村上春樹のタグまとめ

村上春樹」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには村上春樹に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「村上春樹」タグの記事(134)

  1. 【伊集院光!ハルキストたちが催す「残念会」に】 村上春樹氏がノーベル文学賞を受賞できず嘆くハルキストたちに皮肉! - 赤いきつね

    【伊集院光!ハルキストたちが催す「残念会」に】 村上春...

    【伊集院光!ハルキストたちが催す「残念会」に】村上春樹氏がノーベル文学賞を受賞できず嘆くハルキストたちに皮肉!9日深夜放送のラジオ番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)で、伊集院光が、ハルキストと呼ばれる作家・村上春樹氏のファンたちに皮肉を浴びせた。番組冒頭で、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏がノーベル文学賞に選ばれ、村上氏が受賞を逃したことを話題にした。伊集院は、村上氏が受賞...

  2. 本の話 村上春樹著「騎士団長殺し」 読みました。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    本の話 村上春樹著「騎士団長殺し」 読みました。

    村上春樹著『騎士団長殺し 第1部、第2部』 新潮社 2017年 話題の本をすぐに読まない天邪鬼オジサンです。この本が古本屋に出回るようになり、「もういいかな・・・」と読んでみました。相方が新本で買い求め、読み終わった本です。すんなり読めました。面白かったですよ。 話は、現実の日常から始まります。少しずつ非現実・日常の世界へ広がっていき、非現実のどこかの世界に「私」を連れて行き、現実・日常に...

  3. ノーベル賞がなぜ?(PART 1) - デンマンの書きたい放題

    ノーベル賞がなぜ?(PART 1)

     ノーベル賞がなぜ?(PART 1) (nobelbanq1.jpg)(nprize2.jpg)(nobelbanquet.jpg)(nobelbanq3.jpg)(dance011.jpg)あらっ。。。 デンマンさん。。。 2015年のノーベル賞授与式の後の晩餐会で 私とデンマンさんがダンスしているのですか?(kato3.gif)いけませんか?私は2015年12月10日...

  4. ノーベル賞がなぜ?(PART 2) - デンマンの書きたい放題

    ノーベル賞がなぜ?(PART 2)

     ノーベル賞がなぜ?(PART 2)【デンマンの独り言】(kato3.gif)ノーベル・ベーグル賞があったら、真由美ちゃんは候補に挙がるかも知れません。(微笑)真由美ちゃんは、ノース・バンクーバーでホームステーしながらVCC (Vancouver Community College)にかよってパン職人・ベーグル職人の勉強と実習に励んでいました。去年(2016年)の9月に卒業式を終え...

  5. 物語の端緒について | 村上春樹の「風の歌を聴け」からはじまったこと - 横須賀から発信 | プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

    物語の端緒について | 村上春樹の「風の歌を聴け」から...

    物語の端緒について思い出してみた。その家は、岬の先の茂みをぬけたところで、静かに建っている。「岬の先の家 / 風の歌を聴け」・・・・大学生のときに制作した住宅の計画を思い出しています。随分前のものです。村上春樹の「風の歌を聴け」を読み、そのときの気持ちや感覚がこの計画の始まりだったように憶えています。先日機会があって久しぶりに「風の歌を聴け」を読みました。著者はこの作品とこの後に書かれた「1...

  6. 読書ノート トルーマン・カポーティ 『おじいさんの思い出』 - Miwa Note in Thai and...

    読書ノート トルーマン・カポーティ 『おじいさんの思い出』

    1988年3月15日1刷 6月25日9刷訳;村上春樹 銅版画;山本容子文藝春秋 ¥1300谷中をぷらぷらしていた時にたまたま出会った本カポーティは以前から気になっていた作家の一人で、かつ村上訳さらに素朴だけれど細やかで温かみのあるイラスト渡りに舟で購入してしまいましたカポーティというと『冷血』という著作の響きから、私の好きなジャンルとは違う分野の作家というイメージでしたが、あとがきで村上さん...

  7. 第二部も読みたいけれど 村上春樹「騎士団長殺し 第一部顕れるイデア編」 - 梟通信~ホンの戯言

    第二部も読みたいけれど 村上春樹「騎士団長殺し 第一部...

