東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢のタグまとめ

東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢」タグの記事(43)

  1. 日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢No.647 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢No.647

    ◆2021年(令和3年)1月、。日満華蘭蕙大展覧会記念手島鉢、。◆昭和16年4月16日17日18日に東京府立上野美術館に於いて開催された「日満華蘭蕙大展覧会」の時に(恐らく)出品者に配られた「二代目錦園堂手島揫二製作の記念蘭鉢」です、。口径16.5センチ高さ22センチで5寸5分の大鉢ですが、実際に手に取ると6寸鉢ほどの大きさに感じる鉢です、。恐らく胴部分の太さが5.5号鉢よりも太いのでしょう、。

  2. 錦園堂二代目手島揫二No.625 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    錦園堂二代目手島揫二No.625

    ◆2020年12月、。錦園堂・二代目手島揫二「波千鳥紋蘭鉢」、。師走!!,、。早くも「師走」、。今年も多くのご訪問者様にお世話になりました、。昨年の今頃には予想もしなかった時代に突入しています、。風来記ご訪問の皆様方の御安全を何よりも願っています、。(昨年12月から本年4月まで入退院を繰り返したエビアンに心配されてもご迷惑な話でしょうけど、)、。「おまゆー」という声が聞こえて来そうです、。・...

  3. お陰様で満16年No.644 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    お陰様で満16年No.644

    ◆2020年11月、。お陰様で満16年、。東洋蘭風来記お陰様で満16年、。多くのご訪問に感謝!!!,、。今後とも何卒宜しくお願いします、。

  4. 浮田楽徳万年青鉢五柳風No.643 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    浮田楽徳万年青鉢五柳風No.643

    ◆2020年11月、。初代浮田楽徳万年青鉢、。早いもので、もう11月、。コロナ・コロナと騒いでいる内に1年が過ぎようとしています、。「コロナウイルス」に罹れば下手すりゃ1週間の命、という考えがエビアンを「今の内に楽鉢コレクションの箱書きを・・」という気持ちにさせました、。画像の「チョッと見の五柳鉢」も「箱書き」を進める内に4~5年ぶりに手に取ったのです、。以前はこの鉢の事を「浮田楽徳窯の鉢に...

  5. 浮田楽徳二代目「雲龍図蘭鉢」No.642 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    浮田楽徳二代目「雲龍図蘭鉢」No.642

    ◆2020年10月、。二代目浮田楽徳「雲龍図蘭鉢」、。浮田楽徳二代「雲龍図蘭鉢」、。10月の鉢画像を探す内に相生園芸のフォルダーで見付けた鉢をご紹介、。1枚目画像のように「望月」を入れて売ったようだ、。(1枚目画像のみ撮影は園芸JAPAN誌大塚編集子)、。「二代目楽徳鉢」の典型的な特徴を持ち合わせています、。すなわち、上半身のスマートさとは釣り合わないゴツイ印象を受ける足の形をしています、。...

  6. 浮田楽徳初代六角楽鉢No.640 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    浮田楽徳初代六角楽鉢No.640

    ◆2020年9月、。楽徳初代六角楽鉢、。猛暑の中での9月の入り、。みなさんはお元気ですか?、エビアンは「慢性熱中症(そんな病気はないけど)」のような状態です、。体の芯は熱くて肌表面はクーラーの風が当たって冷たいという状態が続いてます、。しかし太ってる、毎週体重が増えて行ってます、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。「初代浮田楽徳」の「大浪波涛紋六角楽鉢」、。所有者の飛田先生は初めの頃は「バスタオル...

  7. 五柳青海波紋万年青鉢No.639 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    五柳青海波紋万年青鉢No.639

    ◆2020年8月1日、。京楽「五柳」青海波紋万年青鉢、。京楽焼「五柳」青海波文様万年青鉢、。安定の「五柳鉢」です、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。エビアンがこうして「五柳鉢」などを出してきたら、要するに「鉢切れ、ネタ切れ」なんだけどね、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。でも、10数年に渡って良く続いてると思うよ、。「植木鉢全般スレ」ていうのならね、エビアン得意の「支那鉢」を掲載できるし日本に残って...

