東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢のタグまとめ

東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「東洋蘭鉢・古鉢・植木鉢」タグの記事(5)

  1. 東城山一角鉢                        No.599 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    東城山一角鉢                     ...

    ◆2018年2月、。   東城山一角鉢、。東洋蘭風来記が「古典鉢」と定義付けている鉢は、戦前の製作鉢で素焼き時に加茂黒釉を掛けてあるもの、ということになります、。今月の鉢は戦後の鉢であることと化学薬品釉薬を使った鉢であって「古典楽鉢」ではありません、。現代陶画工は多数おられます、。その第一人者は「布施覚氏」であることは疑問の余地もありませんが、戦後の「陶工」は、というと楽鉢工場での大量生産に...

  2. 手島揫二鉢                           No.598 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    手島揫二鉢                      ...

    ◆2018年1月、。   手島揫二窯謹賀新年。本年もよろしくお願いします。東京・手島揫二窯の新事実、。新年は「手島揫二窯」の2つの事実のお話から始めます、。手島揫二は2人存在した、。この事をエビアンが知ったのは、楽焼鉢を調べ始めた直後(10年以上前になりますが)に最初に出会った真実です、。上画像、7枚目資料の向かって左端の古い書籍の記述に「団子坂上に住する手島揫二氏の先代同名」という文章を見...

  3. 白胴青海波紋蘭鉢                         No.596 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    白胴青海波紋蘭鉢                   ...

    ◆2017年12月、。   白胴に青海波紋七寸蘭鉢師走、。本年もたくさんの愛好家のご訪問を賜り、深く感謝!!!,、。7寸白胴に青海波紋様蘭鉢、。歳の瀬はなんと7寸の大鉢、。恐らく浮田楽徳製、。製作年は明治後期と思われますが、その時代に7寸という大鉢の蘭鉢の需要があった事は驚きです、。楽徳窯の製品は短冊家などに比べると陶器としての強度が少し柔らかいのですが、7寸もの鉢の鉢べりを垂れ下がりもせず...

  4. 万年青鉢                           No.594 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    万年青鉢                       ...

    ◆2017年11月、。   万年青鉢月日の経つのは早いもので、もう11月、。気忙しくなりました、。今月の鉢は「万年青鉢」、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。実はよく分からない、。・゚・(。つ∀≦。)・゚・。こういう窯元名も産地さえも判然としない鉢は多いのです、。実物を手に持てばもう少し判断もできるのでしょうが、。良く出来た鉢ですよ、。余程使い勝手の良い大きさなのか、よく使い込まれて鉢底が見えない...

  5. 大阪楽                              No.593 - 風来記 東洋蘭風来記 春蘭 中国春蘭 植木鉢 中国蘭 奥地蘭 日本春蘭

    大阪楽                        ...

    ◆2017年10月28日、。   大阪楽(大坂楽)「大坂楽」(大阪楽)、。大阪楽は「楽焼初期の頃、大阪で焼かれた楽焼」を指すのですが、そうすると、楽家初代の佐々木長次郎が焼いた茶器・茶碗も含んでしまうので、風来記では「楽焼植木鉢」限定で使っているとご理解ください、。「楽焼」は、中国福建省から渡来の「阿米也(阿米夜)とも、帰化名を常慶といい、通称は弥吉とも政吉ともいう)」が京都・上長者町西洞院...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