社会ジャンル×朝日新聞のタグまとめ

朝日新聞」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには朝日新聞に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「朝日新聞」タグの記事(631)

  1. ハマ弁の市費負担が6313円 - 世の中の動き

    ハマ弁の市費負担が6313円

    中学校給食を実施していない横浜市が、給食の代わりに導入した配達弁当「ハマ弁」の市費負担が、2016年度に1食あたり6313円にのぼったことがわかった。利用率20%規定に対し1%台に低迷しているためだという。ハマ弁は16年7月から段階的に提供が始まり、17年1月に市内全中学校に広がった。民間業者が調理・配達を担い、生徒{保護者}の自己負担と自費で運営されている。利用率の低迷を受けて、市は4月か...

  2. 隠れるように一斉に方向転換を始めている6野党議員とメディアのお粗末東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    隠れるように一斉に方向転換を始めている6野党議員とメデ...

    ■1950年6月、北朝鮮軍の38度線越えで朝鮮戦争が始まった。米韓軍が釜山周辺まで追いつめられていたころ、半島正面である山口県ではこんなことが起きていた。●以下、破線----内・元時事通信・経済誌記者石井孝明(いしい・たかあき)氏の記事より(産経新聞夕刊フジZakzak3月28日を参考にしてその一部を勝手に抜き書き)-----------------「1950年の夏。『韓国政府が、山口県に6...

  3. 冤罪者たちの叫び - 世の中の動き

    冤罪者たちの叫び

    冤罪を訴え、闘ってきた元受刑者たちの交流を描いたドキュメンタリー映画「獄友(ごくとも)」(115分)が完成した。奪われた時間を取り戻すかのように生きる5人の男性の姿を映画監督の金聖雄(キムソンウン)さん(54)がカメラに収めた。映画に登場するするのは、「布川事件」の桜井昌司さん(71)。「足利事件」の菅谷利和さん(71)、「狭山事件」の石川一雄さん(79)他。何れも髪やひげが白くなり、笑うと...

  4. 病院入院する際の身元保証人 - 世の中の動き

    病院入院する際の身元保証人

    病院などへの入院・入居の際の身元保証人を求める習慣があります。多くは家族が担いますが、頼れる人がおらず身元保証業者に依頼する人もいます。院内で亡くなった場合の引き取りまで、病院側は身元を一手に引き受ける保証人を求める。家族に代わって身元保証人を引き受ける名古屋市のNPO法人「きずなの会」がある。入院の身元保証から亡くなった後の葬儀の手配まで行う。2001年の発足で会員は約43000人。全国6...

  5. 自動運転車が死亡事故 - 世の中の動き

    自動運転車が死亡事故

    配送サービスの米ウーバー・テクノロジーズが試験運行中の自動運転車が現地18日夜、アリゾナ州テンピで歩行者をはねて死亡させる事故を起こした。完全な自動運転の状態で歩行者が死亡する事故は初めてとみられ、ウーバーは19日、自動運転車の走行試験を中止した。地元警察などによると、事故当時、車は完全な自動運転の状態で走行しており、横断歩道を外れて道を横断しようとしていた女性(49)をはねたという。女性は...

  6. みんなで墓穴を掘った愚か者ども東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    みんなで墓穴を掘った愚か者ども東京カラス

    ■27日午前、佐川前国税庁長官の森友学園用地に関する証人喚問が終わった。面白かった。自民党丸川珠代氏の質問に淡々と答えていた佐川氏は、「安倍首相と夫人による不当な働きかけ、関与を完全否定した。今回の証人喚問で分かったのは6野党(立憲民主党、民進党、希望、共産、自由、社民)の程度の低さと、佐川氏の元役人としての強さだった。長い「役人人生」と「ウソは言ってない」という自信の裏打ちがあるからだろう...

  7. 太陽の塔の内部の公開開始 - 世の中の動き

    太陽の塔の内部の公開開始

    大阪府吹田市の万博記念公園にある「太陽の塔」の内部が再生され19日から一般公開が始まった。閉幕後に行方不明になっていた「地底の太陽」や、生命の進化の過程を表現した高さ41㍍の「生命の樹」を再生した。太陽の塔は故岡本太郎が手掛けた「テーマ館」の中心にあり、内部も展示空間が広がっていた。一昨年秋から大阪府が約18億円をかけて再生事業を進めてきた。生物模型も183体を再生した。会社員森田裕輔さん(...

