木製建具のタグまとめ

木製建具」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには木製建具に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「木製建具」タグの記事(22)

  1. 左官工事 - ワタシ流 暮らし方   ☆アトリエきらら一級建築士事務所☆

    左官工事

    快晴で屋根まで上がりました。外壁の左官工事が進んでいます。この中塗りが上手に出来ていれば仕上げに影響されません。下塗り、中塗りは充分に養生期間を取って、なるべくひび割れが起きないように。もちろん、メンテナンスは必要ですから一生モノではありませんが、左官職人さんの腕にかかっています。現場監督さんが、大工さんのペースがはやいとのことで、張り詰めてます。私のブログのペースも間に合いません…。順調に...

  2. 介護予防の安全対策危ないガラス引違戸を取り換えました - 快適!! 奥沢リフォームなび

    介護予防の安全対策危ないガラス引違戸を取り換えました

    階段からダイニングルームに通じる扉はガラスと細い桟出て来ています高齢の親を心配して取り換えました敷居の溝のテープは劣化していますパネルの芯材は太くしてあります透明のポリカーボネイト板は壊れませんアルミ製のVレールにしたので軽く動きます専門の職人さんが建て合せをします完成ですこれで安心アサクラハウス株式会社東京都世田谷区奥沢1-58-8TEL 03-3727-0611

  3. 木製建具 - 佐々木善樹建築研究室・・・日々のコト・・・

    木製建具

    これはトイレの引き戸!まあまあいい感じにできましたね!

  4. 建具の枠作り - 池内建築図案室 通信

    建具の枠作り

    長野県諏訪市 T 家主屋新築工事年が明け、諏訪の現場も粛々と進めております。私の事務所の設計仕様は、外回りの建具が木製のものを使うことが多くそのための枠作りにいつも現場では苦戦させてしまっています。しかし、出来上がってくると金属製サッシのものとは違い見た目にも手触りも、優しい雰囲気になります。外観の様子も次第に出来てきました。

  5. 生駒の家(第3期工事)191101 - 一級建築士事務所ベンワークスのブログ

    生駒の家(第3期工事)191101

    ほぼ竣工間際です玄関扉米桧材にぎりバーはプッシュプルのバーでユニオンさんの新作です。この住宅が第1号目だそうです。日差しがきつくて写真が下手くそですがやはり米桧は綺麗です。狐格子も良い感じです。下駄箱も綺麗に出来ましたいぶし銀レンガタイル都窯業物入部分とアクセント柱ツマミも拘った物を使っております。あと窓の前にスダレを取付ます。障子の場合とスダレパターンで季節ごとに使い分けるとの事です。壁の...

  6. 生駒の家(第3期工事)191004 - 一級建築士事務所ベンワークスのブログ

    生駒の家(第3期工事)191004

    下足入も大工さんに造って頂いております松材無垢敷居大工さん建具厚みを教えたらすぐさま溝を掘りましたね(^^)とても丁寧な仕事です。松貼りの天板ガマ芯サル棒押えの天井どんどんは現場進んでおりますのでしっかりとチェックしないと(汗)

  7. 山口蓬春記念館を訪ねる - 篤噺しー村松篤設計事務所の所長のブログ

    山口蓬春記念館を訪ねる

    小雨降る肌寒い天候の中、念願の山口蓬春記念館(旧山口蓬春邸)を訪ねました。その理由は、日本画家・山口蓬春の仕事場を見てみたいということではなく、建築家・吉田五十八の設計による数寄屋建築の仕事を、体感したいと思い続けていたからです。といっても、これまでに吉田五十八の自邸(湘南・二宮)をはじめ、猪俣邸(東京・成城)や北村邸(京都)等の住宅、リーガロイヤルホテル(大阪・中之島)や大和文華館(奈良)...

  8. 別府T邸 完成外観内観 - 住 想

    別府T邸 完成外観内観

    別府T邸完成写真です。外壁は杉板としっくい塗。半地下部分の高基礎内には外から出入りできるようになっています。お施主さんのこだわりで壁のシナベニヤの貼パターンを部屋ごとに変えています。建具も部屋の目透しに揃えて作っています。玄関がアルミサッシと木製建具と2ヶ所あります。また、スイッチ・コンセントカバーはお施主さん支給で木製を使っています。階段からリビングが見えます。ヘッドライトを付けて地下室に...

  9. エントランス木製建具の試作品です - 設計事務所 arkilab

    エントランス木製建具の試作品です

  10. この木製建具の納まりが気になって気になって…。 - 流れる雲のように

    この木製建具の納まりが気になって気になって…。

    この木製建具の納まりが気になって気になって…。

  11. リノベの現場「図面だけでは分からない陽の動きと風のながれ。」編 - ドライフラワーギャラリー⁂納屋カフェ 岡山 

    リノベの現場「図面だけでは分からない陽の動きと風のなが...

    和気の現場が進んでいます。先日は窓装飾の打ち合わせに・・・玄関から延びて通り土間があります。日本の古い家屋によくあった中と外との曖昧なあの空間!わたしも大好きです。この平屋の現場、リノベをして生まれ変わりますがなんと、土間は、サッシでなく、木製建具を入れます。他の現場で不要になって廃棄になる処を頂いた物。大きいのです。素敵です。ご主人、この通り土間と隙間風が入りそうな建具に冬の寒さを心配され...

