松尾芭蕉のタグまとめ

松尾芭蕉」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには松尾芭蕉に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「松尾芭蕉」タグの記事(18)

  1. 積丹暮色 - 北海道photo一撮り旅

    積丹暮色

    夕暮れ近く、積丹半島の東側と西側から撮りました。「秋のくれ男は泣かぬものなればこそ」松尾芭蕉にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお目に留まりましたらお好きなバナーのクリックをお願いいたします

  2. フィットプラス・スタンプラリー2019年がいよいよスタートします! - フィットプラス三鷹+カフェ

    フィットプラス・スタンプラリー2019年がいよいよスタ...

    お待たせしました!毎年恒例の『フィットプラススタンプラリー』が、いよいよ今月スタートします。ーーーーーーーーーーーーーーーースタンプラリー開催期間7月16日(火)~9月30日(月)ーーーーーーーーーーーーーーーー題して、『おくのほそ道』をたどる旅を楽しもう!かの有名な、松尾芭蕉の『おくのほそ道』をもとに芭蕉が訪ねた場所を、皆さんと一緒に旅してみましょう。そこで、スタート前に奥の細道について、...

  3. 芭蕉がおくのほそ道に旅立った日 - しらこばとWeblog

    芭蕉がおくのほそ道に旅立った日

    今日は、松尾芭蕉が、弟子の河合曾良(蕉門十哲のひとり)を伴い、おくのほそ道へと旅立った日(元禄2年3月27日(旧暦)(西暦1689年5月16日)、いまから330年前のことです。江戸・深川の採荼庵(さいとあん)を出発して、船に乗り、千住で降りて、見送りの人々と別れています。採荼庵跡の出立の芭蕉像「おくのほそ道」の序章、旅立に続く、草加の章に”漸(やうやう)草加(さうか)と云(いふ)宿(しゅく)...

  4. 名残の梅(平岡公園) - 北海道photo一撮り旅

    名残の梅(平岡公園)

    昨日の平岡梅林公園です。白梅は殆ど散り、紅梅に混じり白い花が目立つのは「スモモ」の花だそうです。一年でこの時期最も賑わう平岡梅林公園後一週間もすれば、いつもの静寂と鳥の声がするばかりで、、「このほどを花に礼いふ別れ哉」松尾芭蕉にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお目に留まりましたらお好きなバナーのクリックをお願いいたします

  5. 梅は咲いたか?(平岡梅林公園) - 北海道photo一撮り旅

    梅は咲いたか?(平岡梅林公園)

    10連休初日の札幌は、やや肌寒く小雨でしたね~2枚目までの画像は一昨日の平岡梅林公園、最後は今日の小雨に濡れた梅です。公園入口の開花情報には「白梅・未開花」「紅梅・未開花」とあり開花宣言は未だ出されていませんが、1200本の梅の中には早熟な木もあるようで小雨のなかで数輪、寒むそうに咲いていました。「紅梅や見ぬ恋つくる玉すだれ」松尾芭蕉にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気...

  6. 水都の桜 - 赤煉瓦洋館の雅茶子

    水都の桜

    大垣市舟町水門川の桜、松尾芭蕉さんが愛でた桜の木々。ここは奥の細道結び地「蛤のふたみに別 行秋そ」美しい日本の心。春本番!あなたのお気に入りの桜ショット2019

  7. 一つ家に遊女も寝たり萩と月 - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」Ver.1

    一つ家に遊女も寝たり萩と月

    一つ家に遊女も寝たり萩と月(ひとつやに ゆうじょもねたり はぎとつき)今日は親しらず・子しらず・犬もどり・駒返しなど云北国一の難所を越て、つかれ侍れば、枕引よせて寐たるに、一間隔て面の方に、若き女の声二人計ときこゆ。年老たるおのこの声も交て物語するをきけば、越後の国新潟と云所の遊女成し。伊勢参宮するとて、此関までおのこの送りて、あすは古郷にかへす文したゝめて、はかなき言伝などしやる也。白浪の...

  8. 桃の滴(もものしずく) - 鯵庵の京都事情

    桃の滴(もものしずく)

    松尾芭蕉が京都に寄ったのは江戸期の5代将軍綱吉の時代(貞享年間1685)のこと俳諧で馴染みであった西岸寺の上人との邂逅を果たしたこの寺なり、俳諧集「野ざらし紀行」に記述がある「我衣(わがきぬに)にふしみの桃のしずくせよ」という句碑もここにある江戸期の伏見の街はこのあたりが中心だったと思われる北は大手筋、南は伏見港、ここは油掛(あぶらかけ)通りと言われるその京からの街道(竹田街道)の交差点に駿...

  9. 積丹半島の落日 - 北海道photo一撮り旅

    積丹半島の落日

    侘びや寂びを好み花鳥風月を愛でる感性を持つ日本人の性(さが)でしょうか、木枯らしに舞う枯れ葉や、沈む夕陽や眺めればなにやら感傷的になりますね~「此道や行く人なしに秋の暮」松尾芭蕉にほんブログ村 にほんブログ村ブログ作成の励みになります気に入って頂けた写真文章などがお目に留まりましたらお好きなバナーのクリックをお願いいたします

  10. 山形県の学習漫画 - 血染めの鉄鎚!

