暮らしのことのタグまとめ

暮らしのこと」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには暮らしのことに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「暮らしのこと」タグの記事(32)

  1. タピール社ケンドリンガーワックス - nazunaニッキ

    タピール社ケンドリンガーワックス

    薺nazunaを始めた2005年から、留め具の艶出しには、植物性オイルの他、主にタピール社のケンドリンガーワックスを使っている。未塗装の木製品に自然素材のみで作られたワックスを探していたところ、ドイツの靴磨き用製品を製造販売しているタピール社を知って。。。1983年、ドイツ中部の小さな村で、当時学生だったボード―氏らが、完全に自然素材だけの靴磨きオイルやワックスを探して、どこにも見つからず、...

  2. 黄ばんでしまった生成や白い布のお洗濯方法 - nazunaニッキ

    黄ばんでしまった生成や白い布のお洗濯方法

    生成りや白の帆布やリネン、ヘンプの衣料や袋ものは、純石鹸成分で洗濯するに限るのですが、経年のうち、洗濯を繰り返すうちに、黄ばみが出てくることがあります。なんか黄ばんじゃった、とお嘆きのみなさまへ。身体や手などの皮脂や石鹸成分が積み重なっていくうちに酸化して黄ばんだりします。そういうときは、すすぎの時に「クエン酸」を用量に合わせて投入してみてください。黄ばみが濃かったり、上記のすすぎのクエン酸...

  3. 物をつくるときに思うこと - nazunaニッキ

    物をつくるときに思うこと

    薺nazunaを始めてから、自家用の布もの制作が一気に減ってしまって。ソファーカバーも中途のままだし、パジャマや部屋着も作りたいと思いながら、なんだかずっと紺屋の白袴状態。これからはちょっとずつ、暮らしも整えながら続けていきたい。。。ずっと若い頃は仕事と暮らしは全く別のところにあって、それこそ、忙しいときは帰って寝るだけの日々も。疲労は蓄積されていくけど、それを癒せるのは日々の暮らしの中にし...

  4. 新年あけましておめでとうございます - nazunaニッキ

    新年あけましておめでとうございます

    2019年新年明けましておめでとうございます。新たな年が皆様にとって素晴らしい一年になりますように。今年も、心和むものを皆さまにお届けできますよう、日々精進しつつ制作してまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。薺nazuna

  5. 12月のスミレとアイテム制作 - nazunaニッキ

    12月のスミレとアイテム制作

    寒くなってきたと思ったら、また少し暖かくなって、師走も中旬を過ぎたというのに、冬の気配が殆どしない東京。。。雨の少ない季節に、雀温泉、いわゆるバードバスを置いているベランダ。連日やってくる小鳥たちは植木の中に潜り込んだり、多肉植物をかじったり、小さなベランダの鉢植えの中を楽しく遊んでいる。ほうれん草のようにたわわに緑なるスミレの鉢。ふと、葉っぱをかき分けてみると、白い小さな蕾が開きかかってい...

  6. 駅や街角にベンチが少ない。。。 - nazunaニッキ

    駅や街角にベンチが少ない。。。

    昨日、横浜へ出かけた際、湘南新宿ラインに乗ってった、この路線はとにかく揺れがすごいので、ちょっと苦手。昨日は特に貧血気味なっていて、ふらふらになってたので、電車の揺れがかなり苦しかった。帰りの時間帯が丁度帰宅ラッシュで、上り方面は幾分空いてたものの、都心に近づくにつれどんどん混雑に。揺れも混雑も激しくて、貧血症状も更に輪をかけてきて、たまらず途中の大崎駅で途中下車。外気に当たって、ベンチで腰...

  7. レアもの、連続です。。。 - nazunaニッキ

    レアもの、連続です。。。

    上野駅のパンダ専門のお土産店のガチャガチャで、レアな薄茶色のパンダをゲットしてから2週間。。。二人で渋谷へ出かけた折り、トレーディングカード屋さんに立ち寄った。ダンナさんが買い物している間に、私も物珍しくなりサッカーカードを物色。前季のチャンピオンズリーグのカードがあったので、2パックほど買ってみることに。最近のトレカは子供相手じゃなくて大人目当てなので、1パック600円もする。最近のトレー...

