書道のタグまとめ

書道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには書道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「書道」タグの記事(647)

  1. 東坡先生和子由五絕詩21首其一。 - 無所不刻

    東坡先生和子由五絕詩21首其一。

    東坡先生和子由五絕詩21首其一。誰人築短牆,橫絕擁吾堂。不作新亭檻,幽花為誰香。224x52cm很長。每字20公分。算是努力寫了。這是鄭景興送我的紙。約40年的紙。他家原來在埔里抄手工紙,亦作外銷日本。對岸的紙一進口,就都收了。蘇軾和答子由詩21首前言:「予既至岐下逾月,於其廨宇之北隙地為亭。亭前為橫池,長三丈。池上為短橋,屬之堂。分堂之北廈為軒窗曲檻,俯瞰池上。出堂而南,為過廊,以屬之廳。...

  2. 東坡先生二句。 - 無所不刻

    東坡先生二句。

    東坡先生二句。亂山橫翠嶂,落月澹孤燈。紙很薄,一寫就破。

  3. 東坡六言詩一首。憶江南寄純如五首 其五。 - 無所不刻

    東坡六言詩一首。憶江南寄純如五首 其五。

    東坡六言詩一首。憶江南寄純如五首 其五。弱累已償俗盡,老身將伴僧居。未許季鷹高潔,秋風直為鱸魚。(若無孤狗,我將不知季鷹是誰。整首就不知道在說什麼。)《世說新語箋疏》中卷上〈識鑒〉~393~張季鷹辟齊王東曹掾,在洛見秋風起,因思吳中菰菜羹、鱸魚膾,曰:「人生貴得適意爾,何能羈宦數千里以要名爵!」遂命駕便歸。俄而齊王敗,時人皆謂為見機。《晉書》卷九十二〈文苑列傳·張翰〉~2384~張翰字季鷹,...

  4. 馬子約送茶作六言謝之。蘇東坡詩。 - 無所不刻

    馬子約送茶作六言謝之。蘇東坡詩。

    馬子約送茶作六言謝之。蘇東坡詩。珍重繡衣直指、遠煩白絹斜封、驚破盧仝幽夢、北窗起看雲龍。鈐印:面壁。註釋(1)六言:六言絕句,絕句的一種。(2)珍重:重視;愛惜。(3)繡衣:彩繡的絲綢。(4)直指:筆直指向;直趨。直言指出,無所迴避。(5)白絹:指一種白色的薄型絲織品。(6)驚破:猶震碎。(7)盧仝:唐代詩人,譽為“茶仙”,茶詩代表作《七碗茶》。詩中借指自己。(8)幽夢:隱約的夢境。(9)北...

  5. 夢蝶猶飛旅枕,粥魚已響枯桐。蘇東坡六言詩二句。 - 無所不刻

    夢蝶猶飛旅枕,粥魚已響枯桐。蘇東坡六言詩二句。

    夢蝶猶飛旅枕,粥魚已響枯桐。蘇東坡六言詩二句。第一句說旅中睡覺。第二句說寺廟木魚響了。鈐印:面壁。(疫中都叫面壁)

  6. 驚鹿要須野草,鳴鷗本願秋江。黃庭堅六言二句。 - 無所不刻

    驚鹿要須野草,鳴鷗本願秋江。黃庭堅六言二句。

    驚鹿要須野草,鳴鷗本願秋江。黃庭堅六言二句。四尺紙。上海工藝頂峰羊毫,軟之又軟。勉力為之。鈐印:面壁。(每天都像面壁一樣)

  7. 薌林五十詠之第十「醉石」。宋 楊萬里詩。 - 無所不刻

    薌林五十詠之第十「醉石」。宋 楊萬里詩。

    薌林五十詠之第十「醉石」。宋人楊萬里。晚酌居然醉、昏昏不自持、奇哉蒼玉枕、眠到月來時。志明賴贈我京都鳩居堂竹筆。因為昨日作兩玉印算是大用力,今天寫字又抖又慢,反而另有趣味。薌林五十詠第一次看到,等下要孤狗查一查。紙是安徽紅星四尺半。

  8. 今、遣るべきこと - 玉響記 2

    今、遣るべきこと

    2019年にはそれ程考えなくても自然体で行動出来ていたことが突然、違った世界になった日々。TVや新聞で報じられることを守って自粛し、手洗い、換気、人とは距離をとる、物の共有はしない、公共では出来るだけ物に触れない。帰宅後は念入りに手洗い、うがい等、外出や他人がみえた時はマスクをする。毎朝、体温を測定するなど1年半続けると極当たり前になりました。外出が減り歩く事まで少なくなりました。勿論、この...