  8. エジプトで日本式教育を体験 - 世の中の動き

    エジプトで日本式教育を体験

    日直当番や清掃など、日本の学校で普通に行われている活動をエジプトで普及させようと取り組むカイロの実験校、サラ・タキ・アラー言語学校で12日、日本の文化や習慣を体験する行事があった。そろばんにも挑戦し、子供たちが日本を身近に感じ取った。実験校で、○時間を守る○手洗いの奨励○清掃、ゴミ拾い○整列一といった活動を通じて規律や公共心、協調性、衛生観念などを身に付ける「日本式教育」の試みが始まった。小...

  9. 仮想で飯を食う6野党と朝日新聞東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    仮想で飯を食う6野党と朝日新聞東京カラス

    ■6野党と朝日新聞を筆頭にしたメディアが意図的に繰り返す安倍首相批判。その目的は、まず安倍政権を倒し、新首相を登場させ、それも批判して自民党から国民を離反させ、解散総選挙、そして政権を手に入れることである。まさにデジャブ、あのとき見た景色である。09年に民主党(民進党)が国民を騙して政権を手に入れたときと、状況も手口も登場人物もコピーのようにみな同じだ。民進党系議員の無能と無責任、朝日新聞の...

  10. 日本絵画は江戸時代から「かわいい」 - 世の中の動き

    日本絵画は江戸時代から「かわいい」

    「かわいい」文化は今や、海外にもそのまま「kawaii」という言葉で広がっている。先駆けといわれるのが、13年前に東京・府中市美術館であった「かわいい江戸絵画」展だ。江戸絵画を扱う中で現代の感覚で、「かわいい!」と思う作品が多い点に着目された。江戸の絵画展としては多い2万人以上を集客した。「かわいい」という言葉は「恥ずかしい」→「かわいそう」→「いとおしい、愛らしい」に変化して、江戸時代に一...

  11. サルコジ元大統領の身柄拘束と日本の報道の欠陥 - 井上靜 網誌

    サルコジ元大統領の身柄拘束と日本の報道の欠陥

    サルコジ元フランス大統領が身柄拘束されたと報じられている。リビアから不正に莫大な政治資金を受け取っていた疑惑のため、とのことだ。もともと、サルコジ程度の人が大統領になれるとは不可解だと言わていて、しかし潤沢な選挙資金があったという指摘と共に、その金は不正なものだろうと怪しまれていたのだ。そして、ついにリビアからの資金提供疑惑が本格化したということだ。この疑惑について、リビアの最高実力者だった...

  12. 始祖鳥は羽ばたいてとんだ - 世の中の動き

    始祖鳥は羽ばたいてとんだ

    約1億5千万年前のジュラ紀にいた鳥の遠い先祖の始祖鳥は自力で羽ばたいて飛べた可能性が高いことが分かった。フランスなどの研究チームが、始祖鳥の骨の特徴を現在の鳥など約70種と比べたところ、キジなどに近く、短い距離を飛ぶ能力があったと判断した。英科学誌ネイチャーコミュニケーションズで論文を発表する。始祖鳥は体長約50㌢でドイツで化石が見付かった。恐竜に似て歯を持つが、羽毛や翼があり「最古の鳥」と...

  13. 北条早雲の偶像化 - 世の中の動き

    北条早雲の偶像化

    鎌倉大日記。明応4年、北条早雲が小田原城を攻略したとの記述がある。しかし、近年刷新されている。当時の書状の研究で、明応5年の段階で大森氏が依然、小田原城主の地位にあったことが確認された。早雲が小田原を手中した年月は特定できていない。早雲は岡山の出身で、若い時の名前は伊勢盛時と判明した。室町幕府で将軍の近くに勤めたエリートであった。伊勢宗瑞と名乗り、その後に出家して早雲庵と称したという生涯も確...

