有原航平のタグまとめ

有原航平」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには有原航平に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「有原航平」タグの記事(11)

  1. 有原2桁勝利、東海大出雲制覇、藤井四段本戦進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    有原2桁勝利、東海大出雲制覇、藤井四段本戦進出

    日本ハムの今季最終戦は注目すべき点が多々あった試合だった。先発した有原航平の2桁勝利達成なるか、またDH大谷の日本球界ラストゲーム(?)での結果はどうか、来季を見据え、若手の活躍はどうかなど大きな点ではこのようなところである。まず、先発した有原航平であったが、いきなり1点を失い、二死満塁のピンチを背負ってしまった。このピンチは内野ゴロで切り抜けたが3回にも二死満塁のピンチをつくってしまった。...

  2. 神戸製鋼6連勝、有原粘投、そして凱旋門賞 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    神戸製鋼6連勝、有原粘投、そして凱旋門賞

    ラグビートップリーグ第6節、土曜日は2試合開催された。いずれも注目カードである。ヤマハは神戸製鋼と対戦した。4強と言われるチーム同士の対決、いずれのチームが勝利するのか注目である。試合は神戸製鋼が先制し、ヤマハが追いかける展開であった。ヤマハとしては前半35分過ぎに2トライ(&ゴール)を奪われたことが痛かった。いずれも神戸製鋼のSHエリスの好判断によるものであった。神戸製鋼はオールブラックス...

  3. ダブルス3種目で決勝進出、有原我慢の投球で8勝目 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ダブルス3種目で決勝進出、有原我慢の投球で8勝目

    ヨネックスオープン準決勝、女子シングルスの奥原希望は右膝の炎症で棄権してしまった。準々決勝の試合のときに右膝がテーピングされていたので心配ではあったがどうもそのときから痛みがあったようだ。奥原希望は調子がよくなると怪我をしてしまうめぐり合わせのようだ。東京オリンピックが集大成であるならばそのときまでのスケジューリングをたてて怪我を治して頑張ってほしい。準決勝に進んだその他の日本人選手、なんと...

  4. ダルビッシュ復活、有原完投目前、藤井四段最速40勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ダルビッシュ復活、有原完投目前、藤井四段最速40勝

    昨日のジャイアンツ戦、ダルビッシュの投球は見事であった。いきなり2点のリードをもらってマウンドにあがったダルビッシュ、先頭打者に内野安打を打たれてしまったが、一死2塁からセンター前に抜けそうな打球を取り、2塁ランナーを挟殺し打者の2塁進塁も阻止する併殺としてリズムにのった。2回は二死から安打を許すが、3回以降はパーフェクトな投球でジャイアンツ打線を封じ込めた。味方打線も5回にベリンジャーの2...

  5. 藤井四段準々決勝の壁、有原KO - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井四段準々決勝の壁、有原KO

    藤井四段、どうも準々決勝が苦手のようである。先日の加古川青流戦、上州YAMADAチャレンジ杯に続いて昨日行われた第48期新人王戦でも準々決勝で敗退してしまった。準々決勝ともなると各棋戦とも強力な棋士が勝ちあがっており藤井四段としても勝つのは難しいと思われてはいるがこのところ準々決勝に限っていえば3連敗である。昨日の佐々木大地四段との対局でも中盤あたりはうまく指して若干ではあるが優勢の局面であ...

  6. 杉田初戦快勝、有原完投勝利、トップリーグ第3節 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    杉田初戦快勝、有原完投勝利、トップリーグ第3節

    降雨で順延となってしまったテニスの全米オープンの1回戦、杉田祐一は第3セット第1ゲームからのリスタートであった。相手のブランカノーは若いだけに調子にのらせると怖い。それだけに一気に勝負を決めにでたようだ。第3セットは第1ゲームをブレイクすると相手サービスゲームを連続してブレイク、6-0でセットを奪い、全米オープンの初勝利をあげるとともに2回戦に進出した。2回戦の相手はマイエル、初戦で第26シ...

  7. 藤井四段連勝、日本ハムV消滅 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井四段連勝、日本ハムV消滅

    将棋の藤井聡太四段が朝日杯将棋オープン戦1次予選に出場した。この棋戦、トーナメント制で勝つとまた次の棋戦があるというものである。午前10時、午後2時と第1戦で勝利すれば2局を1日で指すこととなる。その藤井四段、まず大石六段と対局した。序盤から藤井四段が優勢で進んでいったが、終盤戦にはいると慎重になりすぎたのか大石六段に逆襲されてしまった。しかし最後は藤井四段が押し切って勝利した。166手の勝...

  8. 6月以来の連勝、錦織今季は欠場、杉田はベスト16 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    6月以来の連勝、錦織今季は欠場、杉田はベスト16

    日本ハムが久々の連勝である。後半戦に入ってはじめての連勝ということであり、いつ連勝したのか忘れてしまうような久しぶりのいい気分であった。日本ハムの先発は有原航平、前回の登板では調子はまずまずであったが連打を浴びる癖がでてしまい10敗目をきっしてしまった。この日はまずまずの投球であった。打線も初回に大谷のタイムリー2塁打でロッテ先発のスタンリッジから先制点を奪うと2回も3四球で二死満塁と攻め込...

  9. 有原10敗目、錦織初戦敗退、大坂3回戦進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    有原10敗目、錦織初戦敗退、大坂3回戦進出

    3連敗阻止をかけて日本ハムは有原航平が先発した。初回の攻撃で1点を先取した日本ハムであったが、有原の投球はいただけなかった。1回裏、先頭打者に投げた初球をスタンドに運ばれ、あっという間に同点にされてしまった。茂木は初球から打って来るだけに結果論ではあるが慎重な投球でいくべきであった。打線も有原を援護することができず、2、3回のチャンスをつぶしてしまった。すると3回、二死から四球、連打で2点を...

  10. 錦織辛勝、日本ハム転落危機、ダルビッシュ会見 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    錦織辛勝、日本ハム転落危機、ダルビッシュ会見

    ATP50・シティ・オープンがはじまった。錦織圭の初戦となる2回戦、相手は地元のヤングであった。第1セットはヤングを圧倒して6-3で奪うが第2セットにはいるとヤングの反撃を受け、2度のブレークを許してしまい4-6と奪われてしまった。それでも第3セットはタイブレイクに持ち込み7-5で勝利しかろうじて3回戦にすすむこととなった。3回戦の相手は過去1勝5敗と苦手にしているデルポトロである。苦手意識...

  11. 青木途中出場、日本ハム最下位危機、そして8耐、WRC - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    青木途中出場、日本ハム最下位危機、そして8耐、WRC

    MLBアストロズ、インターリーグでフィリーズと対戦した。フィリーズはナリーグ東地区の最下位、ここは圧勝して地区首位を決定的なものとしたい一戦であった。青木宣親はベンチスタートであったがスプリンガーが左大腿四頭筋に違和感を感じたため、3回守備から右翼の守備に就いた。コレアに続いて主力選手の離脱はアストロズにとっては痛手である。スプリンガーの怪我が重傷でないことを祈ろう。交代出場した青木であるが...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