木星のタグまとめ

木星」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには木星に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「木星」タグの記事(285)

  1. 星観の会例会終了後に木星を撮影 - 亜熱帯天文台ブログ

    星観の会例会終了後に木星を撮影

    沖縄星観の会(ディープな天文マニアの集まり)の例会が終わって外に出てみると、よく晴れている。始まる前には雲が多かったので、今夜は撮影は無理と思っていた。急いで帰宅して50cmドブソニアン「ネビュライト50」を組み立てた。下の画像にあるドブソニアンの下に置いてある白いものはポンセットマウントで、星観の会の先輩の自作品。これがないとドブソニアンでの惑星撮影は無理だ。右側の光っているのは撮影用のパ...

  2. 戻り梅雨の雲間から木星 - 亜熱帯天文台ブログ

    戻り梅雨の雲間から木星

    天気は良くなったものの、すっきりしない。しかし木星が見える時間帯に雲が取れたので、50cmドブソニアンを出して木星を撮影した。0時前に大赤斑が真ん中に来るのがわかっていたので、雲がなければ撮らねばなるまい。しかし雲はまた出てくるし、シーイングは良くないしで、動画を何本か撮影したところで南の空が雲で覆われたので終了。撮影中も木星は薄雲に覆われていて暗く、眼視でもすっきりしない見え方。撮影中に「...

  3. 梅雨の戻り - 亜熱帯天文台ブログ

    梅雨の戻り

    梅雨は明けたはずだが、日食が終わってから一週間ずっと土砂降りか曇り。テレビのお天気コーナーによると、梅雨の戻りだそうだ。しかも「今年の梅雨明けは後日訂正されるかも…」なんてことを言っていた。でもこのお天気キャスターさんは6月初めに「もうすぐ梅雨明け、もうすぐです」なんて言ってた。まあいいけど。梅雨明けの日にちが確定するのは8月後半だとか何とか。去年も訂正されたし、最近は伝統的な梅雨とはパター...

  4. 目の話記載途中 - 鈴の音 (すずのね)

    目の話記載途中

    扶桑樹の話を記載途中にして(これはじっくり取り組む必要がある)、急遽新しいスレをたてます。反転する目、という話から、もっと膨らんでいきそうな予感はあったのですが、A子さんのもう一つの(馬王堆の絵ではないほうの)メールから、急に気になるものが出てきました。それはなんと「木星」です。タイトルを「目の話」にするか「木星」にするか迷いましたが、とりあえず目の話にしたのは、彼女の次のような夢からです。...

  5. 木星・土星2020/06/17 - 四季星彩

    木星・土星2020/06/17

    鏡筒のエージングを掛けたのが遅かったのと、シーイングが先日と比較すると細かく気流が流れている様子が見えたので、それほどクオリティを上げることはできませんでした。2020.06.17木星1:33土星1:42Celestron C9.25(F10、f=2350mm), Meade x3バロー , ZWO-ASI120MCZWO-ADC スタック:AutoStakkert!3.0.14 (5,00...

  6. 午前2時頃は雲が大量発生するみたいだが木星は撮れた - 亜熱帯天文台ブログ

    午前2時頃は雲が大量発生するみたいだが木星は撮れた

    昨夜は天気が良かったし大赤斑が見えるのがわかっていたので、50cmドブを出してやや慎重に光軸と極軸を調整。ADC(大気差補正プリズム)も準備した。しかしいざ撮影しようとすると、また雲が大量に発生した。先日もそうだったが、午前2時頃は雲が発生することになっているのか?それでも雲間から、細切れながらも動画を撮影。使えない動画を大量生産しながら、なんとかいい感じの画像ができた。撮影開始直後は突風が...

