未知・近未来・恐怖のタグまとめ

未知・近未来・恐怖」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには未知・近未来・恐怖に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「未知・近未来・恐怖」タグの記事(21)

  1. 何か見えている?女子中学生が立ち止まり、うちをじっと見ている。明日台風でうちだけ流される予知か - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    何か見えている?女子中学生が立ち止まり、うちをじっと見...

    昨日朝、彼女がゴミを出そうと玄関の扉を開けると、うちの目の前すこし右辺りに、通学途中の女子中学生が立っていたのだとか。じっとうちを見ていて、どうやら彼女と目が合っているのかいないのかも、不明な表情だったとの事。「ん?」と女子中生に目を見開くもとくに反応はなく、しかし口元がなにか言いたげのようにも見えたとか。不思議に思うも彼女はゴミ置き場へ向かい、うちに戻ろうとすると、少し行った所の曲がり角の...

  2. オレの居ない部屋からオレの咳払いが…恐い - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    オレの居ない部屋からオレの咳払いが…恐い

    昨日朝、オレが出掛けた後に三階にて前日の台風対策の後片付けをしていた彼女なのだが、二階の寝室から「ゴホン」と、咳払いが聞こえたというのだ。それは、間違いなくオレの声だったとの事。先月に高熱が出て喉がやられ、いまだに咳が続いている。だから間違いないというのである。あれ、さっき出掛けたのにとんぼ返りしたのかな、と一瞬思ったほど。二階の寝室を確認するのが恐かったと言っていた。残留思念、ドッペルゲン...

  3. UFOと原発の関係 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    UFOと原発の関係

    これを読めば分かる。

  4. ジェットパイロットが体験した超科学現象 /  佐藤守著 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    ジェットパイロットが体験した超科学現象 / 佐藤守著

    まだ読み始めだが、硫黄島の超常体験談がなんとも胸に来るのである。自衛隊の輸送機が硫黄島の基地に荷を降ろし、戻ろうとするも、空になったはずの物資庫に、降ろした積荷と同等程度の重量があるというのだ。硫黄島では常であり、自衛隊員も心得ていて、物資庫の扉前で祈りを捧げるとの事。すると、空の重量に戻るようだ。未だ一万一千人以上の戦死者の遺骨が島には残り、本土に戻りたがっている。早く遺族の元へ戻ってほし...

  5.  実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO  / 佐藤守 著 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO / 佐...

    航空自衛隊のパイロットは飛行記録を詳細に報告する義務があるから、そのUFO目撃情報を偽って報告する理由が無い。そこに信憑性を感じる。日本の上空にも確実に未確認飛行物体は飛来しているのだと、確信に至る手記だ。UFOに搭乗しているのが宇宙人かどうかは別として、である。宇宙人ではないとすれば、非公表の最新鋭軍事技術を実験的に使用している、裏社会の人間という事になる。敵国にやっとこさ開発した新兵器を...

  6. 続続(ゾクゾク) : 霊 を 見 て し ま っ た か も し れ な い - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    続続(ゾクゾク) : 霊 を 見 て し ま っ ...

    一昨日、シャーク心霊相談室に電話をしたのだ。一通りの挨拶を終えいざ本題に入ろうとした途端である。詳しく事の経緯を話そうとしたその瞬間、電波が混線、シャーク氏の声が全く聞こえなくなったのだ。 オレが居る三階の作業部屋で普段、このような事は無い。背筋に冷たいものが走った。後ろの階段へと続く出入り口を振り返った。「ケンケ・・・聞こ・・・(無音)」「(無音の受話器に向かい)場所を移動しますね」「(無...

  7. 続 : 霊 を 見 て し ま っ た か も し れ な い - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    続 : 霊 を 見 て し ま っ た か も し れ...

