桃田賢斗のタグまとめ

桃田賢斗」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには桃田賢斗に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「桃田賢斗」タグの記事(74)

  1. バドミントン 桃田がPCR検査で陽性 全選手のタイ派遣取りやめ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    バドミントン 桃田がPCR検査で陽性 全選手のタイ派遣...

    お見舞い申し上げます。いかに東京でも蔓延しているかの証左ですね。バドミントン 桃田がPCR検査で陽性 全選手のタイ派遣取りやめ | バドミントン | NHKニュースバドミントン 桃田がPCR検査で陽性 全選手のタイ派遣取りやめ2021年1月3日 18時28分 バドミントンバドミントンの日本のエース、桃田賢斗選手が3日、タイへ遠征に向かう成田空港で受けた新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判...

  2. いよいよ準決勝、羽生九段ピンチ、今日2歳G1 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    いよいよ準決勝、羽生九段ピンチ、今日2歳G1

    バドミントンの全日本総合選手権準々決勝が行われた。桃田賢斗や福島由紀/廣田彩花ペアがともに第1ゲームを落としてしまう波乱はあったがその後2ゲームを連取してベスト4に進むなど、実力者といわれる選手が順当に勝ち上がった。2種目で連覇を目指す渡辺勇大はまず男子ダブルスに登場し、遠藤大由とのコンビで竹内義憲/松居圭一郎ペアを2-0のストレートで下して順当にベバドミントンの全日本総合選手権準々決勝が行...

  3. 女子シングルスは番狂わせ、有馬記念枠順確定 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    女子シングルスは番狂わせ、有馬記念枠順確定

    バドミントンの全日本総合選手権2回戦が行われた。女子シングルスでは日本代表選手が敗れる波乱があった。高橋沙也加は元日本代表の佐藤冴香にファイナルゲームまでもつれた試合を惜敗してしまった。大堀彩は下田菜都美と対戦、第1ゲームは終盤まで大差でリードしていたが、微妙な判定に緊張の糸が切れてしまったようでデュースの末に21-23で失うと第2ゲームはなす術もなく7-21のストレートで2回戦敗退となって...

  4. 波乱なくチーフスとパッカーズ勝利、桃田災難 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    波乱なくチーフスとパッカーズ勝利、桃田災難

    NFLディビジョナルプレイオフ2日目が行われた。AFCのチーフス対テキサンズは第1Qをみる限りではテキサンズ圧勝と思える展開であった。先制TDを奪ってその後のパントブロックによるリターンTD、そしてTDといきなり21-0とリードした。試合はこのままテキサンズペースかと思ったが第2QにはいるとQBマホームズを中心としたチーフス攻撃陣が怒涛の攻撃を仕掛けて一気に4TDを奪って逆転してしまった。後...

  5. NFL波乱あり、トップリーグ開幕、桃田開幕戦圧勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL波乱あり、トップリーグ開幕、桃田開幕戦圧勝

    NFLディビジョナルプレイオフが行われた。NFCでは49ersがバイキングスと対戦した。久しぶりのプレイオフ進出にも49ersは緊張することなく普段どおりのプレイで試合をコントロールした。ラン主体の攻撃で、バイキングスを圧倒した。ディフェンス陣も踏ん張り、相手QBカズンズに合計6回のサックをあびせるなど攻守ともにバイキングスを封じて、27-10で快勝し決勝に進出した。一方のAFCでは波乱がお...

  6. 早稲田雪辱、大坂ベスト4まで、桃田のみ決勝進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    早稲田雪辱、大坂ベスト4まで、桃田のみ決勝進出

    ラグビー大学選手権の決勝が行われた。新国立競技場で行われる初めてのラグビーの試合、RWC2019以来続くラグビー人気ということもあり、約6万人の観衆で満員となった。昨年12月の対抗戦では完敗してしまった早稲田大学がどう立て直してくるかが注目ポイントのひとつであった。ファーストスクラムでは押されてしまったが2回目以降は素早い球出しでマイボールはキープすることができていた。そして明治大学の攻めも...

