曖昧宿のタグまとめ

曖昧宿」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには曖昧宿に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「曖昧宿」タグの記事(4)

  1. 曖昧宿はファッションの先駆け - 鯵庵の京都事情

    曖昧宿はファッションの先駆け

    余り会話には使われないが曖昧宿(あいまいやど)という言葉がある表向きは茶屋や料理屋を装い娼婦を置いて客を取らせる店をいうとある宿の一種だけど、浮世茶屋とか矢場とか置屋とか貸座敷とか言うイメージだ旅行者の宿泊が主目的ではない、要は都合があって偽装した宿、ホテルだまた、男女が逢引するための場所だから、偽装が必要な宿と言った方が分かりやすい追及されたからと言って「偽装と言われても仕方ない」などと謝...

  2. 曖昧宿はファッションの先駆け - 鯵庵の京都事情

    曖昧宿はファッションの先駆け

    余り会話には使われないが曖昧宿(あいまいやど)という言葉がある表向きは茶屋や料理屋を装い・・客を取らせる店をいうとある宿の一種だけど、旅行者の宿泊が主目的ではない、要は都合があって偽装した宿、ホテルだまた、男女が逢引するための場所だから、偽装が必要な宿と言った方が分かりやすい追及されたからと言って「偽装と言われても仕方ない」などと謝る必要はない偽装は客のためにしているので偽装していることが分...

  3. 切りたくなった時に切れないのが悪縁/崇徳院③ - 鯵庵の京都事情

    切りたくなった時に切れないのが悪縁/崇徳院③

    東山安井の金比羅さんはもっぱら“悪縁切り”を売りにしていたアベックが知らずに参ったあとすぐに別れることになったと言う苦情が来る(?)くらいの効き目あり、なんてなことが京都案内の本の定番フレーズ訪れてみるとこのごろは「悪縁を切り良縁を結ぶ」とも書いてあるせっかくのご利益、「悪縁切り」パワー一本で行ったほうがいいような気がする良縁を結ぶくらいの平凡なご利益なら昔は町内のおばさんでも出来たそれでな...

  4. 「掌の小説」の「お信地蔵」あいまい宿とは。 - 憂き世忘れ

    「掌の小説」の「お信地蔵」あいまい宿とは。

    「掌の小説」の「お信地蔵」。これも谷崎作だと思う。「童謡」に、病気をして氷をどっさり使ったとあるから。山の温泉宿。裏庭に栗の木があり、その陰に「お信地蔵」がある。「お信」は二十四歳で未亡人となってからは、再婚せず、村の若者の「性の相手」をして一生を送った。青年が女房を貰うまで、全員を平等に受け入れたそうだ。栗の木の向こうに「あいまい宿」がある。そこへ行く時に、みんなが「お信地蔵」の頭をなでる...

総件数:4 件

似ているタグ