桃田賢斗のタグまとめ

桃田賢斗」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには桃田賢斗に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「桃田賢斗」タグの記事(47)

  1. 日本代表白星スタート、桃田らがベスト4進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本代表白星スタート、桃田らがベスト4進出

    ラグビーワールドカップ2019がいよいよはじまった。いかにも日本らしい開会式の後、日本代表対ロシア代表の試合でワールドカップがスタートした。独特の雰囲気の中ではじまった試合、ロシアのキックオフのボールを日本代表がファンブルしてしまうミスから試合はスタートした。どうも日本代表のほうが緊張しているようで普段の実力を発揮できないようだ。悪い兆候の中、4分にロシアのパントを処理ミスしてしまったスキを...

  2. ひょっとするとDeNA、桃田ら順当に、いよいよ大一番 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ひょっとするとDeNA、桃田ら順当に、いよいよ大一番

    DeNAが大逆転勝ちをおさめた。昨日の広島戦、巨人戦を前にして絶対に負けられない試合、今永が先発したが出来は最低レベルで5回をもたずに7失点でKOされてしまった。5回を終了して0-7と大敗ムードであったが奇跡の大逆転劇が6回からはじまった。宮崎ヒット、筒香死球で一死1、2塁からソトが反撃の3ランを放って3-7とすると嶺井、大和の連打、中井の四球で一死満塁とすると代打梶谷に満塁ホームランがでて...

  3. 吉田輝星22日先発か、中国オープンはじまる - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    吉田輝星22日先発か、中国オープンはじまる

    日本ハムの吉田輝星が昨日のイースタンヤクルト戦に先発し、2回を1安打無失点に抑えるピッチングを披露した。奪三振は2つであったが19球と球数は少なく打たせて打ち取る投球を心がけたようだ。この好投により、22日のロッテ戦での今季一軍での最終登板の可能性がでてきた。また日本ハムは若手中心による秋季キャンプをアリゾナで行う計画もあるそうで、吉田輝星も選ばれれば初の海外キャンプとなりそうだ。バドミント...

  4. 大谷100安打、トヨタ快挙、2種目制覇 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    大谷100安打、トヨタ快挙、2種目制覇

    エンゼルスの大谷翔平が自身初となるMLBでのシーズン100安打を達成した。今季は怪我のため、打者専念しての復帰であったため、100安打到達は時間の問題と思われていた。アストロズ戦の第2打席、センター前ヒットで100安打は達成されたが大谷は緩慢な動きをついて2塁を狙ったが惜しくもアウトとなってしまった。試合も負けてしまったが、試合前ブルペンに入り投手としてのリハビリが順調に進んでいることを伺わ...

  5. 有原13勝目、トヨタ1~3位、4種目で決勝進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    有原13勝目、トヨタ1~3位、4種目で決勝進出

    日本ハムの有原航平がオリックス戦に先発した。2回にモヤに一発を打たれて先制されたもののその他の打者を打ちとり、安定したピッチングであった。打線は、オリックス先発のアルバースに対してランナーは出すもののタイムリーがでなかったが、4回に四球を選んだ渡邊諒を一塁におき、横尾俊健が初球をバックスクリーン右に逆転2ランを放った。逆転してもらった有原は4回裏は2三振を含む三者凡退に打ち取った。5~7回も...

  6. 木村九段強し、全種目でメダル確定、タナック首位堅持 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    木村九段強し、全種目でメダル確定、タナック首位堅持

    将棋の第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負の第2局が行われた。今週2度目の顔合わせとなる豊島将之二冠と木村一基九段の対局である。先手番の豊島二冠が有利にすすめたものの終盤に木村九段が逆転し88手で勝利した。これで3番勝負は1勝1敗のタイとなり、挑戦者決定の行方は第3局へ持ち越された。同時に行われている王位戦七番勝負も2勝2敗の五分となっており、実力伯仲の両者の対局から目が離せない。この日は第78...

  7. 藤井七段は1勝1敗、桃田、奥原ベスト8、WRC第10戦スタート - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段は1勝1敗、桃田、奥原ベスト8、WRC第10戦...