  8. 12月の九品仏 - nazunaニッキ

    12月の九品仏

    11月中旬に訪れたときには、ほとんど緑でいっぱいの九品仏(浄真寺)。12月に入って、寒暖差も広がってようやく紅葉の兆し。もう一度、あの庭を観たくて行ってきたのは3日のこと。。。山門すぐのお地蔵さまと閻魔堂。閻魔さまは怖いお顔なんだけど、ここのお堂はなにか清々しい雰囲気。今回もやっぱりご挨拶。(笑)本堂脇の大銀杏はすっかり葉が落ちて黄色い絨毯。本堂の縁側から望む枯山水。ご本尊のお釈迦さま。通年...

  9. 思い出のきつねうどん(HPのニッキより) - nazunaニッキ

    思い出のきつねうどん(HPのニッキより)

    きつねうどんの思い出。以前もニッキに書いたことがあったけど。幼稚園のお弁当をおかあさん方が用意できなくて子供に持たせていけないとき、先生にお願いして、近所のうどん屋さんから出前を取ることが出来た。姉も在園中に一度だけ。その時に、「きつねうどん、すごく美味しいん!」と聞かされていて、私も出前のきつねうどんを食べてみたい、とずっと思っていた。いつもは、お手製のお弁当のときもあれば、幼稚園の前にサ...

  10. 九品仏~奥沢パン巡り(HPニッキより) - nazunaニッキ

    九品仏~奥沢パン巡り(HPニッキより)

    九品仏は自由が丘のそばで、この界隈もパン屋さん激選区でもあります。。。九品仏の駅向こう(お寺とは反対方向)の商店街をいくと、「Boulangerie NEUF9(ブーランジェリー・ヌフ)」があります。小さなパン屋さんだけど、美味しそうな気配!ヌフで購入したのは、洋梨(カスタードクリームとビターなカラメル)のデニッシュ、その場でカスタードクリームを詰めてくれるコルネ、リッチな味わいのブリオッシ...

  11. 秋の紅葉を求めて九品仏へ。。。(HPのニッキより) - nazunaニッキ

    秋の紅葉を求めて九品仏へ。。。(HPのニッキより)

    11月も半ば。そろそろ紅葉を見たいと思い、都内の穴場の名所へ。。。世田谷にある九品仏というところ。駅近くにある浄真寺というお寺。小さな駅舎を降りて踏切りを渡って、すぐ目の前に参道が。(駅は上下線の真ん中にあるので、改札を出ると踏切りのど真ん中。。。間近に電車が走るのでちょっとドキドキ。)静かな参道を歩き、山門をくぐると。。。(山門の額は『扁額般舟場(はんじゅじょう)と書かれてあります。”当山...

  12. 引っ越した地域猫のその後 - nazunaニッキ

    引っ越した地域猫のその後

    バゲットを買いに行く途中、引っ越した地域猫の様子を見にいった。以前はマンションの裏にいたので毎日様子を見に行けたけど、少し離れたところの空き地の隅に猫のお世話係の方が、猫小屋と共に引っ越しさせてから、なかなか会えないままだった。夏頃、やっと会えたときは風邪でもひいたのか舌を出してゼーゼーしていた。やせ細ってしまっていたので、お世話の方も「もうあぶないかも」と。その後、空き地に地域猫の姿がなく...

  13. 夏は10月の半ばまで延長されたのかな? - nazunaニッキ

    夏は10月の半ばまで延長されたのかな?

    5月の辺りから、すでに夏のような陽気で、6月の梅雨前にはすっかり猛暑。そして9月も真夏の暑さが続いて、今は10月なのに、関東や北陸では真夏日の日まで。衣替えのタイミングが難しいね。。。はるか上空には冷たい寒気が流れてるけど、まだまだ暑さは残っている。今年はついに”ひぐらし”の声が聴けなかった。これまで夏に当たり前のように聞こえていたセミの色んな鳴き声も、今年は確かに少なかったかも。立秋の頃に...

