朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(148)

  1. 週刊文春の不倫報道 - 世の中の動き

    週刊文春の不倫報道

    「週刊文春」に不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退を表明すると、ネット上で文春への批判が相次ぎ、廃刊を求める声まで出た。ツイッターには「介護と病気で疲れ切った人を食い物にしている」「廃刊しろ」などと批判が噴出。文春の新谷学編集長は1月27日夜、東京都内でのイベントで「こちら側の意図と、伝わり方に大きなギャップが出ている。予想できなかった」と説明。フリージャーナリストの中...

  2. 新聞小説を読む「国宝」第十七章 「五代目花井白虎」  4 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第十七章 「五代目花井白虎」  4

    404話【羊の要約】 俊介の相談は、自分が『隅田川』の班女の前をするときは、喜久雄には舟人で出てもらえないか、というものだった。舟人は立役。喜久雄に頼める筋ではないが…と言う俊介に、喜んでやる、と喜久雄は受ける。 まずは、自分の身体が動けるようになるのには時間がかかる、と言う俊介に型通りではなく、俊介らしい班女を見せればいい、と喜久雄が助言する。 そして二人は十六歳で初めて万菊の『隅田川』...

  3. 【劇的な世代差 大変容進行中のニッポン】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【劇的な世代差 大変容進行中のニッポン】

    昨年の秋の総選挙以降、現状変更の要素が少ない日本民主主義ですが、そういうなかで行われた先般の「沖縄県名護市長選挙」。各種選挙でも最近聞いたことがない76.9%という高い投票率ということで、たいへん注目度の高い選挙だった。上のグラフは地元テレビ局のOTVが調査した世代間投票傾向分析。よく拡散されているグラフのようですが、くっきり世代差が表れていて驚いた。現職だった稲嶺さんは、米軍基地の辺野古移...

  4. 朝日新聞という悪たれ      東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    朝日新聞という悪たれ      東京カラス

    -上から続き- 衆院の予算委員会で安倍首相は、朝日新聞の雑で無責任な報道姿勢を批判しました。首相がウソを言ってるわけではないので文句も言えず「ああそうですか」と受け止めるしかありません。確かに私が読んでも、安倍首相批判の朝日の記事はひどいもんです。朝日は人を貶め、罠にはめるのは昔から得意なんです。朝日は左翼左派の巣窟であり、彼らほどウソと罠の好きな連中はいません。朝日にいると、人間とは本当に...

  5. 新聞小説を読む「国宝」第十七章 「五代目花井白虎」  3 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第十七章 「五代目花井白虎」  3

    403話【羊の要約】 「どうだよ、義足の具合?」と座布団を投げ置きながら俊介を迎えた喜久雄。機嫌よく笑って俊介は相談があるという。「やっぱり舞台に立ちたい」「『隅田川』をやってみたい」 廊下で一豊が、俊介の話を聞いているのが喜久雄に見えた。 俊介のような糖尿病患者が両足を失った場合、五年後の生存率は6割、という現実があるという。【羊のひとこと】 「隅田川」 というのはとてもとても懐かしく、...

  6. 力士への管理 - 世の中の動き

    力士への管理

    大相撲の十両・大砂嵐が7日、1月に車の無免許運転をした疑いで長野地検に書類送検された。そもそも、日本相撲協会は力士に対して現役中の運転を禁じているが、他のスポーツでは例がない。協会によると、「相撲には歴史・文化・神事・競技など様々な側面がある」という。東日本大震災の巡回慰問の際は、被災した人達が涙を浮かべて横綱・白鳳を拝んでいた。お相撲さん__。力士が敬意を持たれる存在であり続けるためには、...

  7. 朝日新聞に勤めたら人間がダメになります>小平選手 - 見たこと聞いたこと 予備3

    朝日新聞に勤めたら人間がダメになります>小平選手

    朝日新聞:「「私を雇ってください」 小平奈緒が記者に語った真意」長野・エムウェーブでの練習の帰りだった。バンクーバー五輪を1シーズン後に控えた2008年12月。駐車場を歩きながら、小平奈緒が少しおどけて切り出した。 「朝日新聞で雇ってください。このままじゃ、ニートスケーターで……」 小平は当時、信州大教育学部4年。将来は「先生になってスケートの楽しさを伝えたい」という夢はあったが、師事する結...

