本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(827)

  1. アッコちゃんシリーズ - Log.Book.Coffee

    アッコちゃんシリーズ

    昨日の晴れが嘘のような、お天気逆戻り。それでも貴重な晴れでした。12月の気温だそうです。どうぞ体調管理気をつけてくださいね。「ランチのアッコちゃん」にすっかりハマり、たくさん元気をもらいました。続編も借りて、一気に読み終わりました。このテンポ、大好きです。アッコさんも、アッコさんに関わる(振り回される?)人たちも好き。美味しそうな食べものがちょこちょこ出てくるのもとても気になります。コーチン...

  2. 読書の秋 - こまち日和

    読書の秋

    ネット通販で取り寄せた曽野綾子さんの『夫の後始末』を読んでます曽野綾子さんが夫の三浦朱門さんを介護して亡くなるまでのことなのですが私もどちらが先に逝くかわからないけど参考になるかと読み始めました。でも介護されてる曽野綾子さんもご高齢だし介護されてた三浦朱門さんも確か90歳を過ぎれていたと思います老々介護ですよね同じように私もできるかと考えたらきっと無理でも全然暗くないんですよねできることをす...

  3. 秋色本棚『ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家暮らし』 - 海の古書店

    秋色本棚『ベニシアのハーブ便り ― 京都・大原の古民家...

    ベニシアさんの本はかつて幾人かの人にすすめられたことがありました。けれども気持ちがそれを受け入れなくて触れずにまいりました。テレビ番組も見ないままに。今回、ベニシアさんと直接に交流のある方から、当方のこともよくご存知のうえでおすすめをいただきました。今、この本を開くことができてよかったと深く感謝しています。心打たれたのはベニシアさんの苦難への立ち向かい方でした。ただ「強い」というのではなく、...

  4. ナミヤ雑貨店の奇跡 - 陽だまりcafe

    ナミヤ雑貨店の奇跡

    木を見て森を見ず・・なんてことにならないようにしようと思う。陽だまり発見^^※先日のこと。。。 仕事帰りの電車の中、 読んでいた本の世界の中にぐ~~っと入り込んでしまい 降りる駅を二駅通り越してしまう。  またやってしまった。 これで3度目だ。   反対側のホームへ移動。 電車が来るまで20分。 残り10ページを読んでいたら あまりの感動に涙が溢れだし 思わず号泣しそうだったのをやっとの思い...

  5. 植物的生活861 - Atelier Botanique COCA-Z

    植物的生活861

    イギリスの庭園と園芸に関する、一大叙事詩って感じ!!!『ガーデニングとイギリス人』 飯田操氏著 大修館書店 2016年10月10日発行こういった本が日本語で執筆されて、出版されるのは大変ありがたい事です。(英語苦手なので・・・)風景式庭園の ウィリアム・ケント と ランスロット・ブラウン、ハンフリー・レプトン の関係がやっと整理出来ました。(遅っ!勉強不足・恥)レプトンが晩年、事故により車椅...

  6. 本「イヤミス短篇集」真梨幸子 - うまうまひんひん

    本「イヤミス短篇集」真梨幸子

    イヤミスってご近所ミステリーのことだと感覚的に思ってしまうんだけどそれはニア。いやな気持のするミステリーのことだそうだ。いやな気持にならないんだけど。あいまいにもごもごとけむに巻いて終わりになってしまうのは嫌な気持ちになる。ストーリーには嫌な気持ちにならない。プライベートフィクションという題名のハードカバーの本からの短編が3つほど入っている文庫本。短編もうまいなあ。面白かった。「1999年の...

  7. 鉢花・読書・おやつ・・・私の好きなものばかり(^_^;) - はあと・ドキドキ・らいふ

    鉢花・読書・おやつ・・・私の好きなものばかり(^_^;)

    数日前寒くなってきたので鉢植えの花を部屋の中へ入れました。外ではぐったりしてもう枯れていくばかりだった「ガザニア」が枯葉を取り部屋の中へ入れたら元気を取り戻し蕾が開きました。ガザニアって1年草なのかしら?もう少しこのまま置いて様子を見てみます。8月に断食状態だった「シャコバサボテン」、9月になって水と栄養を与えて復活したようです。でも今年は蕾が少なくて今の所9個しかありません。昨年はたくさん...

