桜井市のタグまとめ

桜井市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには桜井市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「桜井市」タグの記事(85)

  1. 梅花の咲く山の辺の道 - ratoの山歩き

    梅花の咲く山の辺の道

    今日は奈良県南部で積雪がありました。雲に隠れていますが大峰はきっと真っ白にお化粧していることでしょう。2月25日陽気に誘われて山の辺の道をぶらぶらと。歩くにはいい季節です。今頃は金剛山も雪化粧かな?明日は晴れたらきれいな雪景色が見られるかも。

  2. 長谷寺 - gathering

    長谷寺

    奈良県桜井市長谷寺登廊本堂まで399段の石段を登ります途中には雪囲いをした寒牡丹本堂新緑や紅葉の時は床に映ってとても綺麗です本坊から本堂を2021年1月

  3. メスリ山古墳とコロコロ山古墳 - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    メスリ山古墳とコロコロ山古墳

    <メスリ山古墳>⭐️全長約224m・後円部径約128m・高さ19m⭐️前方部幅約80m・高さ8m⭐️三世紀後半から四世紀末にかけて前方部は柄鏡(えかがみ)形で二段の築成、後円部は三段の築成です。墳丘の斜面にはこぶし大の葺石が施されていて、墳頂には埋葬施設を囲むように大きな円筒埴輪の方形区画が築かれていました。後円部墳頂の中央部に木棺を収めた長さ約8m幅約1.2m高さ1.8m、8枚の天井石で覆...

  4. 谷首古墳(たにくびこふん) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    谷首古墳(たにくびこふん)

    ⭐️東西径35m・南北径38m・高さ8mの方墳⭐️南向きに横穴式石室が設けられています。⭐️築造は6世紀末から7世紀初め石室は玄室の奥行きが約6m,幅2.8m、高さ約4mの規模があり奥壁は二段、側壁は持ち送り式に三段、天井には2枚の巨石が用いられています。また床にはこぶし大の敷石がなされています。羨道は(せんどう)は長さ7.8m。幅1.7m、高さ1.7mの規模ですが、現在は4枚の石が置かれて...

  5. 文殊院西古墳と東古墳(安倍文殊院境内内) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    文殊院西古墳と東古墳(安倍文殊院境内内)

    文殊院西古墳文殊院は645年の大化の改新の時に、左大臣として登用された阿倍倉梯麻呂(あべのくらはしまろ)の氏寺として建立されたと伝えられています。その境内に古墳時代終末期、七世紀後半の古墳の石室が残されています。被葬者はおそらく安倍氏一族の墓であり一説には651年に亡くなった阿倍倉梯麻呂の墓ではないかといわれています。室町時代には現状のように石室があらわになっていたようで、元の形は明らかでは...

  6. 山の辺の道散策(後編です) - ratoの山歩き

    山の辺の道散策(後編です)

    前編(クリックで別ウインドウが開きます)の続きです(^^)天理市のトレイルセンターでお昼ごはんを食べていました。ここ、長岳寺は昔から野良猫が多く住み着いています。どなたかが世話をされているのでしょう。人を怖がらずにすり寄ってくる仔もいます。ヒメツルソバがきれいに咲いていました。栴檀(センダン)や季節外れのヒマワリを見ながら歩きます。乙木の集落を抜けると夜都伎神社です。ここも紅葉が残っています...

  7. 山の辺の道散策(前編です) - ratoの山歩き

    山の辺の道散策(前編です)

    12月12日(土曜日)霧氷を見に行きたいが気温が少し高めなので山行きは中止しました。流星群も気になるけど曇り空なのであきらめます😌ということで桜井から天理まで山の辺の道を歩くことにしました。神社仏閣にお参りしながらゆっくりと景色を楽しむことにしましょう。大神神社では紅葉がきれいでした。絵馬の架替えにも出会えましたよ。狭井神社コロナの影響で御神水を汲むことができなくなっ...

  8. まほろば2020~19 - :Daily CommA:

    まほろば2020~19

    12345FUJIFILM X-Pro2(Astia), XF16-80mmF4 R OIS WR2020/10/25, 奈良県桜井市にてそういうわけで道を外れてしまった私は、巻向(まきむく)駅に向かわざるを得なかったのでした。だーって、あの坂をまた登って山野辺の道に入るのは相当に面倒だし、それやっちゃうとずいぶんと時間とられて帰宅が遅れる...。し、ここまで来たならやっぱり、お馴染みさんに...

  9. まほろば2020~18 - :Daily CommA:

    まほろば2020~18

    12345FUJIFILM X-Pro2(Astia), XF16-80mmF4 R OIS WR2020/10/25, 奈良県桜井市にて緩やかな下り坂の両脇が農地でして、ミカンだの柿だの稲だのと盛んなわけですが、まぁその農地の主たる農家さんの豪壮なこと。どこのお大尽ですかレベルが、ずっと続きます。...それに見とれてってわけでもないんですが、どうやら途中で右折せんとならんかったところを、ま...

