本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(9321)

  1. 非認知能力-4 / 抑制機能 - sakamichi

    非認知能力-4 / 抑制機能

    非認知能力の中の「目標の達成」「情動の抑制」は、前頭前野の実行機能のこと。正確にいうと、実行機能には2つの側面がある(*1)。一つはクールな側面。一つはホットな側面。クールとホットの違いは、報酬が関係するかどうか。それに伴い脳の関わる部分が異なる。抑制機能は、実行機能のうちクールな側面のうちの一つ。アメリカではこの抑制機能の向上を、教育のプログラムとして導入しているらしい。というのも、アメリ...

  2. 読んだ本part4 - ぬま食堂

    読んだ本part4

    毎週金曜日に読んだ本を紹介する予定でしたが、2週間空いてしまいました。1週間たつのが早いなぁ。今回は3冊のご紹介です。日本のオンライン教育最前線──アフターコロナの学びを考えるコロナ休校で明らかになった日本のデジタル教育の遅れ。子どもたちの学びを止めないために今何をすればよいのか。世界の動向、国内の先進自治体や学校現場、民間の教育産業の取組を通して、AI×データ時代の本格到来を前に急激に変化...

  3. ゴールデンも利口ですが、、、 - 絵を描きながら

    ゴールデンも利口ですが、、、

    以前に書いたいたずら書き、、いたずら書きは、仕事をしていた時に、、ちょっとした合間に、結構やっていたようです。スケッチブックを見たら、ありました。今日の話、、いろんな本にあったんですが、、、アメリカでの言い回しに「賢いブロンドは、ゴールデンレトリバーだけだ」其れで、ブロンドを染めてしまう女性も、結構いるようです。前に一緒に暮らしたゴールデンのZIPです。晩年に近いころ、、、賢いというか、、性...

  4. すみれ - 花の窓

    すみれ

    昨日は作業日。コーヒーで気持ちを引き締めてスタート。ニオイスミレの蜂蜜漬け。これは移り香よりも花そのものの香りを楽しむ蜂蜜。甘い誘惑。まるで琥珀に閉じ込められた花のよう。大変美味でした。キューピーちゃんもニッコリ!開いたのはコーヒーの本。鈴木るみこさんの訳本です。美しいシーンの数々。香るように、味わう1冊です。次男からの預かり物。フランク・ロイド・ライトデザインのCS。そして、落水荘のデッサ...

  5. 私のアロマバイブル♡ - aloha healing Makanoe

    私のアロマバイブル♡

  6. 雀、、都会の雀は世代が変わった? - 絵を描きながら

    雀、、都会の雀は世代が変わった?

    このいたずら書きは、昔描いたもの、、、お絵描き教室に通っていたころです。縫いぐるみではないです、、熊さん、、何かの本で、、(ナショジオ?星野道夫さんの本?)クマって、、恐ろしいですが、、賢くてかわいいです、(特に子熊)有楽町フォーラムのところ、、ランチを売っている車が、何台も、、、もっとにぎわっています。平日、働く人のランチ、、写真は人を避けてます。ランチを買って、、ここの雀は、、寄ってくる...

  7. 春へ - 花の窓

    春へ

    庭のニオイスミレを摘んでテーブルに。ああ、なんて愛らしい!コーヒーをたてて開いたのは『Beloved Dog』。表紙だけで胸がキュン!人生をワンちゃんたちと分かち合えたこと、本当に感謝しかありません。晴ちゃん、あなたにももちろん感謝です!元気なヒヨドリさんを眺めながら、発送のお支度。可愛がってもらってね。きっと素敵な日々が待っているわ。前日の片付けで再会したデッドストックのメタルボタンと水晶...

  8. 鳥類学者、読み終わった - そろそろなんかしなくちゃなー

    鳥類学者、読み終わった

    在宅で移動時間が無いと読む時間が無い久々の読書タイムで読みかけを読み切った読み進めるのが楽しかったわりに、全部読むのに時間がかかってしまったわ『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』率直。堅苦しいかと思いきや著者のキャラが濃くてwww鳥よりそちらが面白い、と思ったらあとがきにもそう書いてあったわ生物学者って自分のことも生物として分析しちゃうんだろうか専門的すぎず、知ってる鳥の話だったり...

  9. あの日から。 - かいじゅうたちのいる我が家。

    あの日から。

    「図書カードがあったから、買いに行く?」「でも、自転車だよ」以前だったら、そこで「いい」と諦めのお返事が来たけれど、読みたかったんだろうね、「いいよ」カレの魂の決心を聞きました。(大袈裟ですが。笑)我が家の軽車を2男が乗って行ったため、その日の移動手段は、自転車のみ。そして自転車で行くには結構遠い、ショッピングモールへはるばると。大通りを行くより中道を通った方が何かと安全なので、自称・サイク...

  10. 新刊へのコメントとコヘレトの言葉 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    新刊へのコメントとコヘレトの言葉

    サイトの新刊案内「Sekkoの本」「コーナーにコメントを載せました。ここからご覧ください。今、書下ろしの資料と共に、旧約聖書に関するテーマの記事を用意している。テーマとは関係ないのだけれど、偶然、コヘレトの言葉(7,14)の中のこの部分に感じ入ってしまった。幸せな日には幸せであれ。不幸な日にはこう考えよ。人が後に起こることを見極められないように神は両者を造られたのだ、と。昔の口語訳では「順境...

