社会ジャンル×朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(474)

  1. 北部九州の豪雨、「備えよ」という自然の教えか東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    北部九州の豪雨、「備えよ」という自然の教えか東京カラス

    ■北部九州はいまだかつてない猛烈な豪雨に襲われ、各地で道路も鉄道も橋も流されている。日本にはあらゆる自然災害があり、竜巻も最近は数が増えている。そして災害の直後から始まるのが復旧と復興、土木と建築、公共工事である。信長も秀吉も家康もみな治山治水、土木建築には特に力を注いだ。土木と建築、つまり公共工事は日本の国と社会、国民が生きていくための根幹だ。すべてのものは道から始まる。道なくば、安全な道...

  2. 埼玉県が山岳救助を有料化 - 世の中の動き

    埼玉県が山岳救助を有料化

    埼玉県が防災ヘリコプターを使った山岳遭難救助を有料化すると、決めた。県内の山で遭難し、県の防災ヘリに救助された登山者などから手数料を徴収する。1時間当たり5万円程度という。国土交通省は今回、埼玉県に対し、防災ヘリを用いた救助は、社会通念上、事業に当たらず、国の許可は必要ないとし、ゴーサインを出した。

  3. ティラノサウルスは、やはり、ウロコに覆(おお)われていた - 世の中の動き

    ティラノサウルスは、やはり、ウロコに覆(おお)われていた

    大型肉食恐竜ティラノサウルスは当初、ウロコに覆われていると考えられていたが、祖先にあたる2種の恐竜に羽毛の証拠が発見され、ティラノサウルスも羽毛が生えているとする説が高まった。ところが、ウロコに覆われた化石を再発見。羽毛を持つ小型の祖先から大型に進化する中で、ウロコを持つようになったと結論付けられた。

  4. おんぶひも「もっこ」が人気 - 世の中の動き

    おんぶひも「もっこ」が人気

    熊本県天草地方で「もっこ」の名前だ受け継がれてきた、おんぶひもが人気を集めている。現代風にアレンジしてネットで売り出したところ、各地から注文が相次いでいる。熊本県の野崎さんは「市販の抱っこひもをおんぶに使うと腰あたりまで下がってしまうが、もっこだと高く背負えて、子供と目を合わせられるのがいい」と語った。

  5. 中世戦国期の城が人気上昇 - 世の中の動き

    中世戦国期の城が人気上昇

    石垣以前の中世戦国期の板塀や木柵に囲まれ、木造の櫓などを構えた城が今、城好きの人気を集めている。上杉家に仕えた長野業政(なりまさ)が築城した群馬県高崎市の箕輪(みのわ)城。1598年に廃城。そんな同城の整備が6年前に始まった。昨秋に郭馬出西虎口門(かくうまだしこぐちもん)が完成した。現存する古い城門や絵図などを参考に再現された。今後、本丸などの整備を進める方針という。この他、八王子城、鉢形城...

  6. 常軌を逸した共産党の安倍首相たたき、あれは政治ではない。東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    常軌を逸した共産党の安倍首相たたき、あれは政治ではない...

    ■都議選は都民ファースト49で小池都知事の支持勢力は過半数ぶっちぎりの79議席、対する自民党は大惨敗の23議席となった。民進党は2議席減で、共産党は「世間の情け」のような2議席増し。それとも民進党の2議席が共産党に流れただけか。(笑)あれほど騒いで安倍首相を悪人にし、政権も自民党もこき下ろしてきた民進党と共産党。その結果は互いに2議席減って2議席増えただけ。民進党がわずかに議席が残ったのは、...

  7. 雨蛙東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    雨蛙東京カラス

    ■明日は都議選投票日。国政への影響は大きいとみて民進党や共産党、自由や社民の「いつもの4野党」は都議選と国政をからめて政権攻撃に必死だ。同じく反社会的メディア朝日新聞と毎日新聞と東京新聞という「いつもの新聞トリオ」も安倍政権打倒に必死だ。この新聞トリオも「いつもの4野党」と歩調を合わせて安倍首相追い落としと自民党下野に血眼で、目的が果たせるなら自分の親でも殺しかねないほど焦っている。しかも安...

  8. キン肉マンの人気復活 - 世の中の動き

    キン肉マンの人気復活

    漫画「キン肉マン」が盛り上がりを見せている。87年に終了した連載の続編がネットで復活したことが大きい。5月中旬、ツイッターのトレンドワードで「キン肉マン」が1位となり、話題となった。連載は79年、週刊ジャンプで始まった。アニメ化など80年代に盛んになった。

  9. 本屋発のベストセラー - 世の中の動き

    本屋発のベストセラー

    本屋発のベストセラーが各地で生まれている。本の一部をあえて読めなくしたり、独自の賞を創設したり、工夫を凝らして売り上げを伸ばす。紀伊国屋書店ららぽーと豊洲店は、フィルムで覆われて読めない文庫本を並べ、約2カ月で1千冊以上を売り上げた。各地の書店が独自の賞を設けるケースも相次ぐ。三省堂書店は芥川賞、直木賞と一緒に同社の文芸担当の新井氏の名を取った「新井賞」の受賞作も並べる。フェアの期間中、直木...

  10. 今年の海の王子は注目の的に - 世の中の動き

    今年の海の王子は注目の的に

    藤沢市の観光PRを担う今年度の「海の女王&海の王子」の5人が19日、藤沢市役所にあいさつに訪れた。2010年の夏から一年間、王子だった小室さんが眞子さまと婚約準備中と報じられて一カ月。今回、海の王子は女王のサポートから主役の注目を浴びそうだ。片瀬西浜のステージで開催された「海の女王&海の王子」のコンテストを2008~2012年の5回見ました。小室さんを見ています。英語が得意と話されたので、英...

