時事のタグまとめ

時事」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには時事に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「時事」タグの記事(127)

  1. 今時の買い物は、何処で 10 - 夕月乃抄

    今時の買い物は、何処で 10

    (《今時の買い物は、何処で 9》からの続き)(バーナーズ-リーがCERNで使っていたNeXTcube。最初のWWWサーバー)恐怖を掻き立てるこの種の物言いは、昔からのフリーメーソン流の計画推進のための「問題ー反応ー解決」技法、あるいは「オルド アブ カオ(混沌から生まれる秩序)」を反映したものです。イルミナティーは、最初に問題を作ります、それから過酷な解決策で解決します。解決策はイルミナティ...

  2. 今時の買い物は、何処で 9 - 夕月乃抄

    今時の買い物は、何処で 9

    (《今時の買い物は、何処で 8》からの続き)(CERN 加速器)最近のフェイスブック・ケンブリッジ アナリティカのスキャンダル《https://hendersonlefthook.wordpress.com/2018/03/20/cambridge-analyticas-facebook-mi6-psyop/》は、各個人に関する心情的調査資料を集める道具として、フェイスブックがどのように使わ...

  3. 今時の買い物は、何処で 8 - 夕月乃抄

    今時の買い物は、何処で 8

    (《今時の買い物は、何処で 7》からの続き)IoT(物のインターネット)として知られる5Gは、何千億個ものマイクロチップを伴います。チップは、私たちの所有物・私たちの家庭・私たちの車・私たちの隣人たち・最後に私たちの身体に、広く浸透して行きます。ケムトレイルは、私たちの身体をアルミニウムでいっぱいにするための手段だ、とも言われています。何故なら、私たちを5G『スマートグリッド』に接続するため...

  4. 今時の買い物は、何処で 7 - 夕月乃抄

    今時の買い物は、何処で 7

    健康に関する記事です。「私は健康には気を使っている」という方の仰ることが、全部TVが出所と知って、驚いたことがあります。それでは、『やがて』健康に害があるのでは、、、と思いました。レフトフックの記事《https://hendersonlefthook.wordpress.com/2018/05/31/darpas-5g-end-game-for-humanity/》ですが、《スマホで人は、、...

  5. イラン・イスラエル・米国 23 - 夕月乃抄

    イラン・イスラエル・米国 23

    (《イラン・イスラエル・米国 22》からの続き)(2011年(平成23年)にシリア騒乱始まる)問題は、米国と米国の同盟国、特にイスラエルとサウジ アラビアが、シリアの『政権交代』という自分たちの目標を諦めるかどうかです。あるいは、米国と米国の同盟国は、シリアとシリアの同盟国にさらに出血を強いるために、反対勢力に資金と武器を与え続けるでしょうか?米国と米国の同盟国は、人道主義的な関心を言い訳に...

  6. 米朝首脳会談の後とシリアから戻った子供たち - L'art de croire             竹下節子ブログ

    米朝首脳会談の後とシリアから戻った子供たち

     先ごろ、米朝首脳会談に関する日本のメディアの記事を読んでいるとなんだかネガティヴなものばかりで心もとなかったけれど、私がいつも読んでいるブログの三方は全員がポジティヴな見方をしていたので少しほっとした。元広島市長による広島ブログ。弁護士の澤藤さんのブログ元外交官でレバノン大使だった天木さんのブログ 私は他のことに関して彼らの意見にすべて与するものではない。彼らの間でも意見が異なるテーマがあ...

  7. イラン・イスラエル・米国 22 - 夕月乃抄

    イラン・イスラエル・米国 22

    (《イラン・イスラエル・米国 21》からの続き)(バグダッドからダマスカスへの道路)2016年(平成28年)に、ジョン ケリー(当時米国の国務長官)は、シリアを分割していくつかの国に分ける、ことを『B計画』と呼びました。ケリーははっきりとは言いませんでしたが、目指している方向はこれだと、明確に示唆しました。現在、ケリーに反対して、シリア政府が分割は許されないし、米国はシリアから去らなければな...

  8. イラン・イスラエル・米国 21 - 夕月乃抄

    イラン・イスラエル・米国 21

    (《イラン・イスラエル・米国 20》からの続き)(プーチンとネタニヤフ)『シリアへのイランの関与を、イスラエルは自分の目的のために大げさに言っている。』ロシアとシリアは、ゴラン高原の境界からイラン顧問団やイラン民兵を一部移動させることで、合意しました。この兵力は、ISISと戦うためにシリア東部に向かったという報告もあります。依然として、ISISはシリア東部の重要拠点を押さえています。しかし、...

  9. イラン・イスラエル・米国 20 - 夕月乃抄

    イラン・イスラエル・米国 20

    イスラエルのネタニヤフ首相は窮地を脱しているのでしょうか。(《欲は世につれ、世は欲につれ 2》参照)トランプ大統領が燻製ニシン(北朝鮮)を見せびらかしている(《イラン・イスラエル・米国 3》《イラン・イスラエル・米国 10》)間に、ネタニヤフ首相は先日ロシアを訪問し、その後西側数カ国も訪問しています。イスラエルとロシアの関係は、(白人)ユダヤ人の移住くらいしか、聞いたことがありません。「屋根...

  10. G7の共同声明からのアメリカの撤退とヨーロッパ - L'art de croire             竹下節子ブログ

    G7の共同声明からのアメリカの撤退とヨーロッパ

    先ごろのG7サミットでのアメリカ撤退劇と続く米朝会談を見て思ったこと。 G7で、我々共通の「警戒すべき敵」は中国だから、と水を向けられたトランプが「いや、アメリカの敵はヨーロッパだ」と答えたのだそうだ。 これにはヨーロッパがのけぞったようだ。G7のヨーロッパと言えば、英独仏伊、第二次大戦では連合国と枢軸国に分かれるし、独仏は、一時ドイツに占領されたフランスが戦後ヨーロッパ共同体を呼びかけた仲...

