最高裁のタグまとめ

最高裁」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには最高裁に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「最高裁」タグの記事(19)

  1. 郵政非正規裁判、最高裁で「不合理な格差」で違法と認定 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    郵政非正規裁判、最高裁で「不合理な格差」で違法と認定

    労働契約法20条に基づいた郵政非正規裁判、最高裁で「不合理な格差」で違法と認定。

  2. 明後日29日「黒い雨」訴訟最高裁判決 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    明後日29日「黒い雨」訴訟最高裁判決

    明後日29日「黒い雨」訴訟最高裁判決明後日29日、「黒い雨」訴訟の最高裁判決が出る。国が認定している「大雨」地域以外でも、山県郡安芸太田町や北広島町、廿日市市も含む広い範囲で黒い雨が降り、被害があったことは知られている。黒い雨の被害がきちんと救済されることは、ただ被害者のためだけではない。世界の核実験や原発事故などの被害者の救済にもつながる。いまでも放射能被害があったかどうか認定する際の基礎...

  3. 外国の学校へ金を出すことがおかしいと思わない方がおかしい - 見たこと聞いたこと 予備3

    外国の学校へ金を出すことがおかしいと思わない方がおかしい

    Yahoo:「朝鮮学校の授業料無償化除外は「適法」最高裁で確定」朝鮮学校を高校の授業料無償化の対象から除外した国の処分が違法だったかどうかが争われた訴訟で、「適法」とした判決が確定した。最高裁第三小法廷(山崎敏充裁判長)が27日付の決定で、学校側を敗訴させた一、二審判決を支持し、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の卒業生らの上告を退けた。同様の訴訟は全国5カ所で起こされているが、判決が最高裁で...

  4. 【不当決定】大崎事件、再審認めず。最高裁 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【不当決定】大崎事件、再審認めず。最高裁

    最高裁判事が安倍ジャパンが任命した裁判官だけになり、この手の判決が増えた感がありますね。裁判官の身内のかばいあいであり、さらには、行政権力=警察や検察への忖度であると推測されても仕方はありますまい。

  5. 放送法がおかしい - 見たこと聞いたこと 予備3

    放送法がおかしい

    Yahoo:「「ワンセグ携帯も義務」確定=NHK受信契約、上告退ける-最高裁」テレビを視聴できるワンセグ機能付き携帯電話の所有を理由に、NHKと受信契約を結ぶ義務があるかどうかが争われた訴訟で、「契約の義務がある」との判断が確定した。最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)が13日までに、原告側の上告を退ける決定をした。決定は12日付。ワンセグをめぐる訴訟は5件起こされ、最高裁で確定するのは初めて...

  6. NHK受信料訴訟で最高裁の限界が露呈 - 井上靜 網誌

    NHK受信料訴訟で最高裁の限界が露呈

    NHK受信料制度が契約自由を侵害する憲法違反であるか否かという問題で、最高裁が15人の裁判官全員を揃えた大法廷で判断するというので注目されたが、これにより最高裁の限界が露呈する結果となった。すでに、NHKの受信料については問題の指摘がいろいろと出ているので端折り、そのうえで最高裁の判断司法の問題をここで分析してみる。この裁判で最高裁は、まずNHKが勝手に契約したことにしてしまうことは許されな...

  7. NHK受信料未納は違憲 - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    NHK受信料未納は違憲

    恐ろしい判決がでた。私の家は20年前にケーブルテレビ契約もテレビ自身も破棄したので関係がないが、第三者的にも無茶苦茶な決定だなとおもった。無理やりの放送法が契約の自由より優先された。今のデジタル技術だったらスクランブルがかけられる。そうすると選択と契約の自由が確保され放送法との両立が図れるじゃないか?考えろよ!とおもう。緊急災害時のために必要とかの政府のコメントもでていた。それ中波ラジオのこ...

  8. 西岡さん最高裁勝訴おめでとう! - FEM-NEWS

    西岡さん最高裁勝訴おめでとう!

    ▲「西岡さん最高裁勝訴おめでとう!」全国フェミニスト議員連盟有志@岐阜市「水道や電気の使用量が少ないので町内に生活実態がない」――こんな変な理屈で、徳島県藍住町の議会は、2014年、西岡惠子さんから議員職を奪いました。西岡さんは藍住町議会にたった一人しかいない女性議員。女性の視点と住民目線で長年活動を続けてきました。こんな理不尽に黙ってはいられません。西岡さんは、徳島地裁に町を提訴しました。...

  9. 祝!藍住町”紅一点”議員、最高裁で町に勝利 - FEM-NEWS

    祝!藍住町”紅一点”議員、最高裁で町に勝利

    議員職剥奪は不当だという西岡恵子さんの訴えが、最高裁でも認められた。今朝(6月22日)、西岡恵子さん(徳島県藍住町議)に連絡がはいったという。女性がたった一人しかいない議会で、大勢を相手に闘わなければならなかった西岡さんの苦労が、これで報われる。この喜ばしい結果は、西岡さん個人に向けられた仕打ちの不当さが公に認められただけでない。数の力を背景にした横暴な言動に苦しむ日本国中の少数派にとっ...

