桜餅のタグまとめ

桜餅」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには桜餅に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「桜餅」タグの記事(120)

  1. 桜餅作り - 風に吹かれてフォトタイム

    桜餅作り

    桜の葉が冷凍庫に。桜餅作ろう♪いつもなら苺入りなのだけれどここ4日スーパーに行っていない。桜の葉や餡の苦手な子もいるので10個桜餅 六個黄粉おはぎ後は餡なしで黄粉まぶし。私も餡が余り好みじゃないので(^o^)餡なし きな粉まぶしが一番美味しかった(^-^)vでも桜餅もしっかり4ご個頂きました。お昼ご飯の代わり(^o^)昨日失敗した泡ふわふわミルクC子にシャカシャカ10分なのに~~ふわふわ泡...

  2. 今年も作ります - Handmade でささやかな幸せのある暮らし

    今年も作ります

    義父の命日。今年も作りました。桜餅。ぼたもちにするときもありますが、今年は桜餅。去年も桜餅。娘をとっても可愛がってくれたお義父さん。私たちが里帰りから自宅へ戻る時、とても名残惜しそうに道まで出て、また、来いよと言ってくれたお義父さん。懐かしい思い出とともに私たちも桜餅をいただきます。

  3. 桜餅とみたらし団子 - ゆず空パン工房

    桜餅とみたらし団子

    庭のカイドウの花が満開に咲きました。桜もそうだけど、カイドウの花が咲くと春本番やなぁ~~って思います。桜餅作ったよ。道明寺粉にフリーズドライのストロベリーパウダーで色付け。それと、みたらし団子。かっちゃんねるを参考に作りました。キッチンペーパーの上だとお餅を扱いやすい!!勉強になった。テフロン加工のフライパンで焦げ目付けたよ。トッポギみたいな形で柔らかくて美味しく出来た。これまた作ろう!!し...

  4. 家の中のサクラ - ミセス サファイア 静けさの中で

    家の中のサクラ

    春といえば、サクラ。単に花といえばサクラをさすほど日本人に愛され、古来より、サクラは、春の心を騒がせました。毎年決まった時期に咲き、ひとつの花の寿命は一週間、どんなに風が強くても咲いたばかりの花が散ることはなく、散るのは一週間以上の寿命を過ぎた花びら、それは強風がなくても少しの風で花吹雪になってしまいます。また、春は人生の区切りとなる季節、人生には出会いもあるが別れも多い。サクラが少しばかり...

  5. 桜餅 - 満足満腹 お茶とごはん2

    桜餅

    今日は追分だんごの桜餅とっても美味しいです桜の葉と皮、餡がみんなしっとり馴染んでいてほどよい柔らかさ私は葉っぱが好きなんですが、塩っ気もちょうどいいです桜は愛でて楽しく、お花と葉は塩漬けで食べることができ、おまけに樹皮は桜皮(オウヒ)といい、咳止めの生薬にもなりますなかなかの万能選手今日の器巻物から桜が溢れ出てなんともいえない春らしさ時代は分からないのですが、少し古いものになります文化や風習...

  6. 桜餅でお籠り花見 - ただいまお料理中

    桜餅でお籠り花見

    東京が自粛ムードの今、お花見を自宅で。今季2回目の桜餅を作りました。電子レンジで道明寺生地を作り、黒こしあんを入れ込む簡単バージョンですが、家庭で作る和菓子としては十分だなあと思います。家に飾った桜の枝でお茶時間。

  7. 春を味わう - ことりごと2

    春を味わう

    まずはいただいてから妄想の旅へ。

  8. 弥生「桜餅」えてがみどどいつ + 映画「羅生門」 - 気ままな読書ノート、絵手紙with都々逸と

    弥生「桜餅」えてがみどどいつ + 映画「羅生門」

    桜の葉っぱも一緒に食べて茶飲み話に花が咲く °。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。映画ひと口感想「羅生門」黒澤明監督「七人の侍」のように観て面白いという映画ではなかった。侍が殺され、その妻、侍を殺した盗賊、そして侍自身の三人の証言。それらは自分のプライドを守るために全く違うものになっていた。最後に一部始終を目撃した杣売りによって真実が語られる。「人間というものは恐ろしいもんだ」と旅法師...

  9. 桜餅 - shokoブログ・・asobigokorogallely・・

    桜餅

    桜餅、すき可愛らしい色もフォルムも、しょっぱいはっぱもすき。大人しそうに見えて、ドピンクなんて派手を身に纏う、そんな隠しきれない自己主張が激しいところもすき。実は腹の中、真っ黒なところもすき。私にはこんな表情にいつも見えます。

  10. 桜餅 - 小麦の時間   京都の自宅にてパン教室を主宰(JHBS認定教室)

    桜餅

    朝、外に出るとうぐいすが鳴いていました。桜もほんのり色づいていました。それだけで何かと沈みがちな気分を盛り上げてくれます。やっぱり春は大好きな季節。この季節に必ず作るのは桜餅。ほんのり甘い道明寺とちょっぴり塩気の効いた桜の葉がとっても合うのです。教室のレッスンではパンだけでなく簡単なお菓子、こんな桜餅も作ります。お出かけもままならないこんな時にはおうちでパンやお菓子を手作りするのも楽しいもん...

  11. 久しぶりに - 平凡で幸せな毎日

    久しぶりに

    クリーニングを出しにイオンに行ってきましたここ最近は、近くの小さなスーパーばかりだったので食料品以外の買い物は久しぶりです専門店の洋服屋さんもすっかり春・・・ウキウキしたいとこだけどやっぱりコロナが収まるまではと思ってしまいますパンの志津屋さんでは、コロナの影響か今まで裸で並んでいた菓子パンも1個ずつ袋に入って並んでいたし化粧品コーナーでも感染予防で「テスター」の商品が撤去されていました春め...

