書店のタグまとめ

書店」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには書店に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「書店」タグの記事(30)

  1. iraさんで購入した「Curry Note SPDX」「お白湯通信」ピンバッジ「騒いで話して考える」 - くちびるにトウガラシ

    iraさんで購入した「Curry Note SPDX」...

    いい!「Irregular Rhythm Asylum」さんは新宿にあるインフォショップです。インフォショップ、という言葉は馴染みが薄いかもしれませんが「ZINE(ジン)」やステッカーなどのグッズ、書籍があり市民運動、アートなどに関する情報が集まる場所のこと。イベントなども開かれています。「ira」さんにはアナキズムや社会運動に関わる本が国内・国外から集められています。というと、ちょっと入り...

  2. 【地方の人】書店・運送会社のコストを無視する欲張り客。 - 危険分子の部屋

    【地方の人】書店・運送会社のコストを無視する欲張り客。

    今、運送会社が大変だ。人手不足に拍車をかけ、さらに出版物の運賃の安さがキツイ。そんな状況なのに地方の人々はまるでバブル時代の大型書店を求める。書店や運送会社の経費を逼迫する状況も知らずに。地方の人は「ネットだと1つの物しか目に入らない。書店だと隣に色々な本があり自分も子供も知識や興味が広がる」と、言う。地方の人々は贅沢だ。そして知恵がない。だったら図書館があるではないか?近くに図書館が無いな...

  3. 住宅街に佇む個性的なブックギャラリー「ポポタム」さん☆池袋・目白 - くちびるにトウガラシ

    住宅街に佇む個性的なブックギャラリー「ポポタム」さん☆...

    この居心地。池袋駅と目白駅の間にある書店「ポポタム」さんはソウルにある「雨乃日珈琲店」さんで紹介して頂きました。書店を知る人がみんな「いい雰囲気なんです」と口々に言うように、住宅街に佇む素敵な書店です。雨や風に洗われて味わいのある看板です。かわいいカバがポポタムさんの目印。ステンドグラスの工房の一角にありお店の中にも素敵な窓が。本や雑貨を飾る棚も古い家具などで味わいがあります。ちらっとしか写...

  4. 久留米で週末古い街並みが美しい吉井町の書店と雑貨のお店「MINOU」「reed」☆吉井町 - くちびるにトウガラシ

    久留米で週末古い街並みが美しい吉井町の書店と雑貨のお店...

    いい雰囲気。吉井町は合併により現在はうきは市と呼ばれ美しい古い街並みが残っています。かつては久留米と日田を結ぶ宿場町として栄え果樹園や筑後川など、自然にも恵まれた場所です。街で見かけた自動販売機にあった「うきはん茶」収益の一部は、うきは市の地産地消と食育推進に役立てられるそう。おいしいお茶でした!なにしろ水とお茶もおいしい地域ですから!散策するのには最高の街です。お昼ごはんの時間まで散策して...

  5. 「hana Vol.31」と紀伊国屋書店の韓国語学習コーナー - くちびるにトウガラシ

    「hana Vol.31」と紀伊国屋書店の韓国語学習コーナー

    モチベーションアップ。新宿の紀伊国屋書店では今月末まで、hana創刊5周年記念企画でhanaのフェアと韓国語学習者のノートの展示が行われています。(7階学習参考書売り場)わたしは他の人のノートがどんな感じなのか知りたくて見に行ってきました。写真は撮っていないのですがみなさんのノートを見ていると「勉強したい!」っていう気持ちがムクムクとわいてきました。いろんなノートがあっても、共通していること...

  6. 蔦谷書店とスタバのコラボくつろぎのスポット発見 - さいたま住研 ほのぼのスタッフ日記

    蔦谷書店とスタバのコラボくつろぎのスポット発見

    こんにちは。中浦和店の渡邊です。今回、浦和でとても素敵なスポットを見つけたのでご紹介します。浦和駅の高架下にあるアトレ浦和 North Areaの1階に蔦谷書店があります。 浦和駅にはよく行くのですが、この高架下の道は今まで通った事が無く、「あれ?何か良い雰囲気の本屋さんがあるなぁ」と吸い込まれるように入って行きました。まるで図書館のように座席を本が囲っていました。これは蔦谷書店とスターバッ...

  7. 「マイ・ブックショップ」 - Kyoto Corgi Cafe

    「マイ・ブックショップ」

    26日まで京都シネマで上映されている「マイ・ブックショップ」を観ました。本好きにはたまらないとのふれこみ。本好きというよりアメリカの「リッツォーリ」みたいな西洋の美しい書店が大好きなモモ母、川村さんの映画案内を見て興味を持ちました。1959年書店が1軒もないイギリスの海沿いの町で書店を開業した女性の物語。戦争で亡くなった夫との夢を実現したものの、田舎町での女性の開業を快く思わない住民の反応は...

  8. 書店はまだ生きている--映画とコペンハーゲンで - 家暮らしノート 

    書店はまだ生きている--映画とコペンハーゲンで

    くもり空ですが、桜の満開はつづいていますね。昨日は映画「マイ・ブックショップ」を観てきました。これは、1956年、イギリスの東部の海辺の町で、本屋を始める女性の物語。その町には書店は一軒もなく、本との出会いが重要だと思う主人公が開いたオールドハウス書店。そこに彼女の行為を潰そうとする町の有力者の女性がからみ、話は進展していきます。http://mybookshop.jp/イギリスの海辺、女性...

