月の満ち欠けのタグまとめ

月の満ち欠け」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには月の満ち欠けに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「月の満ち欠け」タグの記事(13)

  1. あれっ、出会いから直木賞受賞までほぼ20年? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、出会いから直木賞受賞までほぼ20年?

    【作家と編集者の出会い〜直木賞受賞まで】以下は、佐藤正午著「きみは誤解している」(岩波書店)の付録部分から。1999年の春に岩波書店の坂本という人から電話がかかってきた。(略)実は学生時代に『ビコーズ』を読んで以来、佐藤さんの本はずっと読み続けています、明日お会いするのが楽しみです、と編集者がお世辞を言って電話を切った。岩波書店か、と僕は受話器を置いて思った。『広辞苑』を作ってる出版社だな。...

  2. あれっ、岩波文庫的文庫本? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、岩波文庫的文庫本?

    【岩波文庫的: 佐藤正午 月の満ち欠け】友人が編集した直木賞を受賞した佐藤正午著「月の満ち欠け」が「岩波文庫的」文庫本として発売された。https://tanemaki.iwanami.co.jp/posts/2443以下は、上記HPより。『さらに多くの読者にお届けしようと特別仕様の文庫にいたします。小社にとって特別な作品です。「岩波文庫」への収録も検討しましたが、長い時間の評価に堪えた古典...

  3. 佐藤正午『月の満ち欠け』 - ねこの生活と意見

    佐藤正午『月の満ち欠け』

    ヴォイスブック(聴く本)は骨伝導のヘッドフォンで聴いている。音漏れの心配をしていたが、わたしのはほとんど漏れないようだ。ちなみに機種はAfter Shokuz TREKZ TITANIUM。口コミによると国産はダメで中国かアメリカがこの手の品は良いとのことだったのでデザインで選んだ。ほぼ満足。ランニングや山登りで小説を聴いていると、エピソードが道の記憶、風景と結びつく。その小説のくだりは風景...

  4. 小説を聴く - ねこの生活と意見

    小説を聴く

    きのう「梟通信~ホンの戯言」を読んで、ブログ再開を果たした件を書いたが、「梟通信」で何を読んだので、ということは書かなかった。改めて書くほどのことでもないとも思うが、桜庭一樹の『赤朽葉家の伝説』の感想を探して読んだのだが、梟氏の感想はわたしのそれとは違っていて、『百年の孤独』を思わせると言いながら「エピソードや語り口調が面白い」というのだ。「比べてみてホントにそう思うの?」とわたしは一人、突...

  5. あっという間に月は太る - もるとゆらじお

    あっという間に月は太る

    写真があまりにブレブレなので満月のようにも見えますが、実は半月よりちょっと太った9日めの月です。満月は来週の月曜日です。このところ流星群が飛んだりして空を眺めることが多かったですが、そういうときに限って雲が多い空だったりしますよね。朝日新聞社が本社ビルから見えるふたご座流星群をライブカメラで撮影していますが、本当に雲ばかり。同じく屋上から撮影に成功した日刊スポーツのカメラマンは「あー、見えた...

  6. 『月のこよみ 2018365日の月の満ち欠けがわかる』 - アセンス書店日記

    『月のこよみ 2018365日の月の満ち欠けがわかる』

    月を愛でる心おだやかに、ゆとりある時間12月4日の満月は、2017年地球に最も近い満月。12月4日0時47分に満月となり、その後17時46分に近地点を通過。2018年1月2日は12月4日よりも、月がさらに地球に近い距離での満月となるそうです。月の満ち欠けがわかる本として、いまのオススメ!!監修 相馬 充『月のこよみ 2018365日の月の満ち欠けがわかる』365日、毎日、姿を変えて見える月を...

  7. 「月の満ち欠け」 - 時色

    「月の満ち欠け」

    9月になったので気分転換に模様替えしてみました。今日は最近読んだ本の話です。📖📖📖「月の満ち欠け」(佐藤正午:著)を読みました。今年の直木賞受賞作です。愛する人にもう一度逢うために生まれ変わる物語。今まで出会ったことのない不思議な話にひきつけられ続きが気になり一気に読みました。面白かったです。ただ・・・何回も生まれ変わる...

  8. あれっ、編集者の仕事? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、編集者の仕事?

    【 編集者の仕事 】以下は、添付インタビュー記事からの一部抜粋。https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170806-00003623-bunshun-soci『「手持ちの札を使うしかないんです」正午さんは会社勤めをした経験がないんですね。『月の満ち欠け』全体の物語がある意味で荒唐無稽なものだとすると、それを支える細部はリアルなものじゃないと。細部...

  9. 直木賞受賞作 「月の満ち欠け」 読了 - 4速MTアソビ

    直木賞受賞作 「月の満ち欠け」 読了

    直木賞受賞作 「月の満ち欠け」 読了_______________________________________輪廻を超える生まれ変わりの物語に僕は戸惑ったそれを月の満ち欠けになぞらえることが果たして適当なのか‥あまりに現実味がなくて今ひとつ物語に入れ込めなかったのは登場人物の小山内堅と似ているかもしれない正直に書くと、読後感はあまり良くない売れる本の3大要素のうちの2つ満たしているものの...

  10. あれっ、編集者冥利に尽きる? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、編集者冥利に尽きる?

    【 月の満ち欠け 】2017/7/19、岩波書店の友人が編集した掲題書が直木賞を受賞した。以下は直木賞受賞会見より一部抜粋。(出所:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170719-00010000-logmi-socip=1)『記者1:担当編集者と18年前に約束した話が、こうやって形になって、しかも直木賞という結果になりましたが、そのことに関してまずど...

  11. 「月の満ち欠け」(読書no.220) - 空のように、海のように♪

    「月の満ち欠け」(読書no.220)

    「月の満ち欠け」(著・佐藤正午) 人間は死んだら何処へ行くのだろうか。小林麻央さんが亡くなった、幼い子供をのこして旅だった思いはどんなものだろうか?高齢で亡くなるよりも、また蘇って子供たちの前に立つようなことがあってもいいではないかと思われるほどの若い死だった。この本は「前世を記憶しているこどもたち」というスピチュアルで不思議な現象を書いた本をもとに、ありそうでない世界を描く。あったらいいな...

  12. あれっ、生まれ変わりのサインに気づいていないだけ? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、生まれ変わりのサインに気づいていないだけ?

    【 「月の満ち欠け」(佐藤正午著、岩波書店) 】昨日、学生時代からの友人が編集した掲題書を読了した。以下は掲題書帯より。『欠けていた月が満ちるとき、喪われた愛が甦る。新たな代表作の誕生は、円熟の境に達した20年ぶりの書き下ろし。さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。あなたを/の愛している人は、誰ですか?』以下は本文(12章)より。『万が一、自分が命を落とすようなことがあったら、も...

  13. 春節(旧正月) - Tears of joy

    春節(旧正月)

    春節とは、中国・台湾など中華圏での旧暦の正月のこと。日本では旧正月といわれており、明治維新の前までは旧暦を使い旧正月を祝っていたようですが、政府が太陰暦を太陽暦に変えてから現在の元旦に正月を迎えるようになったようです。新暦である太陽暦は「太陽を基準とした暦」で地球が太陽を周回する日数を換算して出来た暦、1年は365日旧暦である太陰暦は「月を基準とした暦」で月の満ち欠けを基準に日数を区切る暦、...

総件数:13 件

似ているタグ