  11. シャーロッツビルから始めた、、、18 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、18

    (《シャーロッツビルから始めた、、、17》からの続き)(アレパと呼ばれるトウモロコシから作るパン)今回のベネズエラ大統領選挙は、2018年(平成30年)の終わりに予定されていましたが、米国国務省・OAS(米州機構)事務総長ルイス アルマグロ・近隣国の保守政権・ベネズエラ野党が、時期を早めるように要求して四月になりました。その後、彼らは四月は早すぎると主張しました。そこで、野党をなだめるために...

  12. シャーロッツビルから始めた、、、17 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、17

    (《シャーロッツビルから始めた、、、16》からの続き)(オリノコ高地に住むインディヘナ部族ヤノマミの子供達)『19,000を超す共同体会議が登録された。』共同体会議は、直接参加型としてのベネズエラ民主制の実像を表しています。共同体会議に関する2006年(平成18年)の法律により、都市部では150ー400世帯・田舎の地域では20世帯・原住民共同体では10世帯、を単位として住民会議を住民が作れる...

  13. シャーロッツビルから始めた、、、16 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、16

    (《シャーロッツビルから始めた、、、15》からの続き)(ウゴ チャベス 1999年(平成11年)ー2013年(平成25年死去)大統領)『米国の制裁は、ベネズエラに食料不足をもたらした。』マドゥロ大統領は、GMOおよび種子の専有(民営化)を禁じました。これによって、固有の食料の知識を企業に取られないように守ること、そして民主的な食糧体系を構築すること、を目指しています。ベネズエラはエコ社会主義...

  14. シャーロッツビルから始めた、、、15 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、15

    (《シャーロッツビルから始めた、、、14》からの続き)『経済危機の最中に選挙民はなぜマドゥロを支持したのか』ベネズエラ国民は、べネズエラに仕掛けられている経済戦争による、深刻な影響に苦しんでいます。石油価格の下落と一緒になって米国の制裁は、ベネズエラ経済をふらつかせています。今度の選挙は重要でした。何故なら、選挙結果を受け入れずマドゥロを追い出そうとした、米国と西側大国の攻撃に、ベネズエラが...

  15. シャーロッツビルから始めた、、、14 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、14

    (《シャーロッツビルから始めた、、、13》からの続き)(マドゥロ大統領(55歳))『30以上の国々から来た百五十人の国際的な観察者が、選挙結果を正当なものと確認した。』現実に、ベネズエラは自由・公正・透明な選挙を行い、世界でも最も洗練された間違いのない投票を運営しました。米国のジミー カーター元大統領(カーター センターには民主制プログラムがある)は、『私たちが監視した92の選挙の中で、現実...

  16. シャーロッツビルから始めた、、、13 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、13

    ベネズエラでは選挙があった(5月20日マドゥロ大統領再選)のですが、経済危機が言われたものの、様子は全然わかりませんでした。(《世界の軍事力 5「ベネズエラ」》(8まで続く)にベネズエラについての記事があります。)そこで、新しい論考が目についたので紹介します。元は《https://www.blackagendareport.com/venezuela-media-blockade》です。ベネ...

  17. シャーロッツビルから始めた、、、12 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、12

    (《シャーロッツビルから始めた、、、11》からの続き)『コンゴの鉱物資源の85%が政権のメンバーとその同盟外国人によって盗み出されている。』(ルワンダ共和国第五代大統領 ポール カガメ(60歳)Wiki)コンゴ人がカガメの子分であるジョセフ カビラを追い出した時、コンゴ人は自分たちの国を強い国家に再建するでしょう。今は、コンゴの鉱物資源の85%が政権のメンバーとその同盟外国人によって盗み出さ...

  18. シャーロッツビルから始めた、、、11 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、11

    (《シャーロッツビルから始めた、、、10》からの続き)アン:ジュディー リヴァーの新著『血の賞賛:ルワンダ愛国戦線(RPF)の犯罪』には市場分析者はルワンダのツチ族と一緒になって、数十年間にわたって現実の脅威に直面してきた民族集団を、中央アフリカにおいて完全に地政学的に再編成することを予言しましたが、これは今の事変の原因となっています。『そこに事実上の「大ツチ族国家」を見ることになるでしょう...

  19. アメリカとイスラエルの関係 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    アメリカとイスラエルの関係

    なんとなくイメージはあったけれど、はっきり言葉にされると思わずたじろぐ、という類の言説がある。最近読んだレジス・ドゥブレの論考にそれが出てきた。 アメリカとイスラエルの関係についてだ。アメリカが大使館をエルサレムに移転したことでパレスティナ情勢の火に油を注いだとヨーロッパ諸国は非難している。 アメリカとイスラエルの「癒着」といえば、数々のユダヤ「陰謀論」を別にしても、「アメリカの軍産コングロ...

  20. シャーロッツビルから始めた、、、10 - 夕月乃抄

    シャーロッツビルから始めた、、、10

    (《シャーロッツビルから始めた、、、9》からの続き)『北キヴ州を分割すると、ルワンダに併合され易くなる。1996年(平成8年)にバルカン化主張者が予想したように。』北キヴ州の分割は、州の民族間の団結を弱め・色々な地域を弱め・人口大移動の原因となるでしょう。既に、百十万人を超える人数が北キヴ州内部で移動(IDSs)し、コンゴ国内の全IDSs四百五十万人の四分の一を占めています。北キヴ州を分割す...

1 - 20 / 総件数:127 件

似ているタグ