木製品のタグまとめ

木製品」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには木製品に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「木製品」タグの記事(51)

  1. キノコとハリネズミのレター・ラック - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    キノコとハリネズミのレター・ラック

    フリーマーケットに、保護馬の支援団体らしきストールが出店していました。フリマにチャリティショップが参加するのは珍しくありませんが、保護馬のチャリティってのが何ともイギリスらしいですね。この木製のレター・ラックは、そのストールのゴザ…じゃなくてピクニック・シートの上に並べられた、一つどれでも20ペンスのコーナーで買いました。イギリスのレター・ラックには、壁に掛けるポケット式だけでなく、時々こん...

  2. 八幡馬 - こんなものを見た2

    八幡馬

    2020年8月15日、道内目に入った時は、北欧っぽいデザインからイケアに売ってそうと思いましたが、調べたところ、青森県八戸市を中心とする南部地方に古くからある郷土玩具「八幡(やわた)馬」であることが判りました。どのようにして、北海道までやって来たのでしょうか?2020年8月15日、道内

  3. 前田充さんの作る木の暮らしのもの - 家暮らしノート 

    前田充さんの作る木の暮らしのもの

    こんにちは。暑さも極まって来ましたね。外に行くとあれれというくらいに暑くて、ついアイスクリームや冷たい飲みものに手が出ます。前田充さんという木で生活用品や家具のものづくりをされている方の奥さまと知り合い、作品の展示日が月に2日あると教えてもらいました。前田さんは、ki-to-teという制作工房を主催して、立川市で無垢の木の家具や器、カトラリー等を作られています。制作して使い込んで改良してと月...

  4. 花模様のベレスタ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    花模様のベレスタ

    地元のチャリティショップで、白樺の工芸品「ベレスタ」を買いました。同じロシアの民芸品でも、マトリョーシカは何処でも軒並み妙に高いんですけど(…コレクター多いの?)、これは今時のチャリティ屋としてはまあまあ、取り分け安くもないが高くもないと言った値段でした。ベレスタと言うと、今までは動物や植物を具象的に表した柄、または民俗調の文様ばかりだと思っていましたが、こんな最早ジオメトリック的なデザイン...

  5. 会津クラフト・ショップ巡りの旅 2 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    会津クラフト・ショップ巡りの旅 2

    義妹との会津地方のクラフト・ショップ巡りの一日旅行、会津若松市の「山田木綿織元」を訪れた後は、北上して喜多方市にやって来ました。次の目的のお店は、木工芸品の「わたなべ木工」。ナビに住所を入力しても場所が分かり辛く、予め電話で問い合わせると、余りにぶっきらぼーな対応に「ここ、本当にお店なのかな…」と不安がる義妹。ほぼ農村地帯の民家脇に、やっと見付ける事が出来ました。御自宅+工房+ギャラリー兼店...

  6. 浜歩き始め - こんなものを見た2

    浜歩き始め

    白樺浮き2020年1月12日、道内近所の浜で歩き始め。今冬は今のところ雪が異常に少なく、漂着物が雪に埋もれていないので探しやすくて良いですが、目ぼしい物は特に無く、優しい色合いのオレンジメノウを1個拾って帰りました。オレンジメノウ2020年1月12日、道内

  7. 木造船 - こんなものを見た2

    木造船

    2019年12月7日先月16日に漂着した、北朝鮮のものと思われる木造船。船体はだいぶ壊れ、半分ほどになっていました。2019年12月7日北海道には去年、非常に多くの木造船が漂着しましたが、今年はこれともう1隻しかニュースにはなっていません。色々な面で漂着しないに越したことはありませんが、こうも落差があると、それはそれで何だか気になってしまいます・・・。

  8. ベイクライトのナプキン・リング - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ベイクライトのナプキン・リング

    「いつかベイクライトのナプキン・リングを(安く)手に入れられないかなあ」と思っていた矢先、フリマで出会いました。ビニール袋にベイクライトのが四つ、他のナプキン・リングも二つ入って、全部で50ペンス。ベイクライトのジュエリーは貴重で高価だけど、ジュエリー以外の物なら、未だフリマで入手出来る可能性があるようです。実際手に取って見て、時間の経った物だけが見せる色合いや、プラスティックにしてはキメ細...

  9. スウェーデンの民族衣装の壁掛け人形 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    スウェーデンの民族衣装の壁掛け人形

    フリマで、一目で北欧の男性用民族衣装だと分かる、木製の壁掛け人形を買いました。後ろは平面になっていて、壁に掛ける為の穴と、「AJA TRÄ Upssala ウプサラ」の焼き刻印があり、スウェーデン製である事が確認出来ます。シンプルながら、手描きの顔も中々可愛く出来ており、またフォークロア感も十分あります。こう言うお土産人形が、男の子だけと言うのは考えにくいので、もしかしたら元は女の子とペアで...