  8. 秋色本棚『ジャネット・マーシュの水辺の絵日記』 - 海の古書店

    秋色本棚『ジャネット・マーシュの水辺の絵日記』

    カフェの本棚でこの本に出会って、もっとゆっくりと開いてみたいと思いました。幸い図書館にありましたのでお借りして。開高健さんの前書きに次のようにあります。<はじめにこの原本を入手したとき、画と文をべつべつにして本をつくり、画は頁をいためないでぬきとって額にいれられるように仕立てようかと思ったことがあった。そうすればあなたの部屋の壁に小さな、小さな画廊をつくることができる。それは窓となる。はるか...

  9. ホップオンホップオフその5 - 絵を描きながら

    ホップオンホップオフその5

    トロリーは動物園のある BALBOA PARKに。この地区、いくつもの博物館があって、元気で時間に余裕があったら、降りてみたかったのですが、、、建物の装飾がスペイン風バスで通り過ぎただけなので、他から写真を二枚借りました。ね、スペイン風植物園、やはりスペイン風、、、また、サンディエゴに来ることがあったら、行ってみようと思います。気持ちよさそうな公園この地区は、比較的富裕層?素敵な住宅。トロリ...

  10. 図書館の本がやっと - 佐藤Kの思い出

    図書館の本がやっと

    2017年10月17日日記1.アメリカンブルーを暖かい居間に移動したら元気が出てきた。2.書籍 「微笑みを生きる」   ティク・ナット・ハン 池田久代訳  気づきに瞑想と実践  春秋社発行厚別図書館に借りるために5ヶ月前に申し込んでいたら、やっと回ってきた。3. 東芝2パソコンのupdateが出来ないでいたらwin10の1703のKB4041676にならないでいたがwebで検索したら トラブ...

  11. ウン十万円払った日。 - ほんじつのおぐらけ

    ウン十万円払った日。

    むすめの大学の後期学費とむすこの予備校の冬期講習代を仕事帰りに支払ってきました。大きなお金が動くとなんだか気分がへこみます。。沈んだ気分で帰宅してPCを開いたら、うれしいメールが届いていました!やる気が出ました、Yさん、ありがとうございます!!さがしものえほん『どこ?』最新刊は明日発売です♪(画像は最新刊ではありません☆)

  12. 本を書いていたりして…。^^~わくわく、ワクワク~ - スピリチュアルカウンセリング &  ヒーリング 《”こころ”が輝くまで》

    本を書いていたりして…。^^~わくわく、ワクワク~

    半年ぐらい前になりますか…、「本を書いています」なんて書いた記憶があります。(笑)途中、少しお休みする期間があったのですが、活動を再開してからまた書いておりまして…。先日、編集を担当してくださっている方(元気一杯の若者です。^^)と打ち合わせをしたのです。本のテーマは、恋愛や人付き合いに関する内容で、生きていく中で降りてくる問題集をどう解いたらいいのか、というようなことで、このお話を頂いたと...

  13. 本とコミックの話  最近読んだ本です。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    本とコミックの話  最近読んだ本です。

    最近読んだ本の紹介です。 大西直樹著 『エミリ・ディキンスン アメジストの記憶』彩流社 2017年映画『エミリ・ディキンスン 静かなる情熱』鑑賞後、映画館で買い求めました。アメリカの高名な女性詩人であり、ずいぶん前に詩を読んだことはありましたが、強い印象が残っていません。今回、映画と本からディキンスンはとても大きな魅力ある存在に見え、読み取りの力が衰える前に、改めて挑戦したいと思いました。映...

