社会ジャンル×朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(432)

  1. かって大人気だったレジャーは復活の兆し - 世の中の動き

    かって大人気だったレジャーは復活の兆し

    スキー・キャンプ・ボウリングに、復活の兆しが見え始めた。当時の世代が親となり、子連れで再び楽しむようになったため。新潟県の苗場スキー場の担当者は、2010年に子供向けゲレンデを造り、3歳から入れるスキー教室を新設。2012年から小学生以下の子供のリフト券を無料にした。託児施設も用意していると語った。60~70年代に一大ブームになったボウリングも復活の兆しがあるという。

  2. ランニングで、ギャンブル依存から脱出 - 世の中の動き

    ランニングで、ギャンブル依存から脱出

    ギャンブル依存からの回復を支援するNPO法人「ワンデーボート」が、回復プログラムにランニングを採り入れている。施設長の中村努さんは、ギャンブルに代わる上手な遊び方、楽しみ方が重要だと考え、ランニングを採り入れたという。はまるものはギャンブルと同じでも、マラソンには成長があると語る。

  3. 養育里親 - 世の中の動き

    養育里親

    虐待など、様々な事情で家庭で生活できない子供を一定期間育てる「養育里親」。大阪市がその担い手として男性カップルを認定した。養育里親は、養子縁組をする里親とは異なり、原則子供が18歳になるが、実親らと暮らせるようになるまで育てる制度。厚生労働省によると、虐待や親との死別などで養護が必要な子供は、約4万5千人。9割が施設で暮らし、里親への委託は1割。

  4. ロボネコヤマト - 世の中の動き

    ロボネコヤマト

    ヤマト運輸とDeNAは17日、自動運転による将来の無人配達を見据えたサービス「ロボネコヤマト」の実証実験をはじめた。ロッカー式の保管ボックスを積んだ車を指定した場所に呼べる。再配達を減らし、人手不足の緩和につなげる狙い。利用者は、スマートフォンやパソコンから配達を希望する時間と場所を入力。車が来たら、暗証番号で、ボックスを開いて荷物を取り出す。

  5. 護憲派は不都合なものは見ざる、言わざる、聞かざるだ東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    護憲派は不都合なものは見ざる、言わざる、聞かざるだ東京カラス

    ■核とミサイルで北朝鮮に脅される日本。島国の日本は「元寇と朝鮮高麗の連合軍の襲来」以外に、外国にあからさまに脅威を与えられたことは無い。幕末の列強の砲艦外交も、大東亜戦争における米軍の侵攻も、北朝鮮の脅威とは意味が違う。周辺国の貧困と文明の遅れ、島国という地政的事情、ゆえに日本は誰に脅されることもなく平和を享受し、日本人はそれが当たり前だと思ってきた。拉致への無関心もそれが多分にある。外の国...

  6. キャプテン翼がシリア難民へ - 世の中の動き

    キャプテン翼がシリア難民へ

    人気サッカー漫画「キャプテン翼」がシリア人留学生によってアラビア語に翻訳され、シリア難民の若者達に送られている。アラビア語版を企画したのは、紀伊国屋書店。販売する計画で、昨年、集英社から許可を得た。2月に発送が始まり、NGOやユニセフを通じて計450冊が送られている。漫画というソフトパワーは日本が持つ最高の国際貢献の手段だ。

  7. 平安期に京都でオーロラ - 世の中の動き

    平安期に京都でオーロラ

    平安・鎌倉期の歌人、藤原定家がm日記「明月記」に書き残した「赤気(せっき)」がオーロラであることを裏付けたとする論文を国立極地研究所や国文学研究資料館などのチームが米地球物理学連合の学術誌に発表した。当時は、地磁気の軸が現在と異なり、日本でオーロラが観測しやすい状況だったことが分かった。

  8. 物部氏と蘇我氏との争いは仏教とは無関係だった - 世の中の動き

    物部氏と蘇我氏との争いは仏教とは無関係だった

    大陸から伝わった仏教を受け入れるかで、物部氏と蘇我氏が対立した崇仏論争は無く、政治的争いだった可能性が指摘されている。国学院大兼任講師の有働智奘(ちしょう)さんは、「蘇我氏と物部氏の対立の図式には廃仏という意識はなかった」と説を提示。一方、堺女子短期大教授の水谷千秋さんは「物部氏と蘇我氏の間に仏教受容をめぐる論争はあっただろうが、主因は政治的権力闘争だった」と推測する。

  9. 民進、共産、朝日新聞などが叫ぶ強行採決というウソ東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    民進、共産、朝日新聞などが叫ぶ強行採決というウソ東京カラス

    ■左巻きで左翼で反安倍政権で反保守で、公正で公平な報道という言葉とは縁遠いNHKという偏向放送局。そこには公的メディアである責任感も倫理感もまるで存在しない。NHKとは戦後日本の七大病巣の一つである。このバカ放送局、3日のニュースウオッチ9の航空自衛隊の緊急発進の急増を扱った番組中で、日の丸の上に中国国旗を置いて日本が中国に服従していると思わせる非常識きわまりない演出があったことが分かった。...

  10. トランプがいく東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    トランプがいく東京カラス

    ■米中首脳会談での晩さん会において、トランプ大統領はシリアの空軍基地を50数発の巡航ミサイルで攻撃したことを習近平に伝えた。いきなり聞かされた習近平は、なすすべもなく沈黙したらしい。毒ガスを使ったシリア政府軍への報復だったが、金正恩への恫喝と、北朝鮮に影響力を行使しない習近平への脅しでもあったのだろう。最近にない痛快事だったが、その後シリア攻撃にトランプ大統領の娘であるイバンカの意見が影響を...

