桜井市のタグまとめ

桜井市」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには桜井市に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「桜井市」タグの記事(34)

  1. 山の辺の道大神神社(三輪明神)~石上神宮(2) - ratoの山歩き

    山の辺の道大神神社(三輪明神)~石上神宮(2)

    山の辺の道大神神社(三輪明神)~石上神宮(1)前編はこちらから檜原神社をあとにして桜井市穴師(あなし)の集落へと向かいましょう。ここは大和棟の民家がいくつか残っています。穴師坐兵主神社や相撲神社でも有名ですね。そういえば「和尚さん」と初めて会ったのは2008年の穴師坐兵主神社だったかな?これはロウバイの木です。冬に半透明の黄色い花を咲かせます。とらないでね・・・ザクロとカリン?が実っていた。...

  2. 山の辺の道大神神社(三輪明神)~石上神宮(1) - ratoの山歩き

    山の辺の道大神神社(三輪明神)~石上神宮(1)

    もう、そろそろ抜釘後の登山が解禁されるかな?30年以上、山の辺の道のすぐ近くで暮らしているのに未だに山の辺の道を完歩したことがありません。これではイカン・・・登山禁止令が出ている間に歩いてきた。彼岸花は終わってるだろうけど。JR三輪駅からスタート。今日は催事があるのかな?出店が並んでる。大神神社の境内を通過して、そのまま狭井神社へ。ここから三輪山に登拝できます。(登山ではなく登拝です)狭井神...

  3. 二上山と彼岸花 - ratoの山歩き

    二上山と彼岸花

    大和平野の南部の住人はいくつかのランドマークがある。私は橿原市で育ったので周囲の山々がランドマークでした。まずは東に三輪山西には二上山そして金剛葛城の山塊音羽山、多武峰、もちろん大和三山・・・中でも夕日が沈む二上山は一番のお気に入り。そんな二上山と彼岸花が見える場所で撮ってみました。(長時間、家を空けられないので近場の撮影ばかりが続いています。)m(_ _)m

  4. 山の辺彼岸花咲く - ratoの山歩き

    山の辺彼岸花咲く

    いつものお気に入りの場所。あまりカメラマンはやってこない。行き交う人もあまりいません。大和路の初秋を表現するには、いい場所だと思う。赤い彼岸花青い空と白い雲コガネイロになりつつある稲穂いい風景です。

  5. リベンジならず・・・笠の蕎麦畑 - ratoの山歩き

    リベンジならず・・・笠の蕎麦畑

    9月12日に抜釘手術の抜糸をしました。まぁ、今回は骨折の整復手術ではありませんからギプス固定は不要だし、傷口の神経が繋がることとボルトを抜いた穴が自力の骨で再生されるのを待つだけ。なので抜釘手術の翌日は片松葉でしたが、今は負荷をかけなければ松葉杖はしていません。(ただし捻挫は厳禁です)前回の笠の蕎麦畑で迎えた夜明けは普通の朝でしたので雨後のドラマチックな朝を期待して出かけた。しかし、皆さんの...

  6. 蕎麦の花咲く - ratoの山歩き

    蕎麦の花咲く

    無事に抜釘手術を終えて体内から異物が取り除かれて一段落。あとは8本のボルトを抜いた穴が再生されれば、ある程度の激しい運動もできるらしい。それまでは負傷足への全荷重は禁止です。療法士さんは片松葉を推奨されましたが・・・整復手術からのリハビリ時に半荷重のコツを掴んでいましたので松葉杖は無しで歩いています。先生には内緒にしておこう(^^)早速、早朝の蕎麦畑へ出かけてみました。フォトクラブ大峰のメン...

  7. 三谷の寝地蔵 - 奈良・桜井の歴史と社会

    三谷の寝地蔵

    小夫(桜井市上之郷桜井市の東部の山間部・巻向から上がる道、初瀬から上がる道がある)に用があり山登りである。もちろん車だが。 久しぶりにもう一つ奥の寝地蔵に参ることにした。こんな掲示が出されている。 全文を書き出してみると。寝地蔵花崗岩摩崖仏三谷(上之郷)小字下の佛 鎌倉後期延慶(えんぎょう)2年(1309年)「願主藺生(旧都祁村)庄住人裕禅浄覚坊延慶二年己酉6月24日造之」信仰大昔から「三...

  8. 夫を主人と呼ばないで! - FEM-NEWS

    夫を主人と呼ばないで!

    明日です。関心のあるかた大至急お申込みを!☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 第1回ヒミコ合宿のご案内夫を主人とは呼ばないで!(あなたの主人はあなた自身) 2019年4月27日(土)12時スタート~4月28日(日)12時終了一部の参加も歓迎集合:橿原市今井町入口観光ボランテイアと食&歩(橿原市が特に力を入れている、江戸時代の街並み保存地区)宿泊:桜井市の古民家「桜林亭」近鉄桜井駅前5分近く...

  9. 雨上がり4月8日 - ratoの山歩き

    雨上がり4月8日

    夜半から降り続いた雨が夜明けと共にやんだ。今年は桜が満開になる頃に急な冷え込みがあった。お陰様で長く桜を楽しめたかもしれない。私は桜が散ってくれて「やれやれ」です。

  10. 明日香~八講桜~箸中3月31日 - ratoの山歩き

    明日香~八講桜~箸中3月31日

    3月31日平地では、そろそろ桜が見頃となる。当初は気温が高めで推移するため開花は早いと言われていた。ところが少し強めの戻り寒波が、幾度かやってきて平年並みの開花になったかな?

