木工旋盤のタグまとめ

木工旋盤」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには木工旋盤に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「木工旋盤」タグの記事(39)

  1. 地震のおかげで - よしのクラフトルーム

    地震のおかげで

    昨日は地震の影響大でした。特に道路、あちこち渋滞してるようで会社に釘付け。おかげで作業ははかどります。土曜日の網袋教室、まだお二人からサイズの連絡無いのですが、不足サイズの筒を制作。3本補充できたので、これでなんとかなるでしょう。

  2. プーリーはもうちょっと - よしのクラフトルーム

    プーリーはもうちょっと

    頼まれてる電線巻き取り用のプーリー、だいぶ進んでもうちょっと。今週中に完了させたい。中断してる加工もいっぱいあるから、早くそれにかかりたいし。この加工、引き受けるのはこれが最後かな?木型屋さんがなくなって作れると少なくなってるから注文主も困るでしょうけどね。

  3. 切り抜く - よしのクラフトルーム

    切り抜く

    プーリー、切り抜き完了。ヨーロピアンビーチ、2mの板4枚で48枚取れた。板、先に厚み削りしたのだけど、プレーナーに直接かけたら、ちょと反りが残ってしまった。手押しカンナでムラ取っておくべきでした。少しの反りだからマー良いか、ですが。

  4. 木製のプーリー - よしのクラフトルーム

    木製のプーリー

    電気工事をやってる人からプーリー制作の依頼が。電線を巻くドラムに取り付け紐で回すそうだ。前にも何回か作ったけど、木型屋さんの廃業が多くて作ってくれるところが無いそうだ。2種類あって、一つは前の型紙が残ってたけどもう一つは無い。まずは型紙作りから。

  5. 栃のお盆 - よしのクラフトルーム

    栃のお盆

    荒刳りしてる栃のトレー。柔らかくて削りにくい。えぐれて部分が目立ちます。次の削りに備え木固めエースで木部強化、浸み込ませます。やってみると、グングン浸み込む。いくらでも入る感じ。やっぱり栃は柔らかいのだ。硬化したらもう少し削ってみます。

  6. トレーの準備 - よしのクラフトルーム

    トレーの準備

    丸く切って乾燥していた栃の木のトレーを轢きます。直径は木工旋盤の最大加工寸法350mm。2個粗削りしてみたけど黒いシミが気になる。他にスポルテッド杢のもっと厚い板があるので、それも1,2枚削ってみようと思います。中央にチャック用の穴をあけて削る準備荒く削って再度乾燥させます

  7. 2度目の下地塗装 - よしのクラフトルーム

    2度目の下地塗装

    栗の椀、2回目の下地処理です。薄めの木固めエースにたっぷり浸しました。乾燥したら研磨、そしてガラス塗料。もうすぐ完成です。今回は別の椀、棗にも塗りました

  8. 削り完了 - よしのクラフトルーム

    削り完了

    栗の椀、削り完了。木固めエースをたっぷり浸み込ませます。乾燥したら再研磨。

  9. 桜と樺材 - よしのクラフトルーム

    桜と樺材

    桜の厚板と樺の角材を手に入れた。ネットオークションで同じ出品者から出ていたもの。桜は未乾燥、樺は乾燥材。両者合わせて送料は2220円だった。材料代の半分かかってる勘定、ばかにならない。さー、何に使うかな?

  10. 全部削ります - よしのクラフトルーム

    全部削ります

    見本が出来たので残り全部削ります。大きさは105x63mm 重さ70gの予定。全部出来たら11個だけど不良出なかった良いのですが。

  11. 栗椀の仕上げ削り - よしのクラフトルーム

    栗椀の仕上げ削り

    荒刳りして乾燥中だった栗の椀、かなり乾燥してきたのでそろそろ削りに。まず1個仕上げてみる。大きさは105x65mmくらいにするつもり。今まで作ったのとは少しサイズが違うので型取りして残りも削ります。

  12. 高台削り - よしのクラフトルーム

    高台削り

    黒檀の棗、高台を削った。重さは126gから110gへ。もうちょっと軽くしたいところだけど、ううーん。かたちはこのくらいが良さそう。しばらく眺めながらどうするか決めます。

  13. 黒檀のオブジェ - よしのクラフトルーム

    黒檀のオブジェ

    黒檀の瓶作りました。前に作った振出しの流用です。高さの違った瓶ふうのものを3本用意してなんとなくオブジェ。一輪挿しにも使えるよう、中にアルミのパイプを埋め込みました。底もしっかり詰めたので水を入れても大丈夫。まだ実際には使ってはいませんけどね。

  14. 黒檀の棗 - よしのクラフトルーム

    黒檀の棗

    4月は棗を削りませんでした。今月こそはと早々に黒檀の棗に取り掛かり。直径75mm、小さめの大棗かな。削ってるとさすが黒檀、硬い。木口部分のキャッチ、気を付けないとね。数年前に下削りしてた黒檀内部は削り終え良く磨いて次は外側です

  15. 茶筅筒 - よしのクラフトルーム

    茶筅筒

    茶筅筒、削りました。栗です。栗はやっぱり落ち着くなー。ざっくり、地味で、好きな木です。塗装したら出来上り。もう1、2本作ってみます。

  16. 野点用茶筅 - よしのクラフトルーム

    野点用茶筅

    筒を作って、と茶筅を預かった。野点用の小さな茶筅。実は私も中国製の安い野点用を持ってるのだけど、それとは軸の太さが違う。穂もしっかりしてますね。こっちの方が上等だ。軸が太いので前に作った茶筅筒には入らない。新しく削ります。

  17. 割れた栗椀 - よしのクラフトルーム

    割れた栗椀

    荒刳りの栗椀、だいぶ乾燥してゆがみが出てきたので、木工旋盤で外を削ってたら、キャッチしてしまった。吹っ飛んだのを見ると見事に真っ二つ。片方はどこへ飛んだかわからない。簡単に割れるもんですね。1個数が減ってしまいました。

  18. ミズメ椀の修理 - よしのクラフトルーム

    ミズメ椀の修理

    内部底にシミが出来て戻ってきたミズメの椀、磨きなおして塗装です。仕上はガラス塗料。取れてないシミも少しあるけど綺麗になりました。あと1、2回ガラス塗料を塗ってガードを強くします。薄い塗膜なので完璧じゃないけど、前よりは強くなるはず。引渡し、もうちょっと待ってくださいね。黒檀の振出しも塗装中

  19. 今月の棗 - よしのクラフトルーム

    今月の棗

    黒柿の棗を削り終えた。今月はこれ1個です。今回、蓋の裏を削るときちょっと失敗。削るとき刃がチャタリングのような現象を起こして波状に削れてしまう。木口なので結構深く傷がつくことも有るんですよね。先に浸透性塗料で固めて、細い刃物で慎重に削ってなんとか取れました。天板の厚みはあまり余裕なかったのでちょっと緊張。でも、おかげでドーム状になり今までより軽くなりました。この方が良かったのかも。黒柿の棗材...

  20. 栃の板 - よしのクラフトルーム

    栃の板

    栃の板を手に入れた。ネットオークション、2枚づつ4つに分けて出ていたが、そのうちの6枚。結構大きくて巾は40cm以上ある。これならお盆も出来る。が、未乾燥。厚板なので乾燥も日にちかかりそう。人工乾燥機があると良いんですけどね。

1 - 20 / 総件数:39 件

似ているタグ