柴田勝豊のタグまとめ

柴田勝豊」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには柴田勝豊に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「柴田勝豊」タグの記事(3)

  1. 日本最古の現存天守、丸岡城を訪ねて。その3<本丸> - 坂の上のサインボード

    日本最古の現存天守、丸岡城を訪ねて。その3<本丸>

    「その2」で丸岡城天守を制覇しましたが、本稿は天守周辺を歩いてみます。残念ながら本丸を囲んでいた堀は埋め立てられていて、天守の建つ丘の上以外はその遺構を見ることはできません。 本丸南側には、立派な食い違い虎口のかたちをした石垣と石段が残ります。かつてはここに櫓門のようなものがあったのでしょう。 その横には、木造の建物で覆われた井戸があります。説明板によると、織田信長が越前の一向一揆を平定後、...

  2. 日本最古の現存天守、丸岡城を訪ねて。その2<天守・内部> - 坂の上のサインボード

    日本最古の現存天守、丸岡城を訪ねて。その2<天守・内部>

    「その1」の続きです。丸岡城天守東面の石段を上って、天守内に入ります。石段には手すりがないので、お年寄りや小さな子どもはひとりで上るのは危ないかもしれません。 上から見たらこんな感じ。↓↓↓ ちょっと、怖いですよね。天守は2重3層なので、外観は2階建に見えますが、なかは3階建になっています。まずは1階。 1階は外周に「入側」と呼ばれる廊下で囲われています。別名「武者走」ともいうそうで、一間(...

  3. 日本最古の現存天守、丸岡城を訪ねて。その1<天守・外観> - 坂の上のサインボード

    日本最古の現存天守、丸岡城を訪ねて。その1<天守・外観>

    福井城跡、北ノ庄城跡をめぐったあと、約10km余り北上した福井県坂井市にある丸岡城を訪れました。ここは現存天守12城のひとつとして知られ、そのなかでも、最古の天守とされています。 丸岡城は天正4年(1576年)に柴田勝家の甥・柴田勝豊によって築かれたと伝わります。勝家の北ノ庄城が天正3年(1575年)の着工とされていますから、ここ丸岡城とほぼ同時進行で工事が進められたと思われます。つまり、北...

総件数:3 件

似ているタグ