  8. 新聞小説を読む「国宝」第十七章 「五代目花井白虎」  2 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第十七章 「五代目花井白虎」  2

    402話【羊の要約】 本流から外れる一門ではあるが、貴重な歌舞伎の家柄である三國屋の当主は、喜久雄と同世代。武士はその息子である。 いたずら好きで、大人を翻弄させている武士だが、先ほど演じた若衆役で感じた、首筋の色香が喜久雄は気になる。 そこへ両脚に義足をつけた俊介が、喜久雄を訪ねてきた。俊介は松葉杖もつかずに楽屋の入口に立っていた。一豊につれてきてもらったが、もう一人でもあっちこっち行かれ...

  9. 自分史を図書館へ寄贈 - 世の中の動き

    自分史を図書館へ寄贈

    神奈川県大和市立図書館は1日から、市民が生涯を振り返って綴った「自分史」の寄贈の受付を始めた。図書館の蔵書として、専門コーナーを設けて、来館者が閲覧できるようにする。対象は、市内在住か、市内に在住していた故人が自らについて執筆したもの。100~300㌻程度で、永年保存するため、製本されていることが条件となる。自分史は、著名人の立志伝とは違って、普通の人々が人生を振り帰って書き記したもので、売...

  10. 安倍が朝日攻撃で大暴走~森友の質問には朝日批判で論点ずらし。朝日誤報列挙の演説答弁まで - 日本がアブナイ!

    安倍が朝日攻撃で大暴走~森友の質問には朝日批判で論点ず...

    頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も!           ・・・足場を固めて、着実に前進を!よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m<人気ブログRの方は、半分ぐらいしかポイントに反映されない状態が続いているため、順位が急落しており、申し訳ないのですが。これに懲りずに、応援、よろしくです。m(__)m>  【*1、*2などの関連記事...

  11. 新聞小説を読む「国宝」第十七章 「五代目花井白虎」  1 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第十七章 「五代目花井白虎」  1

    401話【羊の要約】 『助六由縁江戸桜』の揚巻を演じていた喜久雄。幕間に、舞台で自分についていた、見覚えのある男衆の名を聞く。 盲腸の傅吉に代わって、三國屋の坊ちゃん=武士が勤めた、と教えられ、 武士は大学を卒業したのかい? と喜久雄。 単位不足で中退した、と蝶吉は笑いながら答える。【羊のひとこと】 三國屋の武士坊ちゃん、初お目見えですかね?  どこぞで聞いたことのある、「大学でのお勉強なか...

  12. 新聞小説を読む「国宝」第十六章 「巨星墜つ」  25 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第十六章 「巨星墜つ」  25

    400話【羊の要約】 廊下に散乱したグラスや皿の破片を片づけるために、声をかけあう春江と幸子。 そんな言葉など聞かせまいと襖をしめ、俊介と二人になった喜久雄だが、かける言葉がない。「喜久ちゃん、もうあかん…。悔しいけど、ここまでや」 先に口を開いたのは俊介だった。喜久雄に、盲目の白虎の手を取って楽屋から舞台へ連れ歩いた日々が浮かぶ。 あれは俊介に見せる代わりに自分に見せた役者の意地だ。「俊ぼ...

  13. 神奈川県一斉にサイレンの訓練 - 世の中の動き

    神奈川県一斉にサイレンの訓練

    北朝鮮による弾道ミサイル発射が相次いでいる事を受け、緊急時に流れる政府の「国民保護サイレン」を実際に鳴らし、音を知ってもらう訓練が1月31日、神奈川県内全市町村であった。それに対し、「サイレンの音が聞こえない、聞こえづらい」の苦情が相次いだ。県によると、訓練終了後に県のコールセンターに寄せられた意見は同日午後5時時点で計69件。うち40件がサイレンの音量に関する苦情で、最多は鎌倉市民からの1...

  14. 安倍シンパ・百田の朝日攻撃が止まらず。「売国新聞」「読者も日本の敵」と主張。森友問題にも影響 - 日本がアブナイ!

    安倍シンパ・百田の朝日攻撃が止まらず。「売国新聞」「読...

