本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(828)

  1. 夜更かし - e-fu

    夜更かし

    夜行性のラッピと一緒に夜更かし。最新号のおへそがまわってきた。冒頭に斉藤由貴。「スケバン刑事  麻宮サキ」と「AXIA」のイメージが強い。当時、中学生だった私はAXIAの歌詞が深く記憶に残っている。「ごめんね今まで黙ってて ホントは彼がいたことを~」悪いやっちゃ!っていう印象。久々に雅姫さんも。おっきくなったなあ!ゆららちゃん。娘が生まれた頃、雑誌に載る仲良し母娘に憧れたものでした...

  2. 将棋指してみる? - キッチンの香り

    将棋指してみる?

    「中学生棋士」自らも中学生で棋士となった谷川九段が、書いた一冊。藤井四段へのあたたかいまなざし、将棋への熱い思いが伝わってきます。こちらも読んでみたくなりレンタル。将棋コミック「3月のライオン」。一気に12巻まで借りました。アニメでもやっているし、映画化もされているんですね。いやあ、両方ともよかった。将棋指してみたくなりました。

  3. 『五色の舟』(本) - 竹林軒出張所

    『五色の舟』(本)

    五色の舟津原泰水原作、近藤ようこ著KADOKAWA/エンターブレイン近藤ようこによって完成された幻想的な世界観 津原泰水という作家の同名短編小説をマンガ化したもの。元々SFやホラーを書いている作家らしいが、この小説は幻想小説という分類に入るのか。SF的でもあるが、かなり不可思議な世界である。 太平洋戦争下の日本(広島をはじめとする中国地方)で、各地を巡業している見世物小屋一座の話。足のない男...

  4. 秋色本棚『迷走患者: 〈正しい治し方〉はどこにある』 - 海の古書店

    秋色本棚『迷走患者: 〈正しい治し方〉はどこにある』

    いつも読ませていただいているブログでご紹介があってKindle版で購入しました。どうしても「すぐに」読みたく思ったものですから。「闘病記」として読んでいたつもりでしたが、いつのまにか著者の岩瀬さんのお気持ちに入り込んでしまって。読み終えたときには拍手を送りたい気持ちになっていました。膠原病。これは自己免疫疾患の大きなくくり。同じくくりの中でも症状は様々で治療法も異なります。岩瀬さんは病名の特...

  5. 隠し部屋的 書庫BARごっこ♪ - 三恵 poem  art

    隠し部屋的 書庫BARごっこ♪

    ショコバーという響きがいいわ!わが家には 北向きの奥の部屋に書庫室があります。単なる収納室ですが遊ばしておくのもったいないわーと想い ココでお酒を飲んで本を読みながらトリップしておりましたこのカーテンの向こうに・・・・隠し部屋的 書庫室があります。相方が本好きなので収納しきれない位の本、本、本・・・でも 本に囲まれるのって妙に落ち着きます腰かけてコーヒー飲んだりお酒を飲んだり・・・・思いつき...

  6. 【時間の使い方】忙しいは言い訳〜ホットヨガ体験レッスン&本のご紹介 - ピアニスト&ピアノ講師 村田智佳子のブログ

    【時間の使い方】忙しいは言い訳〜ホットヨガ体験レッスン...

    先日、ずっと行きたかったホットヨガの体験レッスンに行ってきました。これ、もう何年も思っていたことです。思った時から実行に至るまで、こんなに時間をかけるなんて。。自分でも呆れますが。。ホットヨガ、ものすごい汗をかきました!!(もともと気になっていたのはヨガで、別にホットヨガでなくても良かったのですが、冷え症だし、最近寒いし、、ということで、ホットヨガになっただけです。笑)本当にものすごい汗の量...

  7. 秋色本棚『nice things. 2017年 12 月号』 - 海の古書店

    秋色本棚『nice things. 2017年 12 月号』

    『nice things. 2017年 12 月号』「布と衣」。心惹かれるテーマですね。このごろミシンの前で過ごす時間が増えました。カタカタ、チクチク。布に触れるひとときが愛おしく思われます。何かが出来上がっていくプロセスも楽しい。期待通りにできた時の喜びも大きくて。子供が小さなころはパッチワークや小物作りが家事の合間の潤いの時間でした。やがて何かに追われるようにその時間が減ってゆき、気づけ...

  8. 本「教場」長岡弘樹 - うまうまひんひん

    本「教場」長岡弘樹

    本ブログで紹介されていたので読んでみた。警察学校の話。裏表紙の紹介文:希望に燃え警察学校初任科第98期短期過程に入校した生徒たち。彼らを待ち受けていたのは冷厳な白髪教官風間公親だった。半年にわたり続く過酷な訓練と授業、外出不可という環境の中でわずかなミスもすべて見抜いてしまう風間ににらまれれば最後、即日退校という結果が待っている。必要な人材を育てるために不要な人材をはじき出すための篩(ふるい...

  9. 10月20日 - なんでもない日。

    10月20日

    風邪5日目。医者に行く時間がなく、ひたすらパブロンを飲んでいる。治りがけなのか、咳が出るようになったが、体調は少しずつ良くなっている気がする。夜、帰ると、休みの夫がオニオングラタンスープを作ってくれていた。最近買ったこの本を見て作ったらしい。世界一美味しい煮卵の作り方最近、どこの本屋さんでも平積みされていて、見るたびに夫に「この本買って世界一美味しい煮卵作って!」と冗談半分本気半分で言ってい...

