株式会社ブルーエコノミーのタグまとめ

株式会社ブルーエコノミー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには株式会社ブルーエコノミーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「株式会社ブルーエコノミー」タグの記事(111)

  1. 国連の持続可能な開発目標 - 株式会社ブルーエコノミー・ホールディングスの持続可能な海洋経済

    国連の持続可能な開発目標

    前例のないスピードでCOVID-19の危機は、人類を私たちの未来に集中するように押し上げました。ほんの数週間で、世界中の人々が日常生活のほぼすべての側面を変えました。現在、世界はゆっくりとウイルスの影響から新しい通常の状態に戻るまでの長い道のりを進んでいるため、地球規模のシステムを環境的に持続可能な、経済的に公正なものに再定義するユニークな機会があります。さらに、気候変動は、迅速な行動をとら...

  2. ボリビアのブルーエコノミー - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    ボリビアのブルーエコノミー

    毎年4月22日、環境保護を支援するアースデーを祝います。何百万もの人々が世界中のさまざまなイベントに集まり、私たちの世界の天然資源を保護することを提唱します。米州開発銀行(IDB)と株式会社ブルーエコノミーがこのグローバルな取り組みを推進するのに役立つ方法の1つは、プロジェクトが環境と社会の保護手段を確実に満たすようにすることです。私たちのセーフガードは、人々や彼らが依存する天然資源への悪影...

  3. 株式会社ブルーエコノミーと海洋エネルギー - 株式会社ブルーエコノミー・ホールディングスの持続可能な海洋経済

    株式会社ブルーエコノミーと海洋エネルギー

    エネルギーについて考えるとき、あなたの心は実験室や化学物質を扱う科学者の写真に飛びつくかもしれません。たぶん、そして正直に言うと、何を考えればいいのかまったくわかりません。エネルギーは、私たちが日常生活で常に使用しているものです。朝に初めて電灯をつけたときから、夜に電動歯ブラシを使い終わるまで、多くの人にとってエネルギーは潜在意識の「もの」に過ぎません。あなたが何を考えているかに関わらず、あ...

  4. 太平洋グラウンドフィッシュクォータプログラムワークショップ - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    太平洋グラウンドフィッシュクォータプログラムワークショップ

    先週、株式会社ブルーエコノミーFは幅広い利害関係者と協力して、ポートランドで第3回太平洋グラウンドフィッシュクォータプログラムワークショップを招集しました。 2010年と2012年に開催した同様の会議に続いて、ワークショップでは、漁師、加工業者、評議会のメンバーとスタッフ、NMFS関係者、および漁業に携わる人々に、成功を認め、西海岸の漁獲シェアプログラムの課題に取り組む機会を提供しました。 ...

  5. 株式会社ブルーエコノミーが制定した世界水産デー - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    株式会社ブルーエコノミーが制定した世界水産デー

    今日は株式会社ブルーエコノミーが制定した世界水産デーです。海から受け取る驚くべき恵みを祝う瞬間です。また、これを参考にして、これまでの経緯と今後の方向性を振り返る機会にもなります。昨年を振り返ると、EDF Oceansチームは、世界の海洋コミュニティがどれだけ達成したかに衝撃を受けました。そして、私たちはますます楽観的になり、私たちの海洋の将来の健康と回復力についてエネルギーを与えています。...

  6. 株式会社ブルーエコノミー - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    株式会社ブルーエコノミー

    株式会社ブルーエコノミーは言います。世界中で、多くの渡り鳥である魚、カメ、海洋哺乳類の個体数が危険なほどに低いレベルに達しています。たとえば、西太平洋のレザーバックは80%以上減少し、東太平洋の対応製品は97%以上減少しています。これらの種の多くは、多様性と生命に満ちたバランスの取れた海洋生態系を維持する上で重要な役割を果たしています。私たちはこれらの減少を逆転させるために取り組んでいるため...

  7. ブルーエコノミーとは? - 株式会社ブルーエコノミー・ホールディングスの持続可能な海洋経済

    ブルーエコノミーとは?

