柔らかモノのタグまとめ

柔らかモノ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには柔らかモノに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「柔らかモノ」タグの記事(24)

  1. 10/31の着物 - uzuz玉手箱

    10/31の着物

    秋向きだなぁと思う着物や帯が多いので、どんどん着ないといけません。菊の柄のシルック小紋を着ました。帯はもういつでもこれ、海老茶の川島の名古屋帯です。仕立ててもらったのはかれこれ25年前で、この頃は半幅を広くしてもらうなどという小技をしらず、普通に半分の15.5cmです。知った時には、既に何度も締めており、仕立て直したところで跡がくっきり残るだろうと、そのままで締めています。う~ん残念。ちょう...

  2. 10/17の着物 - uzuz玉手箱

    10/17の着物

    涼しい日でしたので、ようやく袷です。(でも長襦袢は麻)母のお古の単帯に水色の飛絞りの帯揚げ、くすんだ水色の帯締を合わせました。今回は水色が一個しか見えず、なんででしょうねぇ・・・この帯はちょっと短いのです。そういえば前回締めたときも苦労したと、締めてから思い出しました。帰ってから大急ぎで継ぎを入れました。接着芯を貼ろうかやめようかしばし逡巡しましたが、面倒くささが勝って何もせずに決め、布を足...

  3. 10/10の着物 - uzuz玉手箱

    10/10の着物

    この日のカバンは一澤帆布の七宝です。カバンの柄に合わせて半襟も七宝(風)にしてみました。(かなり近づかなければわからない、ただの自己満足ですが)気温の高い日でしたので、英の単衣です。長襦袢はもちらん麻です。麻の長襦袢って着用時期が長いですねぇ(当社比)~超ヘビロテです。帯はだいぶ前にヤフオクで入手した漆です。もう表面がピカピカしていないので、悪目立ちせず重宝しています。10/10のお稽古:中...

  4. 5/30の着物 - uzuz玉手箱

    5/30の着物

    ポリ市松小紋(袷だけど薄い)に自作の帯を合わせました。帯揚は黒に白の飛絞り、帯締だけは頑張ってからフルにしました。他で色を使っていませんから、ここぐらい色を入れないとねと、頑張りました。濃い色なのですが、白も入っている帯締なので、臆することなく締められました。5/30のお稽古:逆勝手濃茶帰りにデパ地下でお買い物、モンロワールのラヴィアンショコラ、量り売りのチョコレートです。美味しかったです。...

  5. 5/23の着物 - uzuz玉手箱

    5/23の着物

    夏ですか?という気温の日もありますが、この日は幸いにも涼しかったので、袷にしました。超ぺらぺらのポリ小紋なので、5月に重宝する着物です。合わせたのは自作のechinoの帯です。帯揚で冒険というのは私にはハードルが高いので、帯揚は着物と同系色、帯締はちょっと頑張ってターコイズにしました。中身を入れ替える時間がなかったし、雨模様でしたので、カバンは一澤帆布です。先日のカンブリア宮殿がこちらのお店...

  6. 入学式の着物 - uzuz玉手箱

    入学式の着物

    色無地に色無地羽織にしました。入学式は色があるほうが良いかなと思いましたので。明るい色のスーツの割合も増えますしね。川島の名古屋帯に真珠の帯留を合わせました。帯が白地なので三分紐の色を変えたいところなのですが、抜いて通してが無理なので、もう白のままです。分厚い三分紐が悪いのか、小さい通し口が悪いのか・・・

  7. 4/4の着物 - uzuz玉手箱

    4/4の着物

    桜柄は使い果たしたので、桜餅コーデです。茶系の帯に見えますが、抹茶にベージュを混ぜたような色(?)で、かろうじて緑系なのです。ピアスで桜風味を加勢させたつもりだったのですが、「梅に鶯」っぽくもありますねぇ・・・ここ数日の暑さに、入学式は帯付きかなと思っていたのですが、今日からは寒さがぶり返し(っていうか本来の4月の気温ですよね)、羽織を着ても大丈夫そうな温度になってきました。羽織を着ていたほ...

  8. 3/30の着物 - uzuz玉手箱

    3/30の着物

    暑い日でしたので、シルック小紋にしました。この時期を逃してはならぬと、桜の小紋に外枠が桜の帯、帯締はぼけぼけかなぁとは思いつつ桜ピンクにしました。もともと、3/30はピンクの紬にこの帯で、次回のお稽古(4/4)はこの小紋でと、桜コーデを2回のつもりだったのですが、思いのほか暑い日でうっかり合体させてしまいました。桜っぽいのはもう残っていません。4/4は何にしよう・・・3/30のお稽古:台子薄茶

  9. 振袖が仕上がりました - uzuz玉手箱

    振袖が仕上がりました

    来年成人式の、上の子の振袖が仕上がりました。私の色無地振袖の染め直しです。淡い水色の地色だったのを、もう一色濃い色にし、裾には共濃の暈しを入れてもらいました。染め抜きの一つ紋を、刺繍の加賀紋にして華やかさアップです。残念なのは、袖裾の暈しが入らなかったことです。お店のほうでの連絡ミスだったそうで、再加工をお願いしたのですが、技術的に無理とのことでした。これはこれで綺麗なんですが、袖にも暈しを...

  10. 3/7の着物 - uzuz玉手箱

    3/7の着物

    久しぶりに着物を着れました。菊菱の江戸小紋に井澤屋の帯を合わせました。小物は赤の飛び絞りの帯揚に、赤の暈しの帯締です。少々太りましたので、身幅がやばくなっていました。これ以上は危険です・・・・今月は卒業式があります。着終わってから、「これは卒業式に着るかもしれない着物だった・・・」と思い出したのですが、後の祭りです。今月の卒業式、来月の入学式用の晴雨二通りのパターンを念頭に置いて、今月は着る...