  7. WRC体制発表、大坂ベスト4進出、桃田もベスト4へ - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    WRC体制発表、大坂ベスト4進出、桃田もベスト4へ

    昨日からはじまった東京オートサロンでトヨタチームの2020年WRC参戦体制の発表が行われた。新メンバーも勢揃いしての発表会、豊田社長からも力強い発言(3部門でのチャンピオン獲得)があったそうだ。また会場には育成プログラムで参戦する勝田貴元もトヨタチームのレーシングスーツを初めてまとって登壇した。「今季はWRC8戦(モンテカルロ、スウェーデン、ポルトガル、イタリア、フィンランド、ドイツ、英国、...

  8. ペイトリオッツ地区優勝、日本ユニシス2年ぶりの優勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ペイトリオッツ地区優勝、日本ユニシス2年ぶりの優勝

    クリスマス目前とあってNFL第16週は3試合が先行して開催された。その中でAFC東地区で優勝を争うペイトリオッツとビルズが直接対決した。ペイトリオッツは残り2試合で1勝すれば地区優勝が決定するという有利な状況でむかえたビルズ戦であったが、地元での開催ながら苦戦してしまった。前半を10-10の同点で終えたが、第3QにFGを決めりーどしたもののビルズにTDを決められ、13-17とリードを許してし...

  9. ベスト4出そろう、S/Jリーグは今日決勝 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ベスト4出そろう、S/Jリーグは今日決勝

    ラグビー大学選手権の準々決勝が行われ、来年2日に行われる準決勝進出大学が決まった。熱戦も多かったが、実力が違う戦いもあった。早稲田大学と日本大学の一戦は、早稲田大学がすべての面で一歩先を進んでいるような戦いぶりであった。立ち上がりから日大を攻め、5分に先制トライ(&ゴール)でリードすると13分にも追加点をあげ、前半だけで3トライ(&ゴール)、1PGを奪い24-7と大きくリードした。後半も攻撃...

  10. 帝京大破れる、桃田11勝目 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    帝京大破れる、桃田11勝目

    大学ラグビー日本一を決める大学選手権がはじまり、有力校が出場する3回戦が行われた。関東大学対抗戦で早慶明に3連敗して3位となり大学選手権に出場した帝京大学、強風の中で流通経済大学との一戦に臨んだ。お互いに点の取り合いとなった試合、前半は風下の帝京大学が25-19とリードした。ラグビーの試合では風上から攻撃するチームが有利といわれており、前半でリードした帝京大学がこのまま勝利するであろうと思わ...

  11. 3種目で決勝進出、トヨタ3勝目 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    3種目で決勝進出、トヨタ3勝目

    バドミントンのワールドツアーファイナルズ準決勝が行われた。混合ダブルスの渡辺勇大/東野有紗ペアと鄭思維/黄雅瓊ペアの試合からスタートした。予選ラウンドで6連敗を止め、久しぶりに勝利した渡辺/東野ペアであったがこの日は鄭思維/黄雅瓊ペアも十分に対策を講じているようで、第1ゲームは17-21で渡辺/東野ペアが落としてしまった。しかし第2ゲームに入ると渡辺/東野ペアも渡辺の相手のタイミングを外すシ...

  12. 日本勢トップ4に6組、WEC予選は2列目も - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本勢トップ4に6組、WEC予選は2列目も

    バドミントンのワールドツアーファイナルズ予選3日目が行われ、決勝トーナメント進出者が決定した。日本勢では女子シングルスでまず奥原希望がインタノンとの試合に臨んだ。フットワークよく動き回ってシャトルを追いかけることを目標にこの大会に臨んだ奥原はその言葉通りに警戒に動き回り21-14で第1ゲームを奪うと第2ゲームも21-12で制して3連勝で決勝ラウンドにすすんだ。初戦に世界ランク1位台湾の戴資穎...

  13. 日本勢快調、バーレーン8時間はじまる - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本勢快調、バーレーン8時間はじまる

    バドミントンのワールドツアーファイナルズ2日目が終了した。各種目で2試合目が行われ、日本勢では決勝トーナメント進出を決めたものはいなかった。まず登場した女子ダブルスの松本麻佑/永原和可那ペアは通算2勝6敗と相性の悪い韓国の李紹希/申昇瓚ペアと対戦した。第1ゲームを21-13で奪った松本/永原ペア、第2ゲームも14-10とリードしていたもののここから反撃を受け、16-21で失うとファイナルゲー...