  8. 楽徳初代「七々子蘭鉢」No.638 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    楽徳初代「七々子蘭鉢」No.638

    ◆2020年7月、。京楽鉢・浮田楽徳初代「七々子蘭鉢」、。雨の7月の入り、。みなさんはお元気ですか?、。浮田楽徳初代「七々子蘭鉢」、。口径113ミリ、高さ150ミリ、といいますから4寸にも満たない小さい蘭鉢です、。画像で小ささが表現できると良かったのですが、横幅が画面一杯の画像だったので、そのまま使っても大きく見えてしまうと思います、。小さい鉢です、。明治時代の小さい蘭鉢は、なかなか味わい深...

  9. 楽忠窯楽鉢No.636 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    楽忠窯楽鉢No.636

    ◆2020年6月、。大阪楽鉢「楽忠窯楽鉢」、。梅雨の季節になりました、。風来記ご常連の皆様、お元気ですか?、。大阪楽「楽忠窯製楽鉢」、。口径28.5センチといいますから、ほとんど「尺鉢」に近い大きな鉢です、。この時代の「楽雅亭鉢」にしろ「楽忠鉢」にしろ、現在の三河楽鉢と比べると分厚いですからね、大きくて重さも随分ありますよ、。楽鉢の肉厚が薄くなったのは「厚みが薄い方が早く乾いて良く出来る」と...

  10. 浮田楽徳窯・初代と三代目蘭鉢No.635 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    浮田楽徳窯・初代と三代目蘭鉢No.635

    ◆2020年5月、。浮田楽徳窯・初代と三代目の蘭鉢、。「浮田楽徳・初代」の「霞取りに魚子紋蘭鉢」、。ここ数ヶ月間は、「令和時代」に元号が決定する直前に元号候補として名前が出た「楽徳」について、「楽焼の窯元名であり三代続いた、ということが偶然に判明したので、「浮田(うきだ、と読むらしい)楽徳窯」について二代目・三代目と特集を掲載しました、。今月は「初代の七々子紋蘭鉢」、。昨秋来、楽徳の「富士龍...

  11. 浮田楽徳七宝繋紋万年青鉢No.634 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    浮田楽徳七宝繋紋万年青鉢No.634

    ◆2020年4月16日、。初代浮田楽徳窯製「七宝繋紋万年青鉢」、。誠に遅くなって申し訳の無いことですが、4月の楽鉢を掲載しておきます、。初代・浮田楽徳窯製「総絵付け七宝繋紋万年青鉢」、。口径19.5センチ高さ18センチ、6寸5分もあろうかという大鉢です、。浮田楽徳のごく初期の作品だと思われます、。明治ごく初期かヘタすりゃ幕末にかかるかも、というくらいですね、。この世界、古ければ良いというもの...

  12. 二代楽徳6.5号万年青鉢No.632 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    二代楽徳6.5号万年青鉢No.632

    ◆2020年2月、。二代目浮田楽徳窯「菊唐草古代龍囲み金花山用万年青鉢」、。気候温暖な2月の入り、。まだ「冬の土用」の最中だから油断は出来ないけどね、。今月の記事は、エビアンに文章力があれば、相当面白い読み物になれるだけの内容なのですが、それを文章に纏め上げる国語力を持ち合わせてないので、拙い文になることをまずお詫びしておかねばなりません、。今から1ヶ月ちょっと前の「令和元年も終わりかけてい...

  13. 雲龍図八寸万年青鉢No.631 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    雲龍図八寸万年青鉢No.631

    ◆2020年1月3日、。雲龍図八寸万年青鉢、。本年も「東洋蘭風来記」をよろしくお願いします、。旧暦では未だ「令和元年」なので、今月まで「令和元年記念名品展」として掲載します、。「雲龍図万年青鉢」、。八寸の大鉢です、。口径24.6センチ、高さ24センチ、といいますから丁度八寸ですね、。画像からは8寸の迫力は伝わらないのですが、実物を目の前にすると、さぞ大きいのだろうと思います、。パッと見に「短...

  14. 富士越龍図七寸万年青鉢No.629 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    富士越龍図七寸万年青鉢No.629

    ◆2019年12月、。佐々木松楽窯「富士越龍図七寸万年青鉢」、。令和元年の師走!!!、。2019年5月1日から元号が変わり「令和元年」の早くも”師走”、。「富士越しの龍図万年青鉢」、。令和元年記念として年末を締めくくるのに相応しい大鉢のご紹介、。7寸の大鉢(口径21.7cm高さ21cm)、明治後期の佐々木松楽窯の製造、。迫力がありますね、。下方に江戸時代後期の絵師「葛飾北斎」の絶筆とされる肉...