  10. 中目黒の魅惑の本屋と商店街 - 素敵なモノみつけた~☆

    中目黒の魅惑の本屋と商店街

    神宮前で遊んでいたおととい。明治神宮前駅から副都心線で中目黒にでました。表参道から中目黒や学芸大学に出ることが多いのですが、明治神宮前や北参道から副都心線1本で、渋谷、代官山、中目黒、学芸大学、都立大学、自由が丘に遊びにいけるので便利かなと思いました。以前は青葉台の方にあってしばらく前に駅近くに移転した dessinさんへ。dessinさんの近くには目黒銀座商店街。久しぶりに雑貨のハイジさん...

  11. OLD POLICE HEADQUARTERS - 絵を描きながら

    OLD POLICE HEADQUARTERS

    サンディエゴ シティツアー ホップオンホップオフのガイドさんの話で分かったので、ホテルのそばです。1939年から1987年まで使われた、警察署の跡、、もとの警察オフィス、裁判所、刑務所、ピストル試射所とか、、、あるとか。今は、チーズケーキファクトリーも、、ここでも食べたかったのに、、行かなかった。一緒にいた男性諸君(夫の仕事での人たち)はビールビールと、、、女性はおいしいのよ、ケーキ以外も食...

  12. 湯種食パン - ゆず空パン工房

    湯種食パン

    前日の夜に湯種の生地を用意して、一晩湯種の生地を冷蔵庫で休ませました。それから、本生地を作る時に湯種生地も一緒に捏ね捏ね。かぁーーーーーッ!!蓋に生地がくっついた。蓋を外すのにシフォンケーキのナイフで何とか外したよ。しばらく1.5斤型使ってなかったからかなぁ~~~。ちと生地がはがれた。それに、めっちゃカクカクやん!!断面ショーしっとりモチモチ。美味しい!!やっぱ湯種は、違うっ!!これまた絶対...

  13. 季節はずれの大型台風 - 五十路半ば、猫と暮らしと旅日記

    季節はずれの大型台風

    週末の天気は大荒れの様子…特に予定もないので引きこもる予定で、昨日のうちに期日前投票も済ませた。家で暖かくして、猫とダラダラする!手始めにニャマゾンビデオでこれを観た。原作はあの「カズオ イシグロ」。日の名残り コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]アンソニー・ホプキンス, エマ・トンプソン, ジェイムズ・フォックス, クリストファー・リーヴ, ヒュー・グラント/ソニー...

  14. 絵本 「セーターになりたかった毛糸玉」 (津田 直美:著/ブロンズ新社) - 心象の風景ーわたしの自由帳

    絵本 「セーターになりたかった毛糸玉」 (津田 直美:...

    途中までは切ない気持ちになるけれど、最後は「良かったね。」と、ほんわりと温かい気持ちになれる、優しい絵の素敵な絵本です。オススメです。

  15. 【本】望郷のマズルカ 激動の中国現代史を生きたピアニスト フー・ツォン - ピアニスト&ピアノ講師 村田智佳子のブログ

    【本】望郷のマズルカ 激動の中国現代史を生きたピアニス...

    以前ご紹介した本と一緒に教えていただいた本です。以前の記事はこちらです♪望郷のマズルカ―激動の中国現代史を生きたピアニストフー・ツォンフー・ツォンは第5回ションパン国際ピアノコンクール1955年で4位に入賞している。(2位はソ連のウラジーミル・アシュケナージ)本の内容は副題の通りです。文化革命時代に生きた中国ピアニストの人生が語られています。特にその軸となっているのが、フー・ツォンさんのお父...

  16. ホップオンホップオフその7 - 絵を描きながら

    ホップオンホップオフその7

    トロリーはオールドタウンへ、ここでみんなバスを下ろされて、違うバスに乗ります。たぶん、サンディエゴ一番の観光地、歴史地区で、1821年から1872年、メキシコの村からアメリカの統治へ、そのころの文化を残した地区、お土産はメキシコ風。好きですが、買わずに、実は10年以上前に、サンディエゴに来ていて、、その時の写真も、思ったのは、ここは「ゾロ」の世界。子供の時、テレビ番組で、「快傑ゾロ」というの...

  17. 平城山を越えた女 - わんぱく君のふわふわ日記

    平城山を越えた女

    内田康夫著「平城山(ならやま)を超えた女」を読みました。(すみません。カバーが無いです。)ストーリーとしては、あるきっかけで娘を探している男性と知り合ってしまった浅見光彦と仏像好きの女性が、その男性が探していると思われる娘の死を知る。そしてその死の真相を地元警察と協力しながら追っていく、という話です。で、わんぱくの感想は………地元警察の刑事と浅見光彦の身分がバレるまでのやり取りが普通の「浅見...

  18. やめてみた。 - キラキラのある日々

    やめてみた。

    タイトルに惹かれて読んでみることにしました。わたなべぽんさんの、「やめてみた。」そうなんだよね~いろいろ。。。一度やめてみたらいいんだよ。☆*・゜゚・*:.。..。.:*・☆・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆なんとなくだけど、手荒れの原因は...ストレスのせいじゃないかと思ったんです。それが何のストレスなんだかさっぱりわからなくて。でもきっとどこかで無理をしてしまっているような気がしたから...

  19. 本2冊 - NATURALLY

    本2冊

  20. 『洋泉社MOOK 別冊映画秘宝 ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界』10月26日発売 - 下呂温泉 留之助商店 店主のブログ

    『洋泉社MOOK 別冊映画秘宝 ブレードランナー究極読...

    The Ultimate Guide Book to BLADE RUNNER留ブラだけでカラー23ページ、巻頭からブチ抜き怒涛の大特集です。10/26(木)1,500円+税にて発売!お求めはこちら→

1 - 20 / 総件数:828 件

似ているタグ