  9. 花森書林さんと“ノラリ”と“古書ノーボ”さん - ブックカフェされど•••

    花森書林さんと“ノラリ”と“古書ノーボ”さん

    ようやく花森書林さんに、行ってきました。良いです ❤❤❤↗詳細はこの方ブログが詳しいです。お忙しい中、色々お聞きするのは悪いかと、予習していきました。内容は概ね次の通り。今度のお店は子育ての生活を大切にバランスのとりやすい形で店を続けられます。“花森書林”は旧姓と新姓を一字ずつ取り入れ、“木”つながりで書林、なるほど、、、家族の名前を入れたかったというのは、なんとも彼女らしい心遣いですね!展...

  10. 花森書林さん、明日開店! - ブックカフェされど•••

    花森書林さん、明日開店!

    神戸元町 花森書林さん、明日開店です🎊🎉ホームページも、優しい感じにリニューアルされています💕12月20日建物老朽化により移転閉店された、トンカ書店さんが店名も新たに“花森書林”として明日2月7日(木)13:00にオープンされます🎊🎉場所はコチラ↘駅から近いですね&...

  11. ビブリア古書堂の事件手帖 - リラクゼーション マッサージ まんてん

    ビブリア古書堂の事件手帖

    こんにちは。有楽ビル店三上 です。実は読書が趣味な私 1巻からずっと読み続けていた「ビブリア古書堂の事件手帖」が7巻で完結し少し寂しさ感じながら読みきったのですが、、最近、完結から7年後という設定の続編が出たことを知りもちろん買いました このシリーズは、ある夫婦が営む古書店に持ち込まれる一冊の古書に纏わる謎と秘密を解き明かしていくストーリーでサクサク読み進めれて面白いです 今回購入した最新回...

  12. ■近所の本屋 - Champlus 寝言発信基地 (復活)

    ■近所の本屋

    近所に大きめの書店が出来てからというもの、仕事の山が抜ける度にフラフラと通うようになってしまいました(笑中国の書店は全体的に立ち読みOKというか、むしろ立ち読め、座り読めという非常にウエルカムな店舗が多く、立ち読みは当たり前、以前は床や階段に座って売り物の本を読んでいる人たちが多かったです。最近は少し変わって来て、どの店でもテーブルや椅子が常備されるようになったおかげで立ち読みも減りました。...

  13. 古書店にて - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    古書店にて

    古書というのを私は読んだことがあるだろうか?どの古さのものを古書というの本のある場所にいると落ちつくななんでだろうな寺町通の古書店にて

  14. 海辺の本棚『セーヌ川の書店主』 - 海の古書店

    海辺の本棚『セーヌ川の書店主』

    書店で一目惚れした本。訳者あとがきにあるように4通りの読み方ができる物語です。セーヌ川を下る観光的視点。読書案内的視点。恋愛小説的視点。そして、生と死と再生の物語としての視点。もちろん訳者である遠山明子さんは第四の読み方を望んでいらっしゃいました。パリのセーヌ川に浮かぶ船で、人生の処方箋として本を手渡してきた書店主ベルデュ。停滞していた彼の人生はある出来事をきっかけに動き始めます。複雑な気持...

  15. 書店 - Noriko's Photo  -light & shadow-

    書店

  16. 新潮社をボイコットする書店 - 井上靜 網誌

    新潮社をボイコットする書店

    差別と居直りの『新潮45』に抗議して、新潮社の本を棚から撤去したり、そこまではしないが当面は新たに取り寄せないことにするという書店が出ていると報じられている。これは騒動になったからで、普段こんなことをすると、取次店(問屋)から「置け」と言われたりすることがある。もともと大手出版社は、取次店の株主になり、書店が嫌がる本を売れと無理強いしたり、小出版社の本を置かせないよう圧力をかけてきたものだ。...

  17. NeXT - doppler

    NeXT

    町のBook屋が減るから通販で取り寄せるmagazine

  18. 海辺の本棚『本の時間を届けます 』 - 海の古書店

    海辺の本棚『本の時間を届けます 』

    本の世界の扉を開けて、さりげなくその中で暮らし始めた人たちのお話。とても羨ましい人たちのお話。躊躇を感じさせない語り口に、強さも純粋さも感じられます。山の上で一人ぼっちで本屋を始めた人の話が一番心に残りました。その人は寂しくないのだと。本と一緒だから。すごいなあ。素敵だなあ。きっと本に愛された人なのでしょう。本のある風景を見るだけでほっとします。私はそんな場所を訪ねる人になりたいと思いました...

  19. リアルタイム字幕サービス - 大隅典子の仙台通信

    リアルタイム字幕サービス

    過日、丸善雄松堂さんがご挨拶に来られ、種々の取り組みについて伺いました。来年は創業150周年とのこと。どんどん多角経営になっていますね。学会やセミナー向けに、こんなサービスもされているとのことでご紹介。アイセック・ジャパン、丸善雄松堂とリアルタイム字幕サービスの販売代理店契約を締結(2018.3.8)

  20. 2018年の母の日は5月13日『母の日にはぬり絵を贈ろう』!! - オトナのぬりえ『ひみつの花園』オフィシャル・ブログ

    2018年の母の日は5月13日『母の日にはぬり絵を贈ろ...

    2018年5月13日(日曜日)は母の日ですオトナのぬりえ本は美しい絵柄や表紙のデザイン、お求めやすい価格は母の日のプレゼントにピッタリ!と、いうことで、、、書店様用に「母の日にはぬり絵を贈ろう!」パネルをご用意しております!書店さまでのディスプレイ用に、お使いいただければと思っております。大きさはA4サイズ。プリントアウトしてお使いいただけるPDFデータをこちらにアップいたしますので、どうぞ...

総件数:30 件

似ているタグ