東洋蘭・春蘭のタグまとめ

東洋蘭・春蘭」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには東洋蘭・春蘭に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「東洋蘭・春蘭」タグの記事(37)

  1. 新芽4か5No.1964 - 東洋蘭風来記奥部屋

    新芽4か5No.1964

    ◆2019年7月14日、。新芽4か5、。新芽画像はもう止そうと思ってたんだけど、ほかに話題も思い当たらないから、飽きられてると思うけど、もう一度載せます、。栄光は、今年の柄は最上柄に上がって来たんじゃないでしょか、。紺帽子が深いようだし紺覆輪も深いように見える、。ここ数年は柄物の柄が地味目になった、。気候の加減かしらん、。金玉満堂は、こりゃダメだ、。派手柄に上がってしまった、。もっと深々と紺...

  2. 日本春蘭「牛若丸」No.1944 - 東洋蘭風来記奥部屋

    日本春蘭「牛若丸」No.1944

    ◆2019年3月22日、。日本春蘭「牛若丸」、。エビアンの近所に台湾からの帰化人蘭商人幸田金樹(通称コーさん)というのがいた、。コーさんが九州から2度にわたって持ち帰ったチャボ性奇花の蘭、。京都の岩本という商人が買い入れ、2年の後に花9弁という奇花に咲かせて展示会へ持ち込んだからエビアンは岩本氏から買って京都の岩本氏に敬意を表してチャボだから「牛若丸」と命名した、。後に寿楽園の平見さんが購入...

  3. 日本春蘭「小春」No.1937 - 東洋蘭風来記奥部屋

    日本春蘭「小春」No.1937

    ◆2019年2月24日、。日本春蘭「小春」、。2月20日か21日の撮影なんだけど、今ではもう開いてしまってる、。もっと早くに実際の花ツボミをリアルタイムで載せたかったのだけど、東京ドーム展の画像を載せたくて前スレをとりあえず掲載した、。完全無加温でも「小春」は開いている、。遮光なし、。開きながら少しは色も乗って来てはいるが、昨秋に植え替えたからね、色の濃さは望めないでしょね、。「小春」以後の...

  4. 中国蘭朱紅色No.1936 - 東洋蘭風来記奥部屋

    中国蘭朱紅色No.1936

    ◆2019年2月20日、。中国春蘭朱紅花、。完全に無加温で展示会シーズンを迎えることになってしまい、出品鉢が無くて困ってるのに、上画像のように早すぎる花もあるんだから、展示会出品用の作品作りは難しいもんやなぁ~、。この蘭と韓国春蘭「朱粋紅」とは花形も花色も似ている、。早咲きなところも、。兄弟木かも知れないね、。だとすると、最近の韓国春蘭の産地は中国なんかな、。朱粋紅とは出芽の色が違う、。東京...

  5. 韓国春蘭「李朝」No.1920 - 東洋蘭風来記奥部屋

    韓国春蘭「李朝」No.1920

    ◆2018年12月14日、。韓国春蘭中透または中透け縞「李朝」、。今年の世の中を漢字一文字で表すなら「災」だと京都の坊さんが毎年恒例の書を書いたニュースが報じられたほど今年はひどい年だた、。(でも、もうチョッと希望の持てる漢字を選べなかったのかとも思うけど、。)日本は昔から災害を繰り返し乗り越えて今の日本の生活や文化を作って来たのだろう思う、。先日も来宅された商人さんと話したのだけど「楽鉢の...

  6. 力和No.1898 - 東洋蘭風来記奥部屋

    力和No.1898

    ◆2018年9月19日、。春蘭「力和」、。「力和」、。エビアンの「力和」は葉長10㎝くらいで小さい、。ごちゃごちゃした中に今年新木が3本もあるから、それが原因で大きく作上がりにならなかったのかも知れないが、今秋には割るから、その前に画像撮影した、。この品種の特徴の葉先きの深い紺帽子や蹴込みや大覆輪が、木が小さいから一望出来て大迫力だ、。展示会に持ち込むかも知れない、。全国日本春蘭連合会渡辺明...