    頑張ろう、東北!&関東!そして、熊本、大分、福岡も!           ・・・足場を固めて、着実に前進を!よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  【*1、*2などの関連記事は、記事の最後にあるMoreの部分にあります。】                   【平昌五輪・・・フィギュア団体は残念だった。宮原が急に回転不足をとられて、ナーバスに...

  15. 新聞小説を読む「国宝」第十六章 「巨星墜つ」  24 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第十六章 「巨星墜つ」  24

    399話【羊の要約】 喜久雄が俊介の家に着くと、家の中は暴れた痕跡がある。襖の向こうでしゃがみこんでいた俊介は、喜久雄の問いかけに答えもしない。 一豊は旅行中で、幸子は二階に避難している、と言った春江が、喜久雄に説明した。 今夜、病院の検査の診断でがあり、左足も壊死、左足も切断の必要があると言われた…。 それを廊下にいて聞いていたらしい幸子が嗚咽をもらす。 喜久雄は返す言葉が見つからず...

  16. 八つ当たりのは自分を守るため - 世の中の動き

    八つ当たりのは自分を守るため

    仲間内で攻撃された時に、自分より弱い仲間に「八つ当たり」するのは地位を守るためだと、総合研究大学院大学の研究チームが熱帯魚の実験で発表した。研究チームは熱帯魚シクリッドを雌雄別に3匹ずつ大型水槽に入れ、約20分の間に仲間内で起きた攻撃を分析する実験を延べ19組実施した。同大の伊藤宗彦客員研究員は「八つ当たりは集団内の順位が低い仲間から攻撃を防ぎ、地位を守るのに役立っているようだ」と話す。沓掛...

  17. 新聞小説を読む「国宝」第十六章 「巨星墜つ」  23 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第十六章 「巨星墜つ」  23

    398話【羊の要約】 喜久雄が寝入ったばかりの時間に、携帯が鳴った。取ったのは彰子で、電話は春江からだった。 嫌な予感にはね起きた喜久雄が携帯を奪う。ちょっと来てほしい、俊介が気が動転して暴れている、と春江が言う。 喜久雄の脳裏には、思い通りにならない体に舞台で苛立つ俊介が浮かび、「焦ることないって、大丈夫だって」と呟きながらタクシーで俊介の家に向かう。 ところがそこで待っていたのは想像を絶...

  18. 新聞小説を読む「国宝」第十六章 「巨星墜つ」  22 - 羊と猫と私

    新聞小説を読む「国宝」第十六章 「巨星墜つ」  22

    397話【羊の要約】 「何するにも、あんなに足を庇われたら、色気もクソもねえよ」  忌憚ない感想を喜久雄は俊介にぶつける。続けて言う。無理に隠さずすっと投げ出せ。 どの場面なのかすぐに察した俊介は、こうか? と一度やってみてからあらためて、義足をつけ、ああか、こうか、と姿見の前で繰り返す。 喜久雄は鏡台の前に痛み止めがあるのを見つけた。 踊りはもう無理かも…という俊介だが、たった一年でここま...

  19. 文在寅大統領、先に待つのは天国か地獄か はたまた絶望か    東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    文在寅大統領、先に待つのは天国か地獄か はたまた絶望か...

    ■日韓首脳会談で安倍首相は文在寅大統領(以下、文)に、「日韓合意の履行と韓国側の新たな方針の拒否、慰安婦像の撤去、解決済みの徴用工への適切な対応、拉致問題対応と有事の際の在留邦人の退避、米韓合同軍事演習の速やかな開始」などを求めた。文はこの中で日韓合意に関し、(1)合意は破棄しない(2)再交渉しない(3)合意に基づいた韓国の「和解、癒し財団」を解散しない(4)日本が拠出した10億円を返還しな...

  20. 余計な仕事を増やした朝日新聞 - 楽なログ

    余計な仕事を増やした朝日新聞

     かつてバイトをするようになった最初のころ、ある職場でしつこく、こう戒められたことがある。 「よけいな仕事を増やすな」 これは、横着すると後始末をしなければいけなくなり、かえって忙しくなるという意味だ。 これを思い出したのは、朝日新聞社が従軍慰安婦の記事のことで嫌がらせも同然の訴訟を起こされたが勝訴したという報道のためである。 この裁判は、一審も二審も朝日新聞社の完全な勝訴であるが、このあと...

1 - 20 / 総件数:148 件

似ているタグ