    村上春樹を読んだのは何年ぶりかな、「1Q84」を完読したのかどうだったか、それ以来だ。ふと気が向いて図書館に予約、、ここまで書いたところで、スマホに電話がかかってきた。なんと図書館からじゃないか、「そろそろ、人工知能の真実を話そう」の返却期限が来ていると(遠慮がちに)催促する電話だ。読みかけてめんどくさくなって放り出したままだった、ごめん!ふと気が向いて「騎士団長殺し」を図書館に予約して忘れ...

  8. 025 ダンス・ダンス・ダンス(村上春樹) - 札幌日和下駄

    025 ダンス・ダンス・ダンス(村上春樹)

    ■概要1988年出版。タイトルの「ダンス・ダンス・ダンス」は、ビーチボーイズの同名曲からの引用であるが、物語の重要なキーワードともなっている。なお、タイトルに関しては、作者は「ザ・デルズという黒人バンドの曲名から取った」としている。いわゆる鼠3部作シリーズの続編で、特に「羊をめぐる冒険」からの直接的な発展型小説となっている。1988年といえば、日本はバブル景気に沸いている時代であり、そんな時...

  9. 024 羊をめぐる冒険(村上春樹) - 札幌日和下駄

    024 羊をめぐる冒険(村上春樹)

    【概要】1982年、「群像」に発表された、第3作目の長編小説。いわゆる「僕と鼠もの」3部作シリーズの第3作で、ジャズ喫茶「ピーター・キャット」をやめ、専業作家として初めて書いた小説といわれている。 北海道への取材旅行は、1981年10月に行われた。この作品の続編として、「ダンス・ダンス・ダンス」がある。 【あらすじ】 友人と二人で広告代理店を営む主人公は、ある業界紙の広告に使った1枚の写真か...

  10. 【読書感想・ノルウェイの森】髪型に気づいてくれない女の子の心情のリアル - newニャジラのフォトハウス

    【読書感想・ノルウェイの森】髪型に気づいてくれない女の...

    女の子の心情のリアルを問いたい。ノルウェイの森を遅々として読み進めているわけなのですが、下巻のP189にて、緑が主人公・ワタナベに手紙を書きます。いわく髪型の変化に気づいてくれなくて、怒って、それで交際がぷっつりと切れてしまう、という展開。この場面、非常に耳が痛い。自分も同じようなことで、その当時付き合っていた女の子を怒らせてしまったことがある。その経験から、女の子の髪型の変化には気をつける...

  11. 「1Q84」空気さなぎとは - 憂き世忘れ

    「1Q84」空気さなぎとは

     再び、仕切り直して推理します。章によって、違う意味を持ったりしていますから、あくまでも、ふかえりの言うところの、リトル・ピープルであり「空気さなぎ」です。「リトル・ピープル」とは何か。 素直に小人と考えました。「森の小人」というおなじみの歌。 森の木陰で ドンジャラホイ シャンシャン手拍子足拍子 太鼓たたいて 笛ふいて 今夜はお祭り 夢の国 小人さんがそろって にぎやかに ア ホイホイヨ ...

  12. 「1Q84」脱出は「八百屋お七」 - 憂き世忘れ

    「1Q84」脱出は「八百屋お七」

    「1Q84」の各章は、深沢の小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第31章。ラストです。深沢「浪曲風ポルカ」です。これは、和歌でいう数え歌みたいに数字が一杯出てきます。浪曲=浪花節ですし。72824。理に理を尽くす別れ話、女ごころの一筋は想うお方の意に従い、ハラハラと落つるは落葉の音ならで、乙女ごころのむせび泣き〜と、まだ続きますが、これが「八百屋お七」なのです。...

  13. 「1Q84」変な二人 - 憂き世忘れ

    「1Q84」変な二人

     「1Q84」の各章は、深沢の小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第30章深沢「変な人のところには変な人がたずねて来る記」『庶民列伝』のあとがきです。ラブミー農場に、九州から突然やってきて「農業をやりたい」などと言う。普通は手紙が先でしょうというと、手紙を書くのが面倒だという。人が弾いているギターを、いきなり奪って弾こうとする。彼岸に「おはぎ」を送って来る見ず知...

