朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(850)

  1. ますます悪化する日韓関係、大歓迎東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    ますます悪化する日韓関係、大歓迎東京カラス

    ■中国の企業団体は、山東省の化学企業が韓国の半導体メーカーから、フッ化水素を受注したと発表した。この化学企業は1年間にわたる製品検査を通じ、韓国メーカーとの協力関係を築き、日本の措置が協力を後押ししたとしている。 (17日FNNPRIMEより)韓国への輸出優遇措置撤廃が、韓国企業の日本企業離れと、中国による日本企業駆逐を暴いた。韓国企業や中国の動きはビジネスであり当然のことだが、日本政府もと...

  2. ジェンダー政策 - 世の中の動き

    ジェンダー政策

    参院選で異変が起きている。これまでは選挙で争点になりにくかった同性婚や選択的夫婦別姓などジェンダーにかかわる問題が、多くの政党で公約に盛り込まれ、論戦でも話題になっている。3日の党首討論で、「選択的夫婦別姓を認めるか」を問う場面があった。安倍晋三・自民党総裁以外の全員が賛成の意を示して手を挙げている写真がSMS上でも出回り、話題に。欧米では1990年で以降、経済の低迷により「富の再分配」で支...

  3. 白い米に黒い粒 - 世の中の動き

    白い米に黒い粒

    白い米の中に虫害による黒い米粒が混じっていたら。米の見た目を重視するあまり、虫の駆除のために過剰な農薬が使われているとして、コメの検査基準の緩和を求める声が上がっている。黒い粒が見つかったら、原因はほぼ「カメムシ」だ。稲穂から汁を吸った跡が黒い斑点になる。だが、黒い米粒が数%混じっていても味に影響せず、人体にも害はないという。水稲作付面積の3割以上でカメムシが発生することもあって、農家の多く...

  4. 偉大なる田舎東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    偉大なる田舎東京カラス

    ■参院選比例代表に立候補している自民党和田政宗氏は10日、仙台市内の商店街で街頭活動中、男に突然胸の辺りを素手でたたかれた。14日、ヤフーニュースに掲載された一般ユーザーの動画を見ると、相手の男は通りすがりではなく、人ごみの中をわざわざ和田氏に接近し、積極的に胸の辺りをたたいた。それも続けて3回。動画を見るかぎりでは、明らかに和田氏を目指した確信犯的行動のようだ。和田氏はたたかれた胸に違和感...

  5. 再着陸に成功 - 世の中の動き

    再着陸に成功

    およそ46億年前、太陽系ができたころのままの砂や石を求めて、小惑星探査機「はやぶさ」が11日、2回目の着陸に挑んだ。放射線や太陽の光で風化していない地下の物質を地球に持ち帰れれば史上初の快挙。挑戦化、断念か。はやぶさ2はぎりぎりの判断の結果、午前10時すぎ、再着陸に成功した。小惑星「リュウグウ」は地球と火星の軌道付近を回る直径約900㍍の小惑星。そろばんのたまのような形をしている。もしはやぶ...

  6. 太鼓の達人の盗難 - 世の中の動き

    太鼓の達人の盗難

    音楽に合わせて太鼓をたたいて遊ぶ人気ゲーム「太鼓の達人」の部品が盗まれる被害が相次いでいる。ゲームコーナーに置かれたゲーム機から太鼓ごと盗むことを「樽(たる)パク」、鼓面だけなら「面パク」。ファンの間でそう呼ばれる行為。「太鼓の達人」は全国のゲームセンターなどに4千台以上が設置されている。5月には賞金付きの世界大会が韓国で初めて開催された。名古屋市のゲームセンターで「面パク」し、警視庁に逮捕...

  7. またしてもインチキ世論調査! - 大阪の弁護士大川一夫のブログ

    またしてもインチキ世論調査!

