松浦弥太郎のタグまとめ

松浦弥太郎」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには松浦弥太郎に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「松浦弥太郎」タグの記事(7)

  1. 松浦弥太郎『考え方のコツ』 - SHIRAFUJI-BLOG

    松浦弥太郎『考え方のコツ』

    今日は一日、朝から打ち合わせがありバタバタした一日だった。そんな時は本を読む暇などないのだけどそんな日が続いた時なんかに1度立ち返るというか、ニュートラルに戻すためにパラパラとめくる本が何冊かある。弥太郎さんの『考え方のコツ』もその1つ。この本の通りに出来れば取りこぼしもなく、ちゃんとゴールに照準を合わせてなんブレもなく行くのだろうと思うのだけど全くこの通りの行動が出来ない自分。読んだ当初は...

  2. 自分の内側に意識を向けて、日々の生活を満たすためには何が必要なのか、と問うことが大切だ——松浦弥太郎『くちぶえカタログ』 - 思索の森と空の群青

    自分の内側に意識を向けて、日々の生活を満たすためには何...

    松浦弥太郎『くちぶえカタログ』静山社(静山社文庫)、2010年。63(1130)http://www.sayzansha.com/book/b357838.html単行本は2005年にブルース・インターアクションズエッセイ集。松浦弥太郎の本を読むと、丁寧に生きる、ということをその都度意識させられる。しかし、丁寧な暮らしはお金がかかりそうだ。資本主義をどのように受け止めるか、資本主義とどのよう...

  3. Adertising - news

    Adertising

    平成30年度全国栄養士大会全国栄養士大会のポスター、ちらしのメインビジュアルを担当しました。栄養士さんたちのイラストを描きました。どうぞよろしくお願い致します。

  4. 勉強をしないとは、自分が知っている小さな世界にとどまり、何ら進歩がないことだと僕は思います——『松浦弥太郎の仕事術』 - 思索の森と空の群青

    勉強をしないとは、自分が知っている小さな世界にとどまり...

    松浦弥太郎『松浦弥太郎の仕事術』朝日新聞出版(朝日文庫)、2012年。20(1087)https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=13977単行本は2010年に同出版 “仕事をする”ということについての自省の契機に。38-9)「仕事=競争」とは決して思いませんが、仕事においては「自分を選んでもらうこと」が不可欠です。〔略〕選ばれ続ける...

  5. レアチーズケーキに挑戦。 - 野だてnote

    レアチーズケーキに挑戦。

    長らく封じていたお菓子作りをなぜかしてみたくなる。

  6. 独りになり、自分を取り戻すことが、旅の真意なのだ——松浦弥太郎『場所はいつも旅先だった』 - 思索の森と空の群青

    独りになり、自分を取り戻すことが、旅の真意なのだ——松...

    松浦弥太郎『場所はいつも旅先だった』集英社(集英社文庫)、2011年。3(1070)http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-746667-6mode=1単行本は2009年にブルース・インターアクションズ主としてアメリカの記憶。すぐ下に引用した話がよかった。カバーのデザイン(写真)もとてもよ...

  7. 声を出して泣く - 柚の森の仲間たち

    声を出して泣く

    最近お年頃なってきたせいなのか日々のちょっとした出来事や言動に対して、いろいろな感情や考えが込みあげてきて自分でもどうしていいのかびっくりしてしまうことしばしば。特に怒りからはじまり、考えて、悲しくなるの繰り返し。感性中心だった脳みそがちょっと知恵づいて頭で考えるようになってこんがらがっているのでしょうか。少しは大人になったということでしょうかね・・・?こんなへんてこりんな状況は私だけなのか...

総件数:7 件

似ているタグ