  15. 楽徳窯「雲龍富士山図」万年青鉢No.627 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    楽徳窯「雲龍富士山図」万年青鉢No.627

    ◆2019年11月1日,。浮田楽徳窯「雲龍富士山図6寸万年青鉢」、。令和元年記念。「雲龍富士山図」万年青鉢、。浮田楽徳窯、。口径18センチ高さ18.6センチの6号鉢、。「龍」と「富士山」なら、格から言って「富士龍図」と呼ぶべきなのだけど、この鉢は1の足の正面には「龍」が描かれている、。「富士山」は2の足でも3の足でも無く、足と足の間に描かれていて、その事に何かの楽徳の意思を感じたから「龍に富...

  16. 貝合せ紋万年青鉢No.626 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    貝合せ紋万年青鉢No.626

    ◆2019年10月、。貝合せ紋万年青鉢、。(かいあわせもん・おもとばち)令和元年記念、吉祥貝合せ紋様万年青鉢、。6寸8分の大鉢です、。口径20㎝、高さ20㎝の胴返し、。落ち着いた色調の絵柄ながら日本古来の吉祥紋様を丁寧に描いた浮田楽徳渾身の力作です、。これだけの銘鉢が、存在を知られずに今日まで受け継がれてきたことに感動を覚えます、。7寸に近い大きさの鉢というのは画像からは伝わりませんが、実物...

  17. 楽鉢そもそもNo.623 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    楽鉢そもそもNo.623

    ◆2019年8月5日、。楽鉢そもそも、。大阪府堺市を中心として松原市方面にまで点在する「百舌鳥・古市古墳群」(もずふるいちこふんぐん)が今年(2019年)「世界遺産」に登録された、。実はエビアンは宮内庁が管理する「仁徳天皇陵」が果たして本当に「仁徳天皇の陵墓かどうかも分らない古墳群の世界遺産登録を待つよりも、堺市は千利休の生誕の地を謳い文句にして茶道発祥の地として観光客を誘致してはどうか、」...

  18. 京楽蘭鉢No.622 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    京楽蘭鉢No.622

    ◆2019年8月、。古京楽蘭鉢、。7月末から突然猛暑に突入しました、。昨年のような被害は出ないでしょうが、蘭の手入れにも気を抜けない日々があと1ヶ月間ほどは続きそうですね、。古京楽蘭鉢、。この鉢も古京楽の「福井楽印釜」の製品だと思います、。時代乗りが不足しているのは、ほとんど使われずに保存されていたせいかも知れません、。古典鉢もやはり少し使われてその良さが出てくるものだと感じます、。背景紙の...

  19. 古京楽蘭鉢No.621 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    古京楽蘭鉢No.621

    ◆2019年7月、。古京楽蘭鉢、。梅雨の真っ最中で、蒸し暑い7月の入りです、。皆さんはお元気ですか?、。古京楽(多分、福井楽印窯)の蘭鉢、。写真が明るすぎて、古典の京楽鉢が持つ独特のシットリ感や良さが写せてないように感じるのと、土目土色も実物とは違った感じに写っていると思われ、画像判断からだけで説明文を書くには少し無理があるように感じています、。この鉢に描かれている「唐草文」をなんと呼んだら...

  20. 三河楽「網干千鳥紋蘭鉢」No.620 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    三河楽「網干千鳥紋蘭鉢」No.620

    ◆2019年6月、。三河鉢「網干千鳥紋」蘭鉢、。(あぼしちどりもん)三河楽「網干千鳥紋蘭鉢」、。昨秋の柄物展の交換会で購入、。競り台に上っている時から「妙な文様の鉢だなぁ」とは思っていたが買ってみないことには観察もできないから競り落とした鉢です、。植木鉢得意の商人さんもエビアンが買ってしまった鉢をけなす訳にもいかないから「なんともモダンな絵付けの鉢ですねぇ」などと言う、。エビアンの方も「変な...

総件数:43 件

似ているタグ