朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(231)

  1. 明治31年、夫婦同姓を制度化 - 世の中の動き

    明治31年、夫婦同姓を制度化

    東京都武蔵野市の職員だった田中須美子さん(70)と福喜多(ふくきた)昇さん(70)は「お互いの人格を尊重し、それぞれの姓を名乗り続けたい」として事実婚を選んだ。1985年に生まれた子供の住民票の続き柄が婚外子として差別的に記載されたのは憲法違反として、88年、東京地裁に提訴、最高裁まで争ったが、99年に敗訴が確定した。今年2月発表された内閣府の世論調査では選択的夫婦別姓規定を認める人が4割を...

  2. ネットの差別表現 - 世の中の動き

    ネットの差別表現

    ネット空間の差別的な表現にどう対処するか。利用者の「通報」を元に、運営者側が投稿動画を削除したり、広告主が問題点を指摘されたサイトへの広告を停止したるする動きが広がっている。差別表現が無くなると歓迎する声がある一方、対象の拡大には言論の自由の観点から慎重さを求める声もある。きっかけは、動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿された、ある殺人事件の容疑者が「在日」だと。規約違反が報告され、この動画...

  3. 負担が大きい保育園の父母会 - 世の中の動き

    負担が大きい保育園の父母会

    強制的な加入や活動の負担が議論を呼ぶ小学校のPTA。実は、仕事などの事情で子供を預ける保育園でも同じようなケースがある。活動が事実上の強制で、負担の分担を巡って、保護者の関係が悪くなることも。都内の女性(34)は「父母会」のクラス委員になった。最初の仕事は『会費集め』。クラスの親の都合に合わせるのが大変だった。保育園は本来、保護者の仕事や病気、育児困難などによる「保育の必要性」がある子供を預...

  4. 脅迫から服従まで何にでも使える親書の怪しさ    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    脅迫から服従まで何にでも使える親書の怪しさ    東京カラス

    ■7月6~7日にかけて訪朝したマイク・ポンぺオ米国務長官は金正恩(以下、キム)の親書一通を手にして帰ってきた。まるで「子供の使い」である。米大統領は普通なら怒るところだが、トランプはこの親書を高評価しただけで誤魔化してしまった。キムは非核化への姿勢も見せぬまま、時間稼ぎの親書一通でトランプを黙らせてしまった。この様子では先への期待は持てそうもない。大陸に隷属してきた半島の韓国・朝鮮人の出す親...

  5. 本当に育児はママの方が良いのか? - 世の中の動き

    本当に育児はママの方が良いのか?

    「0~3歳児の赤ちゃんにパパとママ、どっちが好きか聞けば、どう考えたってママがいいに決まっている」。国会議員のそんな発言が物議を醸した。「子供がお母さんと一緒にいられるような環境が必要」と自民党県連の会合で萩生田光一幹事長代行(54)はそんな風に語った。ツイッターでは男女双方から異論が噴出した。家事や子育ての得意不得意は、性別より個人差が大きく、「母親がやるべきだ」という価値観に追いつけない...

  6. 捨てられる新品の服、年10億点 - 世の中の動き

    捨てられる新品の服、年10億点

    倉庫に山積みの段ボール。中身は捨てられる寸前だった服だ。大手通販業者や若者に人気のブランド商品など、「新品」ばかり。新しいデザインの服が安く買えるようになった陰で、大量の売れ残りが発生している。一度も売り場に出なかった服もある。定価の17%~18%でようやく売れているという。しかし、そのまま捨てられてしまう服も少なくない。実質的に捨てられる数は、年間10億点の可能性があるともいわれる。メーカ...

  7. 洋上風力発電不調 福島沖・浮体式 商用化に暗雲 朝日新聞 /丸紅や三菱重工などによる共同事業体の委託実証事業 - 瀬戸の風

    洋上風力発電不調 福島沖・浮体式 商用化に暗雲 朝日新...

    【要約】 福島県沖で経産省が進める浮体式洋上風力発電の実証研究事業で、ほとんどの風車が思うように発電にできていない。 新規風車の設備利用率の目安約30%に達したのは3基中1基のみ。 2000KW ・・・・・・ 34%5000KW・・・・・・・12%7000KW ・・・・・・・ 2% 採用した世界初の油圧式変速機などの不具合              朝日新聞18年7月11日 ・・ この国...

  8. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 46 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 46

    46話      作 重松清 画 川上和生【羊の要約】 佐山に館内を見てもらったあと、『ハーヴェスト多摩』の看板、バイオトープのある中庭に出た。去年企画したホタル狩りの話に感心してくれる佐山に、正直嬉しい。佐山が芝生の丘のふもとのベンチに腰をかけたので私も横に座る。何か話があるのかもしれないーーそのとき、数人の職員が、こいのぼりを立てるために庭に出てきた。【羊のひとこと】 おととい、本好きな...

  9. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 45 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 45

    45話      作 重松清 画 川上和生【羊の要約】 最後に佐山を図書室とギャラリーに案内した。本もギャラリーの作品も、『すこやか館』に入るときに、居室に収まりきらない私物を提供してくれる。『やすらぎ館』で過ごす年月は平均して一年余り。ほとんどの所有者はすでに亡くなっている。佐山はそれを見ながら「海」みたいだ、という。いろんな川が注いでいる海。その海までたどり着けたら幸せだよ、と佐山が言う...

  10. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 44 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 44

    44話      作 重松清 画 川上和生【羊の要約】『すかやか館』自慢の大浴場に佐山を案内する。広い脱衣場の設備も整い、浴槽は日替わりのハーブ湯が楽しめ、シャワーはマッサージモードにもなる。部屋の風呂は入浴中の事故が心配なので、大浴場の居心地をよくしているのだ。佐山は、外からお金を払ってでも通いたい風呂だ、と感心した。 【羊のひとこと】 洋一郎さんは、なかなか細かく気のきく館長さんのようで...

