文化・芸術ジャンル×本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(4302)

  1. ねこがじゃましたZoom - 絵を描きながら

    ねこがじゃましたZoom

    昨日は、、Zoomで夫が仕事、、ちょっと大きい会議で、、彼のプレゼンテーションの時に、、こうやって寝ていた猫が、むくっと起き上がり、、泣き出すにゃーにゃー、Zoom中は、ドアを閉めていたのですが、、ドアを開けろとにゃーにゃー、、立ち上がって話を中断するわけにもいかず、、夫は焦って、ちょっと、、、汗その間、、私は、、おとなしく別の部屋で、、絵を描いていました。建物とか、、相変わらず歪んでいるけ...

  2. ミモザの黄色は、きれい、続きもっと咲いた。 - 絵を描きながら

    ミモザの黄色は、きれい、続きもっと咲いた。

    大人のレッスンバッグを考えてみた。、、パッチワークと刺繍とミシンができればね、、、無理。もう一つ、、、昨日は、夫が、家のPCで,リモート仕事をしていたので、、おとなしくしていた、、(音をたてないように、、たぶん大丈夫かもしれないですが、、)こういういたずら書き遊びをしていた。ミモザの花が、、もっと開いて、、ぽかぽか陽気、、、今日もリモート会議らしいので、、いたずら書きだけでなくて、、油絵も描...

  3. 如月ジェットコースター - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    如月ジェットコースター

    こんなピカピカのお天気の翌日が暴風雪だとは思いませんでした。先日のお話。予報ではしっかり言ってたので、情報としては頭に入っていたのだけれども。(アクロス福岡です)諸々所用で福岡市に久々に行ってまいりました。やっぱり格段に楽しい街。住んでる街でも基本的には充分なのだけれども『もう一押し』があっさりと見つかるんですよね。都会だ。そのぶん危険なのですが。でもたまには行きたいですな。なんというか、隅...

  4. 誰もが嘘をついている - 絵を描きながら

    誰もが嘘をついている

    いたずら書き、、抽象的な絵って、もしかして初めてかも、、、色のペンで線、色鉛筆で軽く塗って、、いや、中学生のころ、、、当時、の先生は、そういうのが好き?夏休みの宿題に出た。抽象的なもの、、美術で、けなされて、、、小学校の時にも、そんな気がする。だから、ずっとセンスが悪いと思っていた。たしかにわるいかも、、、??あの頃、、デザイン、ポスターとか、、目的のための美術が苦手だった。其れで、、ずっと...

  5. 『スマホ脳』(本) - 竹林軒出張所

    『スマホ脳』(本)

    スマホ脳アンデシュ・ハンセン著、久山葉子訳新潮新書自然人類学的視点によるスマホ依存だが著者は精神科医近年、欝病患者が増えていることを実感した精神科医が、自然人類学的視点からその原因を解き明かし、スマホなどのIT機器に対する依存にはそれなりの根拠があると説いた本。人類は、その歴史を通じてほとんどの期間、狩猟採集に明け暮れていたために、脳や身体はそれに最適化された構造になっているという前提で話を...

  6. 『カールさんとティーナさんの古民家村だより』 - アノネーゼの週末 (書架こぶね)

    『カールさんとティーナさんの古民家村だより』

    TVをつけると気の滅入るニュースばかり。国会中継は血圧が上がる。それでもTVを処分しないのは錆びかけた好奇心を刺激してくれたり人恋しさを思い出させてくれたり束の間の幸福感で包んでくれる番組があるから。冬眠中なんですけどね。『カールさんとティーナさんの古民家村だより』2月19日 午後10:00 ~ 午後11:00 NHK・BSプレミアム👇

  7. 今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る馬屋原吉博著 - 本の棚

    今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る馬屋...