  11. 山の辺花咲く道(3月9日) - ratoの山歩き

    山の辺花咲く道(3月9日)

    3月9日の備忘録同じような負傷をした人の話しを聞くと歩けるようになる日数にバラつきがある。年齢や骨折具合にもよるのだろうか?歩くには歩けるのだが・・・正座ができない。和式トイレには座れない。進む方向に対して左下がりの斜面を歩くのが怖い。まだまだ課題は多い。療法士さんによると私の傷口の状態はすこぶるいい状態らしい。2ヶ月が経っても歩けない人も多いと聞く。やることはやった。あとは自分次第なのか?

  12. Monday rain(3月4日) - ratoの山歩き

    Monday rain(3月4日)

    3月4日の備忘録手術からようやく2ヶ月が経過しようとしています。7.5週です。無理のない範囲で積極的に運動しなさいと言われる。受傷足から階段に登ったり降りたり、マッサージも自己流だが欠かさず実施する。3月1日から7日まで所属するフォトクラブ大峰の写真展が始まった。ratoも当番の日は現地で接待したのですが・・・終日、立ちっぱなしは受傷足には良くないようだ。腫れが半端ない。3月3日の当番の日は...

  13. 奈良旅⑥ - A  B  C

    奈良旅⑥

    奈良大和路の花の御寺総本山「長谷寺」写真部門に応募します。第三回プラチナブロガーコンテストを開催!

  14. 蕎麦の花咲く - ratoの山歩き

    蕎麦の花咲く

    大和路に蕎麦の花が咲く始めると秋が深まります。朝夕はめっきり涼しくなり、ときには寒さを感じる日も。近年は残暑が厳しく秋の訪れが遅くなり、一足飛びに冬になっちゃう?それでもこの時期が好きなのは暑かった夏を忘れるためかな?夏の終わりと秋の始まりが同居する。皆さん・・・夏バテしていませんか?私はバテバテです(笑)

  15. おんぱら祭奉納花火大会 - ratoの山歩き

    おんぱら祭奉納花火大会

    地元の花火大会です。全国的に有名な大規模の花火大会は大和路にはありません。でも、花火は花火。きれいでしたよ。まずは普通に撮ってみます。開始時はまだ空が明るいです。わざとピントを外します。フィナーレです。あ~、楽しかった(^^)/

  16. 長谷寺雨降る早朝 - ratoの山歩き

    長谷寺雨降る早朝

    6月23日撮影明け方には雨は上がるはずでした。早朝勤行のために本坊から観音様のおられる本堂へと雨の中、僧侶たちが集まります。無断撮影禁止なので僧侶の写真はありません。雨はときおり激しく。そして小雨に。舞台を濡らし、本堂の瓦を濡らし、流れていきます。紫陽花には雨が似合います。(回廊を下る若い僧侶は撮影許可をいただきましたので掲載します)

  17. 綱越神社おんぱら祭2018 - 時の流れに身を任せ…

    綱越神社おんぱら祭2018

    綱越神社の例祭である「おんぱら祭」が2日間にわたり開催されます。30日には宵宮祭、31日には例祭が行われ、神馬引きや茅の輪くぐりの神事があり、子供会のおんばら音頭や日本舞踊、民謡などが奉納されます。31日の奉納花火大会では、約2000発の花火が打ち上げられます。所在地:〒633-0001奈良県桜井市三輪開催期間:2018年7月30日~31日交通アクセス:JR桜井線「三輪駅」から西へ徒歩10分...

  18. 綱越神社おんぱら祭奉納花火大会2018 - 時の流れに身を任せ…

    綱越神社おんぱら祭奉納花火大会2018

    おんぱら祭の最後に、約2000発が花開く「奉納花火大会」が綱越神社で開催されます。色とりどりの大玉、仕掛花火、スターマインなどが打ち上げられ、会場は歓声に包まれます。神社周辺には高い建物がなく、どこからでもよく見ることができます。祭りでは子供会のおんばら音頭や日本舞踊、民謡の奉納などが行われます。※既設トイレ2か所所在地:〒633-0001奈良県桜井市三輪開催期間:2018年7月31日※小雨...

  19. 穴師の秋 - ratoの山歩き

    穴師の秋

    いくつかの楓の木が切られていました。かなり大きな木だった。地面に擦れんばかりの枝ぶりだった。傷んだのか、台風で折れてしまったので切られたのか?ずいぶんと日当たりが良くなった穴師坐兵主神社でした。

  20. 山の辺かすむ朝 - ratoの山歩き

    山の辺かすむ朝

    日曜日と月曜日は弥山でテント泊でした。(まぁ、予定通りかな)ソロで行くはずでしたが仲間が増えました。ichikawaさんは小屋泊で、そしてExpress55さんは日帰りで・・・往路は3人でワイワイガヤガヤ撮影登山(笑)カメラを構えると進みません。ガスが流れたり、お日様が差すのを待ったり。その様子は明日から順次、掲載しますね。日曜日の弥山からは雲海に浮かぶ富士山が見えたそうな。しかも月明かりに...

総件数:34 件

似ているタグ