未分類のタグまとめ

未分類」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには未分類に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「未分類」タグの記事(8)

  1. デスクトップ - Life with Leica

    デスクトップ

    Panasonic LUMIX LX100近頃、自宅のパソコンの動きが少々怪しい。そのうえ、撮った写真をいつものように本体の内蔵ドライブに保存しようとしたら、容量不足です、とのメッセージ。最近は仕事で写真を撮ることも多いし、カメラの画素数が増えて1枚あたりの画像サイズも大きくなっている。そのせいか、まだ余裕があると思っていたのに、あっという間にいっぱいになってしまった。バックアップ用の外付け...

  2. お盆が過ぎて - いつも一緒 ずっとそばにいるから

    お盆が過ぎて

    お盆も終わって、8月も下旬に入りました。あんなに湿度が高かったのに、この数日はカラッととはいかないけれど、なんとか夏らしい湿度になったと思います。おかげ様で、やっと暑いのかな? と思えるようになりました。でも夏の終わりに近づいて、ようやく夏を感じることができるようななった私の体って一体どんな構造でできているのか自分でも不思議です。ニャンズは相変わらず、ダレていますがとても元気にしてます。クー...

  3. 23年 - cool witch

    23年

    23年が経ったんですね。もう大学生でも知らない人が多い、と聞き、そんなに時間が過ぎたんだと改めて思います。地震を感じてから、刻々と被害の様子を報道で見聞きし、好きな神戸の街が、と胸の内が冷えていくのを感じていました。あれから神戸は立ち上がり、訪れても被害のことはあまり感じられなくなりました。でも、あの日からガラリと生活が変わってしまった方は多いでしょうね。ラジオの「黙祷」の声に私も目を瞑りました。

  4. 最後のお買い物 - Life with Leica

    最後のお買い物

    OLYMPUS PEN E-P5 LEICA DG SUMMMILUX 25mm F1.4今年最後の買い物をした。ボーズのCDラジオである。先月はいつもより少しだけ残業が多かったので、そのご褒美である。・・・すでにその理由でレンズ(この写真を撮ったレンズ)を買っているのに、ご褒美がちょっと過ぎるような気がするが、まあいいか。もう買ったあとである。これでこれまでパソコンで聴いていたインターネッ...

  5. 猟師になりたい - foggyな読書

    猟師になりたい

    猟師なんて、およそ私の趣味の対局にあるんだけれど、小豆島に移住した内澤旬子さんが猟をしているというのが頭の隅に残っていてた。で、この本のタイトルに惹かれて読んでみた。なんでまた世の中にはそんなことをしたくなる人がいるんだ?と思って。著者の北尾トロという人は、長らく東京を拠点としてライターをやっていたが、思い立って長野に移住。そして思い立って猟師になろうとする。(その理由は忘れた・・・涙)今、...

  6. 夫の悪夢 - foggyな読書

    夫の悪夢

    著者は藤原美子。「夫」とは藤原正彦。もう藤原家の人々の本を読むことはないと思っていたけれど、この人の本はまだだったので、たまたま見つけて読んでみた。うまいです。藤原ていと新田次郎の息子である藤原正彦に文才があるのは意外ではないけれど、DNAの結びつきのない奥さんまでこんなにうまいなんて、いったいどうなっているんだろう?雑誌連載のエッセイ集なので、1篇が短い。もうちょっと長いほうがいいんだけど...

  7. 帰宅の時代 - foggyな読書

    帰宅の時代

    リンポウ先生こと林望のエッセイ。バブルが弾けた後、延々続く不景気な時代に書かれた。「もう仕事で残業することもない、さっさと帰宅する時代だけど、それを吉としようじゃないか」という本。一番面白くて、今も覚えているのは、本編ではなくて、リンボウ先生の息子さんが書いた「解説」。そのくらい、印象が薄い本でした。

  8. 日本の路地を旅する - foggyな読書

    日本の路地を旅する

    上原善広著。ここで言う「路地」はいわゆる「被差別部落」の意味。全国の「路地」を探訪した記録で、路地生まれの著者だからこそのルポである。東京に住んでいると、同和問題というものも、遠い世界の話という感じがするが、関西では非常に生々しい問題なのだときいている。「エタ」「非人」という呼称は知っていた。けれど、この二つが違うということを初めて知った。どう違うのか、もう忘れてるが(トホホ)城が作られると...

1 - 8 / 総件数:8 件

似ているタグ