書籍・映画・テレビのタグまとめ

書籍・映画・テレビ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには書籍・映画・テレビに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「書籍・映画・テレビ」タグの記事(13)

  1. 古いカレンダー - 土竜のトンネル

    古いカレンダー

    2002年ごろから海外旅行でご迷惑をかけた罪滅ぼしも兼ねて年末にカレンダーを患者さんにお送りしてきました。初めは色々かき集めての写真でしたが、後半ではマダガスカルを中心にまとめることにして10年以上になりました。このところ身辺整理に明け暮れていますが、もはやカレンダーとしては役立たない残骸もガイドブック代わりに貰い手が出てきてきました。こちらとしてはどんな形でもお役にたてば幸せなことで、今...

  2. テレビばかりでは - 土竜のトンネル

    テレビばかりでは

    毎日テレビばかり見ていては!と反省し、ご近所の三菱一号館美術館まで足を伸ばしました。フィリップ・コレクションの何たるかは分かっていませんが、大原美術館のテレビではなく実物を見てこようという魂胆です。時代は同じピカソ、ゴッホ、モネなどのコレクションですが、普段はあまり見ない作品が、小さな部屋に展示されていてアットホームな感じで見られたことは新鮮でした。コネクターの方々はこんな感じで名画と時を過...

  3. ユージン・ スミスの戦争沖縄を撮った男 - 土竜のトンネル

    ユージン・ スミスの戦争沖縄を撮った男

    4Kディスプレーお披露目の南極訪問とかいう冗漫な番組が終わったと思いきや、タイトルのような番組が始まりました。1941年の太平洋戦争勃発の頃に始まる物語と思っていましたが、ユージン・ スミスという名前は忘れもしません。アサヒカメラなどの雑誌の巻頭を飾っていた著名なカメラマンでしたし、水俣でも大きな仕事をされていたことを記憶していたからです。

  4. フィギュア・スケート - 土竜のトンネル

    フィギュア・スケート

    今年のクリスマス3連休は、話題山積のフィギュアのテレビに釘づけになっています。男女の頂上争いだけに絞られてきたこの数年間でしたが、割って入った一人の有望新人の鮮烈なデビューが、場の雰囲気をすっかり変えてしまいました。同じ世代の若手がそれに触発されてわれもわれも好成績を挙げ、さらにレジェントの復活もそれを後押しをしたようです。

  5. 新日本風土記 - 土竜のトンネル

    新日本風土記

    最近よく見ているテレビ番組です。これまでは地方の中小都市や、地域的な慣習、しきたりといったものが多かったのですが、このところは自宅の隣町「麻布十番」だったり「演歌」にまつわるヒストリーだったりと幅を広げています。「麻布十番」では隣の六本木に押された町内会の苦悩や自治会の物語でしたが、「演歌」の方では「長崎は今日も雨だった」に代表される、高度成長時代の長崎のキャバレー合戦から、大阪や福島の美空...

  6. フランス人がときめいた日本の美術館 - 土竜のトンネル

    フランス人がときめいた日本の美術館

    週末の日曜美術館は見逃せませんが、他にもいくつかの楽しみな番組があります。その一つが新しいこの番組です。上野の大きな展覧会ではなく、どちらかといえば地方の小さな美術館の紹介ですが、びっくりするような展示が多く目を見張ります。画像は金沢の21世紀美術館の展示の一部ですが、プールの中にいる人は下のフロアの観客の人たちです。

  7. 現代の歯科臨床1 - 土竜のトンネル

    現代の歯科臨床1

    本棚を片付けていたら1978年当時の資料が出てきました。もう忘れていた当時のことを色々思い出しました。

  8. 最高のプレゼント - 土竜のトンネル

    最高のプレゼント

    どうなることやらと試合開始を待っていましたが、なんとなんと開始早々これ以上ないプレゼント。それに支えられてこれ以上ない滑り出しでした。全部見ていたわけではありませんが、予選のどのゲームよりも安心して見ていられました。監督も選手の人たちも辛いこの1ヶ月ほどだったと思いますが、様々なデータを払拭して、1点を取り返された後もあまり心配はしませんでした。まるで画像のモンスターが背中を押してくれて...

  9. ノーベル賞より早かった - 土竜のトンネル

    ノーベル賞より早かった

    昨年の暮れのノーベル文学賞にはびっくりしました。全部は読みませんでしたが3作は読んでいましたから、慌てて丸善、ブックセンターなどということにはなりませんでした。来日の際のテレビも全部見ていましたから、作品の理解にも役立ちました。そしてこのことがその後の福岡伸一さんの著書の理解にも役だったので、イニシャルプレパレーションや二次固定への流れにも役だったと思います。

  10. 井上靖「氷壁」画集 - 土竜のトンネル

    井上靖「氷壁」画集

    昭和33年朝日新聞に連載された井上靖「氷壁」の挿絵として書かれた水彩画集が

  11. フンデルトワッサー - 土竜のトンネル

    フンデルトワッサー

    リンクのついたブログをサーフィンして歩いていたとき思いもかけない名前に目がとまりました。フンデルトワッサーです。繪も生き方も不思議きわまる人で、ポスターは長いこと壁面を飾ってきましたし、こんな大きな画集も誰にも渡さずアジトにも連れてきました。ジョギングのついででなくいつかゆっくりお話ししましょう。

  12. 手仕事の医療・評伝 石原寿郎 - 土竜のトンネル

    手仕事の医療・評伝 石原寿郎

    長年音信不通だった人が突然、思いもかけないお土産持参で現れました。石原先生の評伝ということどんな内容だろうと関心はもっていましたので、久しぶりの長話になりました。懐かしいお名前の出てくる評伝を暫く読んだ後、同じ頃、鈴木文雄先生にこれも読んだ方がよいよと頂いた書籍のコピー「補綴と生物学」で懐かしい石原先生の文章を読み返しました。石原先生が補綴学に取り組まれる前に、歯周病学から入られたことを知っ...

  13. 書籍は静岡へ - 土竜のトンネル

    書籍は静岡へ

    静岡館長が平日1日を返上して中古書籍と挌闘して、ダンボー-ル16個を発送してくれました。最初はもう少し大型の段ボールで始まりましたが、若さとはいえ持ち上がらず、詰め替え作業に転じた頃の様子です。昼食はアボカドのリゾットで一息いれたあと、得意の休憩もなく汗をかきまくって奮闘する姿には頭が下がりました。ただ道は半ばです。到着した段ボールの整理もあることご苦労様です。

総件数:13 件

似ているタグ