    将棋の第91期ヒューリック杯棋聖戦 一次予選決勝が行われ、藤井聡太七段は竹内雄悟五段と対局した。中飛車からの攻めを考えた竹内雄悟五段であったが、藤井聡太七段は一瞬のスキをつき、駒損となる攻めを選択した。駒損となるが、形勢を有利にすすめることができる攻めを選択した藤井七段は攻めの手を緩めることはなく70手で快勝し二次予選進出を決めた。銀河戦の決勝トーナメント1回戦の模様も放送された。こちらは久...

  8. ビッグフライオオタニサン、大堀2回戦へ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ビッグフライオオタニサン、大堀2回戦へ

    エンゼルスの大谷翔平が待望の16号を打った。19試合74打席ぶりの本塁打であった。この間、マルチヒットも多数経験しており調子は悪くはなかったようだが、打球が高くあがることは少なかった。ホームランは7回の第4打席、左腕投手からの一発であったが、若干泳がされてしまい、最後は右手一本でのスイングであった。ただ1本でたことで今後勢いが増していくような期待がかかる。試合も9-2で勝利し、今日からのレン...

  9. 桃田連覇、ホンダも2勝目、エンゼルス連敗ストップ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    桃田連覇、ホンダも2勝目、エンゼルス連敗ストップ

    バドミントンのジャパンオープン決勝、日本勢は3種目で決勝に進み、個人2種目を制覇した。女子シングルスは奥原希望、山口茜の日本人選手同士の試合となり、このところ攻撃面で心境著しい山口茜が21-13、21-15のストレートで奥原希望を破って優勝した。山口のとって先週のインドネシアオープンに続いての優勝である。山口茜のプレイスタイル、以前は守備に非凡さを魅せていたが、この2週は攻撃にも積極的になっ...

  10. ラグビー日本代表好発進、バドミントンは3種目決勝、日本ハム連勝 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラグビー日本代表好発進、バドミントンは3種目決勝、日本...

    ラグビーW杯に向けての最終調整と位置づけられているパシフィックネーションズカップがはじまった。日本代表は初戦でフィジーと対戦した。ランキング9位と日本代表より上位にランクされ、過去3勝14敗と大きく負け越している相手だけにどんな試合をするか注目であった。試合は立ち上がりから日本代表がボールを支配する展開で前半3分にSO田村のPGで先制すると8分にはゴール前でアドバンテージを得て大胆な攻撃が可...

  11. 4種目でベスト4進出、日本ハム乱打戦制す - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    4種目でベスト4進出、日本ハム乱打戦制す

    バドミントンのジャパンオープン準々決勝が行われた。混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗ペアが接戦の末、マレーシアペアにストレートで敗れ、女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花ペアまで中国ペアにストレートでやぶれてしまうという最悪のスタートではじまった準々決勝であった。嫌な流れを断ち切ったのは桃田賢斗であった。インドネシアの同世代のライバルであるギンティンと対戦した桃田は第1ゲームを21-13で先取した...

  12. 桃田、奥原順当に2回戦へ、金子古巣相手に勝利、藤井七段敗戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    桃田、奥原順当に2回戦へ、金子古巣相手に勝利、藤井七段敗戦

    ジャパンオープンがはじまった。初日の1回戦、日本勢は男女のエースである桃田賢斗、奥原希望は苦戦はしたもののストレートで勝利し順当に2回戦に進出した。男子では常山幹太が金星をあげた。リオ五輪金メダリストの中国・諶龍と対戦した常山は第1ゲーム序盤こそ一進一退であったが3-3から4連続ポイントを奪ってリードするとそのままリードを守って21-14でこのゲームを先取した。第2ゲームは出だしこそ5連続ポ...

  13. エンゼルス連勝ストップ、桃田も2回戦敗退、藤井七段勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス連勝ストップ、桃田も2回戦敗退、藤井七段勝利

    エンゼルス連勝が5でストップした。アストロズ戦にいきなり初回に3失点は痛かった。なおかつアストロズの先発がコールであったこともよくなかった。9勝しているアストロズのエースに対してエンゼルス打線は安打は打つことはできたが得点を奪うことができずに連勝も5でストップしてしまった。大谷翔平は四球、中飛のあとの3打席目でシフトの逆をつく左前ヒット、投手がかわった第4打席も中前ヒットで2試合連続、今季2...

