朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(116)

  1. しょせん韓国は中国の属国 これは三百年先も変わらない    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    しょせん韓国は中国の属国 これは三百年先も変わらない ...

    ■中国習近平主席が高らかに宣言した一帯一路構想。世界的規模のインフラ投資と開発で当初は歓迎され、先般も日本の経済界で「日本も一帯一路構想に早く参加すべきだ」という焦り混じりの声も上がった。最近の日本の大企業経営者の質の低下は目をおおうばかりだ。そういう時代とはいえ、他者の煽りに踊らされて「何のおのれが大企業経営者か」である。もっとしっかりしてよ、と言いたくなる。その肝心な中国の一帯一路構想が...

  2. 戦時出版の「君たちはどう生きるか」の漫画が大ヒット - 世の中の動き

    戦時出版の「君たちはどう生きるか」の漫画が大ヒット

    日中戦争が始まった1937年に出版された本「君たちはどう生きるか」の漫画版が大ヒットしている。旧制中学に通う「コペル君」というあだ名の15歳の少年が主人公。学校でいじめや同級生の貧困にどう対応すべきか。「叔父さん」との対話を通じてコペル君が考え、成長していく物語。原作者は岩波書店の雑誌「世界」の初代編集長の吉野源三郎。投獄されたこともある。自由に書くため、子供向けで、小説仕立にした。戦後は教...

  3. 初見さんの「忍者談義・実演(忍法千一夜)」を見ていました - 世の中の動き

    初見さんの「忍者談義・実演(忍法千一夜)」を見ていました

    忍者ブームが世界に広がっている。国内の忍者道場は稽古に励む外国人で熱気にあふれている。千葉県野田市の住宅街にある一戸建てに、体格の良い人影が次々に吸い込まれていった。「武神館道場」。戸隠流忍法など九つの流派を修めた武道家の初見良明(はつみまさあき)さん(86)が忍術を伝えてきた。初見さんは42歳で戸隠流を継承。アメリカ・欧州・アフリカなどで忍術を指導し、弟子達は世界各地に広がっている。196...

  4. 映画評論家の仕事減る - 世の中の動き

    映画評論家の仕事減る

    どんな映画を見ようか迷った時、気軽に参照できるインターネットのレビューサイト。時には映画の興行を左右するほど存在感を増しつつある。一方、映画評論家らは執筆が減り、率直な評論がしにくくなったとする声もある。映画会社もレビューサイトの影響を無視できない。ある宣伝担当者は「好意的な投稿をしてもらうことは重要な仕事」と語る。映画評論家の斉藤敦子さんは「公開本数は増えているのに雑誌など映画評論を発表す...

  5. シェア自転車利用広まる - 世の中の動き

    シェア自転車利用広まる

    通勤者や観光客らにシェア自転車を提供する事業が広がっている。国も「脱・車依存社会」の切り札として後押しするが、収支や駐輪場の確保などに課題が残る。JR大宮駅前。周辺に市が手掛けるシェア自転車の24カ所のサイクルポートが置かれている。事業を始めてのは2013年。16年度には14万8600回と初年度の約3倍に増えた。品川駅前の放置自転車に頭を悩ませてきた港区も14年10月から、シェア自転車の実証...

  6. 新東名の最高速度110㌔へ - 世の中の動き

    新東名の最高速度110㌔へ

    新東名高速の新静岡IC-森掛川IC(約50㌔)で乗用車などの最高速度を100㌔から110㌔に引き上げる試行が11月1日から始まった。便利になると見込まれる一方、大型トラックなどは現行の80㌔に据え置かれたまま。会社員の高原さん「片側3車線の上、10㌔上がったので、すいすい進めた。急いでいる人はありがたい」と話す。一方、大型トラックの運転手、稲森さんは「今まで十分だった車間距離も速度が10㌔変...

  7. 日本の広大無辺な領海と領土と領空 祖先と先人たちの血と汗のたまものである    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    日本の広大無辺な領海と領土と領空 祖先と先人たちの血と...

