書道のタグまとめ

書道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには書道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「書道」タグの記事(282)

  1. 「楽毅論」~54~ - 墨と硯とつくしんぼう

    「楽毅論」~54~

    「楽毅論」~53~

  2. 丸橋鳴峰小作品展墨鳴会展 - 三吉庵麗衛門 計良袖石ブログ

    丸橋鳴峰小作品展墨鳴会展

    5月5日に丸橋鳴峰小作品展・墨鳴会展を、伊勢崎ベーシアに、飯島俊城氏と拝観して来ました。楽しい書風。個展もしっかり見え隠れ。恩師の今井凌雪先生の作品。恩師遺影。いつもこういう室礼に感心いたします。SS優先でないとぶれますね。失礼しました。G7X MKⅡ

  3. 「楽毅論」~53~ - 墨と硯とつくしんぼう

    「楽毅論」~53~

    「楽毅論」~その52~

  4. 三楽会書道展 - 玉響記 2

    三楽会書道展

    今週17日~19日地元の和菓子屋菊屋本家のギャラリー「菊寿亭」で主宰する会の展覧会を催します。昭和59年に第1回展をしてから数年置きに開催し平成23年に10回目を迎え公民館の人たちも含めた展覧会を催したのを最後にしようと思っていたのですが毎年開催する公民館の人たちの方が作品作りが上手くなってきたので当教室の人たちも発表の場を作ろうと教室に展示してきましたがやはり外での展覧会をして刺激を貰わな...

  5. 「楽毅論」~その52~ - 墨と硯とつくしんぼう

    「楽毅論」~その52~

    「楽毅論」~その51~

  6. 王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その5 最終~ - 墨と硯とつくしんぼう

    王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その5 最終~

    「定入計献之」王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その4~

  7. 令和 - 玉響記 2

    令和

    令和になりGoogleもこんな風になっています。(ここには小さく表示されるがクリックすると見えます)日本中がお祝いムードであるが平成の時とは随分違うなぁというのが私の印象です。前日の平成最後の日とも雰囲気が違う。これは何?TV報道の所為だろうか?令和の和は書類などに書く場合当然「和」と書くでしょうけれど書道の作品の場合「龢」を使うことも多いです。どちらを使っても良いと思っていますが和の禾の...

  8. 『聖筆』誌競書手本2019・5月号 - 三吉庵麗衛門 計良袖石ブログ

    『聖筆』誌競書手本2019・5月号

    『聖筆』誌、2019・5月号の競書手本です。ご批正下さいませ。

  9. 平成を終えるに当たり - 玉響記 2

    平成を終えるに当たり

    3月17日のブログに掲載した作品ではありますがその時はまだまだ書こう!と模索中でした。その後、思いがけない事故に遭遇することになり今年はこれにして又来年ガンバル、という選択肢があります。表具に出した作品はピンとして綺麗に仕上げられていました。これは6月18日~23日大阪市立美術館に展示します。明日と明後日を境に元号が替わります。これは大晦日から元旦になるのと似ているようで全く違う。平成という...

  10. 新元号「令和」 - 三吉庵麗衛門 計良袖石ブログ

    新元号「令和」

    『聖筆』誌2019年5月号、「鐵筆漫歩」の記事です。5月1日から「令和」の新元号に変わりますね。「令和」の文字の書き方について、少し考えてみました。

  11. 「平成」から「令和」へ - 墨と硯とつくしんぼう

    「平成」から「令和」へ

    まもなく「平成」から「令和」の時代へと移ります。書道教室「つくし会」のみんなで、「平成」と「令和」を書いてみました!どれが自分の字かわかるかな??

  12. 王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その4~ - 墨と硯とつくしんぼう

    王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その4~

    「前書具想勝常」「也諸人悉何如」王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その3~

  13. 天田研石先生個展・研心会会員展を拝観 - 三吉庵麗衛門 計良袖石ブログ

    天田研石先生個展・研心会会員展を拝観

    4月16日。高崎書道会会長の天田研石先生の個展を拝観いたしました。米寿記念ということ。エネルギッシュな作品がたくさんありました。天田研石先生。草書千字文。壁面いっぱいの大作。部分作品。作品が並びます。襖の画讃作品。部分作品。ご収蔵の作品も多く展示されていました。金澤子卿先生。于右任。日下部鳴鶴。沈尹黙。王福庵。趙叔孺。宮島詠士。他にも多数。多すぎて載せきれません。XT1XF35mm F1,4 R

  14. 杜牧二句 - 無所不刻

    杜牧二句

  15. 王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その3~ - 墨と硯とつくしんぼう

    王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その3~

    「平々昨來山下差」「静岐當還委曲」王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その2~

  16. 一期一會。二幅。 - 無所不刻

    一期一會。二幅。

    一期一會。直式。橫式。各一。用廣興紙寮銀箋作。寫一直一橫,答謝陳穎昌一直以來的幫忙。有些事我實在不會做,澹川就老遠飛馳過來幫忙了。令人感動。

  17. 一期一會 - 無所不刻

    一期一會

    一期一會。25*135cm廣興紙寮銀箋。全礬。期字下面渡一團墨。等下還有兩張更濕更離譜的。今天是一期一會量產日。

  18. 一期一會 - 無所不刻

    一期一會

    一期一會。廣興紙寮銀箋對開。這張是直的。移動時墨太多流來流去。一期一會。廣興紙寮銀箋。對開。到此一共寫了五張。

  19. 王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その2~ - 墨と硯とつくしんぼう

    王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その2~

    「多又風不差唯」「絶歎人理耳二妹」王鐸「臨王献之忽動・委曲帖」~その1~

  20. 暖かい心 - 玉響記 2

    暖かい心

    予報では傘マークが付いていたが曇り空、洗顔の時窓から見える東の山は明るくなってきた。至る所に黄色い花が咲き春を実感させてくれる。東北方面に見える三笠の山に月は見えないけれどきっと細い三日月の頃なのだろう。こうして間もなく令和の時代を生きる我々も万葉の時代を生きた人々と同じ風景を見ることが出来る。公民館で学ぶ人たちが硬筆の練習をしたいという。何を書こうかずっと考えていたがこの時期、この序文を書...

総件数:282 件

似ているタグ