東京(都心)のタグまとめ

東京(都心)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには東京(都心)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「東京(都心)」タグの記事(28)

  1. 菊日和 - AREKORE

    菊日和

    11月になり穏やかな天気が続くようになりました。全国各地で菊花展が開かれているのではないでしょうか。明治神宮でも恒例の菊花展が開かれていました。公園や路地の花が少なくなったこの頃、目を楽しませてもらいました。参道に設けられた菊花展示場。菊の代表的品種、厚物の展示。菊の盆栽、ミニチュア庭園などの展示もありました。(参考)とっさの英単語キク:キク科(Asteraceae)キク属(Chrysant...

  2. 秋の風景@新宿御苑 - AREKORE

    秋の風景@新宿御苑

    新宿御苑を歩いてきました。プラタナスの葉っぱが色付き、菊花壇展が始まり次第に秋らしくなってきました。色付いてきたプラタナスの並木石蕗(ツワブキ)の花が見ごろ。菊花壇展(11/1~11/15)写真は江戸菊花壇。ほか伊勢菊・丁子菊・嵯峨菊花壇、懸崖作り花壇、大菊花壇など7つの花壇が設置されています。大作りの菊。1株から627輪の花を咲かせているという。ご苦労に頭が下がります。(参考)プラタナスス...

  3. 花菖蒲@小石川後楽園 - AREKORE

    花菖蒲@小石川後楽園

    水戸黄門ゆかりの庭園、小石川後楽園(文京区)を歩いてきました。小石川後楽園ならではの風景の中で花菖蒲を楽しむことができました。菖蒲田とその先の茅葺屋根の九八屋花菖蒲が咲くころの小石川後楽園の代表的風景。九八屋は江戸時代の風流な酒亭を復元したものだという。水田越しに望む菖蒲田稲田は、光圀が農民の苦労を嗣子・綱篠の夫人に教えようと作った田んぼ。今は地元の小学生が田植えと稲刈りを行っているという。...

  4. 駅伝発祥の地の碑 - AREKORE

    駅伝発祥の地の碑

    真夏のような暑さ、水辺の風景が見たくなり不忍池のほとりを歩いた。ここに「駅伝の歴史ここに始まる」と書かれた碑があった。「我が国、最初の駅伝は奠都50周年記念大博覧会「東海道駅伝徒歩競走」が大正6年(1917年)4月27日、28日、29日の3日間にわたり開催された。スタートは京都・三条大橋、ゴールはここ東京・不忍池の博覧会正面玄関であった。」と書かれている。2002年建立?。Wikipedia...

  5. 横山大観記念館 - AREKORE

    横山大観記念館

    横山大観記念館(台東区池之端)を訪ねた。記念館は近代日本画の巨匠・横山大観(1868-1958)が90歳で亡くなるまで暮らした自宅兼画室。木造2階建ての数寄屋風日本家屋と庭は大観が創案。細川護立侯爵から贈られた庭石を中心に石や植木の選定、配置なども自ら行ったという。大観は手入れの行き届いた庭より野趣あふれる庭を好み、庭を良く眺めることで絵画のヒントを得ていたという。現在の家屋は1954年に空...

  6. 肥後細川庭園 - AREKORE

    肥後細川庭園

    肥後細川庭園(文京区目白台)を歩いてきました。現在は文京区の公園ですがかつては肥後熊本藩細川家下屋敷だった。典型的な池泉回遊式庭園、広々としていながら変化にも富む素晴らしい庭園です。庭園の正門側にある松聲閣(しょうせいかく)かつて細川家下屋敷だった時代には細川家の学問所として使用されていたという。写真後方の森は目白台の傾斜地で、ここから庭園を眺めると立体感が楽しめます。松聲閣休憩室から望む庭...