    ■日本の広大な領海、7千近い離島。遠くの海に何日もかけて釣りに行ってもそこはみな日本の島、日本の領土、日本語の通じる日本そのものだ。日本のこの広大無辺な領海と領土・領空は座ってて手に入ったわけではない。これらを大昔から手に入れ、守り、今に残してくれたのは誰か。我ら日本人の祖先であり先人たちだ。彼らに感謝と敬意を表したい。我々日本人は、良き祖先と先人を持った。この大遺産を欠けることなく傷つける...

  8. ワンオペ育児:何らかの事情で、一人で育児を行う事 - 世の中の動き

    ワンオペ育児:何らかの事情で、一人で育児を行う事

    ワンオペ育児の負担が一人に集中する状況に女性達が苦しんでいることが、ようやく社会で認知され始めています。解決の鍵は、何処にあるのでしょうか。例を3つ挙げました。○会社員、吉岡建児さん(39)は「帰って家事を手伝おうとしても怒られる。残業の方が楽」と苦笑い。○関西地方の女性(31)は、「家族で楽しく暮らしたいのは2人とも一緒。あなたが必要」と訴え、夫は少しずつ家事をやるようになった。○保育士の...

  9. LINE(ライン)で、妊婦と乗客を繋げる - 世の中の動き

    LINE(ライン)で、妊婦と乗客を繋げる

    LINE(ライン)を使い、電車で座りたい妊婦と、譲りたい乗客を繋げる。12月、東京メトロ銀座線で、こんな実験が催される。仕組みは「席を譲っても良い」と考えている人が、あらかじめラインで「&HAND」というアカウントを「友達登録」して「サポーター」になる。妊婦が、「座りたい」という信号を発すると、サポーターのラインに「妊婦さんが近くにいます」というメッセージが届く。席を譲れる場合、ラインで自分...

  10. EUでは赤ちゃんと出席できる - 世の中の動き

    EUでは赤ちゃんと出席できる

    熊本市の女性市議が赤ちゃんと一緒に本会議に出席しよとしたがかなわなかった。先月22日、熊本市の緒方夕佳市議が7カ月の長男を抱いて本会議の自席に座った。最終的に緒方氏は長男を友人に預けて本会議に出た。三浦まり・上智大教授は「認められるべきだ」。EU加盟国でつくる欧州議会は例外的に同伴を認め、豪州では議場で授乳もできるという。一方、議会内に託児所やベビーシッターが入れる託児スペースを設けるのが現...

  11. 廃線で町おこし - 世の中の動き

    廃線で町おこし

    廃線になった線路やトンネルを活用し、観光客を集めて地域おこしにつなげる試みが全国で活発化している。○岐阜県飛騨市神岡町の「レールマウンテンバイクガッタンゴー」。2006年に廃線になった神岡鉄道のうち2.9㌔の区間を利用し、07年に営業を始めた。高山への観光客らが足を延ばすようになった。○NPO法人「愛岐トンネル群保存再生委員会」は1966年に廃線になった旧国鉄中央線の約1.7㌔を整備した。雑...

  12. 人は毒を出す - ゆうゆうタイム

    人は毒を出す

    12月3日 朝日新聞朝刊 「日曜に想う」(編集委員 福島申二)より。~信州で暮らす内科医にして芥川賞作家の南木佳士(なぎけいし)さんの書くものには、思いを深くめぐらすことが私には多い。医師として夫としての私的な来し方を描いた短編「白い花の木の下」から引く。「この身が生きのびるために言葉や態度に載せて排出した毒を吸ってくれる者がいて、だからこそいまこうして生きて在る」。そんな自らの罪業の深さに...

  13. 【メディア掲載】 『フォトアサヒ』コラム - Shiworiphotolog ~Baby・Kids・Family photos~

    【メディア掲載】 『フォトアサヒ』コラム

    朝日新聞社が後援する写真愛好家の組織「全日本写真連盟」の連盟機関誌http://www.photo-asahi.com/inquiry/about.htm フォトアサヒにて、2017年2月から12月までの全11回のコラムを担当させていただきました。テーマは、『家族写真の撮り方』。新生児から乳幼児、七五三、年賀状用の集合写真の撮り方など撮影術からエピソードを交え、ご紹介しました。並べるとこんな...