  9. 有興勤來把酒,與君端欲忘年。黃庭堅詩贈高荷其中二句。 - 無所不刻

    有興勤來把酒,與君端欲忘年。黃庭堅詩贈高荷其中二句。

    有興勤來把酒,與君端欲忘年。黃庭堅詩贈高荷其中二句。醉鄉閒處日月,鳥語花中管絃。有興勤來把酒,與君端欲忘年。鈐印:萬葉堂、秋夜一燈涼。皆瓷印。

  10. 折葦枯荷共晚、宋 黃庭堅題友人畫。 - 無所不刻

    折葦枯荷共晚、宋 黃庭堅題友人畫。

    折葦枯荷共晚、紅榴苦竹同時、睡鴨不知飄雪、寒雀四顧風枝。黃庭堅題友人畫。淨心齋牛耳長鋒筆。很硬。昨晚磨的墨還很香。印章:晴轉陰又雨。

  11. 階段下に掛軸を飾りました。 - 小さな花アトリエ

    階段下に掛軸を飾りました。

    7月14日〜7月16日まで市の書道協会展がありました。2年ぶりの作品展。初日はお天気が怪しかったためかコロナ禍のせいか…人も疎ら。最終日は私のテニス仲間が観に来てくれました。以前入っていた書道サークルの大先輩の方々にもお会いし、久しぶりにおしゃべり。一人ひとりの作品も拝見できて、書はその人そのものだなぁと改めて思いました。1ヶ月前、掛軸を作るのに奔走した私の書です。札幌の美術店で丁寧にセンス...

  12. 詠酥。宋 楊萬里五言絕句。 - 無所不刻

    詠酥。宋 楊萬里五言絕句。

    詠酥。宋 楊萬里五言絕句。《詠酥》似膩還成爽,才凝又欲飄。玉來盤底碎,雪到口邊銷。二尺六尺。印章:萬葉堂、知影啦知影啦。

  13. 夢斷頭將白,詩成葉已黃。陳與義二句。 - 無所不刻

    夢斷頭將白,詩成葉已黃。陳與義二句。

    夢斷頭將白,詩成葉已黃。陳與義二句。印章:晴轉陰又雨。六尺長。西風宋· 陳與義木末西風起,中含萬里涼。浮雲不愁思,盡日隻飛揚。夢斷頭將白,詩成葉自黃。不關明主棄,本出涸陰鄉。

  14. 第45回雪心会選抜書作展開催中止のお知らせ - 大塚婉嬢-中国語と書のある暮らし‐

    第45回雪心会選抜書作展開催中止のお知らせ

    第45回雪心会選抜書作展は残念ながら中止となりました。関東にお住まいで通信添削で書を勉強されている方にはすでにご案内葉書をお送りしておりましたが書道関係のお知り合いの方々にはこれから発送するつもりでおりました。昨年に続いて今年も開催ならずで残念です。

  15. 陶淵明詩句。 - 無所不刻

    陶淵明詩句。

    陶淵明詩句。以潦草隸寫成兩條幅。

  16. 「つくし会」優秀作品(写真版)/’21年7月 - 墨と硯とつくしんぼう

    「つくし会」優秀作品(写真版)/’21年7月

    今月、優秀作品として写真版に掲載されたのは、小学5年生 綾美ちゃんの毛筆作品です!大きくなりがちな「流」と「雲」の漢字とひらがなの調和が上手に取れています。簡単な文字に見えますが「る」を上手に書くのは難しく今まで何度も練習しているので、とても上手に書けています。普段から「ハッ」と目を引く作品を書いている綾美ちゃん。練習に対して、これまで通りの姿勢を続けていけば、もっと上手になりますよ!

  17. 小暑 - 玉響記 2

    小暑

    七夕さんももうすぐですね。6日は小暑ですが22日の大暑までのことを言うようです。暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきますが、梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発生する時季でもあります。今年もたいへんな被害が出る惨事が起こってしまいました。小暑を迎えると衣食住が夏向きに変わります。子供の頃は母が建具の入れ替えをしていました。襖も夏用に、簾を出したり・・・...

  18. 本日の書道 - 鎌倉のデイサービス「やと」のブログ

    本日の書道

    ふと気が付けば、今年も昼間の一番長い日がやってきました・・・ここから、まただんだんと日が短くなるんですね・・・ということで、本日書道のお題です。‟やと”の書道の時間は、上手に字を書く事よりも、しっかり腕を動かす事に重きを置いています。ご利用者K.Y様の書ご利用者Y.K様の書ご利用者T.O様の書ご利用者S.T様の書ご利用者U.S様の書ご利用者A.A様の書

  19. お稽古事その2 - 玉響記 2

    お稽古事その2

    早朝、4:13この先には平城宮跡があります。我が家からは北なのですがこの辺りが明るくなってきました。4:53こちらは東の空です。5:09太陽は山より上にあります。奈良の日の出は4:43らしいので太陽の位置はこの辺りで当然でしょう。でも、いつも思うのですが日の出は何処から出る時間なのでしょうか?海に面しているとか地平線が見える場所はそこから出てくる時間なのでしょうけれど奈良のように山に囲まれて...

  20. 本日の書道 - 鎌倉のデイサービス「やと」のブログ

    本日の書道

    本日この辺りも梅雨入りしたようです。そこで恒例の、書道のお時間です。ご利用者U.S様の書ご利用者S.T様の書ご利用者T.O様の書ご利用者A.A様の書あ~、今年は1日ずれて良かったです・・・

総件数:647 件

似ているタグ