松岡茉優のタグまとめ

松岡茉優」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには松岡茉優に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「松岡茉優」タグの記事(20)

  1. 劇場 【7月17日(金)公開】 - はっちのブログ【快適版】

    劇場 【7月17日(金)公開】

    又吉直樹の小説映画化第二弾。公開がコロナ禍で延期していたが、劇場公開と共にAmazonプライムでの視聴も可能になりました。今回、劇場での鑑賞でなく自宅で鑑賞。なんとなくテンポが悪そうな印象があったが予想道理後半までは非常にわかりにくい展開。途中鑑賞を辞めようかとも思いながら観ていましたが、沙希(松岡茉優)が実家に帰る話になってからの男女の感情の機微は畳みかけるようにしり上がりによくなった印象...

  2. 松岡茉優さんかわいいぞ - 松岡茉優 画像 水着姿が何故かない

    松岡茉優さんかわいいぞ

    松岡茉優さんの画像で、これもかわいいよ!これも奇麗ですしかわいいよね?

  3. 松岡茉優さんのこれもかなりかわいいぞ - 松岡茉優 画像 水着姿が何故かない

    松岡茉優さんのこれもかなりかわいいぞ

    松岡茉優さんのこの画像はかなりかわいい!それだけでなく確か、これは、コウノドリの時のだったと思います。とにかく可愛いよ。かなりかわいいよね?

  4. 松岡茉優さんもかわいいけどこの画像、特にかわいい - 松岡茉優 画像 水着姿が何故かない

    松岡茉優さんもかわいいけどこの画像、特にかわいい

    松岡茉優さんって、もともとかわいいけど、特にこれはかわいいと思われる画像を探しあてました。下記かわいいと思いませんか?笑顔がとっても似合っていて、この画像は、特別かわいいです。そう思いませんか?

  5. 松岡茉優さんのこれも壁紙に良いと思います。 - 松岡茉優 画像 水着姿が何故かない

    松岡茉優さんのこれも壁紙に良いと思います。

    松岡茉優さんの画像で、これは壁紙に良さそうなのをまた見つけたよ。これも壁紙にいいよね?

  6. 松岡茉優さんの画像これは壁紙に良さそうですよ - 松岡茉優 画像 水着姿が何故かない

    松岡茉優さんの画像これは壁紙に良さそうですよ

    松岡茉優さんの画像で、これはかなり壁紙に良さそうなのを見つけたよ。下記になります。非常に魅力的で、奇麗ですし、可愛さもあって、壁紙なんかに非常に良いと思います。

  7. 松岡茉優さんの画像を掲載するよ - 松岡茉優 画像 水着姿が何故かない

    松岡茉優さんの画像を掲載するよ

    松岡茉優さんの画像をアップしていきますね。何故か、何度探しても、水着姿画像があんまり不思議とないのです。何とかそういうのも、探して掲載するね。まず、松岡茉優さんのプロフィールから。↓生年月日1995年2月16日(25歳) 出身地東京都 身長158 cm 血液型B型 職業女優・タレント ジャンル映画・テレビドラマ 活動期間2004年 - 著名な家族松岡日菜(妹) 事務所ヒラタインターナショナル...

  8. ひとよ - はっちのブログ【快適版】

    ひとよ

    父親のDVから子供たちを守るため車でひき殺した母親が刑期を終えて数年のリハビリを終えて帰ってきてからの家族の運命を描いている。番宣では「白石監督最高傑作になる」なんて言ってましたが、そうでもなかったという感想。そもそもメッセージ性の少ない監督さんでしたよね。万引き家族と比較されたら結構完敗って感じ。ところどころにクスリと笑えるところがありますが、話のテイストに違和感を感じます。役者はそろって...

  9. 蜜蜂と遠雷 - はっちのブログ【快適版】

    蜜蜂と遠雷

    演奏シーンは一流ピアニストを使ったらしいですがうまいカメラワークで難しい小説の映画化に成功しています。演奏中に過去の母親との連弾シーンが映り込むカット、観客の拍手と雨音がシンクロするシーンなど演出や音響が素晴らしかった(何かしらかのアカデミー賞は取りそうだなぁ)天才少女として名を馳せていた栄伝(エイデン)亜夜が母親の死でピアノと向き合えなくなって7年後の彼女の再起を描いた作品。ピアノを楽しむ...

  10. 蜜蜂と遠雷 - おじさん秀之進の山中リタイヤ生活

    蜜蜂と遠雷

    昨夜、ソラリスで「蜜蜂と遠雷」鑑賞。本を読み、すごく面白かったので、映画化されると聞き、ぜひ見たいと思ってました。監督・脚本石川慶原作恩田陸出演松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士映画の舞台は国際ピアノコンクール。コンクールに参加する4人のピアニストを描いてるわけですが、それぞれのピアニストが持ってる背景は、映像のみではどうしてもわかりにくかったのではないでしょうか。本読んでればわかりま...

