東洋医学の思想のタグまとめ

東洋医学の思想」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには東洋医学の思想に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「東洋医学の思想」タグの記事(62)

  1. 刺絡は躊躇せずに - カミナリハリナミカ?

    刺絡は躊躇せずに

    「刺絡(しらく)」という治療法があります。わかりやすくいうと、鍼を刺して鬱滞しているところの血を出す。井穴という手足の末端や、細絡と呼ばれる紫色っぽいウヨウヨとした細い血管が見えるところにおいて行うことが多いです。通じていない流れを通じさせることや、熱をもらす効果があるので、急性期の外傷、急性熱病に用いることが多いです。インフルエンザなんかにもやります。子どもにも。普段あてるだけの鍼をしてい...

  2. 悪いのは? - カミナリハリナミカ?

    悪いのは?

    首を痛めた方の多くは言います。「枕が合わなかったのか、、、」「寝方が悪かったのか、、、」寝て起きたら首が痛い。これは枕に問題があるのではないか?寝方に問題があるのではないか?ただ寝てるだけなのでそう思うのもわからないでもない。でも責任転嫁はよくないですね。きっかけにはなっても主要ファクターではない。問題はその人自身です。どんな枕にでも合わせられる柔軟性があればいいし、どんな寝方をしても意に介...

  3. 病が浮くということ - カミナリハリナミカ?

    病が浮くということ

    治療をする上で大事なことのひとつに「病を浮かせる」ということがあります。どういうことかというと、病は古くなってくると、また進行してくると、身体の内部に沈んでいく傾向があるのです。ツボも沈んでいきます。わかりやすい例でいうと、肩こりが酷くなって、マッサージに行っても、かなり強く、しかも奥深くまで押さないと効かないなんていう方聞いたことありませんか?マッサージそのものを否定はしないのですが、こう...

  4. こつこつと - カミナリハリナミカ?

    こつこつと

    今「老子」を毎日一章ずつ読み進めています。実はしっかりと全部を読み終えていないで他に取りかかったりしているんですよね。中途半端なままいろいろなものに手を出すと、結局全てが中途半端になってしまうように思います。並行していろいろとやりますが、やっていることはやりとげる。頓挫していいものもありますけどね。でも老荘思想は東洋医学において抜けてはいけないところ。しっかりと立ち返ってやりたいと思います。...

  5. 体験しないと、、、 - カミナリハリナミカ?

    体験しないと、、、

    夫婦と娘の三人家族。調子の悪い母を見た娘「かみなりに行けば?」旦那「病院に行きなよ。」娘は花粉症や頭痛の治療で来院したことがあるけど、旦那さんはありません。娘は普段薬で誤魔化している母が、どうすればよくなるかを経験で知っているわけです。自分の範疇でしか物事は考えられませんからね。旦那さんにはぜひ体験してほしいですね。そして娘の言うことを聞いてか、しばらくぶりに来院してきたこの方、激しい頭痛が...

  6. 風邪をひいたら、、、 - カミナリハリナミカ?

    風邪をひいたら、、、

    患者「先生、風邪をひいてつらいから、、、」今日電話がありました。この言葉の後に「今日はキャンセルさせてください」と続くこともあるのですが、「今日行ってもいいですか?」と続くこともあります。今日は後者。風邪をひいたら鍼。こういう認識がひろく理解されるようにことばでも訴えて、臨床で結果を出していかなきゃならんですね。いろいろなところが強張り痛む症状が主訴のこの方。風邪をひいたことでそれが惹起され...

  7. 刺した方が効く? - カミナリハリナミカ?

    刺した方が効く?

    昨日「打鍼」の話をしました。円柱状の「鍼」を木槌で「コンコン」と叩きます。刺さない鍼です。子どもや敏感な人。または正気の弱っている人に用いることが多いです。小学6年生の男の子とその母親。ともに治療を受けているのですが、この子どもには基本的に打鍼のみで治療しています。「刺しちゃってください。」なにやら物騒なことを母親から言われました(笑)刺した方が効くのではないか?そのように思われたようですね...

  8. 年末代表講演 - カミナリハリナミカ?

    年末代表講演

    来月16日に大森にある東京衛生学園専門学校にて、「(一社)北辰会関東支部年末代表講演」が行われます。僕が所属している鍼灸学術団体です。テーマは「現代に蘇る腹部打鍼術〜受け継がれるこころと技〜」一日全て打鍼です。今年度から代表に就任された藤本新風先生が本部大阪からいらっしゃって、打鍼の実技を披露してくれます。なんか技を披露するように聞こえるけど、公開臨床ですね。ここから何を感じられるか。これは...

  9. 脾胃は土 - カミナリハリナミカ?

    脾胃は土

    臓腑を五行分類で表すと、肝は木、心は火、脾は土、肺は金、腎は水。まぁ初歩的なことなのですが、土において微生物がしていることは、脾胃においても腸内細菌とやらが行っています。微生物が果たしている役割というのはとてつもなく大きい。そして胃において腸内細菌が果たしている役割もとてつもなく大きい。そういうところもわかった上で古代の人は脾胃を「土」と関連づけたのだろうか。「土と内臓」という本を読みながら...

  10. 浮かしてからとる - カミナリハリナミカ?

    浮かしてからとる

    日頃はプールで泳ぐと肩まわりが楽になるけど、悪化してくると泳いでも改善しない。なぜか?悪化するのはどういうときか?忙しくてスケジュールがタイトなとき。それは肉体的にも精神的にも負荷がかかるとき。疲れも抜けづらくなる。日頃はマッサージとか定期的に行く方。強く押さないと効かない。表面は柔らかいけど、中が重たく硬い。脈力やや弱い。顕著な反応は合谷の虚中の実。元気の源である腎に関わる照海の虚。合谷は...

