社会ジャンル×朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(455)

  1. ポケベルよさようなら - 世の中の動き

    ポケベルよさようなら

    携帯電話が普及する以前、「個人向け呼び出し」として初めて広く普及したポケベルが来年9月で姿を消すことになった。東京メッセージは1987年から首都圏でサービスを開始。96年には契約数が130万人を超えたが、携帯電話などの普及で急速に衰退。最近の利用者は約1500人だったという。ポケベルは68年、日本電信電話公社(現NTT)がサービスを開始。ポケットベルに割り当てられた電話番号に電話し、音を鳴ら...

  2. サヨナラコリア - 東京カラスの国会白昼夢

    サヨナラコリア

    ■白を白と書くのは常識以前のことだが、日本の多くのメディアは、白を灰に黒に赤に青にとオールカラーで書きまくる。そんな中でのジャパンタイムズの表現変更は、まさに白は白に、という至極当たり前の姿勢だと思うが、やはり従来の日本悪人論にこだわる筋からは、相当な批判を受けているようだ。このままでは自分たちがやってきたことの全否定とも受け取られかねないから必死なのだろう。今まで「悪」だと叫んできたのに、...

  3. AIによる俳句 - 世の中の動き

    AIによる俳句

    膨大な古今の俳句の手法を学んだ人工知能(AI)が、着実に力を付け、俳人をうならせる句を詠みつつある。北海道大・川村秀憲教授(45)がパソコンを操作すると、一瞬で画面が文字で埋め尽くされた。「1秒間に約40句を詠む」と川村教授は笑顔を見せる。川村教授によると、AIは過去に詠まれた大量の俳句をデータとして読み込み、単語のつながりや季語などを学ぶ。現時点では完成句から秀句を選ぶ判断は無く、人間の手...

  4. 青森リンゴ盗難相次ぐ - 世の中の動き

    青森リンゴ盗難相次ぐ

    リンゴ生産量日本一の青森県で今年リンゴの大量盗難が相次いだ。青森県警によると、今年県警が把握したリンゴの大量盗難は、10月から11月にかけての5件。被害額は合計約140万円に上るが、犯人は逮捕されていない。いずれも収穫前の良く熟した実ばかりを巧妙に選び、木から直接もぎ取っていることから。業者などリンゴの扱いに慣れたグループと指摘する。流通ルートからさかのぼって犯人にたどり着くことは難しいとい...

  5. 現在の大久保利通への評価 - 世の中の動き

    現在の大久保利通への評価

    大久保利通は「冷徹な権力者」というイメージが強く人気はいま一つだ。ただ、近年の研究でその人物像は変わってきているという。大久保といえば、西郷や木戸、岩倉具視らと王政復古や倒幕を実現。明治政府で政治体制の改革や殖産興業を進め、近代国家の建設を担った人物だ。一方で、一部の政治家、官僚による「有司専制」と板垣らから批判された。勝田正治(まさはる)・国士舘大教授は、大久保が「万国に対峙するには民業の...

  6. パン給食減少 - 世の中の動き

    パン給食減少

    かつては学校給食の中心だったパン。最近では全国平均で週1回程度しか提供されず、業者が次々姿を消しているという。全日本パン協同組合連合会(全パン連)によると、昭和20~40年代に6千社あった給食パン業者は現在、1300社を切っている。毎年100社消えている。せめて週2回のパン給食が維持されないと業者は無くなるという。戦後の給食は、米不足の時代に始まり、余剰小麦粉を大量に抱えていた米国が小麦粉を...

  7. タンチョウの絶滅危機から被害へ - 世の中の動き

    タンチョウの絶滅危機から被害へ

    「鶴の恩返し」につながるか。国の特別天然記念物タンチョウとの共存に、北海道東部の生息地、鶴居村が頭を悩ませている。保護により絶滅の危機を乗り越えたが、問題も生じてきたからだ。タンチョウは、乱獲や湿原の開発で減少し、一時は絶滅したと考えられていた。50年代初頭に現在の釧路市阿寒町と同村で人口給餌に成功して徐々に増え、84年からは環境庁(当時)が給餌事業を始めた。そして、村では保護活動に取り組む...