    今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る馬屋原吉博著すばる舎昨今の動きを見ていて政治って何、と思い読みはじめる。ん十年ぶりの公民で二日かかった。なんせ衆議院って何、参議院って?のレベルからスタートだったから。フィードバックとして中学入試問題もあり、メモを取り取り読むうちに、中学の合板の机を思い出した。ウチの中学のクラスには、校内放送のスピーカーの上にサボテンが置いてあった。朝顔を植...

  8. 2月は。 - bakubaku on reading

    2月は。

    ▲2月は10代からの二人の友だちが旅立った月であり、息子や姉、それに亡き父の誕生月でもあり。さよならとおめでとう、生と死、さみしいとうれしい、近く遠く~いろんな思い出にしゃがみこんで。浮いたり沈んだり、ふわふわしてるうちに、あっけなく過ぎてしまう月でもあって。くわえて。新型コロナウイルスは依然居座り、動きのとまった仕事や人々への支援は滞り~あちこちから悲鳴がきこえてくるようで。身も心も快晴に...

  9. 『材料入れて煮るだけレシピ』(市瀬悦子)で作っています。 - 家暮らしノート 

    『材料入れて煮るだけレシピ』(市瀬悦子)で作っています。

    あたたくなりましたね。おはようございます。2/15はフィンランドでラスキアイスプッラを食べる日。毎年このお菓子を食べる日はちがいますが。フィンランド政府観光局の2/15のTwitterではこう書かれていました。「今日は告解の火曜日。フィンランドでは、そり遊びをして豆スープを食べて、ジャムまたはアーモンドペーストの入ったクリームたっぷりのラスキアイスプッラを食べるのが慣習です。その昔は、この日...

  10. 『スマホ依存から脳を守る』(本) - 竹林軒出張所

    『スマホ依存から脳を守る』(本)

    スマホ依存から脳を守る中山秀紀著朝日新書看板に偽りあり依存症治療に携わっている医師が書いた、オンラインゲーム依存に関する本。タイトルには「スマホ依存」と書かれているが、触れられている内容は、オンラインゲーム依存である。したがってSNSなどの依存については触れられていない。著者は永らく依存症診療に携わっており、近年、オンラインゲームをやめられない子どもたちを患者として診療する機会が増えている。...

  11. Illuminated Manuscripts and Their Makers:彩色写本とその制作者たち - 春巻雑記帳

    Illuminated Manuscripts and...

    『Illuminated Manuscripts and Their Makers』Rowan Watson著、Victoria Albert Museumタテ27.8cm x ヨコ22.6cm, 144ページ彩色写本がどのようにつくられたか、写本の制作者たちに焦点をあてながら、ヴィクトリア&アルバート博物館(以下V&A)が所蔵している数々の写本を解説する本です。また1851年のロンドン万...

  12. 『三島由紀夫あるいは空虚のヴィジョン』M・ユルスナール - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    『三島由紀夫あるいは空虚のヴィジョン』M・ユルスナール

    マルグリット・ユルスナールによる三島由紀夫論。多作だった三島作品を網羅するのではなく、よく旅をした聡明な作家らしいユルスナールの視点から、生き様に滲む空虚を嗅ぎとり、かつ深く評価する。海外から見た三島の姿が新鮮に伝わる。”私にとって関心があるのは、いつも個々の作家、個々の作品である。ユルスナールも三島もあだやおろそかに扱うことのできない二作家の結びついた本書だから注目したー”そう、訳した澁澤...

  13. 【ピアノレッスン】和声 - ピアニスト&ピアノ講師 村田智佳子のブログ

    【ピアノレッスン】和声

    今日のブログは・ピアノの先生・これから本格的に音楽の道を目指したい方・もう一度、1から和声を学びたい方などに参考になりましたら幸いです!♫♫♫♫♫和声について、強烈な記憶は、大学3年生でエレーナ先生のレッスンが開始した時その前の段階でも、受験のために初めて和声を学んだ時はその仕組みが面白かったし大学に入学してからの和声の授業も楽しかった先生もとても丁寧で、はっきり物事をおっしゃる方で(笑)数...

