東映ヒーローのタグまとめ

東映ヒーロー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには東映ヒーローに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「東映ヒーロー」タグの記事(28)

  1. 『スペース・スクワッド/宇宙刑事ギャバンVS特捜戦隊デカレンジャー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『スペース・スクワッド/宇宙刑事ギャバンVS特捜戦隊デ...

    全仮面ライダー大集合、全スーパー戦隊勢揃いに始まり、仮面ライダーとスーパー戦隊が作品世界の枠を越えて共演したのはヒーロー映画史上の大事件だったけれども、それに宇宙刑事が加わってからはヒーローの共演ありきの映画が乱発され、おまけに動員されるヒーローも頭数合わせで物語に直接絡むことなく、単に右往左往するばかりということも珍しくなく、段々と有難味が薄れてきてしまった。そんな中でこの作品は同じ警察組...

  2. 『ガールズ・イン・トラブル/スペース・スクワッド EPISODE ZERO』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ガールズ・イン・トラブル/スペース・スクワッド EP...

    「スペース・スクワッド/宇宙刑事ギャバンVS特捜戦隊デカレンジャー」と同時に製作・公開された外伝。というよりサブタイトル通り、こちらが序章。物語が直結しているわけではないが、この作品で描かれた幾つかのエピソードやシチュエーションが、あちらへの伏線になっている。異色なのは登場するキャラクターがほぼ女性限定なこと。デカレンジャーからはジャスミンとウメコがメインフューチャーされ、主役に。ギャバンは...

  3. 『特捜戦隊デカレンジャー/10YEARS AFTER』 - 【徒然なるままに・・・】

    『特捜戦隊デカレンジャー/10YEARS AFTER』

    TVシリーズから10年経って作られた完全新作の続編。その間にも「海賊戦隊ゴーカイジャー」のTVと映画にそれぞれキャストが顔出し出演してるので、歴代戦隊の中では優遇されている方で、かつ現役感が強いというのもあるけれど、レギュラーメンバーが一人も欠けることなくそろって出演、というのが素晴らしい。この続編Vシネマシリーズ、実際に実現してるのがこの作品の前の「忍風戦隊ハリケンジャー」(すべてはここか...

  4. 『宇宙刑事シャイダー/NEXT GENERATION』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙刑事シャイダー/NEXT GENERATION』

    二代目シャイダー烏丸舟と、その相棒タミーの活躍を描いた「宇宙刑事シャリバン/NEXT GENERATION」の続編。それぞれは独立したお話ではあるものの、各事件の背後には共通の存在がおり、シャイダーらの活躍の陰でギャバンやシャリバンが独自の捜査を進め、クライマックスでは3人の宇宙刑事が揃い踏みでそちらにも決着がつく。ギャバン、シャリバン同様この二代目シャイダーも先代シャイダーの沢村大とはまる...

  5. 『宇宙刑事シャリバン/NEXT GENERATION』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙刑事シャリバン/NEXT GENERATION』

    「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」で宇宙刑事が復活。単独の「宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」は作られたが(その後に「仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z」はあったものの)、これで宇宙刑事もフェードアウトかと思っていた時期に作られたVシネマ作品。しかもギャバンではなくシャリバンとシャイダーを主人公にした独立した作品を一本ずつ作り、最終的に二本で大きな一...

  6. 『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』

    「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」が思いの外好評だったからでしょう、誕生30周年を記念して遂に「宇宙刑事ギャバン」の単独映画が実現!――ということで大喜びしていたところ、ギャバンはギャバンでも、主人公は二代目ギャバンの十文字撃。「ゴーカイジャーVSギャバン」では身体を張って頑張っていた一乗寺烈は、先代として後輩をアシストする役どころ。銀河連邦警察にはコム長官が健在で、復活したマク...

  7. 『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE/東京エネタワーを守れ!』 - 【徒然なるままに・・・】

    『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE/東京エネ...

    これまでの<スーパー戦隊>シリーズは全て地続きだった、とした「海賊戦隊ゴーカイジャー」。その後番組たる「ゴーバスターズ」では「新西暦2012年」という独自の世界観を設定。これまでのシリーズの集大成としての「ゴーカイジャー」に対し、ここから新たな歴史を作るという決意の表れなのは納得。ただ東映ヒーローが全体的に「共演ありき」のムードに包まれていたため、前番組「ゴーカイジャー」や後番組「獣電戦隊キ...

