本のタグまとめ

」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには本に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「本」タグの記事(9336)

  1. 読まない本を、地元の図書館に嫁がせる。 - ある日突然貸し農園。時々小さな庭。まれに黒柴。

    読まない本を、地元の図書館に嫁がせる。

    亡くなる二ヶ月前のこと。末期ガンで最後の入院をする直前、父は、古本屋を選んで自宅に呼びつけ、あれこれわがままに、そして自慢げに指示を飛ばしながら、書斎の蔵書を運び出させ、からっぽにしました。暑い夏でした。何日かがかりの、とってもとっても大変な作業でしたが、蔵書は、二十何万円かの臨時収入になり、父は満足げに言いました。「もう思い残すことはない」本の重量から一気に解放された木造家屋は、しばらくギ...

  2. バッグをぽちった - 新生・gogoワテは行く!

    バッグをぽちった

    今日も寒いぜよでも引きこもるばっかりもちんどいw予定通り書写教室と買い物それと図書館へも行ってきたど気温は低いけど外にでたらそれはそれでキーンって感じで寒さが気持ち良かったなんかダラけてた体がシャキンと目覚めた感しゃて去年からほとんど洋服を買ってない洋裁もしてないねこんな事は人生初かもしれんOL時代はこれでもかーー!ってくらいファッションにお金を使ってたまぁバブル時代やったしねアホみたいに買...

  3. 金沢も遠くなりにけり<名店a.k.aの話> - 日々の雑記ノオト

    金沢も遠くなりにけり<名店a.k.aの話>

    2年に1回くらい行っていた金沢もすっかりご無沙汰です。図書館で借りた本には好きなお店がけっこう掲載されていて…行きたいな♪しばらく休業していた「a.k.a」がホテルの中に移転&再開したので、今度金沢行くときは必ず行こうと思っていましたが、いまHPを見ると閉店してしまった!コロナの影響かしら?初めて相方と金沢に行ったのはもう20年位前になるでしょうか。そのときたまたま見つけた「a.k.a」で食...

  4. 『カールさんとティーナさんの古民家村だより』 - アノネーゼの週末 (書架こぶね)

    『カールさんとティーナさんの古民家村だより』

    TVをつけると気の滅入るニュースばかり。国会中継は血圧が上がる。それでもTVを処分しないのは錆びかけた好奇心を刺激してくれたり人恋しさを思い出させてくれたり束の間の幸福感で包んでくれる番組があるから。冬眠中なんですけどね。『カールさんとティーナさんの古民家村だより』2月19日 午後10:00 ~ 午後11:00 NHK・BSプレミアム👇

  5. 今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る馬屋原吉博著 - 本の棚

    今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る馬屋...

    今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る馬屋原吉博著すばる舎昨今の動きを見ていて政治って何、と思い読みはじめる。ん十年ぶりの公民で二日かかった。なんせ衆議院って何、参議院って?のレベルからスタートだったから。フィードバックとして中学入試問題もあり、メモを取り取り読むうちに、中学の合板の机を思い出した。ウチの中学のクラスには、校内放送のスピーカーの上にサボテンが置いてあった。朝顔を植...

  6. 最近読んだ本 - 白雪ばぁばのかんづめ

    最近読んだ本

    電子書籍のポイントアップ日に気になっていた昨年度下半期の芥川賞、直木賞の2冊を購入した。まずは芥川賞の「推し、燃ゆ」推しが炎上した。ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。そんなある日、推しがファンを殴った。(データベースより)母親との確執の中で少女の逃げ道は「推し」の存在。若き全エネルギーを彼に注ぎ、窮屈な毎日を遣り過すもファンを殴ったことをきっかけに「推し」も少女も動向が変わる...

