柄谷行人のタグまとめ

柄谷行人」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには柄谷行人に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「柄谷行人」タグの記事(10)

  1. デモもしないで何を守るというのだ - 梟通信~ホンの戯言

    デモもしないで何を守るというのだ

    きのうはサンチの散歩と洗濯をして、飯を食わずに用賀の病院に。血液検査の結果はオーライ、そのまま下北沢に急ぎ、11時50分、ぎりぎり午前中の受付に滑り込む。昼は代沢通りに面した蕎麦屋で、トロロご飯とセイロの昼飯セット。トロロご飯がうまかった。やはり納豆だけってのは力が出ないような気がする。さて、日本ではなぜデモをしないのか?和辻哲郎や丸山眞男が指摘していた問題、ヨーロッパでは都市の市民社会は、...

  2. 現日本は徳川時代よりひどい専制国家だ - 梟通信~ホンの戯言

    現日本は徳川時代よりひどい専制国家だ

    白昼、町を歩いているとふわっと浮遊感みたいなものがあり、あ、これか!とパニックに襲われる。あわてて水を飲んで深呼吸をした。涼しい店で買い物をして表にでたときが、危ないのかもしれない。ほんとにこんな暑さの中でオリンピックをやるのかね。(竹原の銘酒四本、配達を頼んだ)サッカーも野球も有観客でやっているのに、なぜオリンピックだけがダメか。それは道路の主人公である国民に不便と出費を強いる強力な交通規...

  3. 身近にある神の国 - 梟通信~ホンの戯言

    身近にある神の国

    6時に起きても、サンチの散歩、洗濯二回、トイレなどの掃除、ベランダの水やり、その間に電話があったりして、ストレッチも簡略でやって、遅い朝飯を食って片付けて、するともう昼に近いではないか。午後はまた出かけなければならないというのに。りっぱな桃が届いたので、お礼の電話をしたら畑にでているとのこと。冷房の利いた室内の家事なんかでぐずぐず言っちゃあ、罰があたるってものだ。また柄谷行人だ。他の本を読む...

  4. 憲法9条は日本人の無意識によって支持されている - 梟通信~ホンの戯言

    憲法9条は日本人の無意識によって支持されている

    気がかりなことがあり、やらなければならないことが増えているけれど、自分の病気はそういうことを忖度しないから、いろんな病院にひっきりなしに行っている。きのうは、ペースメーカーの検査、13年使ってまだ電池残量が2.75年分あるという。なんだか余命宣告をされたようだ。半年前の検査時の残量からみて、減り方は加速してますか?こういう簡単な質問の意味がすぐに分からない医師もいるのだ(ペースメーカー検査は...

  5. 世界戦争が迫ってきた「ニュー・アソシエ―ショニスト宣言」(柄谷行人) - 梟通信~ホンの戯言

    世界戦争が迫ってきた「ニュー・アソシエ―ショニスト宣言...

    ばたばたあたふた、ふわふわどきどき、雲に乗って右往左往しているような日々だ。コロナ禍すら平穏な日常に見えてくる。なにもする気になれなくてもしなくてはならない。むしろすることが多い。こうしてパソコンの前に座ってブログ周遊をしている時だけが、自分を取り戻しているかのようだ。それにしても、みなさんは凄いなあ、まいにち家事をやり、そのうえで梅仕事だとか菓子作りだとか庭仕事だとか手芸に料理に、、ほとん...

  6. いまさらながら駄目な東大出 - 梟通信~ホンの戯言

    いまさらながら駄目な東大出

    前にもどこかに書いたと思うけれど、コロナ禍は世の中の真実を可視化してくれたと思う。エラそうにしている政治家の無能と無責任・無恥、医療制度の脆弱さ、専門家たちの頼りなさ、五輪の本質、メデイアのご都合主義、、なにもコロナ禍がなくても先刻承知の事柄も多いけれど。これと同じような感じをもったのは、3・11のあとだった。東大出というものが、どれほど世の中に悪を及ぼしているかをよく顕してくれた。もっとも...

  7. スマイルズの「自助論」は新自由主義とは無縁のものだ - 梟通信~ホンの戯言

    スマイルズの「自助論」は新自由主義とは無縁のものだ

    昼飯の納豆がきれたのと、いささか飽きもきたので、等々力に買い物がてら出かけてみた。暑いので(あまりうまくもない店の)蕎麦でも手繰ろうかと思ったら、店の外に二人も待っている若い人。しょうがないので、冷やし中華でもあるかと入ってみた中華料理や、冷やしはないが、普通のラーメンを食う。汁は吸わずに麺をすする、うまいじゃないの。向こうの机では若い男がなにか大きな丼を抱えている。机上にはカラになったビー...

  8. 「マヌケ」による反乱「ニュー・アソシエ―ショニスト宣言」 - 梟通信~ホンの戯言

    「マヌケ」による反乱「ニュー・アソシエ―ショニスト宣言」

    柄谷のNAM、ニュー・アソシエ―ショニスト宣言の「資本と国家に対抗する運動」は、消費―生産協同組合、地域通貨など、資本主義的でない経済を自分たちで作り出そうとする(それを超出的対抗運動という)。歴史的には、19世紀半ばまでの社会主義者によって行われてきたもので、ある時期にはユートピアン社会主義と呼ばれていたが、ロシア革命以降、国家統制による計画経済を科学的社会主義とし、このような運動は軽蔑さ...

  9. もろもろの危機への最後の砦「ニュー・アソシエーショニスト宣言」(柄谷行人) - 梟通信~ホンの戯言

    もろもろの危機への最後の砦「ニュー・アソシエーショニス...

    死んだ魚の目をした宰相が、そした、せしゅ、なぜもっと一語一語をしっかり読めないのだろう、ひたすら自分はもっと権力の座にい続けたいという文章を読み上げ、記者たちは、もう(前からか)怒る気力もないかのように、用意された質問を繰り返した。「一か月後には必ず」「責任はすべて背負う」「二度と起こさない」「集中実施して」「コロナと言う難局を乗り越えて五輪」、、まいつき決意を表明し続けて、とうとう「不安危...

  10. つなぐ「ことば」 - Fukushiの429

    つなぐ「ことば」

    あけましておめでとうございます。このブログは今年も変わらず、自分の感じていること、考えていることを思いつくまま不定期に書いていきたいと思います(少しは更新回数を増やすことを目標にします。あくまで目標です。。。) さて、ということで、今回も今考えていることを思いつくままに書きたい。マルクス・ガブリエルの『なぜ世界は存在しないか』を邦訳で読みながら、「新しい実在論」とは柄谷が『トランスクリティー...

総件数:10 件

似ているタグ