  10. ポーランドの民族衣装の木製人形 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ポーランドの民族衣装の木製人形

    1950年代辺りにポーランドで制作されていたらしい木製の人形が好きで、安く出会う度に買い集めていますが、いつかはポーランドの民族衣装版を手に入れたいと長年思っていました。そしてついに、フリマで手に入れました。衣装は元の色が分からない程酷く日に焼けて色褪せ、片方の目のニスは剥げ、おまけに頭のスカーフは裂けていましたが(ボンドで修正しました)、たった20ペンスで買えたのだから仕方ありません。因み...

  11. 木箱 - こんなものを見た2

    木箱

    2019年8月3日同じ作りの物が2個漂着していました。ガッシリしていたのでつい拾ってしまいましたが、全体的に薄っすらと重油が付いているので、どうしようかと悩んでいます・・・。

  12. ミニチュアのガラス扉のキャビネット - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ミニチュアのガラス扉のキャビネット

    オットフォードのアンティーク・モールで、1/6ドールにぴったりそうなミニチュアのキャビネットを見て、もしこんなのを持っていたら、人形の撮影道具として役に立ちそうなのに…と、名残り惜しく思っていた矢先、地元のチャリティショップで、結構似たアイテムに遭遇しました。やはり1/6ドールにぴったりの大きさですが、ドール用の家具ではなく、元々は人間が使う飾り棚(多分ミニチュア等を収納する)で、背面に壁に...

  13. 木製バンビのレター・ラック - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    木製バンビのレター・ラック

    古い小鹿柄の木のレター・ラックを見付けたので、お友達への誕生日プレゼントに加える事にしました。ぺったんこに折り畳める上に軽量なので、郵送する際にも便利な仕様です。この手のレター・ラックは、今までもアンティーク・モールで何度か見掛けた事があり、私も持っていますが、一つ一つ手作りで、かなり大味に仕上がっている為、同じモチーフ&構図のはずなのに、全て図案が統一されておらず異なって見えます(笑)。こ...

  14. エボシガイ付き角材 - こんなものを見た2

    エボシガイ付き角材

    2018年10月17日去年は、このようにエボシガイが沢山付着した竹や材木が複数漂着したので、これはオキナガレガニもいるのではと思って探したのですが、残念ながら見つけることは出来ませんでした・・・。

  15. 舟 - こんなものを見た2

    2018年10月17日船体部が1mほどあり、結構しっかりと作られていました。精霊舟の類でしょうか?

  16. お鍋の縁猫 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    お鍋の縁猫

    お友達のIちゃんこと、イラストレーターのたかしまなおこさんからも、可愛いクリスマス・プレゼントをいっぱい頂きました。その中の一つが、この身長3cm×厚さ7㎜位の木製の猫。日本で言えば根付かマスコットのような大きさですが、実はこの猫ちゃん、小さいながら働き者なのです。元は、こんなパッケージに入っていました。台紙の文字から分かるように、フィンランド製です。台紙の裏面には、オランダ語、英語、ドイ...

  17. 白樺浮き - こんなものを見た2

    白樺浮き

    2019年2月3日切り取られた部分には、ロープを通すのでしょうか?

  18. ルイスのアンティーク・モール巡り インテリア編 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    ルイスのアンティーク・モール巡り インテリア編

    今回のLewes ルイスでのアンティーク・モール巡りを締め括るのは、インテリアと言うか、…何処にも分類出来なかった、残った写真の寄せ集めです(笑)。毎回良くまあ、こんなに沢山の写真を撮ったものだと自分でも呆れます。御蔭で、この古物の収穫の閑散期に、ブログのネタの穴埋めにはなりますが、編集が返って面倒臭くさ~(笑)。じゃあ、そもそも何故ブログなんて面倒な事を続けているんだ??って話になりますけ...

  19. 木造船 - こんなものを見た2

    木造船

    2019年1月16日これまで2艘の木造船が漂着している浜に、何と3艘目がありました。今季は本当に多いですね・・・。北海道の漂着総数は、一体幾つになったのでしょう?

  20. 今年、買ってよかったモノその2クルミ材のバターケース - ゆうゆう素敵な暮らしの手帖

    今年、買ってよかったモノその2クルミ材のバターケース

    人生一回りしたら、好きなことを楽しみましょう。ゆうゆう素敵に暮らすヒントをお届けする、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。よく見かけるバターケースはガラス製。でも、結構重いですね。なので、ずっと使ってきたバターケースはプラスチック製でした。我が家はバターやチーズ、レモン、ハムなど朝食セットを浅いバスケットに入れているので、あまり重いと困るのです。そこで見つけたのが透明でちょっと分厚いバタ...

総件数:51 件

似ているタグ