  7. 前回の記事の続きミニマリスト - ベルギー情報発信!してください

    前回の記事の続きミニマリスト

    Less is more(日本語で読みました)の本には、やっぱりチャリティーなどにものを寄付するのを特にお勧めしていました。著者が元牧師だっということもあります。難しい人は?同じような用途のものは一つだけ持つ。シンプルに生きる(物をすくなく)ことのメリットを認識する。段ボールにすべての物を一回詰める。収納家具を処分する。物を処分するのは大変だから最初から持たない。ちなみに私は靴3足はできてい...

  8. ごま「ビスケット」&「推し、燃ゆ」 - あれこれ逍遥日記 Vol.2

    ごま「ビスケット」&「推し、燃ゆ」

    久しぶりにオーブンでおやつを焼いた。出来たのはごま「ビスケット」、すりごまがたっぷり入った、風味がぎゅっと詰まった、サクサクの「ビスケット」が焼き上がった。蜂蜜をつけて、たっぷりの紅茶を飲むほっこりタイム。。。ビスケットに「」(鍵カッコ)をつけたのは、私が焼きたかったのは「スコーン」ではない、「ビスケット」ですよ、自分に言い聞かせるため。はい、実は膨らまないスコーン、失敗作(苦笑い)。レシピ...

  9. 小さな本屋 - 平屋暮らし*時々handmade ~優駿、大樹の下で和を奏でる~

    小さな本屋

    今日も一日お疲れ様🤗寒かったですねぇ❄こんな寒い日にわーちゃんの進級説明会がありました。6年生から7年生へ。世間でいう中学生になるための説明会と物品の注文。あっという間の6年間。早かったなぁ(*^^*)これからは服装検査に頭髪検査校則に縛られる生活。髪もハーフアップダメ、ポニーテールダメ。伸ばすなら低い位置でひとつくくりのみ。だから中学生ってみーんな同じに見えるのね´...

  10. 2月は。 - bakubaku on reading

    2月は。

    ▲2月は10代からの二人の友だちが旅立った月であり、息子や姉、それに亡き父の誕生月でもあり。さよならとおめでとう、生と死、さみしいとうれしい、近く遠く~いろんな思い出にしゃがみこんで。浮いたり沈んだり、ふわふわしてるうちに、あっけなく過ぎてしまう月でもあって。くわえて。新型コロナウイルスは依然居座り、動きのとまった仕事や人々への支援は滞り~あちこちから悲鳴がきこえてくるようで。身も心も快晴に...

  11. 『材料入れて煮るだけレシピ』(市瀬悦子)で作っています。 - 家暮らしノート 

    『材料入れて煮るだけレシピ』(市瀬悦子)で作っています。

    あたたくなりましたね。おはようございます。2/15はフィンランドでラスキアイスプッラを食べる日。毎年このお菓子を食べる日はちがいますが。フィンランド政府観光局の2/15のTwitterではこう書かれていました。「今日は告解の火曜日。フィンランドでは、そり遊びをして豆スープを食べて、ジャムまたはアーモンドペーストの入ったクリームたっぷりのラスキアイスプッラを食べるのが慣習です。その昔は、この日...

  12. 『スマホ依存から脳を守る』(本) - 竹林軒出張所

    『スマホ依存から脳を守る』(本)

    スマホ依存から脳を守る中山秀紀著朝日新書看板に偽りあり依存症治療に携わっている医師が書いた、オンラインゲーム依存に関する本。タイトルには「スマホ依存」と書かれているが、触れられている内容は、オンラインゲーム依存である。したがってSNSなどの依存については触れられていない。著者は永らく依存症診療に携わっており、近年、オンラインゲームをやめられない子どもたちを患者として診療する機会が増えている。...

  13. Illuminated Manuscripts and Their Makers:彩色写本とその制作者たち - 春巻雑記帳

    Illuminated Manuscripts and...

    『Illuminated Manuscripts and Their Makers』Rowan Watson著、Victoria Albert Museumタテ27.8cm x ヨコ22.6cm, 144ページ彩色写本がどのようにつくられたか、写本の制作者たちに焦点をあてながら、ヴィクトリア&アルバート博物館(以下V&A)が所蔵している数々の写本を解説する本です。また1851年のロンドン万...