  14. 春の嵐とねこの溌剌 - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    春の嵐とねこの溌剌

    春先はざわめく季節ではありますが何とはなしにこころ静かに生きています。近年稀。稀すぎて戸惑いつつもしずんでゆくような。悪いことではないとも思う。でもなんだか静かすぎて、このまま浮上しないのではというような不安もほんのりと。ところで当地、地震らしい地震がありません。引越してほぼ一年、たぶん一度あったかどうか(思い出せない)ありがたいことなのですが震度3程度の地震はちょくちょく起きる場所に長く住...

  15. 万葉アクセサリー(accessories in the Tempyo period) - ももさへづり*やまと編*cent chants d'une chouette (Yamato*Japon)

    万葉アクセサリー(accessories in the...

    安田靫彦「飛鳥の春の額田王」*Lady Nukata in Asuka in spring不空羂索観音像宝冠、東大寺法華堂(『日本の仏教美術』展)Jeweled crown of amoghapāśa,Todai-ji Temple(google search)正倉院のガラスや法華堂不空羂索観音像の冠をお手本に天平風の首飾りと腕輪を作ったことを思い出しました。先の尖ったペンチを使って、根を詰...

  16. オランウータンの子供はかわいい、、 - 絵を描きながら

    オランウータンの子供はかわいい、、

    いたずら書きは、オイルクレパスで、オランウータンの子供、、、もっとかわいいんですが、、、マレーシア、コタキナバルで、オランウータンの子供を野生に戻すための保護施設で、、飼育員に甘える様子はかわいい、、、小学校時代の話で、パセリさんのコメント、、性格を評価されたという話で、、協調性がB、、、こういう結果がありました。コーネル大学やいくつかの大学の研究結果です。協調性には「信頼性」「率直さ」「迎...

  17. 『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(本) - 竹林軒出張所

    『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(本)

    ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルーブレイディみかこ著新潮社英国社会の実態から日本社会の病理を逆照射する英国で保育士をしているブレイディみかこという人のエッセイ。中学生になる息子の周辺を描きながら、英国の社会システム、差別に対する取り組みなどを紹介していく。著者の息子は、小学校時代、カトリックの公立小学校(優秀な学校らしい)に通っていたが、その後は少し毛色の違う地元の中学校(著者は「元...

  18. London in Fragments: A Mudlark's Treasures - 春巻雑記帳

    London in Fragments: A Mudl...

    『London in Fragments: A Mudlark's Treasures』Ted Sandling著、Frances Lincoln刊「Mudlark」を辞書で引くと、最初に出てくる意味は「干潮時に川の泥の中をあさるばた屋、どぶさらい」とあります。ロンドンのテムズ川のMudlarkには長い歴史があり、ヴィクトリア朝の頃は、それこそ辞書の通り、泥の中をあさって回収したも...

  19. 今井雅洋個展[雲 居] [kumoi] - Arte Garecchi

    今井雅洋個展[雲 居] [kumoi]

    最終日となりました。本日14日(日)は16:00終廊です。Masahiro Imai Solo Exhibition [kumoi]今井雅洋個展[雲 居]JINEN GALLERYhttps://jinen-gallery.com/状況・体調と相談のうえお出かけください。*マスク着用、入口での手指消毒をお願いしております。【カード・本】card・a book作品サイズ:125×85mm写真、...

  20. 今日は友だちの日 - 家暮らしノート 

    今日は友だちの日

    昨夜の地震は驚きました。深夜までテレビの情報を見ていたのですが、まだ全体の被害はわからず、心配です。おはようございます。今日はバレンタインデー。フィンランドでは友だちの日。コロナ禍で親しい人とも、遠方の人とも会えないいまですから、手紙、メールで近況を伝えるのも、友だちの日にいいですね。手作り封筒をたくさん作ってしまったので、それらの出番です。『「キラーストレス」から心と体を守る!』(NHK取...

総件数:4302 件

似ているタグ