  14. 「1Q84」漢詩 - 憂き世忘れ

    「1Q84」漢詩

     「1Q84」の各章は、深沢の小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第29章 深沢「支那風ポルカ(2)」です。 前の記事に書いた通り、漢文の話です。「1Q84」の方「支那風ポルカ(2)」のはじまりが、支那だか、日本だか、はっきり覚えていないが〜「1Q84」の冒頭に、大きな黄色い月と、小さな緑のいびつな月が出てきます。地図をイメージしてください。 この章では、中国と...

  15. 「1Q84」トラウマ - 憂き世忘れ

    「1Q84」トラウマ

    「1Q84」の各章は、深沢七郎の各小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第28章。深沢の「妖術的過去」です。一言で言うと「トラウマ」です。車で馬を轢いた過去が、ずーっと影響する。というより、悪い事が起こると「馬のせい」にする。「1Q84」の方。そんなわけで、トラとウマが隠れています。会議用のテーブルがいくつかつなぎ合わされ、牛河はその上に仰向けに寝かされていた。机...

  16. 「1Q84」庖丁は皿の裏で研ぐ - 憂き世忘れ

    「1Q84」庖丁は皿の裏で研ぐ

    「1Q84」の各章は、深沢七郎の各小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第27章。深沢の「盆栽老人とその周辺」です。「盆栽老人」が「盗載老人」に変化します。 たとえば…木がなくなって、車が突っ込むみたいな。「1Q84」の方。すっごい考えました。解ったときは、脳の中を爽風が抜けましたね。天吾は流し台の上で、とくに研ぐ必要もない庖丁を研ぎながらそう思った。これ、変でし...

  17. 「1Q84」食パンにみそ汁 - 憂き世忘れ

    「1Q84」食パンにみそ汁

    「1Q84」の各章は、深沢七郎の各小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第26章。深沢の「『庶民列伝』序章」です。上高井戸の旦那との「庶民」についての会話。面白すぎです。「1Q84」の方。まだ独身で、あの謙虚な見かけのアパートで、一人つつましい生活を送っている。庶民ですねえ。「ほうほう」とはやし役のリトル・ピープルがどこかで声を上げる。この文章、いきなりです。タマ...

  18. 「1Q84」酸素なしで死ぬ。提灯だけに - 憂き世忘れ

    「1Q84」酸素なしで死ぬ。提灯だけに

    「1Q84」の各章は、深沢七郎の各小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第25章。深沢の「ポルカ・アカデミカ」です。 ガンの特効薬を発明した博士、人類の寿命が延びすぎたら、逆にとんでもない弊害があると気付き、その薬を捨てる。 寿命が縮まる薬を発明して、人類に貢献するのだと決意する。 読者「すでにあるし」「1Q84」の方。まず、牛河の肩書き「新日本学術振興会専任理事...

  19. 「1Q84」死者の秘密 - 憂き世忘れ

    「1Q84」死者の秘密

    「1Q84」の各章は、深沢七郎の各小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第24章。深沢の「焼肉物語」です。「焼に行く」物語で火葬の話です。「1Q84」の方。これは解りやすい。もろに、火葬の話です。そして、かなり意味深なことが書かれています。死者が秘密をあの世へ持って行くのは、彼なりの事情があるからと、父親の死を借りて云います。それに気づいていも、かかわらない方がい...

  20. 「1Q84」嫁入り - 憂き世忘れ

    「1Q84」嫁入り

    「1Q84」の各章は、深沢七郎の各小説と一致している。 この仮説のもとに、読んでいます。BOOK3 第23章。深沢の「花に舞う」です。どう説明して良いか悩みます。まるで谷崎の小説のように、ちょっとやそっとでは読めない構成になっています。主人公に知られないように、周りが動いている。それを、主人公から見た視点で書いているのです。文庫になっていますから、読んだ人も多いでしょう。題名「花に舞う」は、...

1 - 20 / 総件数:134 件

似ているタグ