  12. 食堂前デッキの季節移り変わり - アトリエMアーキテクツの建築日記

    食堂前デッキの季節移り変わり

    渡り廊下とデッキが玄関代わりとなり、玄関のない自邸ですが、前後二つの建具で仕切られる中庭デッキは、春夏秋冬で、しつらえを変える空間です。自家栽培&緑のカーテンのゴーヤーが終わり、ネットを外したあとは、愛犬クレアの日向ぼっこを食堂から眺めながら、小春日和を味わいつつ・・・と思っていたら、なんですか、この寒さと長雨は。。。秋がなくて、初冬の気候。近年の気候にヤマモミジの紅葉が乱れがち。さて、今年...

  13. 内装ドアの表面劣化の補修 - 快適!! 奥沢リフォームなび

    内装ドアの表面劣化の補修

    内装ドアの表面劣化の補修建材メーカーの建具サンプルと照合します建具の専門職に依頼して横手の修理をしましたアサクラハウス株式会社東京都世田谷区奥沢1-58-8TEL03-3727-0611

  14. 着々と|資材置き場 - 成長する家 子育て物語

    着々と|資材置き場

    こんにちは小林です。雨降りが多くて外仕事が進みません。★雨の合間に塗壁施工しました。やっと、外部の塗壁施工が行えました。資材置き場計画でイメージしたのが、土の中からひょっこり顔を出したような佇まいの建築でした。サイズや配置や素材を工夫して、誰もがいいなぁと、自分もこんなの欲しいなと思われるような、そんな建築です。設計する事の本領とは何か、気が付いてくれたら良いなと想いながら現場作業を進めてお...

  15. 着々と|資材置き場 - 成長する家 子育て物語

    着々と|資材置き場

    こんにちは小林です。七夕祭りも終わりホッとひと段落。★資材置場工事もあともう少し。外部塗装も完了し後は外壁を仕上たら足場を解体できます。あともう少し。内部工事も収納棚の加工が始まりました。限られたスペースを最大限活用し整理整頓を。現場で出る端材を使って工作が出来たら良いなと考えています。しかし、無断熱のこの建物、内部の暑さは尋常ではありません。職人さんは大変です。■■■木の家のぬくもり明日が...

  16. 建具屋さんの技量 - アトリエMアーキテクツの建築日記

    建具屋さんの技量

    枠、扉、建具金物一式がセットされた既製品が氾濫している世の中で、我々は、それぞれの工程を職人さんに委ねる製作建具を住まいに用意しますが、これが大工さん、建具屋さん、塗装屋さんによるコラボ。静岡では、やはり地方だけあって、良い職人さんが多いのですが、以前の東京では色々な職人さんと出会いました。そこでは、その技量が目に見えて分かるケースがあります。一番正直に分かるのは、作業中の風景。建具を吊り込...

  17. 森を切り取る4m×1.9mの大開口木製建具 - アトリエMアーキテクツの建築日記

    森を切り取る4m×1.9mの大開口木製建具

    とにかく、できるだけ大きな開口部で、この森と向き合いたい・・・との要望で始まった伊豆高原物語。森の中にある18mのヒメシャラの株立ちと共に。この十分すぎる要望から、住まいの配置や向き、平面の成り立ち、そして広間から広がるデッキ、その中から立ち上がる株立ちのヒメシャラを囲みながら・・・敷地を歩き回る中で、そのイメージが湧き上がりました。構法の選択としては、在来工法か枠組壁工法か集成材軸組工法か...

  18. アルミサッシを木製出窓化する - アトリエMアーキテクツの建築日記

    アルミサッシを木製出窓化する

    木製建具は、建物の表情を豊かにします。そして、何よりも創り手側で、すべて操作ができ、景観・採光・通風をどのように扱い、切り取るか、また、素材をどうするか、金物は、とその建物の、その場所にあった回答が出せます。但し、ペアガラス化からくる重量の問題、メンテナンス、そしてコスト。これらをクリアにしていかなければならず、なかなか、採用できないケースもあります。そんな時に、ポイントとなるアルミサッシを...

  19. 防犯フィルム・住友3MスーパーレイヤーULTRA600 - アトリエMアーキテクツの建築日記

    防犯フィルム・住友3MスーパーレイヤーULTRA600

    アトリエの防犯対策は、外部通報のセキュリティ装置。しかしながら、米松框引き戸の出入り口や窓は、フロートガラス厚5mmという何とも心許ない仕様・苦笑。静岡でも、チョイチョイ発生する空き巣対策や地震時の飛散防止対策を兼ねて、住友3MのスーパーレイヤーULTRA600フィルムを実験的に導入しております。※現在はスーパーレイヤーULTRAS600とS800が発売。このフィルムは、数μm厚の薄膜ポリエ...

  20. 隠し框対応・引違い引手 NO.851 - アトリエMアーキテクツの建築日記

    隠し框対応・引違い引手 NO.851

    木製建具の気密処理は、非常の難しい。いろいろな建築家が、ディテールを考え、実践しています。ガラス部はペアガラス化するとして、問題は隙間。ここをピンチブロックやモヘアなどのパッキンで、擦り合わせていきますが、それと合わせて、建具と枠との関係性も重要。そこで有効な手段となるのが、隠し框。内側から開口部を見ると、ガラス面しか見えない納まりのこと。つまり、建具の框は、一回り大きく外側にあるという納ま...

総件数:22 件

似ているタグ