  14. 姉妹都市の必要性 - 世の中の動き

    姉妹都市の必要性

    時に、政治の渦に巻き込まれる姉妹都市。何のためにあるのか?サンフランシスコ市議会は先月14日、慰安婦蔵の寄贈を受ける議案を全会一致で可決した。大阪の吉村洋文市長はこれに反発した。そして、姉妹都市の関係解消を決定しました。そもそも、姉妹都市とは何か。留学生の受け入れや経済、観光面で協力などである。和歌山県太地町はイルカ問題で、オーストラリアのブルーム町議会から関係停止を告げられた。しかし、住民...

  15. 中韓朝 悪の枢軸       東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    中韓朝 悪の枢軸       東京カラス

    ■ジェラルド・カーチス コロンビア大名誉教授は30日、ワシントンでのシンポジュウムで、トランプ大統領が11月に訪韓した際、文在寅大統領が公式夕食会に元慰安婦を招待したことを「ものすごく不適切」と強く批判し、「日本の弱みにつけ込む卑劣な手口だ」と酷評した。またマイケル・アマコスト元駐日大使も日韓合意について「履行されていない」と不満を示した。(1日、読売新聞より一部抜き書き)独立戦争以前からの...

  16. 仏像をCTスキャン - 世の中の動き

    仏像をCTスキャン

    仏像彫刻の研究で、X線CTスキャン装置が威力を発揮している。仏像を解体せず、胎内を透視して構造や納入物を確認できるうえ、データの分析によって納入物の形を立体的に再現することも可能になった。今後、木の種類や産地、伐採年代などを追究できる。奈良大の今津節生教授は透視で得られたデータを元に3Dプリンターで腕や胎内の芯木などを精密に復元した。「今後も導入する施設が増え、文化財の健康診断を博物館や美術...

  17. 20秒早くで謝罪 - 世の中の動き

    20秒早くで謝罪

    エクスプレスを運行する首都圏都市鉄道が電車を定刻より20秒早く出発させたとして誤った。ただ同社によると、駅の時刻表には「44分」としか記されておらず、4分後には後続の電車が来ることになっていた。これが英語のネットニュースで報じられると「ニューヨークの地下鉄なら、謝罪のためだけに職員が必要だ」とツイッターなどで話題になった。米紙ニューヨーク・タイムズは記事で、過剰に謝る日本の企業文化が背景にあ...

  18. 恐竜が生き残った可能性が - 世の中の動き

    恐竜が生き残った可能性が

    もし小惑星が南側に数百㌔ずれて地球に衝突していたら恐竜は今も生き残っていたかもしれない。そんな研究成果を、東北大学と気象庁気象研究所のチームが英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。恐竜や古代の生物は、約6600万年前の白亜紀末、直径約10㌔の小惑星が現在のメキシコのユカタン半島に落ちた後に絶滅した。チームは、衝突の熱で有機物が燃えて生じた「すす」が太陽光を遮って地球に気温を下...

  19. リンゴの木に再びフクロウを - 世の中の動き

    リンゴの木に再びフクロウを

    リンゴの収穫量で全国の6割を占める青森県で、農家を悩ますネズミ退治のため、フクロウを農園に呼び戻そうという試みが続いている。かつてリンゴの木はフクロウの格好の産卵場所だったが、生産効率化を目指した低木化とともに姿を消した。高齢化が進むリンゴ農家の救世主として舞い戻ってくれることに期待が高まっている。ネズミは冬場に餌が不足すると、リンゴに気をかじりだす。枯れてしまうケースもある。フクロウの活躍...

  20. 今、運慶が人気 - 世の中の動き

    今、運慶が人気

    天才仏師・運慶に関する本の出版が相次いでいる。生き生きした仏像は多くの人を引き付け、新たな研究も進む。雑誌やコミック、芸術誌の売れ行きも良いという。JR上野駅構内の「ブックエキスプレスキュート上野店」は9月から運慶本はコーナーを設け、2カ月余りで700冊以上れたという。小学館は「ゴルゴ13」で知られる、さいとうたかをさんが1988年に出した作品を復刊した。JTBパブリッシングは8月、「漫画で...

1 - 20 / 総件数:116 件

似ているタグ