  14. 粉もの大好き - nazunaニッキ

    粉もの大好き

    ごはんも、パンもパスタもうどんも蕎麦も、お好み焼きも餃子も点心も、みんな大好き。今日は餃子のあんを一晩寝かせて作ったので、ジューシー、この上ない。そしてほぼほぼ完璧な焼き上がり。今回はタケノコを具にいれてみたけど、とても美味美味。前にレンコンを入れてみたこともあったけど、レンコンはホクホクしすぎてしまって、ちょっと味がまろやかになりすぎる。具を細かく刻んだ本場中国式のペースト状の餃子のあんよ...

  15. 秋なのに、夏のような暑さ - nazunaニッキ

    秋なのに、夏のような暑さ

    手縫い仕事、ちくちくと進めています。衣服の制作の縫製は主にミシンを考えていたけれど、木綿糸のミシン糸があまり見つからなくて、生成色や淡い色ものは、お使いのうちに染めてみたいと思ったりするかなあ、などと考えているうちに、かばんと同様に、木綿糸での縫製になり、そうなると、やっぱり手縫いになってきて。。。濃い色だったら、ミシンのスパン糸でもいいかな、と思ったけど、縫い目の感じや、浮き上がらないよう...

  16. シューメーカーズ五人展相馬紳二郎さんの革靴と革小物(写真追記) - nazunaニッキ

    シューメーカーズ五人展相馬紳二郎さんの革靴と革小物(写...

    浅草雷門のそばの浅草文化観光センターの7階で開催中の相馬紳二郎さんのグループ展に行ってきました。今日は久しぶりの鋭い暑さが戻ってきて、雷門前の交差点は外国人観光客と、人力車のおにーさん達でごった返していて、日差しがジリジリと肌に痛いくらい。観光センターの7階で開催されている五人の靴職人による展示会。どの職人さんも個性的で、面白い作品が並んでいる。7年ごとの開催の五人展は今年で三回目。前回から...

  17. 出雲の鍛冶屋さんの手打ち包丁~高橋鍛冶屋~ - nazunaニッキ

    出雲の鍛冶屋さんの手打ち包丁~高橋鍛冶屋~

    出雲の野鍛冶「高橋鍛冶屋」さん。今も昔ながらに火造りの手打ち包丁を作っておられる鍛冶屋さん。ずいぶん前に、駒場の民藝館の売店で果物ナイフを見たときに、もう、ガガーーンと一目ぼれで購入。(下右端の果物ナイフ!)使っては洗うを繰返しているうちに、包丁の柄にある金属の輪っかが外れてしまった。なかなか自分ではもとに戻せなくて、口金がブラブラと移動してしまい使いづらかった。先日、高橋鍛冶屋さんのHPを...

  18. 愛用の台所道具保温ポット - nazunaニッキ

    愛用の台所道具保温ポット

    最近、使っているポットはドイツ製の”ヘリオス”のもの。牧場にあるミルクボトルのようなデザインが可愛くて。毎日、お茶をいれてのむ。古道具屋でみつけた銅のやかんでお湯を沸かして、紅茶や蓮茶、コーヒーなど、その日の気分で入れて飲むところから一日がスタート。お湯はポットに入れて保温しておく。何度も茶器に入れて飲むので、すぐに保温ポットのお湯がなくなる。その都度、またやかんでお湯を沸かす。ずっと以前は...

  19. 山葡萄と革、小物入れなど、日用の道具の日々のお手入れ - nazunaニッキ

    山葡萄と革、小物入れなど、日用の道具の日々のお手入れ

    袋ものに、山葡萄や革の持ち手を使ったりしているのは、留め具の山桜と同様に、使っていくうちに、艶や味わいが出てくる楽しみがあるからです。。。一般的に山葡萄の素材のものは女性用、というようなイメージがあるようだけど。。。でも、本来の山葡萄の籠というのは男性の持ち物なのです。山仕事で獣道を歩くとき、藪で枝や草木をナタで払う、蔓を刈る、野草や素材を採集する、そんなときに使われる背負い籠やナタを入れる...

  20. 大阪で大きな地震が。。。 - nazunaニッキ

    大阪で大きな地震が。。。

    大阪で地震というニュースに、阪神淡路大震災のことを思い出してドキリとする。震度6強の地震は各地で被害が。。。東京も、日本各地も地震が多いこの頃なので、本当に他人事ではない感じ。実家も古い日本家屋なので、被害がないか心配。。。なかなか連絡が取れないのがもどかしい。

総件数:32 件

似ているタグ