  11. 美女・・松岡茉優さん - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    美女・・松岡茉優さん

    女優の松岡茉優さん、とても美しい。

  12. ロペピクニックで欲しい物が絶対見つかる!#セール#松岡茉優 - *Ray(レイ) 系ほなみのブログ*

    ロペピクニックで欲しい物が絶対見つかる!#セール#松岡茉優

    欲しい物が絶対見つかる!ロペピクニックで^^★【松岡茉優さん着用アイテム】もセール!!見てみて~プチプラなのに、すごくいいよね(^_-)-☆★い物はロペピックにあるでしょう♡セール&新作同時開催中!!ぜひ今すぐチェックしてみてください♥↓★【松岡茉優さん着用アイテム】↓↓↓

  13. 毎日CMコレクション #33(20篇) - 毎日CMコレクション

    毎日CMコレクション #33(20篇)

    ① TVCM 「Thinking Man」篇プロローグ(30秒)② 日清のどん兵衛CM 「どんフォックス 篇」 30秒 星野源・吉岡里帆③ 【吉野家】牛すき鍋膳TVCM④ 花王 ソフィーナ リフトプロフェッショナル SOFINAハリ美容液 CM 吉田羊⑤ 黒ラベル大人EV58歳大人とは篇30秒⑥ ストナ「ジェルの化身」篇⑦ 「クノール® カップスープ ベジレシピ」私はスープで野菜を摂る篇30...

  14. 万引き家族 - はっちのブログ【快適版】

    万引き家族

    やはり出ました、是枝メソッド。エンドロール前に必ず落ちがなく観客にゆだねるスタイル。妻も私も好みではなく観に行くのをためらっていたけどパルムドール受賞で少しは変わったのかなって期待してましたが、相変わらずです。要は私にははまらない監督だということでしょう。5人の関係が分かったら話は終了です。別にすべての生活の糧を万引きで生きていくのではないのでイメージとは少しギャップがありました。年金暮らし...

  15.  ちはやふる -結び- - はっちのブログ【快適版】

    ちはやふる -結び-

    前作の続編。3部作の最終ということで高校3年生になった千早の名人・クイーン戦までを描いている。新入部員も入り競技かるた部内にいくつかの問題発生。わかりやすいシナリオなのでこれだけ観ても分かる仕上がりになっていますが、せっかくご覧になるなら前編・後編観たほうがさらにわかりやすい。若宮詩暢(松岡茉優)のキャラが高校生らしくないとはいえやはり高校生役には無理があるな。個人的には競技かるたシーンなど...

  16. 「勝手にふるえてろ」@新宿シネマカリテ - Welcome to Koro's Garden!

    「勝手にふるえてろ」@新宿シネマカリテ

    午後の打ち合わせが「ドタキャン」となり、以前から気になっていた「勝手にふるえてろ」を観にいくことに。。。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を映画化したこの作品は、松岡が演じる主人公のOL・ヨシカが中2の時から10年間にわたって片思いしている「イチ」との脳内恋愛と、ある日突然告白されて成り行きで付き合うことになった「ニ」との現実の恋愛の狭間で、悩み、傷つき、時に暴走しながら成長していくプロセスを映...

  17. 勝手にふるえてろ - はっちのブログ【快適版】

    勝手にふるえてろ

    全くの予備知識なく、松岡茉優主演というだけで観に行きましたが、かなりレアなラブ・コメディで個人的には当たりでした。妄想の世界で脳内に召還して恋愛を楽しむヨシカがすごく面白い。綿矢りさの小説映画化と知って彼女の独特の世界観が映像になったと理解できました。しかし、現実にこんな妄想女子って多いんじゃないのかなぁ。くすっと笑えるシーンが満載で20回は笑えます。意外とおすすめです!【作品情報】芥川賞作...

  18. (映画)勝手にふるえてろ - 本と映画と〇〇 by きちぶ

    (映画)勝手にふるえてろ

    松岡茉優さんの表情がイキイキしていて、楽しめた。ラストは思ってた感じではなかった。よくわからなかったのは、「行けたら行く」「名前覚えていない」「LINEに出てこなかった」ん~あたいも、いじめられっ子というか仲間外れになっているので共感できる部分が多く、ふだん、言えないことが溜まっているのは同じかなという感じ。文庫も読んでみたいな。

  19. カーズ/クロスロード - はっちのブログ【快適版】

    カーズ/クロスロード

    映像や脚本には定評のあるPIXER作品。カーズはこれで3作目。流石に主人公マックイーンも新型に対抗するには厳しい時代になってしまった。この辺の状況をどう表現するかが見どころ。トレーナー相棒クルーズと出会い彼女の思いと才能に気づいてマックィーンのとったある行動が思いもよらぬ結末に・・・この展開はリードがあって想像できましたが納得の展開。親子で観に来ている観客が多かったのも良質のアニメであること...

  20. 舞台『陥没』 - すみへい雑記ブログ

    舞台『陥没』

    こんばんは、ぺーです。観てきました!舞台『陥没』大阪の森ノ宮ピロティホールまで行ってきましたよ!今回はこの舞台がメインで一泊二日の大阪の旅を計画。道頓堀やら難波やら通天閣やらも行きましたが、正直付録だなって思えるほど『陥没』良かったです。だから、この観劇の感想をどこかに書き残しておきたく筆をとったのであります。あまり公言はしてませんが、僕は松岡茉優さんのファンでして。今回の「舞台を観に行こう...

総件数:20 件

似ているタグ