  11. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 43 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 43

    43話      作 重松清 画 川上和生【羊の要約】 私は佐山に、最初はサ高住の方がいいかもしれない、と薦めた。歴史は浅いが数年もすれば落ち着くだろう。ここの本社でも今モデル運営を開始している。サ高住から自立塔、そこから介護塔へ。佐山には黙っていたが、我が社は霊園にも関わっている。話を聞いた佐山は、中を見学したい、と言った。 【羊のひとこと】 ふうん。ふと佐山さん、老人ホームでも経営したい...

  12. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 42 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 42

    42話      作 重松清 画 川上和生【羊の要約】 生半可な気持ちで来ているのではない佐山の決意に水は差したくない。しかしプロとして伝えるべきことは伝えたい。 80代が、入居を考える一つのラインであること、若いうちの入居は割高になること、などを話すと、佐山は「前払い金が全然違うよな」と言い、すでにそのことは調べていることがわかる。では、なぜこんなに急いでホームに入りたいのだ?【羊のひとこ...

  13. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 41 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 41

    41話      作 重松清 画 川上和生【羊の要約】『すこやか館』が60歳以上入居可、といっても今までで一番若い入居者は65歳で、しかも年上の夫に付き添ってき妻だ。イジメやクレームもあるし、何より、どこも男女比が偏っていて、ここは1:2。女性陣に人気があるだの、ないだの、似かよった年齢でもいろいろあるのに、還暦前の若い夫婦が入ってきたら、それはいろいろ大変だと思う、話すと佐山はこわばった顔...

  14. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 40 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 40

    40話      作 重松清 画 川上和生【羊の要約】 佐山の私への相談事は、介護認定がなくても50代で入れる施設がないか、または『ハーヴェスト多摩』にコネで入れないか? ということだった。私はまず、コネの件を断った。50代でも入れる施設は、セカンドライフを楽しみながら老後に備えよう、というリゾート型の老人ホームはどうだろう、というと、東京から遠いのは、どうも…と佐山の反応は鈍い。【羊のひと...

  15. 単身世帯が最も多い - 世の中の動き

    単身世帯が最も多い

    2010年の国勢調査で、単身世帯が、夫婦と子で構成する世帯を上回り、最も多い「家族類型」になりました。「あなたのような方を紹介することは出来ません」。北海道で暮らす男性(47)は、5年前、結婚相談所に、そう言われ、一方的に電話を切られた。北海道の私立大学に進学し、運送会社に就職。入社後5年程で、経営悪化に伴う希望退職制度に応じた。地元銀行の破綻などの影響で、景気は低迷。アルバイト暮らしが続い...

  16. 沖縄がハワイを抜く - 世の中の動き

    沖縄がハワイを抜く

    2日に公表された路線価で、沖縄県は上昇率5・0%で全国トップだった。観光客数が昨年、初めてハワイを上回り、移住などで人口も増加。「58号沿いは4年前の4倍近くに高騰した」。地元の不動産業の照屋健吉さんはこう語る。ある投資会社の幹部は「東京都心に比べればまだ土地は安いうえに、ホテルの稼働率は高止まりしている。今が買い時だ」と話す。観光客は年1割ペースで急増し、格安空港会社の就航や主にアジアから...

  17. フェイク報道 - 河童工房('◇')の憤懣本舗

    フェイク報道

    枠で囲んだ左手写真は久留米市の被害を伝えるもの。普通右手文章で説明するからフェイクに値するかもしれないこういうレイアウトだと北九州市が再起不能被害でたと錯覚させる。門司区も 被害大きめだけどこれは勘違いさせるからフェイクに近い。門司区や小倉南区ってのは今回の場合南から来てたから雨雲などの通り道。地形=谷で 山が切れていて川が流れている いわゆる扇状地の扇の要部分。というようなことを見ればある...

  18. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 39 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 39

    39話      作 重松清 画 川上和生【羊の要約】 佐山の話を私はそれほど驚かない。老いを過ごす場所として、有料老人ホームやサ高住は当然将来の視野に入ってくる。ましてや佐山たちは一人息子を亡くしている。 だが佐山は、今の話なんだ、と続けた。夫婦とも55歳で元気だが、入れる老人ホームを探しているのだ、という。【羊のひとことさあ、わからなくなってきちゃった。佐山が「今」入りたい話に違いない、...

  19. 新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 38 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「ひこばえ」第二章 旧友の時計 38

    38話 作 重松清 画 川上和生【羊の要約】 佐山は『ハーベスト多摩』に初めて来て、興味深そうに見まわしてから、夫婦用の部屋について、聞いてきた。あとで館内を案内しよう、と申し出てから応接室へ入るとすぐに佐山が切り出した。「カミさんと老人ホームに入ろうと思ってるんだ」【羊のひとこと】 亀の呪いのこの小説、昨日休刊日、ということでさらに歩みを止めていましたが、今日佐山さんの相談の理由がわかり...

  20. 反原発の怪しさ - 東京カラスの国会白昼夢

    反原発の怪しさ

    ■-----------------------●2日、産経新聞ニュース「桜井よしこ 美しき勁き国へ」より小泉純一郎元首相の脱原発・・・壮大な間違いエネルギー政策は「科学の視点」で考えよhttp://www.sankei.com/politics/news/180702/plt1807020003-n1.html-----------------------日本は原発に深く関わり過ぎており、...

1 - 20 / 総件数:231 件

似ているタグ