本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(846)

  1. 北海道探検記 - わんぱく君のふわふわ日記

    北海道探検記

    本多勝一著「北海道探検記」を読みました。この本は著者が行った(探検した)北海道の山や島、農村等の現状をまとめたレポートです。内容は………①知床             ⑤僻地の生活       ・夏の番屋           ・日高・冬の知床山脈縦走       ・アイヌ民族の生活を体験②離島             ・サロベツ原野・渡島大島           ⑥札幌再訪・礼文島     ...

  2. 夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語 - ベジタブルpartⅤ(鳥と共に日々是好日)

    夜想曲集 音楽と夕暮れをめぐる五つの物語

    📚exciteblogでは初の本の紹介です 👋今回はノーベル賞作家カズオ・イシグロ作品に初挑戦です。著者の両親は共に日本人ですがイギリス人作家。馴染みがないので先ずは短編集を選びました。(イギリス人作家で読んでいるのは   ハリーポッターのJ.K.ローリングだけです (^-^; )ハリーポッターなら全巻読んでいますが。。。いささか不安でしたが短編集でしたから何...

  3. 本「天へ 落馬して」松平みな - うまうまひんひん

    本「天へ 落馬して」松平みな

    馬の字がついているので読んでみようかなと、まったく聞いたことのない作家名とリフレ出版という出版社。エリザベスというイギリス人で28歳の獣医過程に進学しようとする女性がシドニー大学に留学中、テーマパークでアルバイトをしている。200年前のオーストラリアの女囚の役で馬に乗って駆け逃げていくのだ。馬が大好きで馬に詳しいエリザベスには天職ともいえるアルバイトだった。相棒はゆり姫。賢い馬だ。ある日遠足...

  4. 生き物の友と類語辞典と - sakamichi

    生き物の友と類語辞典と

    先日は、生き物の友とのおしゃべり会。いつものごとく、お題はあれやこれや。そして今回は、彼女の類語辞典を見せてもらいました。彼女の類語辞典はこちら。新明解類語辞典中村 明(編集)/三省堂undefined編者の中村明さん、聞いたことがある……あー、この本だ。語感トレーニング-日本語のセンスをみがく55題 (岩波新書)中村 明/岩波書店undefinedこの本、完読できなかったのですが(汗)、「...

  5. 年賀状作りは読書の時間『ニュータウンは黄昏れて』 - 新生・gogoワテは行く!

    年賀状作りは読書の時間『ニュータウンは黄昏れて』

    どくじゅっ歳になったので年賀状は卒業しまふと言ったけど親しい人には「卒業しまふ」を伝える最後の年賀状を作らねばならないまぁそりは自分の分やし枚数も微々たるものなので大したことはないでも でも~~未だにいやこりからも年賀状は出す!と言う紐チョスの分を作ってやらないかんまぁこりがね~自分で作らん(よう作らない)くせに注文が多いのでイヤになる 文句いっても作らないかん事には変わりないんで黙って作っ...

  6. 読み入っちゃう - 赤坂・ニューオータニのヘアサロン大野ザメイン店ブログ

    読み入っちゃう

    この前本屋さんで目立つところに売っていたのでついつい買ってしまいました。「言ってはいけない」とか書かれちゃうと読みたくなっちゃいますよね。笑私はいつもスマホをいじり過ぎて速度制限が掛かってしまうのでスマホ逃れに役立っています★作者の橘さんはこんな本や、こんな本も書いています。読みたい本が増えるばかりです。学生時代は国語が嫌いだったのでいい勉強にもなっています。みなさんの気になる一冊はあります...

  7. 問題集ってあるのん? - 笑っていこうよ!

    問題集ってあるのん?

    もうアテに出来ないとわかった以上は、ストレス解消に家庭学習を真面目にプランしなきゃ!という事で、かなり以前から探しているのが、算数の問題集。意外とピッタリな物がないのです。基礎は公文でも良さそうですが、今、しているオンラインのクラスが終わった後にする問題集としては基礎に寄りすぎだし、かと言って超難問集なんてポンチの理解力を超えているのは間違いないから、もっと不適合。数少ない書店でほどほどに難...

