格差社会のタグまとめ

格差社会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには格差社会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「格差社会」タグの記事(8)

  1. 反安倍、反辺野古基地新設を貫いた翁長知事の死を悼む - 随記:A級戦犯の孫・安倍自公党がマスコミを支配した。「軍事国家化」に反対して日本人が二分化

    反安倍、反辺野古基地新設を貫いた翁長知事の死を悼む

    もし翁長知事が首相であったなら。平和を願う国民の総意ではないだろうか。本土は、日本会議系の政治家、評論家に屈服している。日経新聞に見られるように翁長知事の死はできるだけソットやり過ごそうとしている。沖縄を忘れさせるために。忘れようとしている。基地問題はないことにしようとしている。安倍の独断をまかり通している。民主主義の牙城ととして沖縄は一人頑張ってきた。可能なら、本土の民主主義日本人は、今こ...

  2. 格差社会でいるくらいなら、日本は「階級社会」を目指した方がいい(河野 真太郎)【思想・哲学】 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    格差社会でいるくらいなら、日本は「階級社会」を目指した...

    日本の場合は「中流幻想」の延長線上に新自由主義が導入されているから不公正さが見えにくくなっていますね。本当はスタートラインで埋めがたい格差があるのに、いかにもないかのような幻想があるのが問題をややこしくしている。(封建時代は封建時代で、スタートラインで埋めがたい格差があるが、庶民は庶民で開き直っていた。)ここまで格差が広がった以上、英国を含めた欧米各国のように、庶民は「俺は庶民だ」と開き直っ...

  3. 国民“スポーツ芸能”栄誉賞がやっと認めた文化的価値「羽生将棋と井山囲碁」 - 随記:A級戦犯の孫・安倍自公党がマスコミを支配した。「軍事国家化」に反対して日本人が二分化

    国民“スポーツ芸能”栄誉賞がやっと認めた文化的価値「羽...

    将棋の羽生が永世七冠達成前人未到 第30期竜王戦七番勝負第5局は5日、87手で先手の挑戦者、羽生善治棋聖(47)が渡辺明竜王(33、棋王)を破り、4勝1敗で竜王のタイトルを奪取した。羽生新竜王は通算7期の条件を満たし「永世竜王」の資格を得た。永世称号は7つ目で、前人未到の「永世七冠」を達成した。 名誉王座や永世名人などの永世称号は名棋士の証しとされ、5連覇や通算10期など棋戦ごとに規定が異...

  4. 稲田朋美の不始末に“安倍擁護の”「読売」「産経」は、心配する。都民は安倍退陣を求めた - 随記:A級戦犯の孫・安倍自公党がマスコミを支配した。「軍事国家化」に反対して日本人が二分化

    稲田朋美の不始末に“安倍擁護の”「読売」「産経」は、心...

    以下のような国を変えるような発言を繰り返しても安倍は稲田を「辞めさせない」。「稲田朋美防衛相の資質を巡る問題」を列記した。 ①2月の南スーダン。衆院で、日報に「戦闘」の語句があったことに対して「憲法9条上の問題になるので『戦闘』ではなく『武力衝突』の言葉を使っている」と答弁。「読売新聞」の苦言は、《稲田氏が「憲法9条上の問題になる言葉を使うべきではないから、武力衝突と使っている」と答弁したこ...

  5. 安倍さん、国民を愚弄するのはやめよ。低劣なリーダを持つと国が歪に変質する!!「教育費増額を代償に九条廃棄」 - 随記:A級戦犯の孫・安倍自公党がマスコミを支配した。「軍事国家化」に反対して日本人が二分化

    安倍さん、国民を愚弄するのはやめよ。低劣なリーダを持つ...

    安倍晋三氏が憲法改正の項目に、大学や短大などの高等教育の無償化を9条とセットで挙げ、驚かせている。以前から無償化を求めてきた人たちは「改憲を果たすため、国民の賛同を得やすいこの問題を持ち出したのでは」と開いた口が塞がらない。「憲法を変えなくても無償化は実現できる」。すぐに取り組んでほしい。 4月に東京大に入学した女子学生(18)は貸与型の奨学金を受けている。月額は僅か5万1000円。1万3...

  6. アメリカ新上流階級の誕生と発展~断絶広がるアメリカ社会(その4) - アメリカの辺境から気ままに呟くブログ

    アメリカ新上流階級の誕生と発展~断絶広がるアメリカ社会...

    断絶広がるアメリカ社会シリーズ4回目は、(その1)チャールズ・マレーの紹介(その2)著書 Coming Apart の紹介(その3)アメリカ新上流階級の文化の続きです。新上流階級がどのように誕生し、発展していったのか。誕生に絡むキーワードは、認識能力・大学の階層化・同等婚の3つである。また、新上流階級とその他のアメリカ人との間の文化的乖離は、ほぼ新上流階級のみが住む居住地の形成によりさらに強...

  7. 女性も結婚は18歳から、選挙権に合わせて成人年齢下げる民法改正案 - 随記:A級戦犯の孫・安倍自公党がマスコミを支配した。「軍事国家化」に反対して日本人が二分化

    女性も結婚は18歳から、選挙権に合わせて成人年齢下げる...

    民法改正案によると、成人年齢を20歳から18歳へ引き下げ、女性が結婚できる年齢は現行の16歳から18歳とし、男女とも18歳に統一する。選挙権を18歳に引き下げた時からの課題を解消する。今年は19年だ、施行は21年からとまたまた時間を先延ばしした。日本は、決めるのが遅いと外国から揶揄されそうだ。 現行制度のままだと、成人年齢が18歳に引き下げられた際、男性は成人にならないと結婚できないのに対し...

  8. 「慰安婦像問題」韓国のデメリット1000億円。歴史をカネで精算しようとした安倍氏は大恥 - 随記:A級戦犯の孫・安倍自公党がマスコミを支配した。「軍事国家化」に反対して日本人が二分化

    「慰安婦像問題」韓国のデメリット1000億円。歴史をカ...

    慰安婦問題について安倍政権は、「最終的かつ不可逆的な解決」として日韓で合意を強引に押し付けてきたが、これまであったソウルの像が撤去されないばかりか、釜山にまでに設置された。そもそも歴史を「不可逆的」に処理することは不可能だったことだ。「安倍氏の祖父の岸信介氏がA級戦犯」だった史実が、執行猶予、釈放されたからといって消し去ることができないのと同じだ。面子のつぶれた安倍政権は、駐韓大使の一時帰国...

総件数:8 件

似ているタグ