  11. 国会閉まって都議選始まる東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    国会閉まって都議選始まる東京カラス

    ■都議選が始まった。運よくというか、公明党と共産党の間で「公共紛争」が勃発し、志位共産党委員長は新宿での応援演説の最後で公明党を激しく非難した。非難の内容は目クソ鼻クソなので割愛させていただくが、この平和ニッポンにおいて共産党は今も破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体だ。つまり共産党は国と国民にとって「危険な政党」なのである。でも多くの国民はこれを知ってもノンビリとしている。破防法の...

  12. 龍馬の手紙、新たに発見 - 世の中の動き

    龍馬の手紙、新たに発見

    坂本龍馬が兄・権平の家族に宛てた手紙が新たに6枚見付かった。高知県が15日、明らかにした。龍馬が襲撃された寺田屋事件・長州征伐が記述。西郷隆盛、小松帯刀、高杉晋作などが登場する。手紙の3枚目は、長州征伐を描写。高杉晋作の行動が書かれている。手紙は、現在、北海道の男性が所有しており高知県と交渉中。

  13. 京都の観光客増加と人口減少 - 世の中の動き

    京都の観光客増加と人口減少

    急増する外国人観光客が観光都市京都に押し寄せ、住民の日常生活に影響が出ている。外国人団体が通勤時間帯にバスに乗り込み、住民が乗れないなど。京都の外国人宿泊者数は2年続けて6~7割増え316万人を突破した。祇園新橋地区は27年前から続けられてきた夜桜のライトアップを中止した。観光客が増え過ぎ、昔の風情が無くなったので、市に問いかける意味で中止にしたと実行委員会代表は言う。その一方、人口は減り続...

  14. うんこ漢字ドリルが大人気 - 世の中の動き

    うんこ漢字ドリルが大人気

    小学1~6年生対象の全例文に「うんこ」を使った漢字練習帳が爆発的に売れている。文響社が出版した「うんこ漢字ドリル」がそれだ。3月の発売からシリーズで累計200万部を突破した文響社は「日本一楽しい漢字ドリル」とうたう。書店では山積みされ、飛ぶように売れ続けている。

  15. 忖度、総理の意向、官邸の最高レベル、それがどうした東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    忖度、総理の意向、官邸の最高レベル、それがどうした東京カラス

    ■15日早朝、参院本会議において組織犯罪処罰法改正案が成立した。安倍首相と政府・自民党の中央突破に対して、民進党など「いつもの4野党」の知恵無く戦略も無き国会対策が結果としてプラスになったようだ。今回も「いつもの4野党」のダメっぷりと、反社会的メディア朝日新聞などの反安倍政権メディアの意図的で恣意的で薄っぺらな報道姿勢が露わになった。何よりも法案が本当に危険な内容を含んでいるのか、反対派の中...

  16. 日本国籍でも日本語の指導が必要 - 世の中の動き

    日本国籍でも日本語の指導が必要

    日常会話や学校の授業を理解するための日本語力が足りず、特別な指導が必要な外国籍・日本籍の子供は、全国の公立小中高などで過去最多だったことが文部科学省の昨年の調査で分かった。日本国籍の中には、両親が国際結婚で、家族間で日本語以外の言葉を話しているための例がある。指導が必要な子供の数の増加に現場の対応が追い付いでいないのが現状。

  17. 今日の朝日新聞に掲載された赤川次郎の投書と『プロメテウスの乙女』について - 楽なログ

    今日の朝日新聞に掲載された赤川次郎の投書と『プロメテウ...

    今日の新聞各紙を買って読んだところ、国会の強行採決について最も力がこもっていたのは東京新聞だったが、毎日新聞は一面の見出しなど厳しい調子ではあるが公明党についてさりげなく擁護していて、やはり前から言われているとおり創価学会との癒着の噂は本当なのではないかと思わせた。ところで朝日新聞の投書欄にはトップに作家の赤川次郎さんの投書が載っていた。共謀罪などを批判し「安倍さん、あなたが『改憲』を口にす...

  18. 織田信長の定説に疑義 - 世の中の動き

    織田信長の定説に疑義

    その異説の内の3つを紹介。その一、天下布武の天下は日本全国ではなく、京都周辺を指している。その二、楽市楽座を最初に行ったのは、信長ではなく、六角氏で、観音寺城下の石寺新市のようだ。その三、比叡山焼き討ちは、全山ではなく、無人となっていた堂塔を焼いた。滋賀県教育委員会が発掘したところ、焼失したと思われる主な建物は、大講堂などわずかで、多くは当時使われていなかった可能性が高いという。

  19. 十勝ガールズ農場 - 世の中の動き

    十勝ガールズ農場

    農家に嫁いだわけでもなく、農家に育ったわけでもない。27歳が2人、23歳が1人の計3人の女性が北海道十勝地方で畑作りに挑んでいる。畑の名は、十勝ガールズ農場。多品種少量生産で1年目の昨年で、約1千万円を売り上げた。

  20. ちょっと車いすを押してくれませんか? - 世の中の動き

    ちょっと車いすを押してくれませんか?

    誰もが気軽に助けてと言えたらとの思い話伝えたいと車いすの会社員寺田湧将さんがHELPUSH(ヘルプッシュ)と名付けた旅を始めた。ホワイトボードを掲げ、道行く人に「ちょっと車いすを押してもらいませんか?」と声を掛ける。47都道府県の旅を目指す。

総件数:474 件

似ているタグ