  7. 梅雨明けしたので木星を撮ったら雲攻撃で撃退される - 亜熱帯天文台ブログ

    梅雨明けしたので木星を撮ったら雲攻撃で撃退される

    梅雨明けしたので50cmドブソニアンで木星を撮る三日目。夕方の天気はちょっと雲が多いかなと思っていたが、深夜にはかなり晴れたので望遠鏡を準備した。今回は組み立てから撮影まで1時間はかからなかった。ポンセットマウントの扱い方も思い出してきたし。しかし撮影開始の直前から雲が増えて、1分程度の動画を3本撮影したら完全に曇ってしまった。しかも雲は厚く、雨が落ちてきそうな感じだったので急いで撤収した。...

  8. 梅雨明けしたけど木星時間は雲が多すぎる - 亜熱帯天文台ブログ

    梅雨明けしたけど木星時間は雲が多すぎる

    梅雨明けしたんだが、低くて速い雲が多すぎて撮影に困る。太陽なら自動導入経緯台や赤道儀で追尾してくれるので雲間から素早く撮影できる。しかしドブソニアンだと状況はかなり違う。昨夜もけっこう苦労しながら木星を撮影してみた。大赤斑が見えるのがわかっていたので、ちょっとがんばってみた。まず望遠鏡の組み立て。50cmのドブソニアンをポンセットマウントに載せて組み立てるんだが、組み立てだけなら30分で済む...

  9. 梅雨明けしたので木星を撮る - 亜熱帯天文台ブログ

    梅雨明けしたので木星を撮る

    梅雨明けしたんだが、低い雲が多い。この低い雲、やっかいなことに気象衛星の画像には写ってないので、いつ雲が切れるのかさっぱり予想できない。でも雨が降ることはなさそうなので、久しぶりに50cmドブを出してみた。ちょうど火星と月が接近して見える日だが、それよりも今日は木星。シーイングはすごく良かった。しかし雲が多すぎて、いい画像にならない。しかも久しぶりに使う望遠鏡なので、光軸合わせに時間がかかっ...

  10. 木星・土星2020/06/10 - 四季星彩

    木星・土星2020/06/10

    6/10未明は非常に安定したシーイングに恵まれました。2020.06.10木星2:12土星2:32Celestron C9.25(F10、f=2350mm), Meade x3バロー , ZWO-ASI120MCZWO-ADC スタック:AutoStakkert!3.0.14 (10,000frame、90%)Wavelet処理:Registax6GIMPで調整以下のように、低空から上空まで...

  11. 昆虫の襲撃を受けながら惑星を撮影する - 亜熱帯天文台ブログ

    昆虫の襲撃を受けながら惑星を撮影する

    天気も気分もすっかり梅雨明け。昼間は強烈な日差しと30度越えの気温、ムッとする湿度でふらふらになるが、夜は風が強いこともあって外は快適。ドームもスリットから風が入ってくるので、けっこう快適だ。鏡筒が揺れるので撮影には厳しいが。気温の上がり始めた先月後半から、昆虫の活動が活発になったのは例年同じ。テレビのニュースではホタルやセミの話題も出ているが、ホタルはうちの近くにはいなさそう。蚊は屋上で星...

  12. 昨夜の木星 - 亜熱帯天文台ブログ

    昨夜の木星

    昨夜というか今日の午前2時頃の木星。シーイングは割と良かった。でも梅雨前線が近いせいか風がとても強く、鏡筒が揺れる。温度順応はほとんどしないで撮影したが、まあなんとかなった。引き続き土星を撮影していたら雲がやってきて、パソコンの調子も悪いので撮影終了。データの取り込みが遅くて、土星の頃には秒10コマ程度しか出ない。木星でも秒20コマ程度。どうにかせねば。

  13. 梅雨の晴れ間に火木土を撮る - 亜熱帯天文台ブログ

    梅雨の晴れ間に火木土を撮る

    夜半前は月水金を撮ったので満足していたが、寝る前に屋上に出たらよく晴れている。だからそのまま寝ないで火木土の撮影をした。残念だが昼間は曇っているので日にあたる太陽の画像はなし。南中の順番で、まず木星。シーイングはそこそこいいのだが、数日前の方が良かった。撮影時の設定が悪くて木星が緑っぽい。色の調整がうまくいかない。画像処理で調整しようとしたらよけい変になってしまった。時々薄雲がかかり画像の明...