  8. 丸の内イルミネーション - 絵を描きながら

    丸の内イルミネーション

    丸の内仲通りの200本以上の街路樹が上品に輝く工事中で、毎年、イルミがきれいですが、工事が目立っていました。夜、お店は閉まっていたし、、本の話、、残酷すぎる成功法則 エリック・バーカー(著),‎橘玲(著),‎竹中てる実(翻訳)面白いと思うので、、、役に立つかも、、グリットの話です。「グリット」(grit)とは、「困難にあってもくじけない闘志」「気概」「気骨」などの意味を表す英語「時は金なり」...

  9. 12/18 揚げない唐揚げ弁当 - ひとりぼっちランチ

    12/18 揚げない唐揚げ弁当

    ・揚げない唐揚げ・ゆで玉子・インゲン胡麻和え・大根と人参の煮物紫蘇がない!仕方なく、お弁当箱についていた仕切りを使ってみたけどもやっぱり紫蘇がないとダメだわー鶏肩肉は生姜醤油に漬けて片栗粉をまぶして魚焼きグリル弱火で10分。大根と人参は、先日すじこん煮を作って残ったおつゆを冷凍してあったのでそのおつゆで煮ました。コラーゲンと旨味たっぷりよー昨日は家から一歩も出ずに本読んでグダグダしてました。...

  10. サンタさんの懐には風が - 笑っていこうよ!

    サンタさんの懐には風が

    我が家専属サンタさん、ポンチへのプレゼントをネット注文しています。今年のポンチは特におねだりする物がないとの事なので、(あるにはあるけど、私がそれだけは勘弁して(>人<;) とお願いした為。) サンタさんは大弱り。ポンチのイラスト入りプレゼントリストなしに、とりあえず確実に喜んでもらえる本を集めて集めて... その結果、1冊ずつ包装する気にはなれない状態にまでなっているらしいです。(笑)でも...

  11. 12月13日 - なんでもない日。

    12月13日

    君たちはどう生きるか を読んだ。ずいぶん前に図書館で予約していたのだけど、数十人待ち。まわってくるのはまだまだ先だなあと思っていたら、うちの社長が購入したと聞き、お借りする。一気に読んだ。終盤のシーンは電車の中で読んでいたので、ぐっとこみ上げるものを抑えるのに苦労した。評判通り心に響く言葉がたくさんあり、素直に良いと思えた本。自分でも買おうかな。.

  12. 赤毛のアン - 弦遊カプリッチオ S-collection

    赤毛のアン

    カナダ人小説家 モンゴメリー著邦題 “赤毛のアン“最終章、最終節は アンのつぶやた、この言葉でシメ括っている。「神は天に有り、世はすべて良し」今の俺の心境は...「鍋、煮えて コタツ暖か...すべて良し」何を食っても 旨い。俺は...幸せだ。

  13. 2017年これを読まずして年は越せないで賞 候補作!! - 春巻雑記帳

    2017年これを読まずして年は越せないで賞 候補作!!

    今年も渡辺由佳里さんやモナさんとともに「これを読まずして年は越せないで賞」略して「これよま」を行います! 日程は決まり次第おしらせしますが、年末です。候補作のリストは以下の通りですが、感想を書いてない本が多いので(よくよく反省して来年はもう少しがんばります)、各タイトルの内容など詳しくは、渡辺さんのサイトをご覧ください! I. 児童書/YA(今年はYAオンリー。児童書は来年2月に延期します!...