  14. エンゼルス3連敗、日本ハムは4連敗、バドミントンは決勝Tへ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    エンゼルス3連敗、日本ハムは4連敗、バドミントンは決勝Tへ

    エンゼルスがツインズに連敗してしまった。大谷翔平が前日負傷も軽傷だったのか3番・DHで先発出場、初回にトラウトの先制弾、2回は二死から四球、連打そしてワイルドピッチで2点を追加し序盤で3-0とリードした。先発のケイヒルも見事なピッチングで5回を無失点で投げ、エンゼルスの勝ちパターンで試合は後半にすすんだ。しかし継投策が裏目に出てしまった。ケイヒルは4、5回と無失点にはおさえていたが制球が乱れ...

  15. 有原完璧4勝目、名古屋2位浮上、日本勢3種目制覇 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    有原完璧4勝目、名古屋2位浮上、日本勢3種目制覇

    前日の敗戦で再び5割となってしまった日本ハムは有原航平が先発した。過去4度の登板で自責点は2、すべての試合で6回以上を投げており安定感は抜群である。一方のソフトバンクはミランダであった。両投手ともまずまずのピッチングで3回をおさえた。ソフトバンク打線は怪我人が多くでており、レギュラークラスが不在の影響もあって有原は2回~5回はパーフェクトにおさえる完ぺきな投球内容であった。一方の打線は4回、...

  16. 4種目で決勝に進出、錦織ベスト4止まり、タナック脱落 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    4種目で決勝に進出、錦織ベスト4止まり、タナック脱落

    バドミントンのアジア選手権準決勝が行われた。4種目で決勝進出を目指す日本勢、女子シングルスの山口茜は中国の陳雨菲と対戦した。第1ゲームを15-21で失った山口であったが第2ゲームを21-16で奪い返すと第3ゲームは0-3とリードされたものの5連続ポイントを奪って5-3と逆転するとリードを守って21-17で勝利し見事に決勝進出となった。同時に行われた女子ダブルスは松本麻佑/永原和可那ペアと福島...

  17. 日本ハム連敗ストップ、桃田賢斗五輪へ抱負 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム連敗ストップ、桃田賢斗五輪へ抱負

    金子弌大が日本ハムの3連敗を阻止した。昨日行われたオリックスとの試合、この試合に負けると同一カード2度目の3連敗となってしまう日本ハムは金子弌大が先発した。一方のオリックスの先発は山本由伸、ここまで2試合に先発し失点1と絶好調の投手である。この日の金子は球場がほっともっと神戸と金子がデビューした球場ということもありマウンドにも慣れていたのか制球もよかった。一方の山本もテンポよく日本ハム打線か...

  18. 日本ハム3連勝、日本勢3種目でV - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム3連勝、日本勢3種目でV

    日本ハムがロッテとの3連戦に3連勝して貯金も4月2日以来となる1となった。この試合、日本ハムの先発は有原航平、過去2試合の先発で自責点0の安定感のあるピッチングを披露してくれていた。今季の有原は右打者の内角攻めを行うため投球パターンを若干変化させた影響か三振も狙ってとれるようになったようだ。ピッチングの幅が拡がったことが安定感を増しているように思える。この日も5回に鈴木大地に一発を打たれてし...

  19. 日本ハム今季初の連勝、4種目で決勝進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム今季初の連勝、4種目で決勝進出

    日本ハムの吉田輝星がイースタンリーグのロッテ戦に先発した。4回目の登板となる今回、ロッテの藤原恭大も出場するとあって、鎌ヶ谷野球場は2軍戦とは思えぬ3千人以上の観衆が集まった。注目の対決は初回はすべてストレートで勝負して3球三振、二打席目も変化球を交えて3球三振と甲子園での対決のリベンジを果たした。ただその他の打者に対してはストレートが甘くなり、3回2安打4四球2失点であった。次回登板までの...

  20. 藤井七段今季も白星スタート、日本ハム快勝、桃田・奥原らベスト4進出 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    藤井七段今季も白星スタート、日本ハム快勝、桃田・奥原ら...

    将棋の第69期大阪王将杯王将戦一次予選が行われ、藤井聡太七段が今季の初戦に臨んだ。初戦の対局者は森内俊之九段であった。森内九段とは一昨年9月に放送されたNHK杯トーナメント2回戦以来の再戦である。この将棋はNHKが生放送したことでも有名となった将棋であった。序中盤と一進一退の攻防を繰り返した両棋士であったが、森内九段の77手目の2五歩打ちが緩手だったようでここから藤井七段が一気に攻勢をかけ、...

総件数:47 件

似ているタグ