書のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「書」タグの記事(206)

  1. 第10回墨遊人展2 - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    第10回墨遊人展2

    墨遊人展の「ご挨拶」この展の開催にあたってのご挨拶文を考え、僕が書きました。大きな紙にうまく収めるのに苦労しました。快刀乱麻この展で売り物の男性4人で書いた巨大文字。1枚当たり約1メートル四方あります。僕は「麻」を担当しました。今日無事に第10回墨遊人展は終了しました。コロナ禍の状況にもかかわず、なんとか開催できただけでも幸せだと思います。たくさんのご来場ありがとうございました。(ふぅふぅc...

  2. 第10回墨遊人展が始まりました - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    第10回墨遊人展が始まりました

    3月にコロナウイルス感染防止のため順延された「第10回墨遊人展」が、会場である熊取煉瓦館の再開により今日から開催されました。3密防止のためひっそりと開催する予定でしたが、予想以上にたくさんのお客様にご来場いただきました。やっぱり皆さんは長い休みで触れ合いに飢えているのでしょうね。会期は明日の16時までです。僕の作品から。あなたなら読めますか?(笑)今日は僕の60代最後の誕生日。FBにたくさん...

  3. 真率・篆刻クラブ - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    真率・篆刻クラブ

    真率真率正直で飾気のないこと今日から、なんと3か月ぶりに篆刻クラブが再開しました。マスクを着けて、机の間隔をあけて、注意しながらの再開でしたが、久しぶりにクラブの皆さんの元気なお顔を拝見できて良かったです。「真率」という言葉を彫ってみました。夕方からは沖縄三線の新しい教室を体験してきました。ここも4月開講の予定が延びていたものです。今までの弾き方とちょっと違うので戸惑いました。(ふぅふぅc)...

  4. [競書2020.5]半紙4点+ペンはがき - てのひら書びより

    [競書2020.5]半紙4点+ペンはがき

    [競書 草書・行書・隷書・細字楷書]先月がボケボケだったもので今月は普通に(笑)頑張りました。今回は半紙4点どれもいい気分で書けましたが、細字楷書は特に楽しめました。どうしても行書はとっつきにくいけれど(「幽」「佳」が難しかった)、まぁ書き続けないとね。[競書 ペンはがき]ペンはがきの課題は一茶の句でした。2行目と3行目の間は、もう少し空けたかったんだけどな〜。何枚書いてもできなくて…いやは...

  5. minneに 第2工房 できました! - てのひら書びより

    minneに 第2工房 できました!

    雅風てのひら工房をご贔屓くださるみなさま、てのひら書びよりをご覧くださるみなさま、いつもありがとうございます。このたび、大手ハンドメイドサイト minne に第2工房をオープン致しました。ページはこちらです → 雅風てのひら第2工房工房を立ち上げてから昨年秋に10年の節目を迎え、1つまた新しく進んでいくための “何か” を考えていました。もう少し気軽に、もっと幅広い方法で、ご検討やご注文をい...

  6. [競書2020.4]半紙3点 - てのひら書びより

    [競書2020.4]半紙3点

    [競書 草書・行書・隷書]提出した4月課題です。あまりにボーッとし過ぎてしまい清書は3点になりました(汗)今回は行書が難しかった…もう何度もそんなことを言っている気がします。どなたにも読めて出来不出来の判断がしやすい書体であり、それが「しっかり書かなきゃ」という緊張へつながって、元々の苦手意識を強めているのかもしれません。草書や隷書だって同じ事が言えるのにね…いやはや修練が足りないなぁ。全体...

  7. 「克服」書道チャレンジ - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    「克服」書道チャレンジ

    「克服」絵手紙仲間の無心さんにお誘いいただいて、「書道チャレンジ」に参加しました。国際書道教育協会というところが中心になっているそうです。新型コロナウイルスに打ち勝つために書でSNS上にバトンリレーをしていくという企画です。ちょっと疑ったのですが、信頼できる無心さんの紹介だったので参加させていただきました。ちょっと大きめな紙に葛筆で書いてみました。きゅうりとミニトマトの苗を買ってきました。う...

  8. 「日な田」ロゴ - 書をつま弾く、そして歌う。

    「日な田」ロゴ

    神保町に3月24日にオープンした小料理屋さんの筆文字ロゴを担当しました。福岡・大分の郷土料理を提供しています。店内は古木があしらわれていて、とても落ち着いた雰囲気です。私も、このやっかいなウイルスが落ち着いたら、ぜひお邪魔したいと思っています。日な田--------PROP DESIGN--------

  9. 心がジーンとします… - 【日直田酒】 - 西田酒造店blog -

    心がジーンとします…

    令和2年4月13日(月)毎日コロナウイルスのニュース……先の見えない 何ともいえない不安感……そんな中、ちょっと心にジーンとくる温かいものが青森市篠田にある 蝦名酒店 様9年前の東日本大震災が起きた時お孫さん(当時5歳) がおじいちゃん、おばあちゃんに漢字を聞きながら一生懸命書いたもの東日本大震災の時、多くの涙が流れましたが今はそれ以上に多くの涙が流れる事になりそう……この書を見るとなんか元...

  10. [競書2020.3]半紙4点+ペンはがき - てのひら書びより

    [競書2020.3]半紙4点+ペンはがき

    [競書 草書・行書・隷書・細字楷書]今月分の課題を提出しました。今回は割と(自分比ですが)どれもとっつきやすいと思える課題でした。しいて言うなら半紙課題では行書が難しめだったかな、という感じ。細字楷書はあと数枚書きたかったですが〆切により断念。なるべくこうしたことがないよう計画的にいきたいものです(^^;)[競書 ペンはがき]『春もまた 雪雷や しなの山』…ペンはがきは一茶の句でした。季節の...