  11. 日本語版ニュースサイトが続々開設 - 世の中の動き

    日本語版ニュースサイトが続々開設

    欧米の大手メディアの日本語版ニュースサイトが次々に誕生している。日本の読者は、日本が世界にどう見られているかを気にする。日本のメディアは政府の主張をそのまま伝えている。世界が予想外の方向に動き始める中、海外初の日本語ニュースにニーズは増えている。海外ニュースが日本語でそのまま読めるのが、だいご味。

  12. 江の島に軽の救急車が登場 - 世の中の動き

    江の島に軽の救急車が登場

    藤沢市消防局は、軽乗用車タイプで四輪駆動の救急車を導入した。狭くて急な坂が多い江の島で、急病人が出ても坂を無理なく上って駆けつけられる。サムエル・コッキング苑前で6日、お披露目された。山地区で急病人が出ると、なかなか対応できず、長年の懸念だった。

  13. 日本風の温浴施設が中国で人気 - 世の中の動き

    日本風の温浴施設が中国で人気

    日本式温浴施設の人気が中国で高まっている。中国東北部の遼寧省瀋陽では、今、日本風の温浴施設「大江戸」が大人気だ。大江戸では、日本式にこだわり、浴室の清掃を徹底した。こうした施設は、中国各地に広がりつつある。日本で、爆買いよりも温泉めぐりや花見といった体験をする人が増えたことが背景にある。

  14. ドリブルデザイナー - 世の中の動き

    ドリブルデザイナー

    サッカーで、相手を抜いていくドリブルで、多彩な技を繰り出し「ドリブルデザイナー」を名乗る男性が、横浜市在住の岡部将和さんだ。繰り出す技に相手は、ついていけず、3分間で50人近くを抜き続ける。動画が世界中の驚きを集め、再生回数は計2千万に達した。評判は、徐々に広まり、技術を教える「クリニック」に海外から依頼が舞い込んだ。「すごいじゃないですか」と本田圭佑選手は感嘆の声を上げた。

  15. 日本動物園水族館協会を退会 - 世の中の動き

    日本動物園水族館協会を退会

    3月31日付で、追い込み漁で捕獲されたイルカの入手を禁じている日本動物園水族館協会を、しものせき水族館「海響館」と新江ノ島水族館が退会した。新江ノ島水族館は「10年、20年先を考えれば、野生のイルカを買える選択を残しておきたいと判断した」。同館は、飼育するバンドウイルカ10頭のうち7頭が同館生まれで、96年以降は野生のイルカの搬入は無いという。

  16. 教育勅語と皇室がそれほど憎いか朝日新聞よ。先輩たちの過去を見てみよ、偉そうに言える立場か東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    教育勅語と皇室がそれほど憎いか朝日新聞よ。先輩たちの過...

    ■アメリカのトランプ大統領(以下トランプ)は6、7日に中国の習近平と会談する。北朝鮮問題が中心になると予想されている。トランプは、北朝鮮への強硬姿勢を示し「中国は、ほとんど何もしなかった」と述べ、中国の協力が得られない場合は「我々がやる」と明言している。ティラーソン国務長官も北朝鮮に対して、先制攻撃も排除しない方針を明言している。一方北朝鮮は、ミサイルの訓練を「在日米軍基地を打撃する」ためと...

  17. 銃剣道 - 世の中の動き

    銃剣道

    3月31日に告示された中学校の新学習指導要領で「銃剣道」が、新たに保健体育の武道に盛り込まれた。旧日本軍の戦闘訓練に使われていた「銃剣術」の流れをくむだけに、波紋が広がっている剣道に似た防具を付け、銃の形をした木製の「木銃」で、のどや小手、肩などを突き一本を狙う。

  18. 旧吉田茂邸 - 世の中の動き

    旧吉田茂邸

    戦後の大物首相、吉田茂の旧居を大磯町が再建し、4月1日から一般公開した。建設費は、約5億4千万円。2009年3月に漏電が原因の火災で焼失した。消失前に、公開時に見学しました。

  19. サヨナラパククネ東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    サヨナラパククネ東京カラス

    ■朴槿恵がついに逮捕された。画像を見ると一気に老けたようで、おまけに化粧気が無いから、なおさら悲惨に見えた。有罪になってもならなくても、もう元には戻らない、一巻の終わり、ジ・エンドである。大統領になってやったことは、過激な反日と中国へのおもねりだけだった。韓国人はとにかく汚職が多く、カネが飛びまくる。在日韓国人に外国人参政権を与えれば、日本の政治が地方から加速度的に腐敗していくことは確かだ。...

  20. 藤沢鵠沼海岸の「しおかぜ号」 - 世の中の動き

    藤沢鵠沼海岸の「しおかぜ号」

    各地の公園などに展示された蒸気機関車(SL)の撤去や解体が相次ぐ中、神奈川県鵠沼運動公園内の「しおかぜ号」はピカピカだ。約40年間、毎月第2日曜に、錆びない様にSL少年団の小中学生らが、手入れをしてきた。放っておけば、錆びて誰も来なくなると少年団が結成された。

総件数:432 件

似ているタグ