  8. 『変身忍者 嵐』 - 【徒然なるままに・・・】

    『変身忍者 嵐』

    TV版第6話「怪奇!死人ふくろう!!」を<東映まんがまつり>用に手直しした劇場版。この6話は以前にも書いたように、主人公のかつての友人が裏切る、という「あるある」な展開。洗脳されていて正常な判断が出来ない場合、家族などが人質にとられていて仕方なく等々、裏切る理由には幾つかパターンがあるけれど、今回は主人公への嫉妬やコンプレックスが原因という「積極的裏切り」。序盤にしてはなかなかハードなストー...

  9. 『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE/最後ノ審判』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE/最後ノ審...

    「仮面ライダーアマゾンズ」の完結編。ネット配信されたシーズン1、シーズン2を受けての物語だが、作品の冒頭には親切な「これまでのあらすじ」の類は一切ない。通常のTVシリーズベースの夏興業や、年末年始のMOVIE大戦と違い、初心者へのハードルは相当高い。というより「一見さんお断り」な作りと言ってもいい。「Season1 覚醒」、「Season2 輪廻」と2本の総集編映画を見ておいて良かった。お話...

  10. 『飛び出す 人造人間キカイダー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『飛び出す 人造人間キカイダー』

    <東映まんがまつり>で上映された実写ヒーロー物の劇場用新作としては、「仮面ライダー対ショッカー」、「仮面ライダー対じごく大使」に続く3作目。2本の「仮面ライダー」映画よりも長尺で、しかもパート3Dで製作されたあたりに当時の「キカイダー」人気の高さが窺える。東京、大阪、名古屋、横浜、札幌の五大都市を攻撃するのが今回のダークの作戦だが、四国と九州は除かれているので逃げるならそこがオススメ。但しキ...

  11. 『宇宙からのメッセージ/銀河大戦』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙からのメッセージ/銀河大戦』

    「宇宙からのメッセージ」を見直す度に、続編TVシリーズを見たいなあと思いつつ、今日に至る。レンタルDVDとかあると嬉しいんだけど、いきなりDVD買うのも、その為にわざわざネット配信などに課金するのもちょっと抵抗があるもんで…。というワケで、続編TVシリーズ「銀河大戦」、その<東映まんがまつり>用劇場版を再観賞。時代設定は「宇宙歴70年」となっているけど、これは最初の映画から何年ぐらい経ってい...

  12. 『秘密戦隊ゴレンジャー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『秘密戦隊ゴレンジャー』

    TVシリーズ第6話「赤い謎!スパイルートを海に追え」を短縮再編集した<東映まんがまつり>用の劇場公開版。<スーパー戦隊>シリーズの映画としてはこれが一本目となる。イーグルの機密を収めたマイクロフィルムが黒十字軍に盗まれ、それをゴレンジャーが何とか奪還しようとする、スパイアクション物を意識したようなお話になっている。最初から全員出動ではなく、先行してアカとミド、そして終盤になって勢揃いというの...

  13. 『ゴーゴー仮面ライダー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ゴーゴー仮面ライダー』

    最新の「仮面ライダー」映画に対して、これが最古の「仮面ライダー」映画。「仮面ライダー」第13話「トカゲロンと怪人大軍団」の改題再編集版で、新作映画以外では<東映まんがまつり>上映作品の中でちびっ子たちから異例の支持を集めたんだとか。スケールの大きなショッカーの作戦、一度はライダーを倒すほどの強力な新怪人、かつて敗れた怪人たちが大挙して復活、特訓によるライダーの新必殺技の登場、と確かに他の新作...

  14. 『仮面ライダーアマゾンズ/Season2 輪廻』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーアマゾンズ/Season2 輪廻』(2018)

    あれから5年、実験体の殆どは駆除されたが、今度は「溶原性細胞」が蔓延し、一般人がアマゾン化するという事態が発生していた――というところから始まるSeason2の総集編。Season1の登場人物たちは一旦は退場し新たな主人公で新しい物語が始まるが、実は彼らもSeason1の登場人物たちと密接な関わりがあり、中盤からはその因縁も含めてよりドラマティックというか、凄惨なドラマが繰り広げられる。前作...