  7. 麒麟冠No.1897 - 東洋蘭風来記奥部屋

    麒麟冠No.1897

    ◆2018年9月11日、。日本春蘭「麒麟冠」、。前スレで蓮弁蘭花物を載せてみたら、秋の柄物展の季節にはいかにも不自然だったので、東京多摩市の鐘ちゃんから送ってもらった画像でスレを立て直し、。「麒麟冠」(きりんかん)、。日春虎斑物「麒麟山」に今ハゼの覆輪が回ったもの、。変化してからもうだいぶ時間が経つが人気はいい、。斑切れの良い蘭で切り虎斑と流れ虎斑とを現わす、。虎斑の切れもいいけど、この品種...

  8. 新芽No.1889 - 東洋蘭風来記奥部屋

    新芽No.1889

    ◆2018年7月31日、。韓国春蘭の新芽月末ですねぇ~、。えらい目に遭った6月・7月だったなぁ~、。地震・豪雨・猛暑・台風と悪い事は全部大阪北部が一手に引き受けた気持ちになるなぁ~、。呪われてるわ、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。昨日、ショッキングな事を聞いた、。四国での今年の春蘭は、気温が高かったせいもあり、前奴子に押し子と出た鉢が多く、成長も良く花着きも良さそうだと言うのだ、。四国の皆な ...

  9. 熱夏No.1888 - 東洋蘭風来記奥部屋

    熱夏No.1888

    ◆2018年7月21日、。熱夏、。奥部屋を更新しなくても、前の「夏スレ」の内容は生きている、。気温的に歴史的高温猛暑の日々が続いているから、。連日の40℃だよ40℃、。それも全国的な現象だから驚くよね、。金閣宝、。3日ほど前の撮影、。今年の新芽は紺覆が浅い、。まだ中木だもんね、。イマイチ迫力に欠ける、。来年こそ来年こそで一年過ーごーーす、アヨイヨイ!!!、(でかんしょ節なんて今の人は知らない...

  10. 紫織(しおり)No.1882 - 東洋蘭風来記奥部屋

    紫織(しおり)No.1882

    ◆2018年6月15日、。日本春蘭「紫織」去年の大阪の春季展に出品され優勝した時の株、。神戸市の山田至彦氏の作・出品、。この蘭には”華”があると感じたからエビアンも購入して昨年作を掛けたが、花芽は来なかった、。それで借り物画像での掲載、。展示会で雛壇に登るには蘭自身が持っている品格や華がないとダメで、華の無い蘭は頑張って咲かせても雛壇には登らないでしょ、。この蘭には審査員を引き付ける色気があ...

  11. 発芽期No.1880 - 東洋蘭風来記奥部屋

    発芽期No.1880

    ◆2018年6月5日、。東洋蘭の発芽期に入った、。6日、近畿・東海・関東・甲信、各地方一斉に梅雨入りぃ~!!!,、。大阪は5日6日とシトシトザーザー雨、。7日深夜午前1時、全部の蘭室に雨中の水やりして来た、。雨が降ると蘭室や水道周りのブロックにナメクジが這い上がって来るから「殺ナメクジ大作戦」を決行して来た、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。6月に入って初めてのスレッド、。「発芽期に入った。」、...

  12. 女雛No.1876 - 東洋蘭風来記奥部屋

    女雛No.1876

    ◆2018年5月16日、。日本春蘭「女雛」日本春蘭「女雛」、。谷島孝司氏の命名品、。全東連登録品だったが、後に「全国的人気品である蘭を全春連が認めてないのは変だろう」という意見が内部から出て、全春連にも登録され、銘鑑に載る事になった銘品、。茨城県産だが、全春連では千葉県産ということになっているかも知れない、。エビアンは35年間以上に渡って、多い時は100鉢以上も作ってた、。今も80鉢くらいは...

  13. 地球宝No.1875 - 東洋蘭風来記奥部屋

    地球宝No.1875

    ◆2018年5月9日、。日本春蘭・朱金素心「地球宝」地球宝(ちきゅうほう)、。昭和29年千葉県の産、。梶山一直氏が「瑞鳳」と命名、。平成の初めに茨城県の藤田一孝氏が買い集めて「地球宝」と改名し全春連に登録、。赤花素心の第一号、。古い品種なのだが性質に神経質な部分が有り、数は無い、。この蘭の特徴は、その上品さというか気高さを漂わせるところだろう思う、。花軸を包む透き通るように白い包衣のせいかも...

