李朝のタグまとめ

李朝」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには李朝に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「李朝」タグの記事(5)

  1. 高麗磁器 - 日々平安

    高麗磁器

    李朝陶器に凝った時があって、ヤフオクを漁ったけど偽物ばかり。骨董屋さんにも時々顔を見せ物色。そんな時見つけた李朝の扁壺がわずか3000円。埃にまみれていて正体は分からなかったけど、安かったから購入。帰宅して磨いたら、照りがあって近代昨のよう。いまだに真贋未定。本物では無いよな~~。

  2. 幻の窯 金海窯のうつわ入荷しました - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    幻の窯 金海窯のうつわ入荷しました

    長い梅雨空、いよいよ21日に夏至の日を迎えました。朝から晴天の夏日でしたので、19時になってもまだまだ明るい空、一日が長く感じました。緊急事態は解かれましたが、引き続きマンボウ体制に入った京、鴨川にはたくさんの夕涼みする人の姿が。時短で早く店が閉まるものですから、憩いの場を求めて癒しのオアシスへ寄ってきます。京の街は古えより鴨川と共にあります。碁盤の目と南北の東端の指標、何処からか聞こえてく...

  3. 水無月新入荷「幻の窯 韓国金海窯」 - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    水無月新入荷「幻の窯 韓国金海窯」

    今年も早や折り返し地点、年明けから落ち着かないまゝ水無月にはいりました。用心しながら日常生活に戻していく、何時しかこの状態が日常となってゆく、そんな気がしております。暑くなって参りました。皆さまご自愛ください。久しぶりに金海窯のうつわが入荷しましたー2016年に出版された佐々木幹雄氏の本には、1993年に金海窯が閉窯されたと記される。工房があった場所は、慶尚南道金海(キメ)市進礼(チルレ)で...

  4. なにげに塩笥 - 藍屋

    なにげに塩笥

    大きな白い塩笥(シオゲ)です。李朝らしく高台に砂付き、腰がしっかり張った形「笥」(け)は食品用の「うつわ」を意味する言葉で塩笥は文字通り塩を入れて保存した器です。目跡も形も可愛くて短く切った色の濃いお花をいっぱいに生けたら素敵でしょうね。李朝大きめ白い塩笥口径(内径)9センチ(外径)10.5センチ高さ9センチご売約

  5. 呉須といえば - 藍屋

    呉須といえば

    当店の名前藍が好きなのでまんまこの名前ですが染付で藍より好きなのが呉須です。ベトナムで今も見かける古い陶器安南と呼ばれ今でこそ高価なものになってしまいましたがほんとうは庶民の雑器です。藍よりも古いくすんだ青みがかった薄墨のような色調ですね。同じ時代のものでもう少し洗練された意匠が楽しめる李朝の器。高台が少し高めで裏に砂付きなんかがあって大好きです。これは小さな茶碗大きなおちょこぐい飲みにぴっ...

総件数:5 件

似ているタグ