  15. 『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE』 - 【徒然なるままに・・・】

    『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE ...

    前番組「天装戦隊ゴセイジャー」との対戦が前倒しで行われたために、変則的に実現したドリームマッチ。その出来栄えは<スーパー戦隊VSシリーズ>の中でも上位に来るほど。またシリーズ外の作品との共演も初めてのことだ。とにかく宇宙刑事ギャバンの現役感がハンパない。ゴーカイガレオンとドルギランの空中戦から始まり、ゴーカイジャー5人を手玉にとるギャバンの圧倒的な強さ。そしてギャバン=一乗寺烈を演じた大葉健...

  16. 『仮面ライダーアマゾンズ/Season1 覚醒』(2018) - 【徒然なるままに・・・】

    『仮面ライダーアマゾンズ/Season1 覚醒』(2018)

    予備知識なしで挑戦してみたものの、うーん、よくわからなかった…。元々は予備知識なしで「仮面ライダーアマゾンズ」の完結編となる劇場版を見にいくつもりだったんだけど(平成以降のライダー映画は制覇してるという義務感から)、流石にそれは無謀だなと思っていた矢先にシリーズ版の総集編が上映されるということで渡りに船、と乗り込んだのだったが…。製薬会社が秘密裏に人工生命体アマゾンの研究を行っていたが、不慮...

  17. 『宇宙からのメッセージ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙からのメッセージ』

    この映画の公開は1978年4月29日、ということで今年は公開から40周年。それもあって見直してみることにしました。映画館に行ったのは初日じゃなかったと思いますけど、公開前にはサントラ盤(交響組曲!)も聴きこみ、野田昌宏の手になるノベライズも読み込んで…いたかな?何度も繰り返して読んだのは間違いないですが、これ、公開前に出版されたんだったかな?まあとにかく期待して、楽しみにして見に行ったんです...

  18. 『宇宙刑事シャイダー/追跡!しぎしぎ誘拐団』 - 【徒然なるままに・・・】

    『宇宙刑事シャイダー/追跡!しぎしぎ誘拐団』

    二代目シャリバンは役者が引退しちゃったけど、二代目シャイダーはめでたく「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」に登場。――といっても、見たいのは二代目じゃなくて初代のシャイダーなんだよなあ、無理なんだけど。せめてアニー、もう一回出てきてくれないかなあ。初代「宇宙刑事シャイダー」劇場版第二弾。前作もそうだけど、特に劇場版ならでは、というお祭り要素は感じられない。前作では”流れ星のガ...

  19. 『渡辺宙明特集 ヒーローオーケストラ/昭和の子どもたちへ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『渡辺宙明特集 ヒーローオーケストラ/昭和の子どもたちへ』

    昨日は文京シビックホールの大ホールへ。渡辺宙明先生の楽曲を特集したコンサートでした。スリーシェルズ主催の宙明先生関連のコンサートは、「渡辺宙明卆寿記念コンサート」、「同 Vol.2」、「同 Vol.3」、「渡辺宙明スペシャルコンサート」に続いて5回目。演奏はいつものオーケストラ・トリプティークの皆さんですが、歌曲メインの構成なのは珍しいですね。二部構成の第1部、トップバッターは堀江美都子。「...

  20. 『五人ライダー対キングダーク』 - 【徒然なるままに・・・】

    『五人ライダー対キングダーク』

    5人ライダーが並走するオープニングは期待させるのだけど、本編が始まるとダメダメ…。その前に、なんで1号:藤岡弘、2号:佐々木剛、V3:宮内洋はオープニングタイトルにクレジットされないのだろう?確かに本人たちは出演はしていない。各人の変身シーンは過去作品からの流用だけだ。でも声は本人たちがアテている。前作「仮面ライダーV3対デストロン怪人」では、やはり声のみの出演だった藤岡弘と佐々木剛はしっか...

1 - 20 / 総件数:28 件

似ているタグ