  7. 神田川沿いの遊歩道 - AREKORE

    神田川沿いの遊歩道

    関口・目白台(文京区)の南斜面の下を流れる神田川沿いに緑豊かな遊歩道がある。歌川広重『名所江戸百景』「せき口上水端はせを庵椿やま」では、神田川をはさんで南に早稲田の田んぼ、北の高台に芭蕉庵がある水と緑にあふれた道だった。現在は田んぼなどもちろんないが緑あふれる道筋であることは今も変わっていない。新緑の美しいこの遊歩道を歩いてきました。大洗堰(おおあらいぜき)付近このあたりの神田川(写真左側、...

  8. アートを楽しむ@丸の内仲通り - AREKORE

    アートを楽しむ@丸の内仲通り

    連休で歩行者天国になっている丸の内仲通りを歩いてきました。丸の内ストーリートギャラリーを静かに楽しむことができました。一つ一つはかなり個性的な作品なのですが街の風景と調和しているところが素晴らしい。木戸修作「SPIRAL.UQ」接近して撮った写真ですが周りの景色が映って不思議な写真になりました。桑田卓郎作「つくしんぼう」日本の伝統美を新しい技法を加えて追及した加山又造の日本画、琳派の絵を連想...

  9. 新緑の皇居東御苑 - AREKORE

    新緑の皇居東御苑

    新緑の皇居東御苑を歩いてきました。連休中なので都心とは思えない静かな苑内でした。旧二の丸庭園、諏訪の茶屋前のツツジ新緑とのコントラストでとても鮮やか。二の丸雑木林雑木林の新緑がとても爽やかでした。手前はヤマツツジ。二の丸庭園の池シラン(写真手前)が見ごろ。夏には池のコウホネが黄色い花を咲かせる。咲き始めた藤の花と今が見ごろのシャガの花(写真後方の白い花)参考:宮内庁ホームページ(皇居東御苑)

  10. ハナミズキ - AREKORE

    ハナミズキ

    普段は喧噪の都心ですが連休はとてものどか。皇居外苑のハナミズキがとても綺麗でした。ハナミズキ:ミズキ科別名:アメリカヤマボウシ

  11. 春の風景@神宮外苑 - AREKORE

    春の風景@神宮外苑

    神宮外苑を久し振り歩きました。イチョウ並木のイメージが強く桜の木は余り無いと思っていたのですが結構あり。予定外の花見ができました。御観兵榎のある公園、花見の名所ではないのでとても静か。風が吹くと桜吹雪が舞う絶好の花見になりました。絵画館前から望む建設中の新国立競技場。スタジアムは桜の木が紅葉する今年11月末完成予定。

  12. 東洋文庫ミュージアム見学 - AREKORE

    東洋文庫ミュージアム見学

    東洋学の研究図書館「東洋文庫」に開設されている「東洋文庫ミュージアム」を訪ねた。東洋文庫は1924年、三菱第3代当主・岩崎久彌氏が創設した図書館。東洋文庫ミュージアムは2011年、私たち一般人にも東洋学に興味を持ってもらうためとしてオープンされたもので、最大の目玉は「モリソン書庫」、その美しさに感動しました。企画展としては「インドの叡智展」(2019.1.30~5.19)が開催されています。...

  13. 早春の六義園 - AREKORE

    早春の六義園

    寒中の公園にはどんな花が咲いているのだろうか。何もないと思いながらも興味津々、六義園(駒込)に入園してきました。蝋梅は毎年今ごろ咲きますが、気早な梅の木が一輪二輪花を咲かせていました。正月の縁起物として飾られる千両、万両は知っていましたが百両、十両、一両もあることを知りました。これは勉強になりました。気早にも開花しだした梅の花開花前の蕾もかなり膨らんでいましたので2月初旬にはかなり開きそうで...

  14. 紅葉@自然教育園 - AREKORE

    紅葉@自然教育園

    自然教育園(港区白金台)を歩いてきました。コナラなどの雑木が黄葉しモミジがかなり紅葉してきました。色づいてきたモミジカツラの落ち葉を踏んでいるいるのだろうか甘い匂いがしました。モミジのビューポイント(物語の松付近)から見る紅葉園内、武蔵野植物園の黄葉。古き良き時代の武蔵野とはこんな風景だったのだろう。ここが都心とはとても思えない静かな秋を楽しむことができました。参考:国立科学博物館付属「自然...

