暗渠のタグまとめ

暗渠」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには暗渠に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「暗渠」タグの記事(27)

  1. 生きている暗渠を探せ!四谷用水流末の田んぼへの給水ルートを探る - 東京の水 2009 fragments

    生きている暗渠を探せ!四谷用水流末の田んぼへの給水ルー...

    前回の本宿用水新田堀の記事に続き、今回は同じ本宿・四谷用水(西府用水)のうち、四谷用水の下流部を追ってみよう。前回から一転し、今回は暗渠が中心となる。前回も記したように、かつての多摩川の氾濫原であった立川段丘下の低地には、かつての多摩川流路跡の微低地などを利用しながら網の目のように水路が巡らされている。国立市南部と府中市中南部を潤す府中用水、そして府中市西南部を流れる本宿・四谷用水(西府用水...

  2. 府中に残る、水の桃源郷ー四谷用水新田堀の田園風景 - 東京の水 2009 fragments

    府中に残る、水の桃源郷ー四谷用水新田堀の田園風景

    水で満たされた心休まる風景をひととわかちあいたく、記した。水田風景に惹かれてしまう。関東平野ど真ん中のような広大で整然とした水田ではなく、山里の斜面に地形に沿って拓かれた水田や、曲がりくねったあぜ道の残るような水田。都区内の暗渠沿いの谷戸とは言い切れないような浅い谷戸にも、1950年代までは生きた川とともにそんな風景が残っていたのだろう。都心部であれば20世紀初頭頃までか。しかし、1970年...

  3. 地中に吸い込まれる幻の川ー府中浅間山山麓の「野溝」跡を辿る - 東京の水 2009 fragments

    地中に吸い込まれる幻の川ー府中浅間山山麓の「野溝」跡を辿る

    ブログでは3年ぶりの新規記事となります。リハビリがてら、昨日訪問したところを敢えて細かいことを記さずにtweet的にサッと載せてみました。================多磨霊園のそば、平坦な立川段丘の上にこぶのように盛り上がる浅間山。古の多摩川が削り残した残丘として知られているが、その周囲に、流末のない川の跡が残っている。普段は涸れていたり、わずかばかりの湧水が流れる程度で、大雨の後には砂...

  4. 一般クラス2018年4月のテーマ「南海電車と暗渠と桜」 - 大阪の絵画教室|アトリエTODAY

    一般クラス2018年4月のテーマ「南海電車と暗渠と桜」

    アトリエTODAY一般クラス2018年4月のテーマ「南海電車と暗渠と桜」ご紹介今年4月の一般クラスのスケッチは電車に乗って南海高野線狭山駅と大阪狭山市駅間にある暗渠(あんきょ)と桜を描きに出かけました毎年春、車窓から見る狭山駅と大阪狭山市駅間の桜がとても美しく以前から一度、スケッチに出かけたいと思っていましたそんな中、桜のシーズンになるとカメラマンの皆さんが多く訪れるという明治時代に作られた...

  5. 11/7更新【お知らせ】「はじめての暗渠散歩ー水のない水辺をあるく」を刊行します。 - 東京の水 2009 fragments

    11/7更新【お知らせ】「はじめての暗渠散歩ー水のない...

    【11/7更新】末尾に書店でのお買い上げ特典情報を追記しました。お近くの方はよろしくお願いします-------------------------------------------------------------------------------------8月に「東京暗渠学」を上梓したばかりではありますが、11月10日に今度はちくま文庫より「はじめての暗渠散歩ー水のない水辺をあるく...

  6. 【お知らせ】「東京暗渠学」刊行します(2017年8月10日) - 東京の水 2009 fragments

    【お知らせ】「東京暗渠学」刊行します(2017年8月10日)

    長らく更新が滞っておりました。その間に単行本の準備を進めておりました。このたび「東京暗渠学TOKYO ANKYOLOGY」と題して、8月10日に洋泉社より上梓することとなりましたのでお知らせさせてください。2012年11月に同じく洋泉社から刊行された「地形を楽しむ東京「暗渠」散歩」は共著でしたが、今回は単著です。目一杯詰め込んだ結果、ページ数が足りなくなり、まえがきもあとがきも省略してしま...

  7. 大阪狭山市(おおさかさやまし)散歩写真 - 牛の散歩写真・関西版

    大阪狭山市(おおさかさやまし)散歩写真

    大阪府大阪狭山市、南海高野線大阪狭山市駅界隈にて。マニアック度=☆☆☆

総件数:27 件

似ているタグ