    山形県の学習漫画

    「まんが47都道府県研究レポート改訂版」(偕成社)からの抜粋です。山形県の学習漫画です。山形県では、まず最上川。最上川といえば、松尾芭蕉〜ということで松尾芭蕉の幽霊が解説案内役です。この「まんが47研究レポート」と言う漫画は、もともと2008年〜2010年に「日刊の小学生むけ新聞」の毎土曜日に6ページずつ連載された漫画なんです。それをベースにして書き直したり、書き足したりしてます。なので、「...

  11. 日本に行きたいという番組で、見たことを書きます。ボリビアの16歳の少女が中心でした。彼女は松尾芭蕉の俳句に関心があり、日本人の私が知らないことまで学んでいました。 - housoku-diary

    日本に行きたいという番組で、見たことを書きます。ボリビ...

    日本に行きたいという番組で、見たことを書いてみましょう。すなわち、ボリビアの16歳の少女が中心でした。彼女は松尾芭蕉の俳句に関心があり、日本人の私が知らないことまで学んでいました。この人の日本と俳句に関しての情熱は大変なものでした。そして、この人のことを見ていて、一つの法則のことを思いました。それは、情熱の法則のことです。読者の皆さんにこの法則のことをよく理解して活用してもらいたいので、取り...

  12. 「国境の南、太陽の西」の第2章が「古池や」 - 憂き世忘れ

    「国境の南、太陽の西」の第2章が「古池や」

    「国境の南、太陽の西」ですが、超難しい!!「奥の細道」は場所柄などから推理できました。芭蕉の有名な句で「裏」を解いているのは「古池」「雪見」「秋深き」くらいのもので。「国境の南、太陽の西」の第3章で、ここまでやるか芭蕉!状態。たとえば「旅」。これを「足袋」と読めば、お足(お金)を入れるものだからサイフになるなあ……と考えたこともありました。第3章はこの句だと思います。旅人と我が名呼ばれん初時...

  13. 「奥の細道」の謎 - 憂き世忘れ

    「奥の細道」の謎

    芭蕉や其角を解読していたら、蕉門はキリシタンという結論に至りました。「奥の細道」もそうですが、なぜか全国に知り合いがいて、行く先々で大変厚くもてなされている。阿片を吸わしてもらったり、ストリップを見せてもらったり、古酒を飲ませてもらったり。不思議じゃありませんか。通信網がない時代ですよ。蕉門なんて、そんな伝統もあるわけじゃないし。ネットで調べてみると、空海が唐から景教(キリスト教)を持ち込ん...

  14. 眞性寺東京都豊島区巣鴨 - 好きなものを好きなだけ

    眞性寺東京都豊島区巣鴨

    境内にある芭蕉の句碑白露をこぼさぬ萩のうねりかな元禄6年(1693年)江東区にある杉風の別邸採茶庵で読んだもの。裏には杉風の句があったようですが、この日はお祭りがあって長居出来ませんでした。

  15. 義仲寺(松尾芭蕉墓・木曽義仲墓)滋賀県大津市 - 好きなものを好きなだけ

    義仲寺(松尾芭蕉墓・木曽義仲墓)滋賀県大津市

    『木曽殿と背中合わせの寒さかな』と松尾芭蕉の弟子である又玄が詠んだ句碑が境内に建っている。芭蕉が亡くなったのが永禄7年(1694年)。遺言によって尊敬していた木曽義仲の隣に葬られた。病中吟とされた最後の句は『旅に病で夢は枯野を駆け廻る』木曽義仲(1154~1184)源義賢次男。

  16. 芭蕉の「わび」「さび」に疑問 - 憂き世忘れ

    芭蕉の「わび」「さび」に疑問

    日本人の美意識というと「わび」「さび」がお約束のように出てきます。美術的なことでいうのは解ります。漠然としてですが。宮本武蔵の絵みたいなイメージ。ケバケバしくない、ゴージャスじゃない。でもね、「わび」と「さび」の違いはときかれるとワカンナーイなのです。みんなそうだと思いますから、「わびさびだよね」という人にいちいち、「わびとさびって、どう違うの」なんてツッコミません。美術やデザインでは解り合...

  17. おもしろうてやがて悲しき鵜飼いかな松尾芭蕉 - 仏教フリーク

    おもしろうてやがて悲しき鵜飼いかな松尾芭蕉

    秋になると、どこからともなく虫の音が聞こえてくる。朝晩寒ささえ感じる。風邪を引く人がある。秋というと、人生のさびしさとか、空しさとか、過ぎ去りしものへの哀愁を感じさせる。昔トワイモアというグループがあった。「今はもう秋、誰もいない海」ビーチバラソルはどこへやら、海岸には誰もいない。花火も昔のこと。秋の海に行ってみると、海の家は壊れている。花火の燃え滓。缶コーヒーが落ちている。夏が懐かしく、過...

  18. 『旅』のひと(芭蕉) - ≫自★遊☆猫★道≪

    『旅』のひと(芭蕉)

    07044たひ人とわか名よはれむはつしくれはせを(旅人と我が名呼ばれん初時雨芭蕉)貞享四年(1687年)松尾芭蕉四十四歳の時の旅で、江戸深川を立つ前に弟子との送別句会で詠まれた句だそうで、旧暦1687年10月11日(新暦11月15日)だったそうで、その2週間後の11月25日に江戸深川を出発したのだそうです。この旅は後に『笈の小文』と呼ばれる三度目の紀行の事で、生まれ故郷の伊賀へ、父親の33回...

総件数:18 件

似ているタグ