  11. 1/6の着物 - uzuz玉手箱

    1/6の着物

    お社中さんのご自宅で初釜でした。いつもながら素敵な室礼&お料理で、堪能してまいりました。(掛軸のみ先生貸与)こういうことがお一人でできてしまうのですから、すごいですよねぇ~シルック小紋に川島の名古屋帯です。後姿を撮ってもらったので、お太鼓姿も載せておきます。電車移動の後なのですが、まぁまぁ綺麗で安心しました。お正月のお花、例年ですと玄関内に飾るのですが、その場所は現在、子供の自転車置き場とな...

  12. 12/20の着物 - uzuz玉手箱

    12/20の着物

    年内最後のお稽古日、母のおさがりを仕立て直した正絹小紋を着ました。帯は段模様のベージュの帯、くせがなく合わせやすくて重宝しています。道行も同じく母のおさがりです。姉や私の着物を見に行った際に、母もなんとなく自分のを作りたくなってお買い上げとなった一式です。この日の草履とバッグはこちらです。着物と道行に合わせて、辛子色とブルーにしました。今回はバッグが最初に決まっていて(しばらく使っていなかっ...

  13. 12/13の着物 - uzuz玉手箱

    12/13の着物

    お初の正絹小紋を着ました。久しぶりのつるつるすべる系の生地でして、床から2cmくらいで腰紐を締めたら、完成する頃には床すれすれになっていました。次回は気を付けようと思います。羽織は可愛く淡いピンクの絞りにしました。極淡のピンクなので長く着ることができ、重宝しています。この着物は、格安海外手縫い系にお願いしたのですが、昨日着てみたところ、特に問題も無いようです。上等のものをお願いする勇気はあり...

  14. 10/16の着物 - uzuz玉手箱

    10/16の着物

    寒暖差が激しすぎます。一ヶ月ちょっと前に、「単衣の時期だけど30℃越え、薄モノ着ても大丈夫かしらん」と悩んでいたのがうそのようです。紅葉の季節から桜の季節までが羽織の着用時期だそうですが、寒いので羽織着用です。雨降りでしたので、羽織も着物も濡れてもへっちゃらシルック素材です。こちらの着物は、なぜだか着るのを忘れてしまい、菊の柄が目立っているので、できるだけ秋のうちに着ておきたかったのになぁと...

  15. 麻の長襦袢と正絹小紋 - uzuz玉手箱

    麻の長襦袢と正絹小紋

    お仕立てをお願いしていた2枚が届きました。袷の正絹小紋と麻の長襦袢です。お安いですが時間がかかりますよ、というところにお願いしました。覚悟はしていたのですが、思いのほか早く、だいだい1ヵ月半で仕上がってきました。一枚しか持っていない麻の長襦袢に、襟開きのところに小さい穴が・・・初夏~秋口は麻の長襦袢はヘビロテで、二枚目があったほうが良いとは前から思っていて、反物は用意していたのですが、うかつ...

  16. 9/6の着物 - uzuz玉手箱

    9/6の着物

    8月には、9月の1回目って薄物かなぁと思っていたのですが、思いのほか涼しくて(今年は秋になるのが早いですね)、単衣を着ました。シルックのちそう小紋にやふおくで入手の漆の帯です。本当に秋の単衣というのが苦手で(もともと単衣の所有枚数が少ないし、何を着ても爽やか系・・・)、臙脂の帯揚が精いっぱいです。先生がご用意してくださった主菓子が素敵でした。鶴屋吉信の初秋(はつあき)です。朝露に濡れる桔梗を...

  17. 6/26の着物 - uzuz玉手箱

    6/26の着物

    ポリ単衣小紋に綴帯です。6月最後のお稽古日、気温によっては夏物かなと思っていましたが、なんとか単衣が着れました。長襦袢はもちろん麻です。着終わってから「この単衣用に紺の無地帯を作ってあったのに・・・」と思い出しましたが、後の祭りです。せっかく出番があったのに惜しいことをしました。お社中さんより手ぬぐいをいただきました。ラムネ型パッケージが可愛いです。6/26のお稽古:貴人清次薄茶

  18. 4/18の着物 - uzuz玉手箱

    4/18の着物

    5日前は寒くて羽織が必要でしたのに、18日は20℃超えです。寒暖の差が激しすぎてまいってしまいます。ポリの小紋に母のお古の帯を合わせました。帯揚・帯締を紅白にして、草履を黒の台に白の鼻緒に赤の前坪のものにして、この日の装いは「白・赤・黒」の3色のみにしてみました。が、バッグを赤にするのを忘れてました。(時間が無くて詰め替えている余裕がありませんでした)持ってたのに・・・4/18のお稽古:和巾

  19. 4/13の着物 - uzuz玉手箱

    4/13の着物

    桜もそろそろ着納めですので、羽織、着物、長襦袢と桜柄にしてみました。4/13のお稽古:茶通箱

  20. 3/22の着物 - uzuz玉手箱

    3/22の着物

    千そうの小紋に昨年のヤフオクおさめの唐織の帯です。コートも同じく千そうの小紋着尺で仕立てたもので、いずれも母のお古を仕立て直ししたものです。元の袖丈は1尺3寸で私の寸法は1尺5寸(柔らかいの)か1尺4寸(紬)か1尺3寸(プレタ)、元の着丈は4尺2寸で私は4尺4寸です。この着物を母が作ったのは、私も色々と作ってもらったのと同じ時で、いずれは私や姉のものに(ちなみに私身長167cm、姉165c...

総件数:24 件

似ているタグ