  10. まほろば2020~16 - :Daily CommA:

    まほろば2020~16

    12345FUJIFILM X-Pro2(Astia), XF16-80mmF4 R OIS WR2020/10/25, 奈良県桜井市にて「人間生活全般の守護神」というだけあって、規模はでかいです。下手に華美にならないぎりっぎりってとこですかね。維持費だけで莫大でしょうけども。で、「お山に登るといいですよ」という吞み屋のマスターの言に従ったらばけっこうな目にあった、というのは、おまけにて。

  11. まほろば2020~15 - :Daily CommA:

    まほろば2020~15

    12345FUJIFILM X-Pro2(Astia), XF16-80mmF4 R OIS WR2020/10/25, 奈良県桜井市にて知らなきゃ読めません。ていうか前の晩に名前聞いたときも、「大宮神社」だと思ってました。にしても、ずいぶん朝早くから屋台準備するんですねぇ。こんな時間に神社に来ることなんてないので知りませんでしたが、ペイするんですかねこれで。

  12. まほろば2020~14 - :Daily CommA:

    まほろば2020~14

    12345FUJIFILM X-Pro2(Astia), XF16-80mmF4 R OIS WR2020/10/25, 奈良県桜井市にて有名です、とにかく行ってごらんなさいやと吞み屋のマスターが言うので、ごっとんごっとん来てみました。ああそうか、三輪そうめんってここですか。駅からわずかな道のりですが、たしかにそうめん屋さんが林立してました。時刻はまだ八時を過ぎたばかり、当然どこも開いてませ...

  13. 蕎麦 1奈良県 - ty4834 四季の写真Ⅱ

    蕎麦 1奈良県

    桜井市 笠天気予報を見ながら行きましたが日の出は見れませんでしたこの日は暗い内から大勢のカメラマンで賑っていました画像をクリックすると大きくなります9月21日撮影M.ZUIKO ED 7-14mm F2.8 PROM.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PROM.ZUIKO ED 40-150mm F2.8 PRO+MC20

  14. ホケノ山古墳 - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    ホケノ山古墳

    ☆古墳時代初期3世紀中頃 弥生時代☆全長80~90m☆前方部、幅最大で25m高さ3.5m☆後円部の径、約60m高さ8.5m前方部が後円部に比べて、低く造られていることから帆立貝式の前方後円墳、あるいは帆立貝式古墳と呼ばれています。墳丘には葺石が施されていましたが、後の時代に見られるような円筒埴輪による埴輪列はなかったようです。周囲には幅約10.5m~17mの周濠がめぐらされていました。埋葬施...

  15. 彼岸花 - ratoの山歩き

    彼岸花

    ぶらっと彼岸花を見てきました。今年、初の彼岸花です。真っ赤な彼岸花をデジタルで再現するのは難しいです。自分では見た目の色を再現できていると思っていますが・・・見る人のPCの環境や色覚で違って見えることもあるでしょう。皆さんはratoの彼岸花はどのように見えていますでしょうか。

  16. 纏向(まきむく)石塚古墳日本最古? - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    纏向(まきむく)石塚古墳日本最古?

    ☆全長96m後円部東西径部約59m南北径45m ☆三味線のばち状に広がる前方部の長さは約32m☆くびれの部分の幅約13m幅が約20mの周濠3世紀前半、遅くとも3世紀の中頃の造築とされ、日本最古の古墳ではないかと注目されています。葺石や埴輪は用いられていません。後円部の墳頂は太平洋戦争末期に砲台とするために削られています。墳丘や周濠からは多くの土器や鋤(すき)、鍬(くわ)などの農具や建築部材な...

  17. 勝山古墳と矢塚古墳 - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    勝山古墳と矢塚古墳

    <勝山古墳>☆全長約110m、後円部の径約60m、高さ約7m前方部の長さ約50mで、その形は鏡の柄のように直線的なのが特徴です。纏向型前方後円墳で箸墓古墳よりも古い3世紀中頃の築造とされています。埋葬施設については未調査で被葬者についてはわかっていません。葺石や埴輪は見られません。周濠の幅は約25mあります。2001年この周濠から出土したヒノキの板を年輪年代測定した結果、その伐採年は西暦21...

  18. 東田大塚古墳(ひがいだおおつかこふん) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    東田大塚古墳(ひがいだおおつかこふん)

    ☆全長110m以上後円部の径約64m、高さ約9mこの古墳も纏向型前方後円墳で、出土物から推して3世紀後半の築造と考えられていますが、埋蔵施設については未調査です。私有地につき古墳へは入れません。参孝引用掲載古墳探訪ガイド写真ro-shin

  19. 箸墓古墳(はしはかこふん) - Pilgrim 東西南北巡礼記 

    箸墓古墳(はしはかこふん)

    ☆全長約282m☆後円部は5段の築成(四段の築成の上に祭壇としての小円丘)☆径157m高さ22m☆前方部幅約125m 高さ約13m西側からの眺め、右側が前方部、左側が後円部で後ろの左の山が三輪山です。箸墓古墳は、宮内庁によって第七代孝霊天皇の皇女、倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)大市墓と治定されています。この古墳を有名にしているのは、この古墳がその形態や出土品から年代的にも...

  20. 麦秋の頃 - ratoの山歩き

    麦秋の頃

    三輪山を望む水田地帯は田植えの前に一足早く実りの秋を迎えます。さて、この麦たちは何になるのでしょうね?やはり三輪素麺でしょうか。それともパン?いやいや、みんな大好きなお好み焼きか?今年の5月は総じて過ごしやすいと思うのですけど?朝夕は気温が低くて気持ちいです。まぁ、昼間の日差しはさすがに強いけど・・・でも例年より過ごしやすいですよね(^_-)

総件数:85 件

似ているタグ