  15. 秋の代々木公園(10月上旬) - AREKORE

    秋の代々木公園(10月上旬)

    代々木公園を歩いてきました。平日なのでとても静か。ケヤキの葉が黄色くなり始め次第に秋の感じになってきました。公園を彩る花としては、先ずは秋バラ、ほか気になった2点をアップします。葉っぱが黄色くなってきた園内。バラ:バラ科クジャクソウ:キク科別名:シロクジャク、クジャクアスターいくつもに枝分かれして小さな菊状の花をたくさん咲かせています。遠くからみると雪の塊のようです。チャノキ:ツバキ科11月...

  16. 夏は緑、木陰が一番 - AREKORE

    夏は緑、木陰が一番

    梅雨明け前なのに真夏のような暑さが続く。木々の緑、木陰が一番。ほっとさせてくれる。丸の内仲通り。休日なので歩行者天国。同上、ブリックスクエアー東京ミッドタウン日比谷、東京宝塚劇場前街路樹が植えられ心地よくなった。同上、ミッドタウンから見る日比谷公園、皇居の森結構、緑が多いことが分かる。

  17. 初夏の草木花@日比谷公園(6月下旬) - AREKORE

    初夏の草木花@日比谷公園(6月下旬)

    6月下旬。今ごろはどんな花が咲いているのだろうか。梅雨の晴れ間の日比谷公園を歩いてきました。ヤブミョウガ(藪茗荷):ツユクサ科葉っぱの緑がとても爽やかでした。なお食用ミョウガはショウガ科で別物。アガパンサス:ユリ科和名:紫君子蘭花の薄緑が爽やかでした。場所は心字池の近くで「伊達政宗終焉の地」の説明書きもありました。仙台藩上屋敷があったとのこと。タイサンボク(泰山木):モクレン科涼しげな木陰を...

  18. 緑滴る行人坂界隈 - AREKORE

    緑滴る行人坂界隈

    目黒、行人坂界隈を歩いた。喧噪の大都会にあってここは緑が多く静か。大円寺、ホテル雅叙園東京では江戸の雰囲気も感じられる。東京でも面白い場所だ。行人坂。名前の由来は、湯殿山の行者が現大円寺を建て修行を始めたところ、次第に多くの行者(=行人)が集まり住むようになったからと言われる。権之助坂ができる前は江戸市中から目黒方面に行く主要道だった。大円寺。1600年代前半に創建された寺院。本尊:釈迦如来...

  19. 愛宕山 - AREKORE

    愛宕山

    愛宕山(港区)に行ってきました。標高約26m、自然の山としては東京23区内で最高峰。山の上には愛宕神社、NHK放送博物館がある。NHK放送博物館は戦前、東京放送局(JOAK)のあったところ。放送の歴史を知ることができる。玉音盤(副盤)は必見。愛宕神社。徳川家康の命で創建された神社。桜田門外の変(1860年)では水戸浪士が神社に集結し桜田門外に向かった。また西郷と勝はここで江戸の街を一望しなが...

  20. 増上寺の桜 - AREKORE

    増上寺の桜

    桜が満開の増上寺境内を歩いてきました。東京の桜の名所の一つながらここではゆったり桜を愛でることができます。境内には約200本の桜が植えられているという。三解脱門(略して三門)三つの煩悩(貪:むさぼり、瞋:いかり、痴:おろか)を解脱する門。東京タワーを背景にした境内。正面は大殿本堂。鐘楼堂付近の桜。江戸彼岸枝垂れ桜がとてもきれいでした。桜と東京タワー。千躰子育地蔵菩薩。子供たちの健やかな成長を...

総件数:28 件

似ているタグ