  14. 熊野の晃No.1867 - 東洋蘭風来記奥部屋

    熊野の晃No.1867

    ◆2018年4月11日、。日本春蘭「熊野の晃」(ゆやのひかり)この1か月半は「三河鉢の謎」や「手島揫二」の旅に出ていて楽しかったよ、。三河鉢が全く分からないままでは、楽鉢の歴史調べをしている間も絶えず満たされない部分があって気にかけていた、。気持ちが落ち着いた、。そろそろ蘭に戻ろうかな、。紀州産日本春蘭「熊野の晃」、。この蘭は柄物なんだ、。ところが派手柄になりたがる性質をしていて、上柄を続け...

  15. 紫紅梅No.1860 - 東洋蘭風来記奥部屋

    紫紅梅No.1860

    ◆2018年3月20日、。日本春蘭「紫紅梅」(しこうばい)ここんとこ目についた西日本産の紅紫色花「紫紅梅」、。もう1種「紫織」という蘭があるが、そちらの方は花芽が来なかった、。紫紅梅の色は3枚目画像が近いけど、もう少し2枚目画像の艶っぽさと濃い色が乗る、。四国愛媛県と高知県の県境の産、という説明を信じるなら自然交配種ということになる、。紫花は地味に見える品種が多いが、この2種には”華”があり...

  16. 小型西神梅No.1859 - 東洋蘭風来記奥部屋

    小型西神梅No.1859

    ◆2018年3月18日、。小型西神梅展示会も終わって疲れが取れた頃、勝手口を出たところに置いてある「西神梅」が5輪も正面向いて開き始めている事に気が付いた、。毎日目の前を通る場所なのに、こんな所に展示会向きの花が咲いていた事にショックを受けた、。もっと悪い花を展示会へ持って行ったのに、これに気付かなくて西神梅には悪いことをした気持ちになった、。まだ咲き上がってない、。咲き上がりには再度撮影し...

  17. 燦寿(茶花素心)No.1855 - 東洋蘭風来記奥部屋

    燦寿(茶花素心)No.1855

    ◆2018年3月7日、。茶花素心「燦寿」(ちゃばなそしん・さんじゅ)茶花素心「燦寿」、。エビアンが長い間探し求めている蘭に「灰色素心」と「サラサ素心」とがある、。「サラサ素心」の方は全国で幾品種か出ているようだけど、寒蘭でいう「サラサ」とは違って弁元 から筋が蹴込み状に入る程度のものがおおく、納得の行くサラサ素心には出会ってない、。「灰色素心」には全く出会って無い、。花弁がベッタリと灰色の春...

  18. 女雛No.1837 - 東洋蘭風来記奥部屋

    女雛No.1837

    ◆2017年12月15日、。日本春蘭「女雛」「女雛」に関するエピソードは過去に書き尽くした感が有り、女雛入手時のエピソード以上に面白い記事を書ける気がしない、。今も数十鉢の女雛を作って楽しんでる、。最近では女雛を実生親とした人工的子孫たちの時代になってる、。もう交配第3世代や第5世代に入ってる筈なのに元親の女雛には在って交配子孫には欠落してしまった何かがあるように見えて仕方ない、。原種は欠点...

  19. 鳳凰殿No.1831 - 東洋蘭風来記奥部屋

    鳳凰殿No.1831

    ◆2017年11月20日、。日本春蘭「鳳凰殿」寒くなりました、。昨日の交換会にはインフルエンザで欠席の人がいました、。皆さんは大丈夫ですか?、お大事に!!!,、。今週は蘭室の冬対策をすることに決めている、。ビニールを張ったり、窓を半閉じする程度だけどね、。急な低気温による”寒害”にはもう懲りたから、。保温気味に冬を過ごす事にした、。日本春蘭「鳳凰殿」、。現在の韓国春蘭の縞物ブームは、昭和50...

  20. 君子No.1829 - 東洋蘭風来記奥部屋

    君子No.1829

    ◆2017年11月9日、。日本春蘭「君子」(くんし)(きみこじゃないよ、^^。)日本春蘭・厚葉チャボ紅花「君子」、。「君子」が椿山荘での全春連春季展示会に出品されたのは何時の事だったろうか、。出品者は石綿一二三氏、。平成10年頃だったかなぁ、。チャボだし紅花だし、これはいいなぁ、と思って、当時の副会長だったF君と半額ずつ出し合って3本(後ろは大古木だったから正味は2本半)を買った、。途中いろ...

総件数:37 件

似ているタグ