    本日15日の朝日新聞朝刊は、参議院選の「本社世論調査」として<比例、自民35%立憲12%>と見出しが出ている。こんないい加減な、「世論調査」と題する「報道」はいい加減にやめてほしい。本当にやめてほしいと思っている。このことは、それこそ選挙の度に、私はブログしてきた。この見出しを見れば、自民派は「自信」を持つだろうし、反自民派は「絶望」を覚えるに違いない。結局、自民が勝つように誘導している!と...

  8. 「お前」という呼び方 - 世の中の動き

    「お前」という呼び方

    プロ野球中日の応援団が、チャンス時の応援歌「サウスポー」の演奏を今季終了まで自粛すると決めた。歌詞にある「お前」という言葉が問題視したためだ。ピンクレディーがうたった「サウスポー」を応援歌として使用。「お前が打たなきゃ誰が打つ今勝利をつかめ」との歌詞をつけ、チャンスの場面で演奏し、歌っていた。「お前が打たなきゃ」という一節に対し、今期就任した与田剛監督が「選手に失礼では」と指摘したという。球...

  9. 日韓貿易紛争、泥沼結構東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    日韓貿易紛争、泥沼結構東京カラス

    ■安倍晋三首相が韓国への半導体材料の輸出に関して「不適切な事案があった」と語ったことで日韓の応酬が続いている。12日、韓国は、韓国から北朝鮮に不正輸出されたとする日本側の主張について、韓国の過失が見つかれば謝罪するが、過失が無ければ日本が謝罪すべきだ、として国際機関の調査を求めた。最初は韓国の産業通商資源(省)とその大臣だったが、今回、国際機関の調査を求めたのは国家安保室だ。文在寅大統領とい...

  10. 北の縄文遺跡 - 世の中の動き

    北の縄文遺跡

    世界文化遺産に「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」の登録が決まった。次の文化遺産候補として最も有力とされるのが、「北海道・北東北の縄文遺跡群」だ。古代古墳とは対照的に、地中に埋まった柱穴(ちゅうけつ)など地味な文化財も多い。三内丸山(さんないまるやま)遺跡のボランティアガイド中村文子さん(71)は「年間30万人が訪れるが、世界遺産となれば、海外からの観光客の急増も予想される」と話す。審...

  11. アレルギーの原因はビワ - 世の中の動き

    アレルギーの原因はビワ

    東京都大田区の区立小学校で、給食後の児童が次々と体調不良を訴え、病院に運ばれた。かゆみや発心などがあり、いずれもアレルギー症状とみられるという。原因は意外な果物だった。この日はガス設備の工事で給食が作れず、児童は弁当を持参。学校から牛乳と果物のビワを提供した。琵琶による植物アレルギーの可能性があるという。実は花粉症の人が果物や野菜を食べると、口の中にかゆみや違和感が出ることがあることが近年の...

  12. 「いだてん」の視聴率 - 世の中の動き

    「いだてん」の視聴率

    NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック話~」が苦戦している。6月9日の平均視聴率は6.7%で、NHKが把握している1989年以降で大河史上最低を更新した。「いだてん」は五輪マラソンに日本人初出場を果たした金栗四三(かなぐりしそう)と、64年の東京五輪招致にかかわった田畑政治の歩みを描く。脚本は人気作家の宮藤官九郎さん。話題性は十分だった。ところが、初回視聴率こそ前作「西郷(せご)どん...

  13. 富士山の入山料 - 世の中の動き

    富士山の入山料

    1日に山梨県側で山開きした富士山で保全協力金(入山料)1千円の徴収が今年から強化された。世界遺産でもある山の環境を保つために必要な寄付金だが、思うように集まっていなかったという。ただ、徴収率は山梨側で58.6%にとどまり、静岡側もここ数年、5割程度で推移した。目標は7割だが、「どこでお金を払えばいいのかわからない」という声が多かった。2013年、富士山は世界遺産に登録され、登山者が急増。毎年...