  14. 日比谷のホテル - 絵を描きながら

    日比谷のホテル

    昨夜はそれほど寒くはない土曜日の夜、日比谷方面へペニンシュラホテル目立つ明かりが見えて、、近くまで行ってみました。かわいらしい飾りです。隣のビルに映りこんで本の話、、残酷すぎる成功法則 エリック・バーカー(著),‎橘玲(著),‎竹中てる実(翻訳)面白いと思うので、、、役に立つかも、、グリットの話です。「グリット」(grit)とは、「困難にあってもくじけない闘志」「気概」「気骨」などの意味を表...

  15. 『加田伶太郎全集』 福永武彦 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    『加田伶太郎全集』 福永武彦

     純文学作家として知られる福永武彦氏が”加田伶太郎”名義で書いた本格派推理小説。敬愛する佐々木丸美さんの尊敬するミステリ作家として、一度は読んでみたかったもの。8篇の小品のほかに、福永氏による”加田伶太郎”誕生秘話が添えられている。丸美作品を推理小説とおもって読んだことはないけれど、館シリーズが本書の影響を受けていることだけはたしか。とくに第6話の『眠りの誘惑』はシリーズに直結しているといっ...

  16. 今、やっと「つばたさん」 - 十色生活

    今、やっと「つばたさん」

    昨日は元仕事場の地域喫茶のボランティアに行って来た。喫茶で出す手作りホットケーキの余ったのをいただいて帰り、今朝の朝ごはんにしました。生協で買った、冷凍ベリーミックスを添えて・・・ ベリーがあるだけで、うん、見た目も可愛くなりました。さて、自宅で加入している多チャンネルで放送されていた、ドキュメンタリー映画「人生フルーツ」を録画して、2度3度見ています。当時、津端修一さん90歳と英子さん87...

  17. 嘘を愛する女 - 猪こっと猛進

    嘘を愛する女

    一気に読みました。只今「高橋一生」様に猛進中のnyaoです(笑二人の顔を思い浮かべながら頭の中で映像が回ります。最後は少しうるっと来てしまった。1月12日から上映です。絶対行きます!楽しみ~!今日は一生さんと同世代の人たちとの忘年会です。こちらも楽しみ~!nyao

  18. バク、14歳 - 絵を描きながら

    バク、14歳

    12月14日で、14歳になりました。立派に高齢犬に。昔の写真、私も、バクも若い、場所は和歌山市。サングラス、バクの毛の色も濃いです。走る、、毛並みのつやが、、、まだ猫はいません本の話、、残酷すぎる成功法則 エリック・バーカー(著),‎橘玲(著),‎竹中てる実(翻訳)面白いと思うので、、、役に立つかも、、グリットの話です。「グリット」(grit)とは、「困難にあってもくじけない闘志」「気概」「...

  19. 本を読んで活字で理解することはわかりやすいんですね - トータルサポート ハロー(旧 ふぉるつぁのみんなと笑おう)

    本を読んで活字で理解することはわかりやすいんですね

    ずーと気になっていた本やっと手に入れて読んでみましたこの本は素晴らしいなあと感じました子どもたちに「いじめにどう立ち向かうか?」「勉強はどうしてするのか?」「自分たちが今から出ていく社会はどんなものか?」「親や先生とどう上手に付き合うのか?」上手にわかりやすく書いてありましたこの本はある子どもさんからの紹介でした自分にはお父さんがいないけどなんだかお父さんから手紙をもらったような気がしたもや...

  20. 「暁の旅人」を読んでいたら順大の選手が来た - ウエストコースト日日抄

    「暁の旅人」を読んでいたら順大の選手が来た

    小島養生所跡遺構保存問題が気になってから、近代医学と長崎の関係を調べていたころの本や資料を引っ張り出したりしている。昨日から再読しているこの本もその1つ「暁の旅人」 吉村 昭 著奥付を見たら2005年初版。もう12年も前の小説この物語の主人公は 幕末明治を生きた医師・松本良順蘭方医佐藤泰然の次男に生まれ、泰然の大親友で御典医の松本良甫のところに婿養子として迎えられた良順。長崎医学伝習所を設立...

1 - 20 / 総件数:846 件

似ているタグ