木工クラフトのタグまとめ

木工クラフト」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには木工クラフトに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「木工クラフト」タグの記事(71)

  1. 森林レボリューション計画=村立天竜中学校 - 菜やの便り

    森林レボリューション計画=村立天竜中学校

    長野県の最南端、秘境駅で有名になった険しい山に囲まれた天龍村。全校生徒12人の中学校で「森林レボリューション計画」の中で木工指導をしてきました。私が考える「森林と人の関わりの問題点」の中で、山に育っている樹が加工を経て建築物や道具に変わってゆく「樹=木材」と言う事を、頭では判っていても体験として理解していない事があります。一昔前までは村や集落に製材所があり、野積みされた丸太が製材されて柱や板...

  2. 夏至もすぎて・・・。 - 菜やの便り

    夏至もすぎて・・・。

    昨日は夏至でした。まだしばらくは日の入りの時間も遅くはなるようですが、まただんだんとお日様が陰って行くような寂しい気分になります。そういえば梅雨はどうなったのでしたっけ?信州は梅雨入り宣言あったのでしたっけ???。ニュースはオリンピックのゴタゴタ話ばかりでうんざりですが、山ではオダマキが可憐な花を咲かせています。この所堰を切ったように仕事の依頼が次々と舞い込んできます。前々から話はあった件で...

  3. 大倉山クラフトワーク展始まります。 - 菜やの便り

    大倉山クラフトワーク展始まります。

    まだまだコロナの収まる気配もなく、田舎者には怖くてワクチン接種が済まない限り出かけて行く事もできませんが、今日から開催です。寄木カットボードを中心にタナーやスパチュラ等、点数は限られますが展示販売致します。会期は6月5日(土)まで。詳しくは主催者のクラフトマークのHPをご覧下さい。この数日は良いお天気に恵まれています。山の緑もすっかり深く、濃くなり、日差しの強さは初夏のお日様そのものです。弱...

  4. 工芸とクラフトのあいさその2 - 菜やの便り

    工芸とクラフトのあいさその2

    山桜も咲き、新緑の若葉が美しい季節に入って来ました。コロナの変異ウイルスの感染拡大が広がっている様子。幸い長野も南の方は今のところ大きな数字にはなっていないのが救いですが、昼神温泉や園原の花桃への車の流入を見ていると時間の問題だと思ってしまします。今週末に予定されているW,Sがどうなるのか?準備の都合で今一番の問題です。さてお話は前回の続きで「作家」とは何?、と言うお話。あくまで私が考える限...

  5. 工芸とクラフトのあいさ - 菜やの便り

    工芸とクラフトのあいさ

    横浜赤レンガクラフトフェスタの方も無事に終了したようで、荷物が帰って参りました。人出の具合や詳細な様子などは聞いてはいませんが、余り売れ行きは良くなかった様子です。さて先日の日曜日、飯田市美術博物館で開かれる「現代の想像展」の実行委員会に出席してきました。部門は洋画、日本画、彫刻、書、コンテンポラリー、そして工芸。出展作家の高齢化に伴い、実際にいろいろな作業や実務を出来る人がいなくなり、今年...

  6. 懐かしい出会い。元気そうで何よりでした。 - 菜やの便り

    懐かしい出会い。元気そうで何よりでした。

    アニメ作家の故フレデリックバック氏の作品、「クラック」に出てくる主役の椅子ををバックさんが書いた図面を元に制作したロッキングチェアーです。飯田の人形劇フェスティバルや川本喜八郎人形美術館が縁で、バックさんとつながりがあったT氏からの依頼で制作したのが約10年程前。当初は美術館で展示され、特別待遇のような環境に置かれたかと思うと、りんご並木のエコハウスに無造作に置かれて子供のおもちゃにされてい...