  14. 闇営業 - 世の中の動き

    闇営業

    振り込め詐欺グループの宴会に出て金銭を受け取っていたとして、13人のお笑い芸人が謹慎処分となった問題では、はんしゃかいせいりょくとのつながりがもんだいしされたうえ、タレントが所属事務所を通さずに仕事をする「闇営業」も注目された。芸能文化評論家の肥留間正明さんによると、こうした「闇営業」という言葉は遅くとも1970年代には業界内にあったといい、裏営業や直営業ともいわれる。リスクの大きい闇営業だ...

  15. 日本の反撃東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    日本の反撃東京カラス

    ■4日、日韓関係を破壊し続ける韓国に対し、政府は安全保障上の問題を理由に韓国への輸出優遇措置を撤廃した。とりあえず半導体関連3品目輸出が対象となった。これは手続きの優遇措置を撤廃することであって規制ではない。「蛇の道は蛇」であり、その気になれば抜け道は幾つもある。日本政府の行動はかなり前から予想されており、韓国企業はすでにそのための策も講じているはずだ。これで韓国半導体業界がアブナイと言うの...

  16.  三国志展 - 世の中の動き

    三国志展

    漢が衰退した2~3世紀にかけて、魏・蜀・呉の三カ国が覇権を争い曹操や劉備らあまたの英雄が活躍した「三国志」の時代。特別展「三国志」が7月9日、東京国立博物館で開幕する。中国最古の王朝の一つと言われる殷(いん)の都の遺跡が残る河南省安陽市。中心から車で40分ほどの場所に「曹操高陵」はある。建設中なのは、巨大な墓を丸ごと取り込んだ「遺跡博物館」。発掘が始まったのは2008年。河南省文物考古研究院...

  17. 動画配信サービス - 世の中の動き

    動画配信サービス

    映画館に行くよりも安い費用を月に1回払うだけで、映画やドラマ、アニメなどが見放題になる。国内外の事業者が提供するインターネットの「動画配信サービス」が人気だ。動画配信サービスの草分けが、米国の「Netfix(ネットフリックス)」(ネトフリ)だ。月1千円前後の会費で映画やドラマが見放題になる。今年4月には世界190カ国超に1億4800万人の利用者がいると発表している。サービスは「定額見放題」や...

  18. ミニシアター - 世の中の動き

    ミニシアター

    舞台挨拶に訪れた著名人を間近で写真撮影したり、趣向を凝らした映画館が増えている。特に最近開業するミニシアターは以前のよりさらに”ミニ”になり、多彩なプリグラムで幅広い客層を取り込もうとする。若者の映画館離れが叫ばれるが、実は、日本で公開される映画の本数は年々増えている。映画がフィルムからデジタルに移行したことで、映画の制作や上映が容易になったからだ。一方、1作品当たりの観客数は減少傾向にある...

  19. 日本僑報社、朝日新聞1面に広告出稿、『中国人がいつも大声で喋るのはなんでなのか?』など7冊の良書を紹介 - 段躍中日報

    日本僑報社、朝日新聞1面に広告出稿、『中国人がいつも大...

    日本僑報社、朝日新聞1面に広告出稿、『中国人がいつも大声で喋るのはなんでなのか?』など7冊の良書を紹介 【日本僑報社発】日本僑報社は7月1日付の「朝日新聞」朝刊1面に、新刊・話題書情報を満載したサンヤツ(3段8ツ割)広告を出稿し、『中国人がいつも大声で喋るのはなんでなのか?』など7冊の良書を紹介しました。■中国人がいつも大声で喋るのはなんでなのか?■メイドインジャパンと中国人の...

  20. G20無事に終わり世界有事の始まりか東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    G20無事に終わり世界有事の始まりか東京カラス

    ■大阪G20。今現在も進行中だが、無事に閉幕に近づきつつある。韓国との日韓首脳会談が行われなかったのは当然のことだ。日韓関係を悪化させ続けているのは韓国側なのに、責任転嫁と言い逃れを続けるだけのトップと会談したところで意味は無い。これから先も文大統領の対日姿勢が変わる事はない。徴用工裁判で差し押さえた日本企業の資産が現金化され、日本政府がどういう対応をしても文大統領は関心は無いのではないか。...

総件数:850 件

似ているタグ