  14. 『三島由紀夫あるいは空虚のヴィジョン』M・ユルスナール - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    『三島由紀夫あるいは空虚のヴィジョン』M・ユルスナール

    マルグリット・ユルスナールによる三島由紀夫論。多作だった三島作品を網羅するのではなく、よく旅をした聡明な作家らしいユルスナールの視点から、生き様に滲む空虚を嗅ぎとり、かつ深く評価する。海外から見た三島の姿が新鮮に伝わる。”私にとって関心があるのは、いつも個々の作家、個々の作品である。ユルスナールも三島もあだやおろそかに扱うことのできない二作家の結びついた本書だから注目したー”そう、訳した澁澤...

  15. 【ピアノレッスン】和声 - ピアニスト&ピアノ講師 村田智佳子のブログ

    【ピアノレッスン】和声

    今日のブログは・ピアノの先生・これから本格的に音楽の道を目指したい方・もう一度、1から和声を学びたい方などに参考になりましたら幸いです!♫♫♫♫♫和声について、強烈な記憶は、大学3年生でエレーナ先生のレッスンが開始した時その前の段階でも、受験のために初めて和声を学んだ時はその仕組みが面白かったし大学に入学してからの和声の授業も楽しかった先生もとても丁寧で、はっきり物事をおっしゃる方で(笑)数...

  16. 2/16(火)鮭弁 - ろこべん

    2/16(火)鮭弁

    ・塩鮭・肉じゃが・味たまご・ほうれん草の胡麻和え・わかめの味噌汁**ところで、チヌア・アチェベの「崩れゆく絆」を読んだ。古くからの呪術や慣習が根づく大地で、黙々と畑を耕し、獰猛に戦い、一代で名声と財産を築いた男オコンクウォ。しかし彼の誇りと、村の人々の生活を蝕み始めたのは、凶作でも戦争でもなく、新しい宗教の形で忍び寄る欧州の植民地支配だった。「アフリカ文学の父」の最高傑作。 ーーーーーーーー...

  17. 古本屋 - belakangan ini

    古本屋

  18. 三日月 - 花の窓

    三日月

    昨日は薄暗い朝でした。それでもチューリップがいてくれると、そこは春。10日めのチューリップ。ずいぶん頑張ってくれましたね。お嫁ちゃんからのギフトはおしゃれなシャネルのハンドクリーム。容器が卵のような石のような、とても好きな形。押すとこんな風にプニュッと出てくるのが嬉しくて、ついつい押してみたくなるバアバです。手を艶々にいたしましょうね。雨がひどくなって買い物に行く予定を午後に延期。パスタでブ...

  19. 春の嵐とねこの溌剌 - 本に育てられ、ねこに尽くす日々

    春の嵐とねこの溌剌

    春先はざわめく季節ではありますが何とはなしにこころ静かに生きています。近年稀。稀すぎて戸惑いつつもしずんでゆくような。悪いことではないとも思う。でもなんだか静かすぎて、このまま浮上しないのではというような不安もほんのりと。ところで当地、地震らしい地震がありません。引越してほぼ一年、たぶん一度あったかどうか(思い出せない)ありがたいことなのですが震度3程度の地震はちょくちょく起きる場所に長く住...

  20. …女子会 と …貴族 - ままごと日記

    …女子会 と …貴族

    気に入っているドラマがある。BSテレ東で土曜の夜 9:00 からやっている「ナイルパーチの女子会」だ。原作は柚木麻子さん。3年前に読んでいて深く印象に残っていた。毎日消費するように小説を読んでいるので読む端から忘れてしまう私は 😅読んだ月とタイトル、作者、出版社名だけメモしてる。荒らすじを書くマメさはないのでよかった本には◯、すごくよかった本には◎をつけている。ナイル...

総件数:9336 件

似ているタグ