  7. スプーンを削り出す。 - 菜やの便り

    スプーンを削り出す。

    コロナ騒ぎが始まって1年が過ぎ、毎年受け入れていた体験旅行(修学旅行)にも随分と影響を受けました。通常5~6月に予定されていたものが、11月、12月に延期になり、そこでもダメで年明け、年度末のこの時期に集中してしまいました。それでもさすがに首都圏や大阪等、都市部からの受け入れはできず、県内各地の生徒さん達が来ています。初日、2日目は長野市の私立の高校生。この学校は阿智村にある満毛開拓歴史記念...

  8. りんご並木とキーホルダー - 菜やの便り

    りんご並木とキーホルダー

    南信州飯田にはりんごの並木通りがあります。そもそもなんでりんごの木が植えられたのか調べてみると、「昭和22年に発生した飯田大火の復興のシンボルとして植えられた」とありました。飯田の人々には当たり前の事でも、Iターン者にとっては「そういえば聞いたことがあったっけ・・・」と、今一度歴史を見直す機会になりました。りんごの木のお世話は代々、飯田東中学校の生徒さんたちの手で続けられています。中には親子...

  9. 一段落です。 - 菜やの便り

    一段落です。

    昨年春に伐採が始まり、各方面のご協力を頂きながら製作を進めていた「松川入財産区伐採木による製品作り」の第1段が納品できました。実際には昨春に続く第2段なのですが、昨年の保育園向けの丸座卓はさすがに乾燥等が間に合わず、阿智村産の木々を使っていました。通常では広葉樹の乾燥には最低2,3年はかかるのですが、人工乾燥に近い環境を工房内に作る事で数ヶ月で乾燥を終え、新年から製作を進めていました。今回の...

  10. 「木のおもちゃ」寄贈式 - 菜やの便り

    「木のおもちゃ」寄贈式

    この一週間、忙しさだけでなく色々な事がありドタバタと過ぎてしまいましたが、無事に飯田東ロータリークラブから飯田市への寄贈式に間に合わせる事が出来ました。市長さんや市の部長さんも御出席頂いて、めったにない晴れ舞台となってしまいました。メインは「おもちゃのキッチン家具」横幅で90cm程度のものです。天板右にシンク、蛇口にはレバーが2本付き、木製のシンクに見立てた「こね鉢」は排水口も付けています。...

  11. 春には早いよね・・・。 - 菜やの便り

    春には早いよね・・・。

    今朝の気温はプラスの5℃。先週の冷え込みから一転して、春が来たような暖かな朝を迎えています。雨が続き雪もすっかり消えました。「この時期にこんな気温が続くとは???」。週末は又冷え込んできそうな予報ですが、三寒四温と言うにはあまりにも激しい気温の上下に?マークの連続です。昨日の朝は、雨上がりに冷えたので「立派な霜」が見られました。この時期本来ならば湿度が低いため、冷え込んでも霜が育つことはない...

  12. お鏡様は完売致しました。 - 菜やの便り

    お鏡様は完売致しました。

    「お正月展でお鏡様が売れ残った場合、23日朝にネットショップにて販売いたします。」と、お問い合わせを頂いた方々へ告知していたわけですが、早朝5:00にUPして、7:00にはほぼ完売となりました。昨日まで開催しておりました「菜やのお正月展」は盛況のうちに終了いたしました。お出かけ頂きましたお客様には、改めて御礼申し上げます。初日の前日、15日は初雪が飯田でもうっすらと積もり、暖かかった師走も一...

  13. 16年目の「菜やのお正月展」始まります。 - 菜やの便り

    16年目の「菜やのお正月展」始まります。

    さあ、コロナで揺れ動かされた今年の展示会。最初で最後の「菜やのお正月展」が始まります。とうとう16回目(16年目)となった「お正月展」。毎年同じような展示ではあるのですが、新年の干支飾りとお鏡様をお求めに来られるお客様は減ることがなく、実の所、「やめたいけど、やめられない」年末の恒例行事となってしまいました。今年はモンベルさんの雑誌への掲載のお陰で、全国から注文殺到の騒ぎを経て、追加生産の連...