  11. 桃のこと、書の究極は人物に歸するの事 - 桃蹊Calligrapher ver.2

    桃のこと、書の究極は人物に歸するの事

    今年は梅が終わるか、否 かのうちに、桜も桃も杏も木瓜も咲き始めました。桃といえば桃色なのでしょうが、今年は白だけが咲きました。「野に出れば人みな優し桃の花」 (高野素十)桃がつく名を老師からいただきましたので、この時期には思い出すこの句を部屋に飾ります。「萬葉集」には、「春の苑紅にほふ桃の花 下照る道に出て立つをとめ」とありますように、桃が健康的な乙女の姿とまばゆい命を表しているよう...

  12. 工房作品no.074[セミオーダー* 祝婚歌・蝶・A5額] - てのひら書びより

    工房作品no.074[セミオーダー* 祝婚歌・蝶・A5額]

    寸松庵でとご要望をいただきお作りしました。ふだんは色紙(24.2×27.2㎝)に書いている祝婚歌。寸松庵は12.0×13.6㎝ なのでギュギュ〜っと書きました。より蝶らしくみえるし想いも凝縮させられたと思います。[セミオーダー:祝婚歌・蝶/額=A5サイズ、色紙=寸松庵(真白)、背景装飾=青地桜柄]背景装飾は数種の中から、この青地桜柄を選ばれました。今年は桜の開花も例年より…というか歴代最速に...

  13. さんかんしおん - 太美吉の楽書

    さんかんしおん

    三寒四温季節も流行り病も順応して感謝して時が過ぎるのを待つ

  14. 墨遊人展・万里鵬翼 - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    墨遊人展・万里鵬翼

    万里鵬翼万里鵬翼(ばんりほうよく)絶大な気概、勢いのこと「墨遊人展」のために軸装した大きな作品です。今週末の3月7日、8日に予定していた「第10回墨遊人展」は、会場の熊取町煉瓦館が今日から20日まで閉鎖となるため延期することになりました。楽しみにしていた皆さんには直前の延期で申し訳ありません。5月以降になると思いますが、再度展示の日程が決まりましたらお知らせします。この作品も仲間の作品も幻と...

  15. [競書2020.2]半紙4点+ペンはがき - てのひら書びより

    [競書2020.2]半紙4点+ペンはがき

    [競書 草書・行書・隷書]今月は行書が1番難しかったです。隷書はなかなかいい感じに書けたのではないか?と思っています。[競書 細字楷書]今回はお手本と一緒に並べてみました。じっくり見ちゃうと…反省しかない(^^;)前にも書いたけれど、何枚も書いてその中から提出する物を選ぶのに「こっちはココがいいけど、あの字がダメ出し…」ってことが、特にこの細字楷書では多くて(汗)。常に「万全だぜ!」と言える...

  16. 桐健二・桐洋生展ー 記憶の音と色 ー展示お知らせ - ルリロ・ruriro・イロイロ

    桐健二・桐洋生展ー 記憶の音と色 ー展示お知らせ

    桐健二・桐洋生展ー 記憶の音と色 ー2020年3月13日(金)〜28日(土)11:00 - 18:00 18(水)、19(木)、23(月)、26(木)休み抽象表現で感じ取る世界を描き出す桐健二。墨による書の世界で想いを表現する桐洋生。異なる表現手段の二人は、兄弟。幼い頃の共通の記憶を持つ二人の作家が、それぞれの道を確立した今、初の二人展を開催します。溢れる豊かな色彩と、勢いのある筆づかいの書...

  17. はるいちばん - 太美吉の楽書

    はるいちばん

    春一番今年は関東や北九州で早くも

  18. 直情径行・今日は読書の時間 - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    直情径行・今日は読書の時間

    直情径行墨遊人展用の作品制作に四苦八苦しています。今日も朝から孫たちがやってきました。孫たちの希望で熊取町立図書館へ。ここの図書館は児童書が充実しています。hinaちゃんは15冊、nanaちゃんは6冊借りてきました。雨の降る午後からは3人で読書タイム。孫たちは借りてきた本を、僕は原田マハの大作『リーチ先生』を読んでいます。「絵手紙フェスティバル2020」前期2020年3/3(火)~10(火)...

  19. 眩暈(めまい) - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    眩暈(めまい)

    眩暈今日の午後は、「墨遊人展」のためにずっと書を書いていました。息抜きにはがきにも一枚。くらくらするような文字を書きたかったのですが(笑)「第10回墨遊人展」3/7(土)8(日)熊取・煉瓦館昨日、姉のnanaちゃんが描いた絵手紙です。「ゴッホ展」で買ってきたスヌーピー!(ふぅふぅc)いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしくお願いしますにほんブログ村

  20. 良寛さんーその人と書ー - 小さな花アトリエ

    良寛さんーその人と書ー

    徳川美術館へ良寛さんの書を観に行ってきました。私にとって良寛さんと言えばこの時に感銘を受け、その7年後、還暦を機に子どもの頃習っていた書道を再び始めるきっかけに。書道を始めてから、今まで無関心だった書の世界にも足が向くようになり、去年からは主人や娘に頼まれて空手の賞状書きも始めました。まだまだ腕が伴わないものの次はもっと上手く!と思いながら書いています。さて、駐車場から徳川園を通ると、わら囲...

総件数:206 件

似ているタグ