  11. 異常行動 - カミナリハリナミカ?

    異常行動

    タミフル、リレンザ、イナビル、ゾフルーザ。インフルエンザに対し様々な薬が使われております。今は「ゾフルーザ」がシェア1位だそうです。実に65%!まぁ一大ビジネスですよね。何億というお金が動きます。今朝のNHKで「イナビル」を服用した10代の少年が、自宅マンションから転落して死亡したというニュースを放送していました。そのニュースの中で、10歳前後の子どもを中心に異常行動が95件確認されたという...

  12. 認めると楽になる - カミナリハリナミカ?

    認めると楽になる

    ストレスによって膝が痛くなった。そういう診断をして、そのための鍼をして楽になったけど、ストレスがかかりイライラしてからまた膝が痛くなった。この方はそれをよく理解していて、しっかりと認めています。こういう方はよくなりやすいです。あとは耐性がつく身体になればいい。ストレスがかかっても、身体に影響しない状態、今まで感じていたストレスをそこまで嫌だと感じないように身体がなればいいわけです。ストレスに...

  13. 曲泉というツボ - カミナリハリナミカ?

    曲泉というツボ

    足の厥陰肝経という流れの中に、「曲泉」というツボがあります。膝の内側にあるのですが、これを取穴するときは、膝を曲げてとる、というようにあらゆる書物に書かれてあります。まぁ僕があらゆる書物を読んだわけではなく、中国の「穴位通鉴」というツボに関する由来やら効能やらをあらゆる書物から抜粋している、ツボの辞典のような本に書かれているんですけどね。「必ず」曲げてとる。そのように書いてもあります。曲げた...

  14. 麺類 - カミナリハリナミカ?

    麺類

    金元四大家のひとり「李東垣」先生の著した『脾胃論』の「脾胃将理法」というところに「湿麺は切に禁ずべし。之を食いて快を覚ゆる如きは、禁ずること勿れ」ということが書かれてあります。今も昔も麺類好きというのは多いようです。脾胃に負担が強く、湿痰を形成しやすい。ですから戒めているわけですが、食べて快調になる人は禁じなくてもよいと。危険な解釈をされやすそうですね。自分の状態がしっかりわかることが前提で...

  15. 勝敗 - カミナリハリナミカ?

    勝敗

    昨日8月15日は終戦記念日でした。今平々凡々と呑気に暮らせているのは、この戦争のもとに多くの人が犠牲になった上でのことであるというのは、決して忘れてはならないことです。12時に黙祷いたしました。しかし終戦と言うより敗戦です。負けるということは、いかに敗者に正義があろうとも、葬り去られてしまうものが多くあります。それは医学においても同じで、西洋医学が医師であり、東洋医学の医者は医師として認めら...

  16. 「京骨(けいこつ)」というツボ - カミナリハリナミカ?

    「京骨(けいこつ)」というツボ

    足太陽膀胱経に「京骨(けいこつ)」というツボがあります。経絡の異常が現れやすい原穴(げんけつ)という非常に重要なツボに分類されています。足の外側。小指側ですね。小指から踵に向かって辿っていくとボコッと凹む場所がありますが、その出っ張ったところの前側のちょっとした窪み。そこがツボの位置です。鍼を刺さないわけじゃないですが、あまり我々の流派、北辰会では使わないところ。でもこの部分が《からだとして...

  17. 原因不明?? - カミナリハリナミカ?

    原因不明??

    病院では原因不明と言われた。そういう方、めずらしくありません。でもですね、原因は画像の中にはありません。話を聞く中、からだを触って感じる中にあります。わからないのは、自分がその人を、そのからだを理解できていないということです。必ず原因はあります。鍼は痛いところに、からだの悪いところにしているわけではありません。原因を対処できるところにしています。当ブログ応援ポチッとよろしくおねがいしますあり...

  18. 子ども向けの本 - カミナリハリナミカ?

    子ども向けの本

    本に興味のある子は大人向けだろうが、子ども向けだろうが、関係なく読むと思うのですが、たいがいの子どもはあまり活字が多いものは読みません。小学生低学年くらいまでは特に。当院にも子ども向けの本が少なかったので、少し前から増やしています。親と一緒に来たり、兄弟で来ても待てるように。「ブッタとシッタカブッタ」という本を置いたのですが、知ってる子どももいてビックリしました。その学校では人気らしいです。...

  19. キャッシュレス - カミナリハリナミカ?

    キャッシュレス

    クレジットカードや電子マネー、日本ではまだ現金でのやりとりの方が多いですが、諸外国ではほとんど現金のやりとりを行わない国もあります。どちらがいいとかを言うつもりはないのですが、銀行からも現金が消えたことで銀行強盗などの犯罪が9割減ったという国もあります。当院でもカード決済を行なっています。僕自身普段カードや電子マネーで買い物することが多いので、助かる人がいると思ってのことです。そのキャッシュ...

  20. 講義の感想 - カミナリハリナミカ?

    講義の感想

    そういえば先日鍼の勉強会で行なった講義に対するアンケートの結果が出ていました。「気血津液弁証」というテーマでしたが、弁証するにあたって「論理学」を入れる必要があると思い、弁証シリーズがこれからも続くので、「論理学」を組み込みました。気血津液弁証に論理学を絡めて話すのはどうなのか?他の講師の先生から懸念されもしたのですが、概ね好評だった感じです。わかりにくかったという感想を持った方もいましたが...

総件数:62 件

似ているタグ