  14. OUTWARD掲載 - 菜やの便り

    OUTWARD掲載

    冊子OUTWARDと言っても一般の方には馴染みのない雑誌かとは思います。これはアウトドア用品メーカーのモンベルが発行する会員向けの季刊誌で、90万部と言う途方もない発酵部数の雑誌なのです。工房菜やの製品としては以前「山桜カップ」が紹介されたことが有りますが、お正月を控えて「お鏡さま」が紹介されることに成りました。モンベルのフレンドマーケット、これはモンベルが商品の内容や成り立ちを認めてくれた...

  15. 第21回現代の創造展はじまる。 - 菜やの便り

    第21回現代の創造展はじまる。

    コロナの影響がひたひたと近づく中、今年も飯田美術博物館にて現代の創造展が開催されます。会期は今日15日(日)から12月6日(日)まで。月曜日は休館になります。昨年の20回記念展の大騒ぎから一転して、今年は準備も展示作業もコロナ感染予防を徹底したため、静かな粛々とした様子となりました。今回の出店は9部門、149点の力作が並びます。私の出品は9回目。2階の講堂大広間の工芸の集団の中から抜け出し、...

  16. 「お鏡様」本年の受注開始しました。 - 菜やの便り

    「お鏡様」本年の受注開始しました。

    毎年ご好評をいただいている「お鏡様」、今年も受注、販売を開始致しました。木製の鏡餅を作り始めて15年目。これほど長期にわたって作り続ける事になるとは思いませんでした。模倣品も多数販売される中、「柿の付いたのが欲しい!!」との声を多くの方から頂いて頑張って作り続けています。今年は、今月中旬に出るモンベルの会員向け雑誌の紙面でも紹介される予定で、モンベルフレンドマーケットさん用にはお鏡様中を20...

  17. スプーンづくり体験 - 菜やの便り

    スプーンづくり体験

    月曜、火曜と大人数の木工体験を指導してきました。今年はコロナの影響で例年5,6月頃に飯田にやって来る体験旅行(修学旅行)が延期となり、いくらか驚異も収まったこの時期に入って来ています。月曜日は茅野市の小学生6年生20名。長年、体験の受け入れをやって来ましたが、この人数の小学生の受け入れは初めてだったので「どうなることか・・・」と心配をしていたのですが、素直な子供たちに助けられけが人を出すこと...

  18. 何故か忙しい? - 菜やの便り

    何故か忙しい?

    台風一過の晴天の朝です。天気の悪かったこの数日の気温の低さに比べると、平年並みの気温に戻った様な気がしています。心配した雨の量もさほど大したことも有りませんでした。久々の雨降りのお陰でキノコも少しで初めて、美味しいお汁にありつくことが出来ました。主力のナメコが一切顔を出さないのが気になる所ですが果たしてどう成る事やら、気になる所です。今年度は所々の事情により1200本と言う数に膨らんでしまっ...

  19. 沖縄に渡った文机 - 菜やの便り

    沖縄に渡った文机

    年の初めに発注を受けた文机。いくどものメールでのやり取りを経て、沖縄のお客様の元に届けられました。シンプルで頑丈でいろいろに使いまわせる文机2台の発注。35mm厚の天板と側板を大きな蟻組で頑丈に接合しています。元気な子供が乗ろうが踊ろうがビクともしない堅牢さが求められました。材質はそれぞれ南信州産のカンバとカエデの2種。厳重に梱包してゆうパックの限度ギリギリの170サイズ、23kgになんとか...

  20. 新作「球転がしスライダー」 - 菜やの便り

    新作「球転がしスライダー」

    毎年、予算内で新作のおもちゃを制作しているかざこし子供の森公園からの依頼で作った「球転がしスライダー」。この手のものは「お決まりの形」と言うものがないので余計に頭を悩ませられます。なんたって面白くするには、球の転がる距離を長く取る必要があります。それは、つまり「高い位置から球を投入する」という事。でも高い投入口に、子供は手が届かない・・・。そこが創意工夫の原点となりました。下のハンドルを回す...

総件数:71 件

似ているタグ