  11. ねこがじゃましたZoom - 絵を描きながら

    ねこがじゃましたZoom

    昨日は、、Zoomで夫が仕事、、ちょっと大きい会議で、、彼のプレゼンテーションの時に、、こうやって寝ていた猫が、むくっと起き上がり、、泣き出すにゃーにゃー、Zoom中は、ドアを閉めていたのですが、、ドアを開けろとにゃーにゃー、、立ち上がって話を中断するわけにもいかず、、夫は焦って、ちょっと、、、汗その間、、私は、、おとなしく別の部屋で、、絵を描いていました。建物とか、、相変わらず歪んでいるけ...

  12. 古本屋 - belakangan ini

    古本屋

  13. 禅のテレビ番組をみていたら - ある日突然貸し農園。時々小さな庭。まれに黒柴。

    禅のテレビ番組をみていたら

    引き続き、犬散歩で訪れる梅の花が美しいです。今朝はこの場所で、うぐいすの声も。この梅の向こうに見える丘陵に、お寺があるのですが、先日、NHKの禅の番組(を録画したの)をみていたらいきなりこのお寺の名前が出てきて、びっくり。なんでも、かのスティーブ・ジョブズ氏が愛読した「禅のバイブル」を書いた僧侶が、このお寺で、生まれ育ったそうなんです。うわ、そうなんだ。ぜんぜん知らなかった。すこしロングなお...

  14. ミモザの黄色は、きれい、続きもっと咲いた。 - 絵を描きながら

    ミモザの黄色は、きれい、続きもっと咲いた。

    大人のレッスンバッグを考えてみた。、、パッチワークと刺繍とミシンができればね、、、無理。もう一つ、、、昨日は、夫が、家のPCで,リモート仕事をしていたので、、おとなしくしていた、、(音をたてないように、、たぶん大丈夫かもしれないですが、、)こういういたずら書き遊びをしていた。ミモザの花が、、もっと開いて、、ぽかぽか陽気、、、今日もリモート会議らしいので、、いたずら書きだけでなくて、、油絵も描...

  15. 意味のないこと - ウラコブログ

    意味のないこと

    いつ読み終るんだろう。先々月に買った『コンビニ人間』。文庫本化されていたので買ったはいいが読むタイミングを逃してる。コーヒーを片手にと優雅な姿を思い浮かべたがなんだかんだと時間に追われてる私には意味のないこと。

  16. 如月ジェットコースター - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    如月ジェットコースター

    こんなピカピカのお天気の翌日が暴風雪だとは思いませんでした。先日のお話。予報ではしっかり言ってたので、情報としては頭に入っていたのだけれども。(アクロス福岡です)諸々所用で福岡市に久々に行ってまいりました。やっぱり格段に楽しい街。住んでる街でも基本的には充分なのだけれども『もう一押し』があっさりと見つかるんですよね。都会だ。そのぶん危険なのですが。でもたまには行きたいですな。なんというか、隅...

  17. 4男の読みたい本。 - かいじゅうたちのいる我が家。

    4男の読みたい本。

    我が家の小5の4男、最近、読書に目覚めました。・・・と言っても、マンガ。(^^;いやいやいや、マンガも立派な読書です。(と、私は思う。)読むことが楽しくなった、というコトにも、拍手。(^^浜辺美波ちゃんの映画を見に行って、余計にマンガの方も気になったらしい。約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)白井カイウ,出水ぽすか/集英社undefined近くの本屋さんで、ようやっと...

  18. 幸せをはこぶ槐(えんじゅ)コロポックル - 安曇野建築日誌

    幸せをはこぶ槐(えんじゅ)コロポックル

    メンテしてキレイになったダイニングテーブルが嬉しくて、毎日ナニかを置いて写真撮ってます(笑)学生時代、北海道ツーリングで立ち寄ったアイヌの集落の民芸店でお土産に買った彫り物です。昨年の秋、農業倉庫の片付けをした時に、積み重ねられていたコンテナの中から出てきました。台座の裏には“北海道一周ツーリング記念1985年夏の終わり二風谷にて”と彫られていました。ツーリングの終盤に、どんな成り行きだった...

  19. 『遺したい味』平松洋子・姜尚美著 - Darjeeling Days

    『遺したい味』平松洋子・姜尚美著

    今年の頭に出版されてすぐAmazonの欲しい物リストに入れておいた『遺したい味』を買った。東京の平松洋子さんと京都の姜尚美さんが自分たちの大好きな店の遺したい味を「往復書簡」の形式で紹介していく内容の本だ。以前入手した『京都・東京甘い架け橋』(甲斐みのり、奥野美穂子著)がお菓子に纏わる往復書簡だったので、とっても似た感じともいえるかもしれない。両方とも淡交社の本なので、その意味ではシリーズ的...

  20. 猫と本とおやつ♪ 最近読んでおもしろかった3冊 - キッチンで猫と・・・

    猫と本とおやつ♪ 最近読んでおもしろかった3冊

    インスタで皆さんの読書記録を拝見しながら、次に読む本を探すことがあるのですが、その中でおもしろかった3冊を。『木曜日にココアを』青山美智子12色の色にあわせて話が進んでいく短編集。読み進めると登場人物が少しずつ繋がっていて、にんまり。読後はほんわか・・・あたたか気持ちになりました。だってココアさんが、ココアさんを♥マスターも気になります(笑)おやつは「ロータスカラメルビスケット」お気に入りの...

総件数:9321 件

似ているタグ