    遭遇疑惑、うちのトイレ入口。先輩シャーク氏の見解写真からは邪気は感じられないね。でもケンケンの言う通り、何か居るんだろうね。→ちょっと安心しました(自身のものでは無いと思われる)おじさんの加齢臭を初めて感じたうちの玄関。玄関に設置した、人感センサーで音のなる玩具が深夜に作動するので、いまは電池を取り外してある。。

  8. 霊 を 見 て し ま っ た か も し れ な い - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    霊 を 見 て し ま っ た か も し れ な い

    一昨日深夜、ついにオレは体験してしまったようだ。うちで、おじさん独特の加齢臭をふとした時に感じる事は、以前にも記した。おっさんの霊がいる!?とも思ったのだが、いや、これは自分の臭いだったかと我に返った時、失笑した。しかし、あきらかに自身のそれとは違うような気もするのだ。一昨日池袋で飲み帰宅後まだ飲み足りなく、一人二時半頃まで飲み、さて寝るかとトイレに入ったところ、ドアの目の前に気配がする。あ...

  9. 八王子城の心霊現象について - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    八王子城の心霊現象について

    北条氏の支城だった八王子城は、主力部隊不在だったのである。それが現代に心霊スポットとして名を残す、殺戮を招いてしまった。豊臣秀吉に攻められている本城の小田原城に(いわゆる北条征伐)、救援に行っていたのだ。八王子城に籠城していた約千人は、婦女子や一部の家臣と領民だった。北条征伐でなかなか落ちない小田原城であった。そこで秀吉いいこと考えた、「手薄の八王子城を攻め北条氏や領民を皆殺しにして首を持っ...

  10. 恐山よりも恐い、八甲田山 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    恐山よりも恐い、八甲田山

    先輩シャーク氏の怪異譚で思い出したのだが、なんとも背筋の凍りつく、八甲田山にある無人の別荘から119番通報があった話しである。電話の向こうは無言で、ザーザーとノイズ音しか聞こえない。通報者が電話機の前で倒れているのではと、救急隊員10人が現場に急行したのだ。しかし家は戸締まりがしっかりされていて、人が入った形跡はない。窓ガラスを割り中へ入って調べるも人気は無かった。隊員たちは古い黒電話を発見...

  11. お稲荷さんの碑から神社への、なんらかの道 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    お稲荷さんの碑から神社への、なんらかの道

    昨日シャークテレフォン相談室や、氏のブログコメント欄でも回答を頂いたのだが、お稲荷さんの祀られている碑がうちの前にあるのだ。なんと、正保5年(1648)との銘が刻まれた、大変に古いものである。そしてその対角線上に神社があり、その中間にうちがあるのだ。二階と三階に居ると、どうも階下に人の気配がするのである。物音というか、たとえば夕方帰宅後に一人三階の作業部屋に居ると、同居彼女が帰宅したような物...

  12. 人感センサー、誰も居ない深夜の玄関で反応する - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    人感センサー、誰も居ない深夜の玄関で反応する

    一昨日、一年前からやっているという所沢のアメリカン雑貨へ行ったのだ。へー、こんな所にいい感じと言いながらである。そこで人感センサーで音が鳴る雑貨を購入したのだが、玄関に置いていた所、深夜に何度も鳴るのである。恐い。電池を取り外し、やっと眠りについた。。

  13. 驚愕!質問に答えるだけで年齢がぴたりと当たる!2018! - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    驚愕!質問に答えるだけで年齢がぴたりと当たる!2018!

    電卓を片手にちょっとやってみてほしい。① 1~9の好きな数字を選ぶ② ×2をする③ +5をする④ ×50をする⑤ 今年の年(2018)を足す⑥ 既に誕生日が過ぎていたら-250、まだなら-251をする⑦ 生まれた年を引く(S52年のオレの場合は-1977)三桁の数字が出るのだが、下二桁があなたの年齢である。なんで当たるんだ!?なんらかの計算式が入っているのだろうけど、とても不思議だ。そして、...

  14. 300年前と300年後どちらを見たいか、大概未来らしいが - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    300年前と300年後どちらを見たいか、大概未来らしいが

    オレは300年前を見るほうを選ぶ。なぜなら未来は変わるかもしれないし、自分がもしかしたら変えられる力を発揮するかもしれない。いや、発揮したい!ノースフォレスト氏に言われてハッとしたのだが、毎日聞いているNACK5も言っているのだ。「make the future」、未来を築く、である。いま見に行った300年後どおりではないかもしれない世界を見ても、意味は無い。でも過去は絶対に変えられない、変...