  10. 【預金の払い戻し】最高裁平成29年4月6日判決 - とある弁護士のひとりごと

    【預金の払い戻し】最高裁平成29年4月6日判決

    【被相続人死亡後の預金の払い戻し】・最高裁平成29年4月6日第一小法廷判決(事件番号:最高裁判所平成28年(受)第579号・預金返還等請求事件)URL:http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=86670【判決要旨】「定期預金については,預入れ1口ごとに1個の預金契約が成立し,預金者は解約をしない限り払戻しをすることができないのであり,...

  11. 【陳述書】最高裁平成29年3月31日決定 - とある弁護士のひとりごと

    【陳述書】最高裁平成29年3月31日決定

    【陳述書の取り扱い】・最高裁平成29年3月31日第一小法廷決定(事件番号:最高裁判所平成28年(し)第639号・再審請求棄却決定に対する即時抗告の決定に対する特別抗告事件)URL:http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=86660【決定要旨】「Aの証人尋問や請求人の本人尋問等を行わないまま,本件陳述書の信用性は相当に高いなどと評価し,...

  12. 令状なしGPS捜査「違法」…最高裁が初判断 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    令状なしGPS捜査「違法」…最高裁が初判断

    オーソドックスな判断だったと思います。裁判所の令状なしに、捜査対象者の車に全地球測位システム(GPS)の端末を取り付けた捜査手法の是非が争われた刑事裁判の上告審で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は15日、「違法」とする判決を言い渡した。GPS捜査について「プライバシーを侵害し、公権力による私的領域への侵入を伴う」とし、令状が必要な強制捜査にあたるとの初判断を示した。その一方、令状取得も...

  13. 【最高裁】平成29年3月10日判決 - とある弁護士のひとりごと

    【最高裁】平成29年3月10日判決

    【法律審としての事実認定】・最高裁平成29年3月10日第二小法廷判決(事件番号:最高裁判所平成27年(あ)第63号・窃盗被告事件)URL:http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=86587【主文】「原判決及び第1審判決を破棄する。被告人は無罪。」【判例要旨】「A及びBの各証言は高い信用性を有するとまではいえないのであって,そのような証...

  14. 煙石博さん、逆転無罪最高裁 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    煙石博さん、逆転無罪最高裁

    逮捕から4年半。ようやく、煙石博さんの濡れ衣は晴れました。広島市の銀行に置き忘れられた封筒から現金を抜き取ったとして、窃盗罪に問われた元RCC(中国放送)アナウンサー、煙石(えんせき)博被告(70)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は10日、懲役1年、執行猶予3年とした1、2審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。◇逆転無罪判決を受けて記者会見した元アナウンサーの煙石博さん(...

  15. 【節税目的養子縁組】最高裁平成29年1月31日判決 - とある弁護士のひとりごと

    【節税目的養子縁組】最高裁平成29年1月31日判決

    【節税目的の養子縁組の有効性】・最高裁平成29年1月31日判決(事件番号:最高裁判所平成平成28年(受)1255号・養子縁組無効確認請求事件)URL:http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=86480【判決要旨】「養子縁組は,嫡出親子関係を創設するものであり,養子は養親の相続人となるところ,養子縁組をすることによる相続税の節税効果は,...

  16. 通知書 - スミヤキスト通信ブログ版

    通知書

    代理人の青島弁護士のところへ最高裁から送られてきた上告棄却決定の通知書である。上が決定調書、下が別紙(決定内容)である。最高裁の中川了滋裁判長以下4人の判事の下した決定であることが分かる。次の総選挙の際の国民審査の参考に、この名前はよく覚えておこう。別紙の理由は、青島弁護士によれば「慣用句」とのこと。それよりなにより、青島氏のいう最大の問題点は、上告申し立てからわずかひと月ほどで棄却決定をし...

  17. 上告理由書 - スミヤキスト通信ブログ版

    上告理由書

    前知事退職金訴訟の上告理由書を青島弁護士が書いて提出してくれた。いささか長くなるが、(「第1事案の概要」は省略して)その全文を以下に載せる。もちろん、中心は「第3上告受理申立理由」にある。*第2原判決の要旨原判決は,以下のように,申立人らの主張を排斥し,本件条例15条中の知事の退職手当額に関する部分が法204条3項に違反するものということはできず,他の給与条例主義を定める法の規定に違反すると...

  18. 小矢部でも報告会 - スミヤキスト通信ブログ版

    小矢部でも報告会

    「前富山県知事退職金返還請求訴訟」(ああ、長い!)が最高裁に舞台が移ったのを機会に、過日、富山市で総集編のような報告会を開いたのであるが、地元小矢部の市民にも知ってもらったほうがいいだろうということで、上のようなチラシでPRを始めた。代理人の青島弁護士も来て話をしてくれることになっている。小矢部に限らず、近隣の方も是非お越しください。(要点を下記に再掲)。*日時:2007年6月20日(水)午...

  19. 報告会 - スミヤキスト通信ブログ版

    報告会

    昨4月19日夜、富山市内で「前知事退職金返還訴訟報告会」を開いた。PRに十分な力を割けなかったこともあって、参加者は20人程度と、やや寂しい感もあったが、48ページの詳しい資料も作って、準備にはかなり手間をかけた。私の経過報告、石山氏の実感的オンブズ裁判報告、青島弁護士の論点解説と晴山意見書の説明などを話した後、参加者と話し合いを行った。(写真上は報告をする石山氏、下は資料)時系列に沿って全...

総件数:19 件

似ているタグ