。満州からの引き上げ、戦地からの帰還、シベリア抑留からの帰国…生きて延びた人は命からがら帰ってきました。でも、私の父親や叔父などは帰ることはありませんでした。中支、ビルマ、沖縄・・・三人共に遺骨は帰りませんでした。形だけ遺骨の箱は届いたようですが中身...

  19. 隣町尾鷲 - LUZの熊野古道案内

    隣町尾鷲

    熊野の隣で江戸時代は同じ紀州藩だった町に「尾鷲市」があります。隣なのですが、その間には大きな山塊があり、海伝いに行くには熊野灘の荒波と荒磯があります。昭和になり、矢ノ川峠が開かれ、その次に紀勢本線が西線と東線が結ばれました。昭和45年頃には今のルートの国道42号線が完成し、さらに、平成には「熊野尾鷲道路」もできて、随分近い街になりました。紀勢線が全通するまでは、旧国道42号線の矢ノ川峠越えで...

  20. 【大学4年の夏休み】 - お散歩アルバム・・秋の徒然

    【大学4年の夏休み】

    スーツ君の今日の動画を見て、私の大学4年の夏休みを思い出しました。丁度同じ歳になるのかと思うと尚更感慨深いものがあります。学生生活最後の夏休みに両親と九州に行きました。京都からなので行きは新幹線で福岡に出たのだと思います。太宰府には行ったように思います。夕方福岡駅を通ったら、前年フランスで一緒のグループだった在福岡あるいは博多のお姉さまとばったり出会い、びっくり仰天。丁度旅行から帰って来たと...

総件数:560 件

似ているタグ