時代背景のタグまとめ

時代背景」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには時代背景に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「時代背景」タグの記事(7)

  1. 「国家神道を経て、今日の私たちへ②」 - 「親鸞さんと生きる」

    「国家神道を経て、今日の私たちへ②」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-13「国家神道を経て、今日の私たちへ②」 ■本願寺の対応 この講座では、親鸞さん以降の歴史については第5章でお話しますので、少し話が前後しますがお許しください。神と仏の問題についてだけ、ここで先に触れておきます。 ★4-11で本願寺が成立した時の神と仏の問題をお話しました。親鸞さんの神祇不拝という教えを捨て、本地垂迹という考えを導入して神祇信仰を受け入れ...

  2. 「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧④」 - 「親鸞さんと生きる」

    「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧④」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-9「『承元の法難』・・・権力からの念仏弾圧④」 ■人間社会の構造 これまでのところで、この事件が専修念仏の本質にかかわるものであり、それが本来の仏教に立とうとするがゆえの弾圧であるということをお話してきました。何度も繰り返しになって恐縮ですが、親鸞さんの念仏を理解する上での、もっとも重要な部分だと思っています。★4-6の「専修念仏をきらう人たちと理由・・...

  3. 「親鸞さんの宗教分類」 - 「親鸞さんと生きる」

    「親鸞さんの宗教分類」

    ■■■第4章「(補足1)神と仏」★4-3「親鸞さんの宗教分類」 ■「真」と「仮」 それまでにはなかった新しい教えを唱え始める人たちの多くは、自分が提唱する教えがどのようなものであるのかを示すために、教相判釈(きょうそうはんじゃく)というものを行いました。それは、おシャカ様の後に編纂された膨大な経典を分類して、その価値の違いを見定め、そこから何がもっとも真実なる教えであるのかを明らかにしようと...

  4. 「一路関東へ!広がる念仏の輪」 - 「親鸞さんと生きる」

    「一路関東へ!広がる念仏の輪」

    ■■■第2章「親鸞さんってどんな人?」★2-8「一路関東へ!広がる念仏の輪」■越後から関東へ 越後へ流罪になった親鸞さんは、罪が解かれて自由になったあと、関東の土地へ家族を連れて移住しました。42歳前後(1215年ごろ)のことだと言われています。なぜ、関東なのかはよく分かりません。ただ一ついえることは、関東が当時の新天地であったということです。★2-6の流罪の話のときにも触れましたが、119...

  5. 「得度、そして比叡山へ」 - 「親鸞さんと生きる」

    「得度、そして比叡山へ」

    ■■■第2章「親鸞さんってどんな人?」★2-4「得度、そして比叡山へ」 ■得度親鸞さんのお父さんである日野有範は、理由は分かりませんが失職して出家したと言われています。そのため親鸞さんは幼くして、父の兄である日野範綱にあずけられました。その伯父さんの勧めで、1181年9歳の時に、京都青蓮院(しょうれんいん)において、後の天台座主(てんだいざす。延暦寺の住職)・慈円(慈鎮和尚、じえんじちんかし...

  6. 「親鸞さん誕生!」 - 「親鸞さんと生きる」

    「親鸞さん誕生!」

    ■■■第2章「親鸞さんってどんな人?」★2-3「親鸞さん誕生!」■私たちが親鸞さんを学ぶというのは、どういうことか。 私たちが親鸞さんを学ぶというのは、学校の歴史の時間に勉強するようなことではありません。何年に生まれて何をしてどんな本を書いて…、と社会科の教科書には出てきます。「へぇ~そんな人がいたんだ~」という話ではありません。キーワードは「私、そして人間」です。「自分、そして社会」と言い...

  7. 【築96年北海道愛別の古民家・粋人館本館】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【築96年北海道愛別の古民家・粋人館本館】

    北海道では開拓がある程度進んだ時期、各地で経済的に成功した人士たちによって、豪邸が営まれたようです。この愛別でも、米穀雑貨、味噌麹製造業で財を成した「上西」さんが、現在「粋人館」として生まれ変わったお屋敷を大正11年・1922年に建てた。ちなみに愛別町の人口は当時がおおむね6,000人で現在は3,000人弱。北海道全域では人口250万前後から現在は550万前後。右肩上がりに人口が増えていく時...

総件数:7 件

似ているタグ