  14. いつまでもあると思うな梅雨の晴れ間(字余り) - 亜熱帯天文台ブログ

    いつまでもあると思うな梅雨の晴れ間(字余り)

    梅雨前線が南に下がり、梅雨の晴れ間が来るとの予報が出ていた。夜中になり屋上に出てみるとすごい透明度。夏の大三角がすっきり見える。木星も昇ってきたのでドームを開ける。先日赤道儀に載せた30㎝ニュートン鏡筒を使うことにする。低空の悪シーイングのため、木星はぐらぐら揺れている。いや、よく見ると筒内気流の影響が強いような気がする。光軸を調整しながら1時間ほど鏡筒を慣らして撮影開始。しかし動画を3本撮...

  15. ジェミニ天文台の口径8mの大望遠鏡が赤外線で捉えた木星の最新画像 - 秘密の世界        [The Secret World]

    ジェミニ天文台の口径8mの大望遠鏡が赤外線で捉えた木星...

    写真は、ハワイのマウナケア山にあるジェミニ天文台の口径8mの大望遠鏡が、2020年に赤外線で捉えた木星の最新画像です。マウナケア山の上空の空気の揺れが最も少ない日を選んで撮影された希少な画像です。赤外線を使用しての撮影ですが、木星の表面の細部まで綺麗に捉えられています。※画像クリックで拡大します。source:NASA秘密の世界Ⅱへ

  16. それでも宇宙は動き続ける - ズームでバッチリ

    それでも宇宙は動き続ける

    昨日は連休明け初めての料理の撮影の日でした。新型コロナウイルスの影響により、それぞれのお客様にも厳しい現状が出てきているようです。私たちの会社では連休前に、何かできないかと「小規模事業者持続化補助金」の募集情報のチラシを作り、心当たりのあるお客様に発送しました。早速、何件かの問い合わせが、ありました。その日は、帰宅し、晩ご飯を食べ終わった後、うたた寝で爆睡をしてしまいました。目が覚めたのが夜...

  17. 今年初の木星撮影 - 亜熱帯天文台ブログ

    今年初の木星撮影

    昨夜は新しいBPフィルターのテストをしようとしたが透明度が悪すぎて挫折。そのまま木星の撮影に移行した。大赤斑を久しぶりに見た。シーイングはあまり良くないし、透明度も良くないので拡大率低め。久しぶりに惑星を撮影したのでいろいろ忘れている。だから撮り始めるのに時間がかかった。土星、火星も撮ったけど写りは悪い。それはまた近いうちに。

  18. [お休みの曲]組曲「惑星」より木星シュピール室内合奏団 - 東京ディズニーリポート

    [お休みの曲]組曲「惑星」より木星シュピール室内合奏団

    こんにちはいつもご覧いただきありがとうございます東京ディズニーリゾートの情報と攻略をお送りしています。エキサイト公式platinumブログ鋼鉄の嘴です。Twitter・Instagramはこちら,読者登録手順はこちらです。今日も一日お疲れさまでした(*´ω`*)もう寝るだけなんだけどー。一曲聴いて明日を迎えたいなと。仕事などで出かけるともやもやすることもあるし。働く人たちは、いろんな思いや考...

  19. Last Night - Triangle NY

    Last Night

  20. 木星探査機ジュノーが捉えた神秘的な木星の姿 - 秘密の世界        [The Secret World]

    木星探査機ジュノーが捉えた神秘的な木星の姿

    NASAによって2011年8月5日に打ち上げられた木星探査機ジュノー(Juno)は、2016年7月5日に木星の極軌道に乗り、その後大きな楕円の極軌道のまま順調に周回を続けています。写真はジュノーが、2019年5月に木星の雲の上空15000kmの周回軌道から捉えた木星の神秘的な姿です。画像の色は、コンピュータ処理によって強調されています。画像クリックで拡大します。SOURCE:NASA秘密の世界Ⅱへ

総件数:285 件

似ているタグ