朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(915)

  1. ツイッター - 東京カラスの国会白昼夢

    ツイッター

  2. おさい銭をスマートフォーンで - 世の中の動き

    おさい銭をスマートフォーンで

    小銭ではなく、スマートフォーンを使ったキャッシュレス決済でさい銭を収めることができる寺や神社が出てきている。四国霊場22番札所の平等寺の本堂には、さい銭箱とともにタブレット端末が置かれている。平等寺がさい銭にQRコード決済を導入したのは昨年12月。「アマゾンペイ」など3種類の決済アプリに対応する。訪日外国人客の影響もある。寺には年間約1500人の外国人の歩き遍路が訪れるが、外国硬貨は銀行で両...

  3. 琉球の組踊(くみおどり) - 世の中の動き

    琉球の組踊(くみおどり)

    かつてアジアの海を結ぶ交易で栄えた琉球王国。その宮廷芸能「組踊」が生まれて、今年で300年。王国の精神を伝える音楽劇は、今も沖縄で盛んに上演されている。組踊のせりふは、琉球王国の士族たちが話した古い沖縄言葉が基本。現代の観客には取っつきにくい面もある。その成り立ちには、日本と中国に挟まれた小さな島国の歴史が色濃く反映されている。国王が代わるたび、中国皇帝の使者を迎えて儀式を行い、正式に即位す...

  4. 昆虫食 - 世の中の動き

    昆虫食

    貴重なたんぱく源として重宝されてきた昆虫。見たもの気持ち悪さなどから、昆虫食は衰退の一途だ。そんな虫の味わいに魅せられた人がいる。篠原祐太さん(25)。東京都内を拠点に昆虫食の販売やイベントをしつつ、虫料理レストラン開業を夢に抱く。篠原さんが昆虫料理を振る舞うイベント「地球少年の虫レストラン」が6月下旬、東京・新宿のバーであった。入場料1500円を払って中に入ると、集まっているのは、多くが2...

  5. トゥクトゥク - 世の中の動き

    トゥクトゥク

    タイの庶民の足として知られている三輪タクシー「トゥクトゥク」が、日本でも人気を集めている。派手な色遣いなど見た目のかわいらしさに加え、風を受けて走る開放感があり、年々「マイカー」として購入する人が増えている。現在、トゥクトゥクを販売する業者は全国に数社ある。中でも最も老舗の「NEWS」。値段は150万円ほどで、注文から3~4カ月ほどで納車される。エンジンは660㏄と軽自動車と同等で、自動車の...

  6. 【アホの朝日新聞】日韓関係加害行為を無かったことにするのは無理がある一年に一度は反省を罪を償っても節目節目で思い出すこと - 日本を愛する防人のつぶやき

    【アホの朝日新聞】日韓関係加害行為を無かったことにする...

    【アホの朝日新聞】日韓関係加害行為を無かったことにするのは無理がある一年に一度は反省を罪を償っても節目節目で思い出すこと2019年09月06日22:13 ★「70年以上も前の事、もうよくない!?」という娘の言葉から考えた 最近の日韓関係の問題には首を突っ込みたくなかったけど、前回の『韓国に「上から目線」のワイドショー、酷くない?』で、やはり言及してしまいました。一度、書き始めたら、また書...

  7. 腰がふらつき始めた韓国文在寅政権東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    腰がふらつき始めた韓国文在寅政権東京カラス

    ■韓国文大統領の最側近であるチョ・グクはスキャンダルまみれの中でも法相に任命されるようだ。任命する奴もいい加減だが、任命される奴もデタラメだ。これで大統領と法相なんだから漫才より笑える。そのチョ・グクは日本に対して韓国最高裁の徴用工判決を順守せよと法相気取りだ。スキャンダルまみれの身では、早く法相になって身に振りかかる火の粉を振り払いたいのだろう。だがこの先どうなるか分からず、ますます焦るチ...