  8. 元凶は韓国の最高裁東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    元凶は韓国の最高裁東京カラス

    -------------文在寅大統領(以下、文大統領)は、徴用工判決で揺れる日韓関係について、G20(20ヵ国・地域)首脳会合の後、韓国メディアを前にしてこう述べた。「歴史問題で日韓の協力関係が損なわれてはならない。歴史問題とは別に、未来志向的な協力を続けなくてはならない」-------------歴史問題で協力関係を(積極的に)損なっているのは韓国側である。それも今回の主犯は韓国の最高裁...

  9. 日本のパスポート - 世の中の動き

    日本のパスポート

    日本のパスポートは世界最強。英コンサルタント会社がビザ無しで渡航出来る行先を数値化したランキングを発表し、日本は190カ国・地域で、初の単独首位になった。だが、日本がビザなしで受け入れる対象国は、その3分の1程度にとどまっている。日本外務省の担当者は、「日本の信用度の高さを示している」と胸を張る。一方、ベトナムは日本人はビザなしで観光に行く事が出来るが、ベトナム人が日本に来るにはビザが必要だ...

  10. 蹴鞠(けまり) - 世の中の動き

    蹴鞠(けまり)

    1400年前に仏教などと共に中国から伝わったとされ、日本独自の様式で発展してきた「蹴鞠」。初めは貴族の間で広まり、和歌などと並ぶ重要な文化的たしなみとなった。蹴鞠の起源となる球技は中国で誕生したと考えられ、日本では毬を地面に落とさず長く蹴り続ける独自の姿になった。鎌倉時代は武士階級でも蹴鞠が盛んに行われ、時代が下がると庶民の間でも流行する。だが明治維新後の急速な西欧化の波を受けて窮地に立たさ...

  11. フィギュアスケート人気 - 世の中の動き

    フィギュアスケート人気

    フィギュアスケートの女子選手がクラウドファンディング(CE)で活動資金を募ったら、わずか1日で700万円以上も集まった。「期待に応えられるように一つ一つ結果を出せるようにしていきたい」。そう感謝したのは京都両洋高2年の白岩優奈選手【16】。両親と相談し利用を決めたという。同年代の選手と比べても目立つ存在ではない。それでも目標額の400万円を1日で突破し、11月22日午後8時現在で約2100人...

  12. 日中合作映画が加速 - 世の中の動き

    日中合作映画が加速

    「第二の高倉健」は生まれるのか?かつて日本映画が大ヒットし日本の俳優が国民的な人気を博した中国と、日本との間で今、映画界の交流を広げようとする取り組みが加速している。両国政府は合作映画に関する協定を締結。制作サイドもお互いの市場や作品に熱い視線を注いでいる。日中の合作映画は今後増えていきそうだ。両国政府は5月、「日中映画共同制作協定」を結んだ。協定に基づく作品と認定されれば、お互いの国で国産...

  13. 中古販売店がミシュランガイドに掲載 - 世の中の動き

    中古販売店がミシュランガイドに掲載

    中古車販売店が「ミシュランガイド」に掲載された。その店は確かに鳥取にあった。店には今日も行列ができる。実はラーメンでの掲載だ。中古車販売店「ホット・エアー」。その看板のすぐ隣に「ラーメン」と書かれたのぼりが、控えめにはためく。商談スペースを改修してカウンター席やテーブル席をしつらえ、12年ごろから特性ラーメンを提供している。「地元の名店」から「全国区」となる転機は2月中旬に訪れた。スーツ姿の...

  14. 「日韓関係、終わりの始まり」よきかなよきかな東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    「日韓関係、終わりの始まり」よきかなよきかな東京カラス

    ■29日、元徴用工と元挺身隊員たちが三菱重工に賠償を求めていた訴訟で、韓国最高裁は三菱の上告を棄却し、原告勝訴とした。これは脚本のある法廷劇であり、裁判ではない。また同時に「国家主導による集団的たかり」であり、韓国とは乞食の集団であり、文在寅大統領はその親方だ。先の新日鉄住金の上告棄却と同じく、原告である元徴用工たちの検証も裏付けもせぬまま「とにかく日本が悪い」というムチャクチャナ法廷劇だっ...

