東大寺のタグまとめ

東大寺」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには東大寺に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「東大寺」タグの記事(68)

  1. 東大寺二月堂 - さすらいのバーブ坂田「笑わせるなよ泣けるじゃないか2」

    東大寺二月堂

    第三回プラチナブロガーコンテストを開催!自由部門に応募します。

  2. 東大寺大仏さま秋のおまつり - さすらいのバーブ坂田「笑わせるなよ泣けるじゃないか2」

    東大寺大仏さま秋のおまつり

    第三回プラチナブロガーコンテストを開催!自由部門に応募します。先月15日は"大仏さま秋のおまつり"の無料招待券を頂いたので東大寺に行ってきました。当日献茶をする裏千家の方々か、東大寺学園の幼稚園児達なのかさだかではありませんが、色鮮やかに日本古来の衣装で可愛く着飾った子供達が皆嬉しそうでした。境内では厳かに抱擁式典が執り行われていました。大仏さまの豊かな表情を拝見すると、...

  3. 夏合宿ーチーフ局ー - 中央大学史蹟研究会公式ブログ

    夏合宿ーチーフ局ー

    夏合宿での全体の特別拝観の為、東大寺様に最終日に全員で拝観致しました。着いた時はあいにくの雨でしたが、時間まで各会員は、鹿と戯れていました。時間が来てからは、境内や建物の説明及び豆知識などを聞き、貴重なお話と間近で見られる大仏様をはじめとした像やけんぞうぶつに夢中になりました。東大寺様と連絡をとり、今年度の特別拝観を先導したチーフ局長よりコメントを頂いています。「今回の特別拝観では大仏殿、二...

  4. 大仏殿夢景色 - duke days

    大仏殿夢景色

    今年も霊山寺の花火を拝見してきました。奈良盆地が見渡せる二月堂舞台からの夜景は、まさに絶景。とおく足利義満や多くの武将がこの景色を京の都から眺めに来たそうです。2018年8月22日撮影写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。

  5. 盆休み2日目 - Today's action

    盆休み2日目

    12日に↑の浮御堂の燈花会を最後に空も真っ黒くろ助になり三脚NGでは流石に無理¥¥なので・・これにて盆休み1日目が終わってしまいました@@そして2日目のスタートは・・そう同じく奈良公園~@@早朝5時からまず東大寺~^^↓斜め横からだと↓そして本堂空が青いと画になります~^^そしてえっちらほっちら二月堂へ向かいました~・・^^

  6. 世界遺産・東大寺お盆の法要「万灯供養会」~2 - ottiの~ぶらり京都フォト紀行

    世界遺産・東大寺お盆の法要「万灯供養会」~2

    東大寺・万灯供養会~2いよいよ大仏殿の境内に入りました。有料です^^;;~昔は無料でしたが、多くの観光客が押し寄せ危険な状態が続き、有料にすることで混雑緩和をはかったようです( ̄。 ̄;)圧倒する光景にしばし眼を見張ります!!~☆☆☆

  7. 世界遺産・東大寺お盆の法要「万灯供養会」~1 - ottiの~ぶらり京都フォト紀行

    世界遺産・東大寺お盆の法要「万灯供養会」~1

    奈良東大寺・お盆の法要「万灯供養会」世界遺産・東大寺(奈良市)の大仏殿で15日夜、真夏の風物詩・お盆の法要「万灯供養会」が営まれました。大仏殿正面にある観相窓も開けられ、明かりに照らされた盧舎那仏坐像(大仏)の顔が荘厳に浮かび上がっっていました。大仏殿前庭に並べられた1700基の燈籠に灯が入り、読経の中多くの市民が手を合わせていました。その1回目です。参道には、夕暮れだというのに名物の神鹿が...

  8. お身拭い - 中央大学史蹟研究会公式ブログ

    お身拭い

    立秋とは名ばかりの猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。史蹟研究会では、先日、チーフ局を中心に東大寺様のお身拭いに参加致しました。歴史ある行事に参加出来、とても貴重な経験ができたことと思います!チーフ局長よりコメントを頂いています!「今回はチーフ局4人に1年生2人を加えた計6人で参加してきました。前日の6日の夜には東大寺の筒井英賢様と会食をし、とても有意義な時間を過ごせました...

  9. 夢見る大仏殿(ビーナスと生駒花火) - duke days

    夢見る大仏殿(ビーナスと生駒花火)

    二月堂の舞台から生駒の花火(これ)郡山の花火(左方向)そしてなにわ淀川花火(生駒の少し右手向こう)も見えて多くの花火見物の夕涼み客で賑わいました。2018年8月4日写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。

  10. やっぱり東大寺♪ - Lovely Poodle

    やっぱり東大寺♪

    奈良と言えば鹿そしてここも忘れていけないのが、東大寺の大仏様。久しぶりに行ってみましたが、ものすごい数の観光客!外国人の人達がとにかく多い~大仏様は大人になった今見ても、やっぱり大きいです!こちらでは東大寺の柱くぐりが人気で、子供達が次々と潜り込んでいました。柱の穴は元々鬼門除けとして開けられたそうでが、今は無病息災を願って通り抜けをしている様です。こちらの柱の穴は、大仏様の鼻の穴と同じ大き...

