有原航平のタグまとめ

有原航平」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには有原航平に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「有原航平」タグの記事(9)

  1. 日本ハム4連勝、羽生棋聖勝つ、ルマン24時間スタート - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム4連勝、羽生棋聖勝つ、ルマン24時間スタート

    交流戦も残りわずか、日本ハムはヤクルトとの第2戦であった。第2戦を勝利してカード勝越しを決定したい日本ハムであったがヤクルトに3回、先発村田が一死満塁のピントを招いてしまい内野ゴロで先制されてしまった。その裏、近藤健介が8号ですぐに同点に追いついた日本ハム、4回に村田の右腕に打球が当たるハプニングで緊急登板した井口が無失点に切り抜けると両軍投手が好投してむかえた8回、横尾に勝越しの一発が出て...

  2. 日本ハム連敗ストップ、ルマン24時間開幕 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム連敗ストップ、ルマン24時間開幕

    日本ハムが連敗を4で止めた。この日の先発は今季安定感抜群の上沢、この日も初回、2回と三者凡退に打ち取るピッチングであった。3回二死から連打されてしまったが後続は抑えて無失点で切り抜けると打線が上沢を援護した。一死から大田泰示があわやという当たりの2塁打で出塁すると、近藤四球で一死1、2塁のチャンスをつくり中田が中前にタイムリーで1-0と試合をリードした。しかし上沢がこのリードを守れず直後の4...

  3. 悲願達成、日本ハム3連勝、トマス杯終了 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    悲願達成、日本ハム3連勝、トマス杯終了

    競馬の日本ダービーが開催された。皐月賞で1番人気になりながら負けてしまったワグネリアンであったが厩舎サイドの仕上げ方にも工夫がみられ、また外枠発送となったことで大胆な作戦をとることができ、見事にダービーを制覇した。鞍上の福永祐一にとっては19回目の騎乗での初戴冠である。前々から応援していた騎手だっただけに昨日はTVの前でゴールの瞬間に声をだしてしまった。ワールドエースやエピファネイアなど惜し...

  4. サンウルブズ初勝利、大谷試合前に表彰、日本ハム連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    サンウルブズ初勝利、大谷試合前に表彰、日本ハム連勝

    エンゼルスの大谷翔平がアリーグ4月の月間最優秀新人に選ばれたことを記念したトロフィーを手にした。球場の大型スクリーンで映像で活躍ぶりが紹介された後、グラウンドに姿を現すとファンから温かい拍手が降り注いだ。試合は4番・DHで出場し、6回に安打を放ったが安打はその1本だけであった。大谷翔平を観ていると複数安打をしなかった日は残念な気持ちになってしまう。そして試合も9回に3失点して4-5でツインズ...

  5. 大谷2試合連続マルチ安打、日本ハム、トヨタ勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷2試合連続マルチ安打、日本ハム、トヨタ勝利

    エンゼルスの大谷翔平がマリナーズと今季初めて対戦した。アリーグ西地区に所属する両チームの今季初対戦である。残念ながらイチローが特別補佐(?)に就任したため、大谷VSイチローの直接対決はなくなってしまったが、試合前に大谷がイチローに挨拶に行く場面がTV中継では放送されていた。4試合連続してDHで出場するのは初であった大谷翔平、2回に初打席では敵地ファンからブーイングを浴びて打席にはいった。多少...

  6. 大谷4号、日本ハム5連勝、トヨタトップ、サンウルブズ9連敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷4号、日本ハム5連勝、トヨタトップ、サンウルブズ9連敗

    エンゼルズの大谷翔平が地元ファンの前で圧巻のパフォーマンスを魅せてくれた。田中将大との対決が予定されているヤンキースとの第1戦、ヤンキースの先発は剛腕セベリーノであった。大谷同様、160kmのストレートが武器の投手である。この投手をどう攻略するのか楽しみにTV観戦していると、1-1からの3球目、内角に投げ込まれた156kmのストレートを振り切るとライナーとなって打球はライトスタンドに飛び込ん...

  7. 大谷マルチ安打、有原KO、錦織は決勝進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷マルチ安打、有原KO、錦織は決勝進出

    前の試合で連続試合安打が途切れてしまった大谷翔平であったが、初のインターリーグのジャイアンツ戦も6番DHで出場した。そして結果を出すあたりが並みの選手とは違っていた。2回、1点を先制された打席は追い込まれながら低めに来た変化球にバットをあわせて技ありの中前ヒットをはなった。第2、第3打席はレフトフライに終わったが、9回の最終打席、左腕投手から初球を強振、打球は一二塁間を抜けるライト前ヒットと...

  8. 有原復活か、大谷で6連勝、サンウルブズ7連敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    有原復活か、大谷で6連勝、サンウルブズ7連敗

    エンゼルスが絶好調のようだ。7日に負けてからの6連勝である。大谷翔平が出場した試合ではなんと開幕戦で負けたのを除くと9連勝である。昨日の試合も初の7番DHで出場した大谷翔平は自身3度目となるマルチヒットを経験し、2安打1得点の活躍であった。7番にあがったことでチャンスも多くなり、第1打席を除いてすべてランナーがいる状況での打席であった。特に3-4と1点負けている8回の打席では、低めのカーブを...

  9. 藤井六段黒星、大谷開幕メジャー、有原も好投 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井六段黒星、大谷開幕メジャー、有原も好投

    将棋の藤井六段、今季の最終対局は残念ながら黒星で自身の17連勝はならなかった。王将戦1次予選3回戦に登場した藤井聡太六段の対局相手は井上慶太九段であった。菅井王位、稲葉八段など多数の弟子を抱えている名伯楽の井上九段、最近好調なだけにどんな指しまわしをするか注目であった。戦形は矢倉であった。序中盤と双方優劣がつかない状況のようであったが、藤井六段にしてみれば初の戦形だったようで消費時間が井上九...

1 - 9 / 総件数:9 件

似ているタグ