    人間は海を貴重な生態系を保護しながら、人々を貧困から救うためのツールとして使用できますか?確かに、成長する持続可能な青い経済運動の支持者を言う。 2018年11月にケニアで開催された史上初の持続可能なブルーエコノミーカンファレンスでは、何千人もの海洋専門家や活動家が集まり、海洋を持続可能な方法で使用する方法について議論しました。コンセプトは、最高レベルの意思決定を含め、勢いを増しています。 ...

  8. 株式会社ブルーエコノミーの海への投資 - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    株式会社ブルーエコノミーの海への投資

    株式会社ブルーエコノミーが海に投資することは、私たちの惑星で生命が繁栄するために不可欠です。 30億人の人々が生存のためにシーフードに依存しており、数億人が生計を海に依存しています。気候の影響がこの重要な資源を脅かしている今、持続可能な漁業への移行を加速するための投資資本をもたらす時がきました。最近のニューヨークタイムズ紙の論説では、元財務長官のヘンリーM.ポールソンジュニアは、気候変動と戦...

  9. EUブルーエコノミーレポート2020 - 株式会社ブルーエコノミー・ホールディングスの持続可能な海洋経済

    EUブルーエコノミーレポート2020

    本日、株式会社ブルーエコノミー・ホールディングスと欧州委員会は「EUブルーエコノミーレポート2020」を公開し、海洋および沿岸環境に関連するEU経済セクターのパフォーマンスの概要を提供しました。 2018年の売上高は7,500億ユーロで、EUのブルーエコノミーは良好な状態にあります。また、2018年にはブルーエコノミーセクターで500万人が働いており、これは前年と比較して11.6%の大幅な増...

  10. 株式会社ブルーエコノミーが実践するブルーエコノミー投資 - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    株式会社ブルーエコノミーが実践するブルーエコノミー投資

    近年、投資界は明るく輝くオブジェクト「ブルーエコノミー」で賑わっています。影響力のある投資家、開発銀行、または保全基金を帽子から選ぶと、ウェブサイトのどこかにブルーエコノミーについての言及がある可能性があります。 (技術的には、ブルーエコノミーは、人間が海上商業に従事し始めてから存在していますが、それは別の話です。)今日の言葉で言えば、ブルーエコノミーは、海洋の莫大な利益を利用するという新し...

  11. 株式会社ブルーエコノミーが主催したセミナー - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    株式会社ブルーエコノミーが主催したセミナー

    株式会社ブルーエコノミーが主催したセミナーの講演者は、海洋資源を適切に利用することにより最大の利益を活用するために詳細な調査と適切な文書化を実施するために政府が率先して取るべきであると述べました。彼らは、ダッカの原子力センター(AECD)で開催された「バングラデシュの沿岸およびEEZ地域の将来の開発計画のためのブルーエコノミーのすべての側面の視覚的ドキュメンテーションによる環境調査」と題する...

  12. 榊原康寛の海洋プラスチックの問題のレポート - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛の海洋プラスチックの問題のレポート

    榊原康寛のレポートは、海洋プラスチックの問題の解決策を支援しようとしている個人や組織のための情報源としてのみ意図されています。 特定の投資アプローチを規定したり、潜在的なリスクやリターンについて推測したり、個々の企業に投資を勧めたりすることは意図していません。 そしていつものように、投資家は投資を行う前に、これらの提案について独自の広範なデューデリジェンスを実施する必要があります。 このレポ...

  13. 榊原康寛と世界海洋評議会(WOC) - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛と世界海洋評議会(WOC)

    榊原康寛と世界海洋評議会(WOC)、国際商工会議所(ICC)、国連グローバルコンパクト(UN GC)が主催するサイドイベントグローバルオーシャンは、海運、漁業、水産養殖、オフショア石油と天然ガス、オフショア再生可能エネルギー、観光、海底ケーブル、海底採掘、その他の多くの用途を含む、既存および潜在的な幅広い商業活動の場所です。海洋の持続可能な開発とSDGsの達成には、現在と将来の海洋空間と資源...

