時事のタグまとめ

時事」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには時事に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「時事」タグの記事(50)

  1. 灯台の下は暗くとも - そして今日も途方にくれる

    灯台の下は暗くとも

    「ある国の平和も、他国がまた平和でなければ保証されない。この狭い相互に結合した世界では、戦争も自由も平和も全て連帯している」   ----- ジャワハルラール・ネルー       (インド人、政治家、1889年11月14生まれ)We’re All Mad Here: Weinstein, Women, and the Language of Lunacy探し物があって過去日記内を検索してたの...

  2. セバスティアン・クルツの「小国」 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    セバスティアン・クルツの「小国」

    オーストリアの新首相となるセバスティアン・クルツ。31歳。マクロンも39歳で若さに驚いたけれどいわゆる童顔ではない。でも、このクルツって、童顔っぽい。(これは11/10付のル・モンド紙のロイターの写真を拡大して撮ったものです)それでも髪型が絶対にゲルマン風。フランスならあり得ない感じ。中道右派で難民受け入れに厳しく、極右FPOeとの連立政権になる予定。FPOeって、すでに1983-86年に左...

  3. トランプ大統領の訪日と沖縄 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    トランプ大統領の訪日と沖縄

    今回の日本滞在は、はじめは台風の中の総選挙、終わりはイバンカ来日とトランプ来日のニュースと、政治的な話題にことかかなかった。メンバーと滞在先に近い明治神宮に行くと、お守りやおみくじといっしょに教育勅語が売られていたので驚いた。前からあったのかどうか知らないが、こんなに目立って気づいたのははじめてだ。いつからだろう。こんなに「明治」回帰の大日本帝国の誇りを取り戻そうという感じの流れと、横田基...

  4. ある光景 - 九天のブログ

    ある光景

    The HInduの記事    http://www.thehindu.com/news/international/trump-stops-in-hawaii-eagerly-awaits-pearl-harbor-visit/article19980043.ece『熱心にパールハーバー訪問を待ち望んできたトランプがハワイに立ち寄る』    ーー2017年11月4日 パールハーバー・ヒッカ...

  5. トランプのロシア疑惑とは何か - 九天のブログ

    トランプのロシア疑惑とは何か

    ポール・クレイグ・ロバーツは   ケネディ大統領暗殺事件の資料公開 1の中で、『ロシアはドナルド トランプと共謀して米国大統領選挙に不正にアクセスした』というのは嘘である、と切り捨てています。こちらからでは、よくわからないこの疑惑はずうっと騒がれ続け、株価に影響を与えたりしています。ポール・クレイグ・ロバーツは繰り返してこれは嘘だと言ってきましたが、グレン・フォードの論考が出ましたので、こち...

  6. 狂気か、悪魔か、いや両方が西欧世界を支配しているのか - 九天のブログ

    狂気か、悪魔か、いや両方が西欧世界を支配しているのか

    狂気か、悪魔か、いや両方が西欧世界を支配しているのか2017年(平成29年)10月30日ポール・クレイグ・ロバーツ大報道機関メディアが真実を伝えようとしないので、死亡記事さえ信じられるのだろうかと思ってしまいます。多分、何の役にも立たないのですが、大報道機関は三個の米空母打撃群が北朝鮮の沖合あるいはその途上にあると、報道しています。何のために?何故、ワシントンの愚か者たちは19世紀英国が戦艦...

  7. ケネディ大統領暗殺事件の資料公開 2 - 九天のブログ

    ケネディ大統領暗殺事件の資料公開 2

       (ケネディ大統領暗殺事件の資料公開 1 からの続き)ベセスダ海軍病院の視聴覚部長ウィリアム ピッツァー少佐は、検死をフィルムに収めました。フィルムにははっきりと正面からの銃創が写っています。ピッツァーは銃弾により死亡しているのが、全米海軍医療センターの制作スタジオの床の上で発見されました。いつもの通り、自殺と処理されました。J エドガー フーバー(FBI長官)とFBIはオズワルド(ケネ...

  8. ケネディ大統領暗殺事件の資料公開 1 - 九天のブログ

    ケネディ大統領暗殺事件の資料公開 1

    ケネディ大統領暗殺事件の資料公開2017年(平成29年)10月28日ポール・クレイグ・ロバーツ親愛なる読者の皆さん、何人かの方々はラスベガス銃乱射事件を続けるように私を励ましてくださった、一方何人かの方々はケネディ大統領暗殺関連のファイル公開により分かることを尋ねてこられました。私は関心を寄せてくださり当局の発表に満足しない読者の皆さんに感謝しています。私はすでに、大変な調査の末に出された書...

  9. バカと小利口 - Mirai Project

    バカと小利口

    迷走するどこぞの政党の新代表が、さっき決まったらしい。  他に届け出る者がなかったから?!  流石、バカと小利口の戯れ集団。政治屋といわれる輩には実にバカが多い。 エラそうだが、当然、偉くない。バカだから「恥ずかしいこと」とか「間違っているかも」などという「思慮」や「感情」など通り越してバカをやる。小利口な人間があれこれ考えて行動を起こせずにいる間に、手を挙げるバカがチャンスを手にしたりする...

  10. ワシントンは米国のパワーを削いでいる - 九天のブログ

    ワシントンは米国のパワーを削いでいる

    ワシントンは米国のパワーを削いでいるポール・クレイグ・ロバーツ2017年(平成29年)10月16日米国と世界中の読者の皆さんが、支那がこれからは原油購入・販売を金(ゴールド)に裏付けられた支那通貨で行うように進める、と発表したのはどうしてなのかを知りたがっています。これはロシア・支那による米ドルへの攻撃なのでしょうか?ドルは、原油取引の通貨としては捨てられて、弱くなり潰れてゆくのでしょうか?...

