朝倉義景のタグまとめ

朝倉義景」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝倉義景に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝倉義景」タグの記事(4)

  1. 一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。その5「朝倉義景・朝倉孝景墓所」 - 坂の上のサインボード

    一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。その5「朝倉義景・朝倉孝景墓所」

    「その3」で紹介した朝倉氏館跡の東南隅旧松雲院墓地内に、第11代当主の朝倉義景の墓所があります。 木標には「五代」とありますが、朝倉氏の拠点を一乗谷に移した朝倉孝景を初代とした場合、義景は5代目になりますが、越前国に入国した朝倉広景を初代とすると、義景は11代目となります。当ブログでは、11代とさせてもらいます。 こちらが、その義景の墓です。 朝倉義景は、天正元年(1573年)8月20日、刀...

  2. 一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。その4「庭園~中の御殿跡~諏訪館跡」 - 坂の上のサインボード

    一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。その4「庭園~中の御殿跡~諏訪館跡」

    「その3」のつづきです。朝倉氏館跡の東の高台を上ると、湯殿跡庭園があります。 一乗谷朝倉氏遺跡には、多くの庭園が遺存していますが、そのなかでも、湯殿跡庭園、南陽寺跡庭園、諏訪館跡庭園、義景館跡庭園の4庭園が、「一乗谷朝倉氏庭園」として平成3年(1991年)に国の特別名勝に指定されました。 湯殿跡庭園は4庭園のなかでも最も古く、10代目当主の朝倉孝景の時代に造られたと推定されています。説明板に...

  3. 一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。その3「朝倉氏館跡」 - 坂の上のサインボード

    一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。その3「朝倉氏館跡」

    「その2」の続きです。一乗谷朝倉氏遺跡の復原町並の東側に流れる一乗谷川を渡ると、堀に囲われた朝倉氏館跡があります。その入口には唐門があります。 これは復元ではないそうですが、朝倉氏の時代にはなかった門で、朝倉氏滅亡後に豊臣秀吉が朝倉義景の菩提を弔うために建てた松雲院の寺門だそうで、その後、江戸時代中期に再建されたものだそうです。 唐門の幅は2.3mあります。 唐門を潜ると、広大な敷地が広がり...

  4. 一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。その2「復原町並み」 - 坂の上のサインボード

    一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。その2「復原町並み」

    広大な一乗谷朝倉氏遺跡の一角に、城下町を復原したゾーンがあります。今回はその復原町並を歩きます。 復原町並は土塀で囲われています。 塀に囲われた重臣の屋敷が山側に並び、計画的に造られた道路を挟んで武家屋敷や庶民の町屋が形成されていた様子がリアルに再現されています。発掘された塀の石垣や建物礎石をそのまま使い、柱や壁、建具なども出土した遺物に基いて忠実に再現されています。 町屋の入口には色とりど...

総件数:4 件

似ているタグ