  12. あのけったいな桜餅を一度食べてみたいなあ   そんなことをだべりながら  孫っちたちを連れてきていたムスメと桜餅を食べる  風邪ひきはうつらなかったか心配である - 月はひとり 星は二人で見上げたい - 人生は第四コーナーから

    あのけったいな桜餅を一度食べてみたいなあ そんなこ...

    あのけったいな桜餅を一度食べてみたいなあ そんなことをだべりながら孫っちたちを連れてきていたムスメと桜餅を食べる 風邪ひきはうつらなかったか心配である * 唐揚げをした時に三つ四つ残しておいたかけらをあくる日のお昼に親子丼にして食べる これはなかなかお手軽で美味しい*三月上旬から中旬へと移ろう間に暖かい日や寒い日が続くためか少しよくなった咳がまたぶり返してきてしまいとうとう熱まで出てきて1ヶ...

  13. ひな祭り - sakurairo

    ひな祭り

    昨日のひな祭り。皆んな帰宅時間がバラバラだったので一緒には食べられなかったけどひな祭り気分が味わえてよかったです🎎今年は道明寺粉の桜餅を食べました。

  14. ほんとは道明寺が食べたかったけど - しあわせオレンジ

    ほんとは道明寺が食べたかったけど

    こんにちは。飽くなき探究家、Hono_Sumireです。昨日のひな祭り。おやつは道明寺が食べたいと買いに行きました。目星をつけて用事を済ませてから買おうと、一時間後に店に戻ってくると「売り切れました」そんなに早く無くなるもの?まだ午前中なのに・・・とぶつぶつ・・・仕方なく、別の和菓子屋さんへ。桜餅はこの桜餅しか売ってなかった・・・桜餅は↑が関東の桜餅で、関西は道明寺。桜餅でいえば、私は関西の...

  15. 雛祭り - おうちやさい

    雛祭り

    今日は雛祭りですね。うちにはお雛様がたくさんおられますが。娘の誕生の時に買ってもらった、このお雛様。人形供養に出すことにしました。ガラスケースは昨年に処分したけど、お人形さんは踏ん切りがつかず・・・💦でも、娘んちも引き取らないだろうし私がしないとね、と決心。五月人形を供養してもらった「人形供養代行サービス」さんに又、申し込みました。長い事、ありがとうございました。と、...

  16. 今日はたのしい雛まつり - 風に吹かれてフォトタイム

    今日はたのしい雛まつり

    本来なら幼稚園では雛祭りの行事が行われていたのでしょうね。せっかくの雛祭りなのだから・・と歌を歌って食べました。盛り上がりに欠けるね~なんて言いながら25個の桜餅は消えた(^o^)それにしても丸々40日間の春休みって何?全国一斉休校の効果があるのだろうか?宿題もない春休み皆バカになりそう。書店の店頭に各学年の総復習なるドリルがど~~んなるほどね~~差をつけるのは今だよ!(^o^)親も子もとば...

  17. 桜餅とロゼワイン(桜ラベル発売中) - ただいまお料理中

    桜餅とロゼワイン(桜ラベル発売中)

    3月は桜の季節♪大好きな道明寺の桜餅を作りました。桜餅は甘さと、桜葉のほのかな塩気が美味しいと思います。そんな大人可愛い和菓子はロゼワインにぴったり。ニュージーランドでワイン作りをするワイマラマジャパンさんから、桜ラベルのロゼワインvin rose が発売中です。例年違うデザインの桜ラベルをこの時期に発売されていますが、ことしのラベルは桜の花がにじんだような和の雰囲気があるデザインです。おも...

  18. 今日の一服桜のお菓子 - 満足満腹 お茶とごはん2

    今日の一服桜のお菓子

    今日は朝から、ガスの定期点検でしたこの時期は毎年、消防、上下水道、ガスの検査が続くので落ち着かない…消防は部屋ごとの警報機全て、上下水道は水回り全て、ガスは給湯器やガス台周りの確認ありがたい反面、面識のない方が家の中を見て回るというのはどうにも落ち着かないです落ち着いたところで、今日の一服無印良品の桜まんじゅう季節のお菓子もあるんだ、と好奇心で買ってきました桜の葉が皮に練り込まれていて、桜餅...

  19. 春のきらめきの中で - シニア主婦 ごきげん探しの日々

    春のきらめきの中で

    今日は「友引」初孫の初節句に関して親戚から頂いている「お祝い」への「内祝い」を今日持って行こうと決断。息子夫婦は東京住まいの上このような田舎の慣習に全く関心がない。説明しても「へえ~」と言うだけだろう。ま、今年はコロナウイルスの事もあるので帰省してこない理由に困らないが本来は息子夫婦が孫と共に挨拶兼ねて親戚へ伺うと万事上手くいくんだけど仕方ない。息子同様興味も関心もない夫に車の運転を頼んでお...

  20. 薬草としての桜。 - 小さな料理アトリエ・結井言

    薬草としての桜。

    今日はだいぶ暖かな奈良です。やわらかな日差しに包まれている午後。仲良しさんから可愛いらしい桜餅をいただきました。日本人ともかかわりの深い桜もまた薬草。バラ科なことは知られていますが使用部位は、内皮、葉。抗炎症作用、鎮咳作用を助けます。なかでもソメイヨシノは日本種原産のオオシマザクラとエドヒガン系の桜との交配種です。民間療法では抗炎症、咳、痰、湿疹、腫物などに。またメラニン生成抑制、美白、肌荒...

総件数:120 件

似ているタグ