  14. 卒業式時の第二ボタン - 世の中の動き

    卒業式時の第二ボタン

    1960年公開の映画「紺碧(こんぺき)の空遠く予科練物語」。作品の終盤、出撃する青年・山川が想いを寄せる少女との別れに予科練の詰め襟の制服から胸の金ボタンをちぎって渡す場面がある。なぜ第二ボタンだったのかについて監督は「一番心臓に近い場所でしょ。ハートですよ」と語った。70年後半には「好きな人から第二ボタンをもらう」が規定(きてい)の卒業式イベントだったと、少女向けの漫画からわかる。80年代...

  15. 人の死を喜ぶ悪人たち東京カラス - 東京カラスの国会白昼夢

    人の死を喜ぶ悪人たち東京カラス

    ■安倍首相とその政権を強く支持している。立憲民主党も共産党も朝日新聞もクソクラエである。安倍首相夫人の昭恵氏(以下、夫人)が経営する都内の飲食店に「『証人喚問』に出なければ危害を及ぼす」という脅迫状が送られてきた。すでに警視庁には届けが出してあるそうだ。彼らは公文書書き換え問題で勢いがついたのか、焦っているようだ。バカではないか。昭和戦後から平成にかけての旧自民党政権、55年体制から見ると今...

  16. 自民党の長尾たかし衆議院議員が朝日新聞の記事を改竄して中傷 - 井上靜 網誌

    自民党の長尾たかし衆議院議員が朝日新聞の記事を改竄して中傷

    自民党の長尾たかし衆議院議員とは、そのTwitterによると次のようなプロフィールである。そのTwitterにおいて同議員は、財務省の公文書改竄問題についての朝日新聞の記事の見出しを取り上げ、次のように非難した。この記事が引用しているのは石合力という朝日新聞の記者のアカウントであり、同記者が朝日新聞のアカウントからそのまま引用したものである。したがって石合記者のツイートではなく朝日新聞の記事...

  17. 手塚治虫の生誕90年記念漫画 - 世の中の動き

    手塚治虫の生誕90年記念漫画

    漫画界の巨匠、手塚治虫の生誕90年を記念して国内外の漫画家が手塚作品を描く雑誌が今春、創刊される。目玉は映画「ローマの休日」のストーリーを下地に手塚の名作「リボンの騎士」を重ねていく漫画の新連載。絵は手塚と親交があったブラジルの国民的漫画家、マウリシオ・デソウザ氏(82)が描く。連載が終わった後、単行本として日本とブラジルで出版する計画だ。新雑誌はTEZUKA MIX。日本人やフランス人の漫...

  18. 朝日新聞が勝利したので苦言も - 井上靜 網誌

    朝日新聞が勝利したので苦言も

    財務省にもブルックナーのような人がいて、公文書にハース版やノヴァーク版のような違いがあるらしい、というのはもちろん冗談だが、ショスタコーヴィッチの公式発言を否定する『証言』が出た当時は途端に「私もそう感じていた」と言い出す人たち(柴田南雄や吉田秀和や海老沢敏やショルティやアシュケナージや…)がいて、後から捏造説が有力になると口をつぐむようになったりと、今の財務省の書き変え問題と同じで右往左往...

  19. Dear Girls(朝日連載記事) - FEM-NEWS

    Dear Girls(朝日連載記事)

    朝日新聞が、若い世代の人たち、とりわけ女の子たちが、性別にとらわれず「なりたい自分」になれる企画を続けている。国際女性デーの3月8日は、1面から、2面、5面、6面、11面、21面、28面、29面、30面、34面、39面まで、女性にかかわる記事をさまざまな分野から載せた。朝日創設以来初めての試みだと思われるが、読み応えがある企画に賛意を送る。しかし、何でタイトルが英語で「Dear Girls」...

  20. 富士山のユネスコ対策 - 世の中の動き

    富士山のユネスコ対策

    7月からの登山シーズンに先駆け、山梨、静岡両県が2月、富士山への登山ごとに望ましい登山者数を示した。1日当たり山梨側を4千人、静岡側を2千人とする。なぜこうした措置(そち)が必要なのか。「神聖な雰囲気を阻害する方向に作用している」。こうユネスコの諮問機関・イコモスから登山者の多さを指摘された。イコモスは世界文化遺産としての神聖さを重視する。対応を怠れば、最悪の場合、登録取り消しの可能性がある...

総件数:631 件

似ているタグ