  14. ホップオンホップオフその4 - 絵を描きながら

    ホップオンホップオフその4

    町中をトロリーが走ります。写真は、交差点とか、うまくスピードを落としてくれないと撮れないです。ホートンプラザ、ショッピングセンターがあるらしい。ちょっと向こうの青い壁のクラシックな建物、ホートングランドホテル何とかとったホテルの壁、1886年に建てられた、ウィーンの宿のレプリカで飾った?何事も、英語聞き取りが???交差点で止まったので、パチッと交差点で止まった時に、街の雰囲気はこんなです。坂...

  15. フランス絵本『PETITS BLEUS DANS PARIS』 - 海の古書店

    フランス絵本『PETITS BLEUS DANS PA...

    フランスの絵本紹介Vol.3 PETITS BLEUS DANS PARIS 作者 Joëlle Leblond et Véronique Willemin 『Petits bleus dans Paris』 パリの観光の目玉は何? そう聞かれたら、返ってくる答えはおそらくエッフェル塔やノートルダム寺院など名所の数々。でも、この絵本を読まれたら、パリの見方が変わるかもしれません。 買い物に出...

  16. 心霊研究 - スピリチュアリズムで☆世界征服☆彡

    心霊研究

    日本心霊科学協会の月報誌 「心霊研究」この団体の協会理事長の小川修さんの記事が毎度楽しみ~現役の弁護士さんであらせられるのに、霊界目線で日々暮らしておられるところ、尊敬します。「悪とはどういうものかというと、善性が完全に開くまでの間においてだけ出現する、一時的な現象にすぎません。」心霊研究9月号 P5下段後ろから8行目これを知っていれば、犯罪者を弁護する意味がわかると思うわ。仮に人間は死なな...

  17. 秋色本棚『ちびくろおじさん』 - 海の古書店

    秋色本棚『ちびくろおじさん』

    お話と絵の二重奏が絵本の魅力ですね。『ちびくろおじさん』は愛らしい絵によってとてもあたたかい作品に仕上げられた物語。小さなピッコレットおじさん。煙突掃除が仕事なのでいつも真っ黒。ほんとうは色白なのだけれど。猫のムスターファとふくろうの「せんせい」が友達。クリスマスの夜、風に肩を押されて煙突から落っこちた部屋でピッコレットさんはサンタクロースと、やさしいフランス人形マリー・クレールに出会うので...

  18. 植物的生活859 - Atelier Botanique COCA-Z

    植物的生活859

    江戸時代の書物『本草通串証図(ほんぞうつうかんしょうず)』※に出て来る、今では絶滅してしまったと言われる黄色いキキョウ(リンクの富山県立図書館・古絵図貴重書ギャラリー 【薬の富山】 本草通串証図 2巻 16ページで絵図が見れます)。こんな遺伝子から発現するのかな?と思っていたら、(キキョウ ‘アストラ’ 2017年10月9日撮影)検索してみると、黄色いキキョウの写真が見つかりました!こちらの...

  19. ホップオンホップオフその3 - 絵を描きながら

    ホップオンホップオフその3

    サンディエゴ、NAVY施設のあるコロナドという島、前回ブログの、セレブご用達のホテル HOTEL DEL CORONADOのある島、(歴代大統領、ハリウッドスターご用達)ビーチ、雰囲気はリゾート地、これはホテル?HOTEL DEL CORONADOは、すご~く高そうだけど、、、ここなら、、大丈夫?なぜか、また来ることを考えたりして、、、海も見えて、素敵なおうち、、(もっとあったのですが、バス...

  20. それでも、世界は、だんだんよくなっている by スティーブン・ピンカー - L'art de croire             竹下節子ブログ

    それでも、世界は、だんだんよくなっている by スティ...

    私が日ごろ言ったり書いたりしている実感に、 時代と共に人間社会の暴力は確実に矯められてきている というのがある。 核兵器だとか、過激派のテロだとか、心を病んだ人による大量殺人とか、女性や子供、高齢者、障碍者など弱者への虐待などのニュースを見聞きすると、暗い気持ちになりがちだ。けれども、そもそも、私のような、百年前に生きていたなら立派な弱者で踏みつけにされているだろう人間が、自分の部屋でぬくぬ...

1 - 20 / 総件数:827 件

似ているタグ