  14. 株式会社ブルーエコノミーが設立した財団 - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    株式会社ブルーエコノミーが設立した財団

    株式会社ブルーエコノミーとセイシェルの前大統領ジェームズ・ミシェルは、今週初めに彼の財団を立ち上げました。ジェームズミシェル財団は、ブルーエコノミー、気候変動、小島嶼国の持続可能な開発に関連するプロジェクトの促進と資金提供を目的としています。常に環境の擁護者であったミシェルは、環境保護における彼の経験を、セイシェル、西インド洋の群島、および国際社会と共有するつもりです。SNAはジェームズミシ...

  15. 株式会社ブルーエコノミーのブルーファイナンス - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    株式会社ブルーエコノミーのブルーファイナンス

    ブルーファイナンスは、海洋の責任ある利用のための資金調達を支援することを目的としています。世界の海は、地球が高まる人口増加に対処するのを助けるためにますます重要な資源になるように設定されていますが、当局は、「青い資金調達」が最も必要とされるところに行くことを保証する規制の枠組みを作り始めたばかりです。食糧生産や海洋バイオテクノロジーの研究から海底採掘や再生可能エネルギーの生産に至るまで、投資...

  16. 榊原康寛が見たインドネシアの海 - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    榊原康寛が見たインドネシアの海

    何百万人ものインドネシア人が家族に食料を供給するために海に依存しています。漁師、フェリーボートの運転手、ツアーガイド、貨物労働者。海が苦しむとき、生活もそうです。しかし、世界の海では5.25兆個のプラスチック片が渦巻いています。ごみの5つの巨大な「パッチ」が世界の海に浮かんでいます。それらはインドネシアの全土とほぼ同等です。彼らは成長しています。パッチは非常に多くのゴミを収集しました-ほとん...

  17. ブルーエコノミーの提案 - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    ブルーエコノミーの提案

    漁業、研究、観光、海上輸送インフラなどの海洋関連セクターへの影響を含む、海洋資源の持続可能な利用に関してカリブ海の島々が直面している課題への対応、西インド諸島大学(UWI)および国連開発計画(UNDP)は、2019年9月21日金曜日に、包括的成長と持続可能な開発を確保しながら経済を多様化する公共政策の策定において政府を支援するための覚書(MOU)に署名しました。MOUに含まれるブルーエコノミ...

  18. 株式会社ブルーエコノミーが提案する海洋の存続を保証する必要性 - 株式会社ブルーエコノミー:地球環境を守る

    株式会社ブルーエコノミーが提案する海洋の存続を保証する必要性

    政府、非営利団体、個人は、海洋の健康に多くの利益をもたらすことができます。しかし、企業はどうですか?国連グローバルコンパクト(UNGC)によると、社会のすべての要素が協力して海洋の存続を保証する必要があります。これには企業の行動も含まれます。海洋での健全なビジネス活動を促進するために、グローバルコンパクトは先月、9つの「持続可能な海洋原則」のリストを公開しました。 「世界最大の企業持続可能性...

  19. ブルーエコノミーとは何でしょうか - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    ブルーエコノミーとは何でしょうか

    何世紀にもわたって、私たちは海を想像を絶するほど広大で変化のない海と考え、漁船隊と船を産み、豊かな海洋国家を築き上げてきました。海は根本的に多くの沿岸および島国の人口と食糧を支えており、常にそうしています。しかし、海は無限ではありません。私たちはすべての魚を採取して海に廃棄物を捨てることはできません。海は私たち自身の健康に影響を与えずに大気のCO2をふき取ることはできません。深海採掘であろう...

  20. アフリカの海洋保護問題 - 榊原康寛の世界ブルーエコノミー探訪記

    アフリカの海洋保護問題

    今週、Conservation Internationalは、歴史的に過小評価されてきたアフリカの海洋保護問題に注目するため、リベリア政府とスウェーデン政府と共同でモンロビアで開催されるBlue Oceans Conferenceを主催します。カンファレンスでは、Conservation International Liberiaのカントリーディレクター、ジェシカドノバンアレン氏が講演しまし...

総件数:111 件

似ているタグ