  8. 子どもに自画撮り要求 - 世の中の動き

    子どもに自画撮り要求

    インターネットを使った犯罪に巻き込まれる18歳未満の子供が後を絶たない。中でも深刻なのが、わいせつ写真を送信させられる「自画撮り」の被害だ。昨年は警察が把握しただけで541人の被害者がいた。小学生が45人と前年より16人増えた。主な手口は。まず、ツイッターなどのSNS。交流中、相手が豹変(ひょうへん)するのは個人情報を得てからだ。「友達の悪口言っていたとばらす」「写真や名前をばらまく」と脅さ...

  9. 声優の年齢 - 世の中の動き

    声優の年齢

    まもなく放送開始から50年を迎える長寿アニメ「サザエさん」でマスオ役の声優が交代した。劇中のマスオは永遠の28歳。2代目として約40年間、声を担当してきた。増岡弘さんは83歳で、高齢を理由とした降板だった。増岡さんはマスオ役だけでなく、約30年務めた「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役からも身を引いた。声優は体調管理が重要だ。多くの場合、声優1人が休むと、とりなおしのためスタジオのレ...

  10. 議員バッジがオークションサイトに - 世の中の動き

    議員バッジがオークションサイトに

    インターネットのオークションサイトに東京都葛飾区の区議会議員バッジが出品されたことが判明し、運営会社から出品禁止処分を受けた。バッジは出品から3日後に出品が取り消された。理由は不明だ。ヤフーも対応を協議。今後、議員バッジは削除する対応をとるという。そもそも、議員バッジは誰が何のために買うのだろうか?議員バッジは引退や落選後に返却する義務はない。紛失しても実費を払えば再交付してもらえるという。...

  11. マッキーのコメントが掲載されますよ(0^^0)  /  歌ネットより - ふと思うこと ~Mackey only~

    マッキーのコメントが掲載されますよ(0^^0) / ...

    new!オフィシャルサイト「MEDIA」情報にてお知らせがありました。朝日新聞be on Saturday2019年9月7日号にて。※マッキーのコメントが掲載されるそうですよこちらでご確認出来ますので。https://makiharanoriyuki.com/media/up!『LINE MUSIC』掲載中の”歌ネットプレイリスト!”にマッキーの曲も入ってますよ。【ただただ愛しています】をテ...

  12. 古今亭志ん生 - 世の中の動き

    古今亭志ん生

    古今亭志ん生は昭和を代表する落語家として不滅の人気、今年はドラマであらためて名が広まる。酒に酔っぱらって高座で居眠り。この逸話、目撃証言が増えているとか。今なら「反社会人」の烙印を押されそうな問題児ぶりは数知れず。極貧時代のあだ名は「死神」だった。徐々に売れ始めて五代目古今亭志ん生を襲名。満州から帰国した還暦間近になって人気が爆発し、亡くなって40年以上経ってもCDが売れる。偏屈な性格は年を...

  13. ミニクーパー - 世の中の動き

    ミニクーパー

    イギリスが生んだ大衆車「ミニ」が8月26日、発売から60年を迎える。これまでの生産台数は1千万台を超えた。ミニは燃費の良い小型車として59年、発売された。小さな愛らしさが人気を呼び、65年には累計の生産台数が100万台を突破。なかでも有名なのが「ミニクーパー」。だが、より高性能で乗り心地の良い車が出回るようになると次第にミニの人気は衰え、80年代には製造中止のうわさが絶えなかった。東京都墨田...

  14. さらば、夏の日…8月31日6667 - from our Diary. MASH  「写真は楽しく!」

    さらば、夏の日…8月31日6667

    人気ブログランキング参加中です。今日は、朝から14時過ぎまで、スタジオでテスト撮影の立ち合い。テスト撮影をしたフォトグラファーのカメラは3900万画素のハッセルブラッドH3D-39 +HCマクロ120mmです。15時からは、ヨドバシカメラ秋葉原で開催された山岸伸写真集「輓馬」の出版記念トークショーに行きました。山岸さんのトークショーのお相手は、佐々木前アサヒカメラ編集長。写真集「輓馬」、山岸...