  15. あれ、ビールがいつの間にかなくなっている←それ妖怪の仕業 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    あれ、ビールがいつの間にかなくなっている←それ妖怪の仕業

    たまにわたしのを飲んだでしょう?と彼女に言われるのだが、それはおそらく、「妖怪びーるのみ」の仕業なのである。物の怪とは、生活の中で自分が生み出したものだ。ビールのその美味しさに、いつの間にかもうそんなに飲んでしまった。自分の中にある、ビールキチガイという肩書きの妖怪が現れた瞬間なのである。他にも、テーブルの足に小指をぶつけさせる妖怪コユビタタキや、急に尻の穴をかゆくさせるコウモンクスグリ、あ...

  16. 歳をとると恐がり屋になる!?ライダーには好都合か - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    歳をとると恐がり屋になる!?ライダーには好都合か

    ホラー映画が大好きで残虐シーンも平気だったのだが、最近GYAOでやっているSAWを観たら、平気じゃなくなっていた。そういう残虐シーンに免疫のあるホラー映画ファンでも、思わず目を背けたくなるくらいの映画という事か?以前GYAOでやっていたペットセメタリーのアキレス腱切りシーンも、目を覆いたくなった。以前は割りと平気だったのだが。恐怖に対する抗体も、年齢にともなって衰えるのか!?でも歳をとると恐...

  17. 狭いライブハウスで火が危険なのがよく分かる動画 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    狭いライブハウスで火が危険なのがよく分かる動画

    火災発生後2分ほどで阿鼻叫喚に・・・消防法とか、基準値以下だったのだろう。小さなライブハウス内に462名が居たとか。高田馬場エリアくらいのキャパか?演奏開始直後に花火が上がるのだが、20秒ほどで壁に引火(ステージ両サイド)。観客達はそれも演出だろうとその場を動かない。撮影者は身の危険を感じて後列に移動。移動した瞬間に火災報知器が鳴り響き、一気にパニックに。狭い通路、1:20あたりで既に背後か...

  18. おそロシア!高所自撮り失敗集 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    おそロシア!高所自撮り失敗集

    ロシアの若者のあいだで高所自撮りが流行っているらしいのだが・・・こういう度胸試しみたいな動画なのだ。一度ミスったら終了だと思うのだが、その通りだった・・・こちらの失敗集、おそロシア。落ちる瞬間に初めて、しまった!としがみつこうと焦るのがリアルである。焦ったところで待っているのは死だが。

  19. お菊人形の髪の伸びる原理、見開いた生首の掛け軸の理由 - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    お菊人形の髪の伸びる原理、見開いた生首の掛け軸の理由

    八戸といえば菊なのだが、八戸にある新聞社、デーリー東北のロゴにも使われているほどである。青森県南は菊が名産で、オレは三戸郡なのだが、よく食用菊の味噌汁が給食で出た。必ず味噌汁にはなんらかの幼虫入りで、要注意ってか(笑)前置きが長くなったが、菊といえば『お菊人形』なのだ。いわゆる、髪の毛の伸びる人形である。なんてことはない。原理はこうである。伸びても伸びなくても、存在自体恐い人形だが(笑)いわ...

  20. うちの玄関にどうやら、オッサンの霊が居る - RÖUTE・G DRIVE AFTER DEATH

    うちの玄関にどうやら、オッサンの霊が居る

    玄関でたまにふわり、オッサン臭がするのである。気配を感じ振り返るも、もちろん誰もいない。しかし気付いてしまったのだ。自分がそのオッサンだという事に・・・いやいや、あきらかに自分のニオイでは無いような気がするのだ。まあ別にうちに幽霊が居てもいいのだ、うまく共存できていれば。姪が泊まった時にうちを少々恐がっていたし、神社や墓も近いので、何らかの通り道になっているような気もする。でもそれならそれで...

総件数:21 件

似ているタグ