  11. この世にし - + anything goes +

    この世にし

    この世にし楽しくあらば来む世には虫に鳥にも我れはなりなむ(大伴旅人)圧倒的。大仏様鎌倉の大仏様より4m近く大きいそうです柱の太さはこのくらい細い大人だったらくぐれますね修学旅行以来の奈良○○年ぶりですあの頃はこんなに疲れなかった(^^;)ーーーーーーーぶらぶら奈良旅一日2万歩、歩きました筋肉痛が今頃です歩きながら聞き覚えのある万葉集の歌の破片だけが頭によぎりますもっとまじめに歴史を学んでおけ...

  12. 生ける者 - + anything goes +

    生ける者

    生ける者ついにも死ぬるものにあればこの世なる間(ま)は楽しくをあらな東大寺南大門ここにも鹿さん大仏様はいつもこの景色を眺めてるーーーーーーーーーー奈良公園ではあちこちで母子鹿を見かけ付かず離れずで小鹿を見守る姿に癒されました人間界は痛ましい事件が多すぎます

  13. あをによし - + anything goes +

    あをによし

    あをによし奈良の都は 咲く花の にほうがごとく 今盛りなり東大寺大きい観光客多しーーーーーーーー法事で関西方面へちょっと寄り道して奈良へ行ってきました。

  14. A giant torch 「お松明」東大寺二月堂修二会 - 奈良と  大和写真家™「影向」 Nara and Japanism by高畑写真事務所

    A giant torch 「お松明」東大寺二月堂修二会

    This photograph is, a giant torch for monk's walking light in the Night view.写真は「お松明」東大寺二月堂修二会

  15. 奈良(なら)散歩写真 - 牛の散歩写真・関西版

    奈良(なら)散歩写真

    奈良県奈良市、JR西日本大和路線奈良駅界隈にて。マニアック度=☆

  16. 旅行者の微笑み - 髭正's PHOTO LIFE

    旅行者の微笑み

    何を微笑みながら撮っているのか。このiPhoneの先には彼がいる。彼にぞっこんなんだと言うことは一目瞭然。モニターに写っている彼を見て微笑むことができる。彼は相当な幸せ者だ。奈良・東大寺二月堂にて※画像をクリックすると拡大します

  17. 仏生会(花祭り)in東大寺、興福寺、十輪院on2018-4-8 - 散策とグルメの記録

    仏生会(花祭り)in東大寺、興福寺、十輪院on2018...

    2018年4月8日(日)、東大寺、興福寺、十輪院で行われた仏生会(花祭り)の様子を動画と写真で紹介します。東大寺2018年4月8日、東大寺大仏殿前での灌仏会(花祭り)の様子と大仏を動画により紹介します。灌仏会(かんぶつえ)は釈迦の誕生を祝う仏教行事です。灌仏会は別名で花祭り、仏生会(ぶっしょうえ)、降誕会(ごうたんえ)、浴仏会(よくぶつえ)龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)などがあり...

  18. 宵桜 - duke days

    宵桜

    昨日は福島も開花だそうで弘前はゴールデンウイークには葉桜っぽいです行けるところからコツコツと二月堂参籠宿舎の桜が満開でした2018年3月29日撮影写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。

  19. 洛中洛外点描日の名残28 - ギャラリー同仁斎

    洛中洛外点描日の名残28

    東大寺二月堂階段二月堂手水で口と手を清め、階段を上がると青海波、亀甲文などの線刻が刻まれている石段を見ることができる。最上段あたりにも刻まれているし、途中にも小さい文様が刻まれている。これは一体何のため?滑り止めにも見えるし、石段を奉納した者のしるしとも取れる。文様を見つけて思い切り踏みつければ、現世の悩みも薄れ、観音様のご利益にあずかれるかもしれない。・・・先ずは信心、信心。近ごろパソコン...

  20. 洛中洛外点描日の名残27 - ギャラリー同仁斎

    洛中洛外点描日の名残27

    二月堂舞台から春を呼ぶ修二会の名残(火の名残?)開山堂に修二会大松明を見る。陽気に誘われ、ふたたび東大寺を訪れる。今週いっぱいが桜の見頃か。平日とはいえ、鹿の群れに混じりお隣の国の人が大勢いて、奈良の春を楽しんでいる姿を見ることができた。大和の人は、いったいどこへ隠れているのやら。

総件数:68 件

似ているタグ