  15. 支離滅裂になり始めた文在寅韓国大統領東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    支離滅裂になり始めた文在寅韓国大統領東京カラス

    ■韓国大統領文在寅の側近中の側近で、法相になる予定だった曹国(チョ・グク)なる男に大スキャンダルが起きた。チョ本人の金銭疑惑や長女の不正入学疑惑、長男の5度にも及ぶ兵役逃れ疑惑、関係者への地位の提供、脱税のための偽装訴訟などなど多くのスキャンダルが表ざたになり、関係先も家宅捜索を受けた。チョの悪い噂はかなり前からあったらしく、文大統領の最側近だった以上、これら数多くの不正行為を文大統領も知っ...

  16. 支離滅裂になり始めた文在寅韓国大統領東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    支離滅裂になり始めた文在寅韓国大統領東京カラス

    ■韓国大統領文在寅の側近中の側近で、法相になる予定だった曹国(チョ・グク)なる男に大スキャンダルが起きた。チョ本人の金銭疑惑や長女の不正入学疑惑、長男の5度にも及ぶ兵役逃れ疑惑、関係者への地位の提供、脱税のための偽装訴訟などなど多くのスキャンダルが表ざたになり、関係先も家宅捜索を受けた。チョの悪い噂はかなり前からあったらしく、文大統領の最側近だった以上、これら数多くの不正行為を文大統領も知っ...

  17.  薬物経験者を支える刑事 - 世の中の動き

    薬物経験者を支える刑事

    違法薬物の経験者やその家族が集い、悩みを分かち合い、再犯を防ぐ。警視庁で薬物事件のベテラン刑事・組織犯罪対策5課の警部蜂谷嘉治(よしはる)さん(62)が始めたそんな活動がまもなく10年を迎える。立ち直りを目指す人たちを支えている。「NO DRUGS」と呼ばれるこの活動は月1回のペースで開かれている。当事者同士が近況を報告したり、悩みを相談したりし、親族や知人に知られたくない話でも打ち明ける。...

  18. 警察官の小中学生向けインターンシップ - 世の中の動き

    警察官の小中学生向けインターンシップ

    神奈川県警が小中学生向けのインターンシップに力を入れている。広報活動の一環かと思いきや、警察官の志望者を増やすための柱の一つとして取り組んでいるという。今月7日、県警蛯名署が実施したインターンシップ「子供刑事(こどもデカ)」には、県内に住む小学生20人とその親が参加した。内容はパトカー・白バイの乗車体験や交通安全や防犯に関する講習など盛りだくさん。県警採用センターによると警察官採用試験の受験...

  19. 金魚はフナがルーツ - 世の中の動き

    金魚はフナがルーツ

    色も形も様々な金魚は、どのようにして生まれたのでしょう。「金魚は人が作った魚」、「フナに戻ろうとする魚と、そうさせまいとする人間の綱引きで今の状態を維持している。金魚の先祖は、中国で千数百年前に見つかった突然変異の赤いフナとされる。交配の繰り返しにより生み出されてきた。一回の産卵で数百から数千個の卵を産むが、人間が厳しく選別することで品種の特徴を保っている。伝統的な鑑賞法は「上見(うわみ)」...

  20. 長いタイトルが流行 - 世の中の動き

    長いタイトルが流行

    長いタイトルの本やドラマが続々と登場している。コンビニやスーパーでも、素材や食感まで説明した、なが―い商品名が目に付く。長すぎる本のタイトルがネットで話題を呼んだ。5月に柏書房から刊行された作家の山下泰平さん(41)の『「舞姫」の主人公をバンカラとアフリカ人がボコボコにする最高の小説の世界が明治に存在したので20万字くらいかけて紹介する本』だ。当初の本のタイトル案は『明治大正の娯楽小説忘れら...

総件数:915 件

似ているタグ