  15. ろう学校「明晴学園」 - 世の中の動き

    ろう学校「明晴学園」

    聞こえない子供達に手話ですべての授業を行う全国初の私立のろう学校「明晴学園」(東京都品川区)が今年、開校から16年を迎えた。教室は静かだが、子供達の手はせわしなく動き、質問が飛ぶ。創立10周年を記念して、17日には手話狂言や演劇などを披露する「千神祭」があった。学園は、1999年に狭いアパートで開いたフリースクルーに始まり、08年に正式開校した。約30人の教師の内、半数がろう者だ。学校の特色...

  16. 高齢者の電動アシスト自転車事故 - 世の中の動き

    高齢者の電動アシスト自転車事故

    電動アシスト自転車に乗車中の高齢者が事故で死亡するケースが増えている。運転免許の返納後の新たな交通手段や、自転車の運転を体力的にあきらめた年齢層の新たな「足」としての利用が高まる。自転車事故そのものは年々減少する中、電動アシスト自転車の事故は全国で増えている。高齢者が目立ち、過去10年は毎年、死亡事故の8~9割が高齢者だ。アシスト自転車の利用者が増えたことで、事故も増加しているとみる。比較的...

  17. 文科省と国立大学との関係 - 世の中の動き

    文科省と国立大学との関係

    国立大学が文科省から独立した法人となり15年。今なお、同省幹部が全国の国立大学に、病死した同省職員の遺族への寄付金を募っていたことが明らかになった。背景には今も続く同省と国立大学の「特殊な関係」があった。国立大が文科省から「独立」してかなりの時間が経過したにもかかわらず、なぜこうした寄付依頼が続いていたのか。背景には独特の相互交流の人事制度がある。大学の事務方トップの事務局長ポストは「現役出...

  18. 鹿鳴館と社交ダンス - 世の中の動き

    鹿鳴館と社交ダンス

    東京都千代田区の帝国ホテル付近。日比谷通り沿いに、かつて紳士淑女がダンスの輪を重ねた社交場があった。鹿鳴館だ。不平等条約改正のために政府が進めた欧化政策の麗しき花だ。現在、跡を示す石碑は残るが、昔日の壮麗なる面影はない。過剰な欧米かぶれに批判の声が高まり、推進した井上馨外相の失脚に伴い、鹿鳴館時代は数年で幕を閉じたといわれる。その後、大正期には初のダンスホール「鶴見花月園舞踏場」が横浜に開業...

  19. カネに遊ばれた権力者東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    カネに遊ばれた権力者東京カラス

    ■まさしく「高転びに転んだ」日産代表取締役会長カルロス・ゴーン氏。(以下ゴーン氏)次々と出てくる不祥事に共通しているのは、手に入るカネはできるだけ多く、出ていくカネは全てを日産の金庫から、という寄生虫的ともいえる金銭哲学だ。だが22日には、ついに代表取締役会長の職を解任され、トップから一気に奈落へ落ちた。解任するための取締役会にはゴーン氏とケリー氏を除く7人が出席したが、ルノーからも二人がテ...

  20. ゆるキャラグランプリの組織票 - 世の中の動き

    ゆるキャラグランプリの組織票

    かつて「くまモン」が1位に選ばれた「ゆるキャラグランプリ(GP)」。今年は17,18日に大阪府東大阪市で、開かれた。昨年のGPのご当地部門で1位に輝いた千葉県成田市の「うなりん」。「1位になり、引き合いがすごく増えた」と、同市担当課。週末は1日に3,4件のイベントの掛け持ちもあるという。昨年、「選挙対策本部」を設立。職員が休日に自宅などで約1200人の市職員分のフリーメールのアドレスを作成し...

総件数:455 件

似ているタグ