  14. NFL第14週、桃田MVP - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    NFL第14週、桃田MVP

    NFL第14週が行われた。ドルフィンズは同地区のジェッツとの対戦であった。第4Q残り1分半で逆転のFGを決め、21-19とリードしたが最後にジェッツに44ヤードのFGを決められてわずか1点差での敗戦となってしまった。試合はほぼ互角であったと思うが、ドルフィンズはTDなしと攻撃陣が1つもTDを奪うことができなかったのが敗因のひとつであったと思う。来季はTDを奪える攻撃陣の整備が必要かもしれない...

  15. 渡辺勇大二冠達成、桃田は連覇 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    渡辺勇大二冠達成、桃田は連覇

    バドミントンの全日本総合選手権決勝が行われた。午前10時からNHK-BS1で中継された決勝の第1試合は混合ダブルスであった。渡辺勇大/東野有紗ペアが日本国内では敵なしの圧倒的な強さを魅せつけ3連覇を達成した。2年間は1ゲームも失わない完勝の試合であり、渡辺22歳、東野23歳と若いペアだけにどこまで連覇が続くのだろうと思ってしまう。世界ランク3位といえども中国ペアとの実力差はあり、東京オリンピ...

  16. ベスト8決定、ゴールデングラブ賞表彰式 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    ベスト8決定、ゴールデングラブ賞表彰式

    バドミントンの全日本総合選手権の2回戦が行われ各種目でベスト8が決まった。日本代表がシードされていた混合ダブルスでは明暗がでてしまった。権藤公平/栗原文音ペアが0-2のストレートで敗れてしまった。このペア自体、ワールドシリーズでも初戦敗退など調子があがらないことが多かったが全日本総合でもそれがでてしまったのかもしれない。栗原文音は女子ダブルスでも出場しているがそちらはベスト8進出を決めており...

  17. WRC参戦ドライバー決定、全日本総合1回戦終了 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    WRC参戦ドライバー決定、全日本総合1回戦終了

    トヨタチームの2020年WRC参戦ドライバーが発表された。噂にあがっていたとおり、シトロエンからセバスチャン・オジエ、Mスポーツからエルフィン・エバンス、そしてWRC2からカッレ・ロバンペラの3選手で2020年シーズンを戦うことが決まった。今までのドライバーとはすべて契約更新をしないようで、トヨタチームとしては3人の新しいドライバーとの契約は復帰後初のことだ。そのことについてマキネンチーム代...

  18. 2種目で優勝、豊島名人3連勝、トヨタは2、3位 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    2種目で優勝、豊島名人3連勝、トヨタは2、3位

    バドミントンの福州中国オープン決勝が行われた。4種目で決勝に進出した日本勢であったが、2種目で見事に優勝した。女子ダブルスの福島由紀/廣田彩花ペアは韓国ペアとの対戦であった。4連勝と相性がよかった韓国ペアに対して前戦フランスオープンで敗れてしまった福島由紀/廣田彩花ペア、そのリベンジとばかりこの試合ではミスなく韓国ペアの攻撃をリターンしていった。第1ゲーム、序盤はリードしたものの11-11と...

  19. 日本勢は4種目で決勝進出、竜王戦は大長考で封じ手 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    日本勢は4種目で決勝進出、竜王戦は大長考で封じ手

    将棋の第32期竜王戦七番勝負第3局1日目が神戸市ではじまった。豊島将之名人が3連勝して一気に王手をかけるか、広瀬章人竜王が初勝利をあげるか注目の一局である。第1局同様、角換わり腰掛銀ですすんだ第3局は指し手がすすみ、午後4時過ぎには70手近くが指された。このまま進んでいくのかと思われたがここで豊島名人の手が止まり約2時間の長考で初日が終了した。盤面は成駒ができておりいつ終盤になっても不思議の...

  20. 藤井七段快勝、桃田らベスト4進出 - 【本音トーク】パート2(スポーツ観戦記事など)

    藤井七段快勝、桃田らベスト4進出

    将棋の第91期ヒューリック杯棋聖戦二次予選1回戦が行われた。藤井聡太七段の対局相手は阿部隆八段であった。振駒の結果先手番tpなった藤井七段、得意の角換わり腰掛け銀を採用した。昼食休憩までに指し手がすすんだが、ほぼ互角の展開ではあったが、消費時間は阿部八段の方が多かった。午後に入って藤井七段が攻勢をかけて阿部陣営に攻め込み、優位な状況をつくりだした。終盤は緩手もあり、阿部八段の反撃を受ける状況...

総件数:74 件

似ているタグ