  11. ラスべガス銃乱射事件は閉幕しない - 九天のブログ

    ラスべガス銃乱射事件は閉幕しない

       (ラスベガス銃乱射事件の閉幕 からの続き)ラスベガス銃乱射事件は閉幕しない2017年(平成29年)10月26日ポール・クレイグ・ロバーツ読者の皆さん、あなた方の勝ちです。その通り、ラスベガス銃乱射事件のストーリーはどこか間違っています。きょうのゼロヘッジに載っているタイラー ダーデン   http://www.zerohedge.com/news/2017-10-26/mysterio...

  12. 選挙から一夜明けて - 日々のしをり

    選挙から一夜明けて

    今回の選挙で、良かったことがあるとしたら・・・。それは、「排除」というような言葉(すなわち体質)には、国民の多くが反射的に強い嫌悪感を抱くということが、再び鮮明になったことだろう。私達は、ことの成り行きはどうあれ、そういう言葉を平気で吐く人間を好まない、そういう心根の国民なのだ。               ●先般の都議会の選挙で、安倍首相が秋葉原で野次に対して「こんな人達」と指差して、それ...

  13. 気候変動アジェンダの真実 - 九天のブログ

    気候変動アジェンダの真実

    気候変動アジェンダの真実:CO2削減は、大量餓死・地球規模の食料不足・専制政治の強化への道です2017年(平成二十九年)6月13日(火) ビッキ・バッツ Vicki Batts(「ナチュラルニュース Natural News」というウェブサイトからの翻訳記事です。 元の記事:https://www.naturalnews.com/2017-06-13-the-climate-change-a...

  14. ラスベガス銃乱射事件の閉幕 - 九天のブログ

    ラスベガス銃乱射事件の閉幕

       (あるアメリか人外傷外科医の反応 2 からの続き)ラスベガス銃乱射事件の閉幕2017年(平成二十九年)10月12日ポール・クレイグ・ロバーツ親愛なるロバーツ、ラスベガス銃乱射事件の情報の偽の要素から、真実を告げるために私が払った努力について、あなたが支援するコメントを書いて下ったことに、私は感謝いたします。あなたが書かれたように、何人かの人がどこかから撃たれ、なんらかの行動方針(アジェ...

  15. あるアメリカ人外傷外科医の反応 2 - 九天のブログ

    あるアメリカ人外傷外科医の反応 2

       (あるアメリカ人外傷外科医の反応 1 からの続き)こちらの読者は、実祭の射撃者の演習がラスべガスであったことを、書いています:ちょうどその同じ週にラスベガスで、FEMA『実際の射撃者』演習が続けられました。これをもうちょっと調べましょう。この演習は混乱の種をまく目的で、実際の状況と重なり合ったようですし、兆候を投げかけました。イギリスでの展開に基づいて、こちらの読者は市民が独立して調査...

  16. 日本共産党って - L'art de croire             竹下節子ブログ

    日本共産党って

    フランスでTVを見ていたら日本共産党が出てきた。ロシアの10月革命の100周年(と言っても今のグレゴリオ暦では数え方がずれているし、はっきりと日付を特定しないことが多いが)なので、「マルクス主義、共産党は果たして今でも生きているのか?」という特集があちこちである。10/17の夜のarteで、ベルリンの壁と共に共産主義は崩壊したけれども、「知っていますか、みなさん、今でも共産党が元気な国ってあ...

  17. あるアメリカ人外傷外科医の反応 1 - 九天のブログ

    あるアメリカ人外傷外科医の反応 1

       (軍医の手紙へのさらなる反応 の続き)2017年(平成二十九年)10月11日あるアメリカ人外傷外科医の反応親愛なるロバーツ博士:このメモは、ラスベガス銃乱射事件の公開されたビデオの信頼性について、医療専門家のコメントをあなたが募集していたのに対する返事です。ビデオが、実際に被害者が負傷したり殺されたりしたかを、証明しているか否かについてです。私は、手術室で出血多量の患者を処置する経験、...

  18. 憲法九条とニーチェとピンカーさん - L'art de croire             竹下節子ブログ

    憲法九条とニーチェとピンカーさん

    時々読んでいるリテラにこういう記事があった。ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のノーベル平和賞に対して、核兵器禁止条約に署名しなかった日本政府はばつが悪いんじゃないかというものだ。オバマ大統領でさえトライしようとした核先制不使用宣言にさえ水を差したのだから確かにひどい。ICANが日本の被爆者の証言から生まれたというのは注目すべきことだ。私は、2003年のブッシュ大統領のイラク派兵に反対し...

  19. ほとほとウンザリだけど・・・ - 日々のしをり

    ほとほとウンザリだけど・・・

                            【追記】あり雨の中、期日前投票に行ってきた。                 えらそう ズルそう連日の選挙報道で悪相、凶相、貧相、偉相、狡相を見ていると、ウンザリしてだんだん気分が悪くなってくるので、このところずっーと見ないようにしていた。それでも、というか、だからこそ、のんびり棄権などしてられないと思っていた。               ●...

  20. 軍医の手紙へのさらなる反応 - 九天のブログ

    軍医の手紙へのさらなる反応

        (更新:イギリスの外傷外科医より: からの続き)2017年(平成二十九年)10月11日軍医の手紙へのさらなる反応私達の前にある疑問は、人々が撃たれたか否かではありません。しかしもし撃たれたのなら、危機俳優が傷ついたふりをして、何故、病院に運ばれたのか、そして銃撃の外傷から、何故、あり得ない速さで回復したのか? ということです。私は反応してくださった方の名前とメールアドレスを持っていま...

1 - 20 / 総件数:50 件

似ているタグ